アーカイブ: *司法

[米大統領選2020]あがってくる不正選挙の証拠の数々 ~投票用紙読取機のソフトウェアのプログラムに問題あり、米国郵政公社の職員による実名での内部告発など

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、民主党は「どうやらトランプ大統領とQグループのワナ」に引っかかってしまったらしいという情報を紹介したのですが、続報です。
 情報源のスティーブ・ピチェニク博士は、元米国務省の役人だということですが、本人が実名、顔出しでこれらの情報を提供しているとなると、情報の信憑性は高くなります。
 私がこうした情報に接した場合、情報源の「波動」をまず調べます。写真、動画でスティーブ・ピチェニク博士の波動はすぐに分かりますが、嘘をつく人ではありません。何故なら、現在は「最後の審判」が継続中で、“意図的な嘘をつく”と直ちに「波動」が闇に落ちるからです。
 ただ、スティーブ・ピチェニク博士が騙されていて、これらの情報が真実だと信じていて情報を提供した場合は、「波動」が下がらず、しかもニセ情報ということになり、情報戦はより高度なレベルになります。
 記事をご覧になると、トランプ大統領の天才は次元が異なるのが分かるでしょう。日本の識者の中には、トランプ大統領とあべぴょんを同列に見て、犯罪者バイデンを推す人が結構いて呆れるのですが、これはあべぴょんに失礼なのでやめた方がいい。天才のベクトルが真逆ですから…。 
 “続きはこちらから”は、不正選挙の証拠の数々です。投票用紙読取機のソフトウェアのプログラムに問題があったようです。日本の選挙でも同様の問題があるはずです。
 米国郵政公社(USPS)の職員による内部告発は、その後本人が実名で名乗り出たということで、“ペンシルベニア州の米国郵政公社の複数の郵便局員たちは、郵便票の消印を過去の日付に改竄して押していたことを宣誓証言する意思がある”とのことです。
 また、“ペンシルベニア州の有権者名簿に少なくとも21000人の死者が登録されていた事に対し訴訟”が起きています。
 これらの事実は、今回の「不正選挙」のほんの一部で、これからも証拠が次々に上がって来ると思いますが、“不正選挙は陰謀論だ”と言っている人たちは、アメリカの大統領が不正選挙で訴訟を起こしている事実をどう考えているのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
スティーブ・ピチェニク博士へのインタビュー:最大級のおとり捜査*2020大統領選
(前略)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
(中略)
スティーブ:今起きている事は、おとり捜査なんです。皆が言っている事とは反対にトランプもエリック(息子)も何が起きているのか全部知っています。私も知っていましたが何も話せませんでした。

我々は投票用紙に"透かし"のマークをつけています。それはQFS(Quantum Financial System:量子金融システム)のブロックチェーン暗号技術を用いています。ですから投票用紙を誰が持っていて、何処に行ったのか全部トラッキング出来ます。
(中略)
国土安全保障省が投票用紙を印刷している。相手は公式の投票用紙に"透かし"が入っていたのを知らないで違法に水増し印刷をしている。
(中略)
トランプの天才度は、相手が気づかない中で計画をスムーズに実行させている事です。
(中略)
フェークの用紙と公式の用紙を勿論見分ける事が出来ます。非常に洗練されたコードです。もしも捨てられた用紙があるのなら、それもどれだけあるのか、どこにあるのかも分かります。それ以上は言えません。
(以下略)
————————————————————————
諜報専門家:トランプ・チームはおとり捜査で民主党の不正を露わにしている?
引用元)
(前略)
https://www.naturalnews.com/2020-11-05-intelligence-expert-steve-pieczenik-sophisticated-sting-operation.html  
(概要)   
11月5日付け 
(中略)  
ピーチェニク氏が出演したInfoWarsの番組はこちらからご覧になれます。
this Banned.video link.
(中略)
今回の選挙についてピーチェニク氏が指摘した重要点は以下の通りです。
 今回の選挙の投票用紙は国土安全保障省が印刷した。
 全米に配られたホンモノの投票用紙にはQFSブロックチェイン暗号化コードの透かしが入っている。
 ・トランプは今回のおとり捜査については全て把握しており、民主党に意図的に大規模な不正選挙を行わせていた。見て見ぬふり。
(中略)
 ・民主党が行った大規模な不正選挙はトランプ・チームの予想通りだった。
 ・現在、12州に州兵部隊が派遣され、国土安全保障省が印刷したホンモノの投票用紙を全て確保し、民主党が不正選挙用に印刷した偽物の投票用紙を廃棄する作業を行っている。
 ・今回のおとり捜査によりバイデン一家の犯罪の全てが暴露され、裁判で有罪判決が下され刑務所に送り込まれることになる。
(中略)
 ・明日(6日)から逮捕が始まる。逮捕は時間がかかる。
 ・これは米史上最大のおとり捜査である。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

