アーカイブ: 竹下氏からの情報

【キンバリー・ゴーグエンさんの情報】闇から光への転換ができない非修復型人間が世界中に10万人ほどいる / (浄化を行なうチームは、)地上にいる1億3700万人の兵士、空中にいる2500万人のエンフォーサー、そして…終焉のために訪問者が到着し始めた…彼らは皆、何も見逃すまいと厳戒態勢を敷いています

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんの情報から、興味深いところをいくつか紹介します。
 “闇から光への転換ができない非修復型人間が世界中に10万人ほどいる”ということです。この修復不可能な人間たちは、“自分たちが血統のおかげであらゆる面で優れていると本気で信じており、彼らが神でないこと、ラーの化身でないことを納得させることはできない”ために、彼らは排除の対象になっていると言っています。また、“世界経済フォーラムの一部の人々は、自分たちのボスを神だと信じている”ということです。
 「闇の組織」のメンバーは恐怖で支配されており、組織の命令に逆らうことが出来ないため、“彼らの貧しい人生の選択が考慮され、彼らが私たち全員を殺そうとし、地球に危害を加えようとしているという事実が考慮”されていて、「次のランク、そのまた次のランク」というように、位階の高いものから順に排除されているのです。
 こうすることで誰にも命令されず、自由意志で善か悪のどちらかを選択する余地が生まれます。「悪」を選択した者、すなわちマルドゥクの古い計画に従って権力を手放そうとしない者たちが、排除の対象となるのです。
 キンバリーさんの仲間で浄化を行なうチームは、“地上にいる1億3700万人の兵士、空中にいる2500万人のエンフォーサー、そして…終焉のために訪問者が到着し始めた…彼らは皆、何も見逃すまいと厳戒態勢を敷いています”ということです。
 こういう状況なのでキンバリーさんは、“核の発射ボタンは押せません”と言っています。第3次世界大戦などの破壊行為を命じたものは、即座に処刑されるのです。
 私の映像配信をご覧の方は、私が以前からこうした事柄をお伝えしていたことをご存知だと思います。しかも、こうした「裁き」は、「闇の組織」だけではなく宇宙人も同様にして行われているのです。
 私が、コーリー・グッド氏が接触している宇宙人たちの指導者たちが滅ぼされたと言及しているのは、こうした「裁き」が宇宙で行われているからです。彼らはハイアラーキーの古い計画をあきらめようとしないのです。
 現在の「裁き」の対象は、「近隣の52の惑星連合」に属する宇宙人たちです。こうした事から、コーリー・グッド氏の「波動」に注意しておくと良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
闇のクイーンマザーはベツレヘムに現れず|世界経済フォーラムは「混乱した」キムを正すために工作員を送る|敵はもういないのか?黒い太陽はドラゴンファミリーの地球支配の回復を任務とする|10月28日にベールを脱ぎ、人類は目覚めるのか?| 2022年11月8日|さらなるビッグな出来事が待っている
引用元)
(前略)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年10月31日にUNNの購読者向けに配信されているユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたものです。
(中略)

31-10-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
今、世界経済フォーラムの一部の人々(彼らは皆、自分たちのボスを神だと信じている)は、キムが何をすべきかを伝えるために、コロラド州デュランゴに新しい人々を送ることにした。彼らは、国土安全保障省とおそらくCIAからデュランゴに行く認可を得たと主張している。彼らが送った工作員たちは、キムはおそらく混乱しているだけで、何をすべきかを伝える必要があると言われた。いずれにせよ、キムは意味がないので彼らとは会わなかったという。
(中略)
キムは彼らの会議で何を聞いたのか?

キムは昨夜の会議を聞いていた。彼らは、多くの混乱と大惨事を引き起こせば、キムの血気盛んな心は結局譲歩するだろうと考えている。それが今の計画です。そこで、我々のエンフォーサー部隊についてもう一度思い出してほしい。地上、空中、海上にいる1億3700万人が、見たこともないような武器を携えているのだ。そして、もし彼らが上層部がどこに行ったか知りたければ、どこにいても監視し、彼らのボスである神々の元へ送る機会を待っているこの仲間に感謝すればいいのだ。
(中略)
彼女は喜んで彼らのものを破壊している、今は趣味のようなものだ。 彼女はまた、彼らが計画しているこれらのイベントのいずれかを実行できるほど長生きすることはありませんと約束しました。大惨事を起こせば、キムは心を入れ替え、自分たちのために働くことを決意すると思っているのなら、彼らは正気を失っている。しかし、その代わりに、次のランク、そのまた次のランクで、彼女が掃除を始めることができるようになるのだ。だから、もしソースに戻りたいのなら、ぜひとも計画を続行することだ。
(以下略)

