北朝鮮の後ろ盾の中国・瀋陽軍区とロスチャイルド家の中国解体計画 〜ロスチャイルド家の思惑を破綻させる北朝鮮武装解除の動き〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 現在の北朝鮮の武力解除に向けての緊迫した事態を考慮する上で、北朝鮮の後ろ盾である瀋陽軍区に注目する必要があります。ここが重要なのは、フルフォード氏がこれまで何度も日本、韓国、北朝鮮、旧満州を統合する「ネオ満州国」という統一国家建設の構想を持つ支配層が居ることを言及しているためです。取り上げた野口裕之氏の瀋陽軍区に関する記事は大変優れた明快なもので、引用元で全文をご覧になることを勧めます。
 記事によると、瀋陽軍区は中国人民解放軍の中でも最精強な軍区で、習近平氏の政治生命まで左右する「超危険な存在」とのことです。ここが、北朝鮮に対して、武器・エネルギー・食料・生活必需品を密輸し、見返りに北朝鮮に内蔵されるレアメタルの採掘権を得ているようです。
 北京は瀋陽軍区を警戒し、核武装を許さないため、瀋陽軍区は北朝鮮に原料や技術を流し、北朝鮮が核を保有することで、事実上の瀋陽軍区の核保有を目指しているということです。記事では、北朝鮮と瀋陽軍区は一蓮托生であるとしています。なので、北朝鮮の武装解除は瀋陽軍区の消滅につながります。
 イスラエルは将来の移住先としてネオ満州国を考えており、瀋陽軍区に多数のイスラエル企業が入り込み、将来のイスラエルからの移民に備えています。要するに、ロスチャイルド家の構想による中国解体計画があるわけです。当然この時、中国との戦争になるわけで、日本は統一朝鮮、瀋陽軍区、アメリカと共に中国と戦うことになっていたわけです。
 今のトランプ政権の北朝鮮武装解除の動きは、こうしたロスチャイルド家の思惑を完全に破綻させるものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
瀋陽軍区
転載元)




(中略) 

概要 

中ロ国境及び中朝国境など中国の東北の守りを固める。4個集団軍、遼寧省軍区1旅団、2個武装警察師団を管轄する。国際戦略研究所は2006年の報告書で25万兵力[1]と分析している。2010年の北朝鮮による韓国延坪島砲撃事件の際には、瀋陽軍区に兵力を集中したと世界軍事ネット2010年11月28日の記事[2]にて報じたため朝鮮半島の緊張に比例して兵力が増減されているものと見られる。これらの事から当軍区の挙動が朝鮮半島に影響を与えている事がうかがい知れる。

(以下略) 

————————————————————————
【野口裕之の軍事情勢】反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
引用元)
 北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか。

(中略) 

朝鮮半島に接する中国側は李氏朝鮮時代(1392~1910年)以降、(中略)…無頼の朝鮮人や支那人の匪賊・馬賊の格好の根拠地となった。

(中略) 

「無法地帯」は現在も変わりがない。ただし、支那人の匪賊・馬賊は中国人民解放軍になり、北朝鮮襲撃ではなく、逆に武器・エネルギー・食糧・生活必需品を密輸し、支援している。

(中略) 

そもそも人民解放軍は、軍中央の支配が届きにくい半ば独立した軍閥。

(中略) 

習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される。

(中略) 

北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するには、北を支援する中国人民解放軍を習近平派の人民解放軍が掃討しなければ、決着がつかぬやもしれない。

(中略) 

最精強を誇る《瀋陽軍区》は、習主席にとって目障りどころか、政治生命まで左右する(中略)…「超危険な存在」と言うべきだ。

(中略) 

「瀋陽軍区」は核武装して、北京に対し権限強化を謀りたいが、北京が警戒し許さぬ。そこで核実験の原料や核製造技術を北朝鮮に流し、または北の各技術者を「瀋陽軍区」内で教育・訓練し、「自前」の核戦力を造ろうとしているとの観測が浮上してくる。しかも、その核戦力は日米ばかりか北京にも照準を合わせている可能性がある。