山田正彦氏からの緊急メッセージ:今の臨時国会で種苗法「改正案」成立の危機、みんなで地元選出の国会議員に声を届けよう

 種苗法「改正案」は、先の通常国会で一度も審議されることなく見送られました。ひとまずホッとしたのもつかの間、今の臨時国会で成立してしまう可能性が出てきました。山田正彦氏からの緊急メッセージです。
 「皆さん、今ここで自家増殖、自家採種一律禁止の法案、これを何としてもやめさせるために、(中略)地元選出の衆議院、参議院の先生方の国会や地元の事務所に、電話・FAXを、みんなで、みんなで送ろうではありませんか。今の臨時国会というわずかな審議期間の中で、このような大事なことを決めることのないよう、(中略)みなさんの声、農家の声を届けましょう。私たちが今、動かなければいけないのです。必ず止めることができます。みなさん、がんばりましょう!!」
協力者の方が、電話番号のリストやFAXの雛形も掲載して下さっていました。これは便利。臨時国会では重要な審議が山積みですが、この種苗法改正案の「廃案」も国民が強く望んでいます、と議員さんに知っていただかねば!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

ジュリアーニ元ニューヨーク市長が訴えている大統領選の不正、そしてトランプ大統領とQグループのワナに引っかかってしまった民主党

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジュリアーニ元ニューヨーク市長が、大統領選の不正を訴えています。ジュリアーニ氏は、“フィラデルフィアのゆがんだ開票では、「監視」というのは、10メートル以上も離れた所からしかできない…消印、住所や署名が正しくあるかどうか…5万票を簡単に捨てることもできます…誰一人として、メール投票を確認できなかったのです。…死んだ人が投票したと言う事もありました。今回はそれ以上の不正です。…ウィスコンシン州では、不思議なことに、朝の3時か4時に、突然12万票が出現したのです。…サインがあるかどうか、消印があるかどうか、同じ人が全部出したのか、全く確認できません。…我が国では郵便投票と言うのはありませんでした。と言うのも、かなり簡単に不正ができるからです。それを防ぐために両党がそれを監視しないといけないという法律があります。普通は、不在投票もそのように監視します。今回は全くどこも監視ができていません。外側には正しい署名がなされているか、期日内の投票であるか、正しい住所に送られているか…12万票がそういう監視されない方法で集計された…民主党が支配する州では、投票の機械も正しくありません。同じ政党がずっと政権を握るとこうなりますね。…こんなこと許しませんよ!!!”と言っています。
 ペンシルベニア州デラウェアの監視カメラの映像は興味深い。「投票所の職員が空白の投票用紙に完全にスタンプを押して完成させている」としか思えない映像です。
 トランプ大統領の集計に対する異議申し立てを、単なる悪あがきだとしか思わない「浅薄な人たち」がたくさん居ます。今後、不正選挙の証拠が次々に上がって来るでしょう。彼らが、そうした証拠を前にして、どう反応するのかは見ものです。
 ところで、今回の民主党による「不正選挙」ですが、民主党はどうやらトランプ大統領とQグループのワナに引っかかってしまったようです。“続きはこちらから”をご覧ください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
民主党の不正発覚!!トランプ大統領の勝利へ!#不正選挙
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
 

» 続きはこちらから

ユニークな選挙戦で市議になった女性 〜 「地盤看板カバン」がなく「辛いことはやらない」

 ユニークな記事が目にとまりました。つくば市議選に無名の女性候補が出馬し「地盤看板カバン」が無いまま、「街宣車も演説もゼロ」で当選してしまったというものでした。弁護士で、企業の社長で、2児の母でもあり、そしてこの度、市議にもなって活躍するというパワフルな方です。それだけでも「へえ!」と驚きますが、最も興味深いのは、彼女の選挙戦でした。利用していた保育園を改善したいという動機が、たまたま3ヶ月後に迫った市議選に繋がったそうですが、従来型のドブ板選挙は否定し、「仕事と育児を犠牲にしない」「他人のお金に頼らない」「既存のやり方に囚われない」という3つの方針を決めました。・・・って、どれも実現させるのは大変そうです。けれども「辛いことはやらない」と決め、ご自身がこれまでの選挙で「街頭演説や街宣車の声を聞く気にならなかったし、票を入れたいと思わなかった」ことから独自の方法を編み出されました。ご自身のウェブサイトを立ち上げ、SNSを利用し、そして演説の代わりに、なんとゴミ拾いを実行しました。子供さんを乗せたベビーカーとともに、左手にゴミ袋、右手にトングを持ち、タスキ掛けをした姿で黙々とゴミ拾いをされる姿はかなりのインパクトがあったようです。この方の掲げた子育て政策がうまく有権者に届いた戦略で、誰にでも通じるものではないと思いますが、このような柔軟な選挙活動で当選可能なんだ!と解放されたようでした。「供託金の見直し」など政治を身近にする道につながりそうです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
つくば市議選で無名女性候補が「街宣車も演説もゼロ」で3位当選…“さすが東大卒”の秘策があった
引用元)
(前略)