» 続きはこちらから

ピーター・マッカロー博士「このように、スパイクタンパク質は、発癌や初期癌細胞に対する免疫監視の失敗という、潜在的な犯罪の現場にいる」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ピーター・マッカロー博士は、“SARS-CoV-2感染細胞では、スパイクタンパク質とmRNAが核内に移行していた”とする論文を紹介しています。博士は、“この論文の背景と方法は、SARS-CoV-2を利用したものであり、mRNAやアデノウイルスDNAワクチンを利用したものではないことに注意することが重要である”としていますが、ワクチンでも同様のことが起こると予想されます。
 2021年11月17日の記事で、「SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質は、感染したヒト宿主の細胞におけるDNA修復を損ない、そして、V(D)J組換えを阻害する」という画期的な論文(論文の著者はHui JiangとYa-Fang Mei)を紹介しました。
 “研究チームは…スパイクタンパク質が核に局在し、損傷部位への主要なDNA 修復タンパク質 BRCA1および53BP1の動員を妨げることにより、DNA損傷修復を阻害することを発見した”ということでした。
 ピーター・マッカロー博士は、“このように、スパイクタンパク質は、発癌や初期癌細胞に対する免疫監視の失敗という、潜在的な犯罪の現場にいる”と記しています。もしも、ワクチンで作られたスパイクタンパク質が核内に移行するのならば、ワクチン接種後のターボ癌の説明がつきます。
 “続きはこちらから”のDR. DOGGIE氏のツイートに「新論文はモデルナ資金提供者であるNIH圧力で完全に正しい論文を撤回となったJiangとMeiを完全擁護」とあるように、先のJiangとMeiの画期的な論文は、米国国立衛生研究所(NIH)の圧力によって撤回させられたようなのです。
 しかし、「JiangとMeiを完全擁護」するのは、“Sattarらが国立衛生研究所(NIH)の科学者と共同で発表した最近の論文”なのです。NIHの圧力で撤回させられた論文を、NIHの科学者が擁護している?
 論文撤回の真相は良く分かりませんが、いずれにせよ今回の論文から、“細胞の老化がより急速に進み、その後プログラムされた細胞死が起こる”ことが予想されるとのことです。 
 私は、ワクチン接種をした人が10歳近く老けるような気がしていたのですが、細胞レベルではこのことは事実なのかもしれません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
SARS-CoV-2のスパイクタンパク質をヒトの核で発見
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

Sattarらは、米国国立衛生研究所(NIH)の科学者と共同で、最近の論文で、mRNAとスパイクタンパク質の両方がヒト細胞の核内に共局在することを報告した。
(中略)
この論文の背景と方法は、SARS-CoV-2を利用したものであり、mRNAやアデノウイルスDNAワクチンを利用したものではないことに注意することが重要である。しかし、この発見の意義は計り知れない。
(中略)
SinghとSinghによる先行論文では、スパイクタンパク質のモデルが、腫瘍抑制遺伝子P53とBRCA1との相互作用を予期していることが示されました[ii]。 Sattarは現在、これが実際に起こりうると言っている。 このように、スパイク蛋白質は、発癌や初期癌細胞に対する免疫監視の失敗という、潜在的な犯罪の現場にいるのです。セネフらは、スパイクタンパク質が細胞の老化とオートファジーに関係している可能性があると予測している[iii]。 
 
これは、細胞の老化がより急速に進み、その後プログラムされた細胞死が起こることを意味します。私は多くの患者から、COVID-19の発病後、なぜ筋肉量が減り、髪の毛が抜けるのかと聞かれたことがありますが、これらの観察は、おそらく細胞レベルでの議論に何らかの説明の根拠を与えてくれます。
 
最後に、最も気になるのは、Nunez-Castillaらが、Spikeタンパク質が他の約三十種類のヒトタンパク質と相同性を持つことを証明したことです[iv]。このことは、そもそもなぜヒトの核が、mRNAとスパイクを細胞の制御中枢に侵入させるのか、ということを説明している。SARS-CoV-2の遺伝暗号は、意図的に「ヒト化」されたものなのだろうか。
(以下略)

» 続きはこちらから

【キンバリー・ゴーグエンさんの情報】中国のドラゴンファミリーの24人の長老と繋がる(CIAの)派閥は、アメリカを中国に献上することを強く推し進めている / 光をアンカリングしてくれる訪問者として、“プレアデスの7つの星系が名乗りを上げた”