(以下略) 

————————————————————————
632:飯山一郎 : 2016/03/19 (Sat) 21:20:53 host:*.ocn.ne.jp 
(前略) 

「瀋陽軍区」がある東北地方(旧・満州)も北朝鮮も,漢族ではなく朝鮮族や満族や胡族が
ゴマンといる地域。将来,ココは,イスラエルを入れて「ネオ満州国」が出来てしまう懸念もある。

しかも「ネオ満州国」は,大日本帝国が建てた「満州国」や「フグ計画」とピッタリ重なってくる…。

そうなると,「瀋陽軍区」ってのは,大日本帝国の陸軍じゃね~か! とも思えてくる…。

(以下略) 


————————————————————————
中国分裂の引き金!?中国政府も止めれない瀋陽軍区
引用元)
今後の中国の行方については諸説ありますが、その中でも多いのが内部分裂説。その一番の要因になっているのが、中国最強の部隊・瀋陽軍区です。なぜ身内が中国分裂の引き金になるのか瀋陽軍区の正体に迫ります。

1.瀋陽軍区とは 

陽軍区は中国人民解放軍の七大軍区のひとつ。
北三省の遼寧省軍区、吉林省軍区、黒竜江省軍区、内モンゴル自治区東部の東四盟地域と旅大警備区を管轄する。
出典:瀋陽軍区 - Wikipedia  

一枚岩じゃない!?中国人民解放軍の七大軍区 - NAVER まとめ 
http://matome.naver.jp/odai/2139324985648467401
昔よりは知られるようになった中国人民解放軍ですが、その実態は一枚岩ではなく、7人の司令・7つの組織の「七大軍区」が存在します。中国の内部分裂の引き金にもなりかね...


北朝鮮とロシアに接する瀋陽軍区には1億8000万人住み、長い国境線を警備するため解放軍の主力戦闘部隊の大部分が配備されている最強最大の軍区であるのだ。
出典:社長・笠谷のイシン男塾 

戦車、ミサイル、歩兵から構成される機械化軍団は一個軍が約十万人だが、人民解放軍がもつ五個軍のうち四個軍が瀋陽軍区に配備されている。
出典:北朝鮮を支配する中国最強の軍隊・瀋陽軍区~ソンテクおじさん殺害命令でもしたのかな?|台湾に深い感謝と恩義を感じる「我愛台湾的日本人」より ~反日・日本蔑視に疲れた嫌中韓朝の皆さんへ~


2.北朝鮮を支配している

瀋陽軍区は金正日政権以来、北朝鮮を軍事的、政治的、経済的に援助してきていて、 北朝鮮は北京政府ではなく瀋陽軍区のコントロール下に置かれている。
出典:社長・笠谷のイシン男塾

中国のレアメタルには、上海から輸出されるものと、大連から輸出されるものはあるのだけれど、このうち大連からのレアメタルは、北朝鮮産のレアメタルだと言われている。
出典:中国大分裂と瀋陽軍区 日比野庵 本館/ウェブリブログ 

北朝鮮の地下資源の採掘権は細分化されており、それらが賄賂として瀋陽軍区に送られた結果、今では、北朝鮮産レアメタルのかなりの部分が瀋陽軍区の幹部家族や関係者のものになっているという。

(中略) 

北朝鮮がしばしば行なう軍事パレードで登場する、ミサイルや戦車などのほとんどは瀋陽軍区からのレンタルだとも言われている。
出典:中国大分裂と瀋陽軍区 日比野庵 本館/ウェブリブログ 

3.実質、核ミサイルを保有している軍隊 

北朝鮮が準備している核実験も、瀋陽軍区の幹部が指導して進めている。北朝鮮が核兵器を持つならば、それは実態としては瀋陽軍区の核保有である。
出典:中国大分裂と瀋陽軍区 日比野庵 本館/ウェブリブログ

(以下略)