アーカイブ: 臨死体験

[大紀元]臨死状態の感覚 〜スウェーデンボルグについて〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 現代の心理学者が臨死体験者の調査によって導き出した死後の世界の入り口での事柄を見ると、これまで宗教、特に東洋の世界で語られて来た死後の世界と酷似しているのがわかります。これらの事柄はやはり、キリスト教では異端とされるスウェーデンボルグの語る霊的世界が、非常に正確だという事を示すと思います。スウェーデンボルグの体験の中には、霊界から地上に生まれ変わった人物の例も記されており、スウェーデンボルグはキリスト教徒であったため、こうした東洋で言われる生まれ変わりが非常にまれなケースとして存在すると感じていたようです。
 事実は逆で、輪廻転生の方が一般的で、霊界から2度と地上へと生まれ変わらない人間は解脱した存在で、こちらこそ極めてまれな存在であるということです。学者たちが霊的な世界を真剣に研究すればするほど、古来からの世界観・宇宙観に極めて近づいていく事がわかると思います。
 なぜ東洋の探求者がこうした死後の世界を詳細に論じているのかということですが、彼らは瞑想によって自覚的に臨死体験の状態に入って行き、肉体を離れ、実際に霊的世界を見て帰ってくることを何度も繰り返したのです。そうした体験の集大成として、仏教の世界観などが構築されて来たわけです。スウェーデンボルグはこうした瞑想の方法を、“死ぬ技術”と呼んでいます。彼は無師単独の偉大なヨーガ行者だったのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
臨死状態の感覚
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。