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんの情報の中から、興味深い内容の部分を紹介します。
 CIAはいくつかの派閥に分かれているということですが、中国のドラゴンファミリーの24人の長老と繋がる派閥は、アメリカを中国に献上することを強く推し進めているということです。
 二つ目の「ドラゴン騎士団とブラックサン将軍の合併」のタイトルの記事には、“ホワイトハットと言われる人たちには、世界各地に残っている40人のブラックサンの将軍たちから指令が来ている”と書かれています。そして、その将軍たちは、中国への移行をいかに可能にするかを議論しているというのです。
 ホワイトハットと呼ばれる人たちの中には愛国者も多いと思うのですが、彼らの指導者はアメリカを中国に売り渡すつもりなのです。10月16日の記事で、“6月にデイヴィッド・ロックフェラー・ジュニアは李嘉誠と取引をして、アメリカを中国に売り渡すことにしたわけですが、この「米国破壊計画」に名高いホワイトハットが関与していた”というキンバリーさんの情報をお伝えしました。
 また、こうした「米国破壊計画」にマーク・ミリー将軍マイケル・フリン中将などの人物が関与していたとコメントしました。
 こうした水面下の動きは、11月10日の記事で、“岸田総理は10月26日にキッシンジャー元国務長官と会談したのですが、キッシンジャーは日本がアメリカの属国から中国の属国へと変わることを伝えに来たのでしょうか?”とコメントしたことからも分かると思います。
 板垣英憲氏の11月14日の記事には、“インドネシアのバリ島で14日夕、米中首脳会談が始まった。一説では、日本をどうするかの話合いだともいわれている。そこには、キッシンジャー博士の存在が絡んでいるといわれている”と書かれています。
 米国の覇権は終わりを迎えますが、ロシアが主張する「多極化の世界」がすんなりとやってくるわけではありません。中国は世界支配の野望を持っているからです。
 このことに関して、記事の「ロシアは米国と中国からの独立を準備しているのか?」の所に、“ロシアは(キンバリーさんの)メモを受け取ったようだ”とあるように、ロシアが世界の希望なのです。ロシアがキンバリーさんのチームと協調して動くようになるのは、来年の1月からではないかと予想しています。
 “続きはこちらから”は非常に興味深い情報です。光をアンカリングしてくれる訪問者として、“プレアデスの7つの星系が名乗りを上げた”と言っています。
 私の直観では、かつての「銀河連合」のアンドロメダ評議会はユニバーサル・カウンシルに、プレアデス評議会は新地球評議会に吸収されたはずなので、このキンバリーさんの情報は納得できます。
 コーリー・グッド氏が繋がっている宇宙人は、かつての「光の銀河連邦」の系列で別の派閥なのです。こちらはブラックサン(裏のイルミナティ)を背後から支配していたり、秘密の宇宙プログラム(SSP)にコーリー・グッド氏のような工作員を送りこんだりとか、様々な工作をする組織です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国を中国に献上することで、ラングレー・レベルの内紛が激化|「24人の中国ドラゴンズ」タスク・オペレーターの任務は失敗|ロシアは独立の準備を進めているのか?| 相互依存の世界が到来か?
引用元)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年10月28日にUNNの購読者向けに配信されたユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたものです。
(中略)

28-10-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
アメリカを中国に献上する

さて、最近の24人のドラゴンズに耳を傾けているCIAの一派は、1975年に王室から命じられたように、アメリカを中国に献上することを強く推し進めています。
(中略)
この数日間、キムと彼女のチームは、中国のドラゴンファミリーの命令に対抗するために、さまざまな作戦を実行しなければならなかった。
(中略)
ロシアは米国と中国からの独立を準備しているのか?
 
ロシアはメモを受け取ったようだ。少なくとも、最近のプーチンの発言からするとそのように思える。彼らは、アメリカと中国の両方からの独立のために準備しているのだろうか? そうかもしれない。しかし、人々が言うことと、彼らが行うことは、2つの異なるものです。キムが先週行った通貨テストは、ロシアを実際に動かしている一族に影響を与え、おそらく彼らは相互依存の世界が可能であることを理解したのだろう。彼らは中国の世界支配計画から免れておらず、大きな影響を受けていることを忘れてはならない。中国のドラゴンズは、顔では笑っていても、背中を刺しているのだということを理解したのかもしれません。