 (中略)10月25日に行われた茨城県つくば市の市議会議員選挙で4218票を獲得し、3位で当選した無所属新人の川久保皆実(みなみ)さん(34)。川久保さんは弁護士でもあり、企業の社長も務め、さらに1歳と3歳の子供がいる育児ママでもある
(中略) 

 そんな川久保さんが、“4役め” となる市議選に出馬を決めたきっかけのひとつが、コロナ禍だった。
(中略) 公職選挙法違反にならないように注意しながら、政治活動用のウェブサイトを立ち上げました。『市民の力でつくばを変える――つくばチェンジチャレンジ』と題し、私の挑戦にかける想いを、1分ほどの動画にしてアップしました。

 それから、政策の大きな柱として、

(1)子育て中の当事者として、子育て支援制度・教育環境を改善
(2)弁護士のスキルを活かして、市民が抱える問題をともに解決

 を掲げ、具体的な方法論を発信することにしました。そのために、政治活動用のフェイスブックページと個人のツイッター・インスタグラムも始めたんです」
(中略)
「選挙運動のやり方自体を変えたかったんです。『従来型の選挙運動が、本当に投票行動に繋がるのか』とずっと疑問に思っていて、私が全然違うやり方で当選できれば、選挙運動の概念が変わるかもと。
(以下略)

米大統領選挙後が本当の嵐となり、暴動がそこら中で起きるが、最終的にはトランプ大統領の勝利は間違いない ~今後次々に現れると予想される証拠の数々が、人々を目覚めさせる

竹下雅敏氏からの情報です。
 霊能者のリーディングによれば、“選挙後が本当の嵐”となり、“暴動がそこら中で起きる”とのこと。私も、最終的にはトランプ大統領の勝利は間違いないと思っています。バイデン陣営は、今回のスキャンダルと不正選挙の言い訳をしなければなりませんが、今後次々に現れると予想される証拠の数々が、人々を目覚めさせることになると思います。
 記事には「市民戦争」という言葉が見られますが、金で雇われた暴徒と、本当に怒っている民衆では勝負になりません。トランプ大統領が事実を公表するたびに、人々は正義の戦いに立ち上がります。「正義の戦い」は、暴力を意味しているのではありません。Qアノンが行っている情報戦争は、この戦いの最も重要な要素です。どう見てもカバールに勝ち目は無いのです。
 今回のリーディングは、もはや後がないと思われる最終段階なので、動画を2倍速で見るか、引用元の記事の全文を見ておいてください。「宇宙軍と新しい通貨・・・トランプは、人類に有益な大きな計画を企ている。地上と宇宙で構築されるシステムだ」とあり、ホワイトハットの情報と一致します。
 「大きな大きなリセット。保存食の用意」とあります。これも時事ブログで、何度も呼びかけている事柄です。「大きな大きなリセット」で、混乱がどのくらい続くと見るかで、備蓄量が決まって来るでしょう。
 最後に一言。「ガヤトリーマントラ」による祈りを欠かさないようにしましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
PSYCHIC LJ PREDICTS ELECTION FORECAST 2020 BREAKING NEWS!
配信元)
〈日本語の自動翻訳字幕の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「字幕」をクリックし「英語(自動生成)」を選択
4. 再度「字幕」をクリックし「自動翻訳」を選択した後(画面が一旦飛びます)、「日本語」(一番下)を選択
※スマホでは自動翻訳字幕の設定は出来ないようです
————————————————————————
11月4日のリーディング*2020大統領選*世界の動向*サイキックLJ
(前略)
- 今回の大統領選は、もう本当にクレージーです。
それはトランプが勝利するからではなく、暴動がそこら中で起きるからです。
(中略)
- ずっと言い続けていますが、始まったら家の中に入り鍵をかけて下さい。
(中略)
- これは人類史上最初で最後のことです。それだけ大きくなります。市民戦争です。
(中略)
- 特に2つの州で論争が起きるのが飛び出して見えますが、トランプの勝利はくっきりと見えます。 一般投票数と選挙人投票数も勿論獲得する。
(中略)
- 選挙後が本当の嵐です。年末まで続くでしょう。非常に大きな逮捕が起きる。3人の男性と2人の女性が裁判にかかるのが見える。グレーヘアーの男性がニュースで大きく報道される。裁判にもかかる。
(中略)
- 本当に本当に凄い事になります。大きな大きなリセット。保存食の用意。
(中略)
- 宇宙軍と新しい通貨・・・トランプは、人類に有益な大きな計画を企ている。地上と宇宙で構築されるシステムだ。

- 冬の雪が降る日に、彼は報道します。凄い土砂崩れのような事態が起きます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 1,597