(以下略)
————————————————————————
ドラゴン騎士団とブラックサン将軍の合併、レッドラインとブルーラインの物語でどう展開するか|レッドライン+ブルーライン=パープルライン|新ブギーマン、イラン|すでに死んだ国家元首は減刑されるのか?| 11月8日の総選挙は行われるのか?| 戒厳令は発令されるのか?| 私たち国民にとって重要なのはその結果か?
引用元)
このキム・ゴグエンによる特別レポートは、2022年11月2日にユナイテッド・ニュース・ネットワークで配信されたもので、UNNの購読者向けに公開されている。
(中略)

02-11-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
「ホワイトハット」と言われる人たちへ 命令は世界の軍隊の将軍たちから来る
 
自分たちをホワイトハットと思い込んでいる米軍と、自分たちを助けていると思い込んでいるDARPAの人たちに対して、世界各地に残っている40人のブラックサンの将軍たちから指令が来ているわけです。これらは、アメリカだけでなく、ロシアやイランなどからも来ています。今行われているゲームは、戦争に行くのかどうかということではありません。今行われているゲームは、右翼と左翼です。 将軍たちは朝礼で、中国への移行をいかに可能にするかを議論しています。彼らは命令を出し、そして拍手をしながら、あなた方が散り散りになり、右と左が決闘するのを見ているのです。
(以下略)

» 続きはこちらから

ハラリ教授「人の注意をつかむ最も簡単な方法は、怖がらせることです。…だから、政府の腐敗や医療制度の悪化、教育制度の悪化といった問題から国民の目をそらしたいのであれば、国家の存続を脅かすような外敵を見つけるのが一番です。」

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうもいけない。この顔を見ると、「ハラリー 鼻から牛乳」のフレーズが浮かぶようになってしまった。
 そのハラリ教授は、“人の注意をつかむ最も簡単な方法は、怖がらせることです。…だから、政府の腐敗や医療制度の悪化、教育制度の悪化といった問題から国民の目をそらしたいのであれば、国家の存続を脅かすような外敵を見つけるのが一番です。テロはほんの一握りの人々を殺すだけで、すべての政府と何百万人もの人々が怯えます。気候変動は、ほんの一握りの人すら死にませんが、何百万人もの人々が恐怖に怯えます。そして、私たちはテロリズムよりも気候変動をはるかに優先させるべきでしょう”と言い、人々を怖がらせることで「皮膚の下の監視」を正当化できるとして、“これが決定的な革命なんです。そして、コロナが不可欠なのは、コロナが人々を納得させ、完全なバイオメトリクス監視を正当化するものだからです。…単に人をモニターするだけでなく、皮膚の下で何が起こっているか…このような監視体制で、大物大統領、大物指導者がテレビで演説をするのを見ると、テレビはあなたを監視し、あなたが怒っているのかどうかを知っているかもしれません。…これは、スターリンにはなかった力だ”と言っています。
 “テロリズムよりも気候変動をはるかに優先させるべき”というハラリ教授の言葉通り、「Facebookが気候変動に関する誤報を検閲する新たなツールを発表」とのことです。
 元米国住宅都市開発省の住宅担当次官補のキャサリン・オースティン・フィッツ氏は、“ワクチンパスポートとか、デジタルIDウォレットとか、呼び名は様々…そのデジタルIDと、中央銀行デジタル通貨CBDCを含むオールデジタルの金融システムが結合すると、彼らは、私たちの家、車、そしてコミュニティをデジタル強制収容所に変えてしまうのです。…一握りの世界で最も強力な人々が、あなたや私の資産や子供たちを奪うことができる奴隷制度に入ることになるのです”と言っています。
 こちらのタマホイさんのツイート動画でキャサリン・オースティン・フィッツ氏は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)について、 “これは「通貨」ではありません。それをまず理解する必要があります。つまり、私たちが今話題にしているのは、世界的クーデターで実行されようとしているコントロールシステムについてです。今、世界的なクーデターの真っ最中なのです。…中央銀行は国民国家や政府の法律から完全に自由なシステムを作ろうとしています。…もちろん、大量虐殺も含まれます”と言っています。
 J Sato氏のツイートには、「世界経済フォーラムでは、個々人がどこにどうやって移動しているか、何を食べているか、何を消費しているかを記録して、個々人のカーボン・フットプリントをトラックする仕組みを開発中です」とあります。
 グローバルエリートが描く未来は、ここまではっきりと示されているわけです。これを「陰謀論」と呼ぶ人は、残念ながら生き残れたとしても、デジタル強制収容所の住人としての未来しか残っていないのかもしれません。
 もっともワクチン接種に何の疑問も無いのであれば、デジタル強制収容所の住人としてAI(人工知能)に完全監視された世界でも、疑問を持たずにそれなりに幸せなのかもしれません。家畜のように用済みになれば処分されますが…。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

 

» 続きはこちらから