19/6/30 ニール・キーナン更新情報:よってらっしゃい見てらっしゃい、韓国の特売処分でござい

 今週のソルカ・ファール女史の記事では、G20の良い側面をご紹介しました。米露のトップが長時間話し合って、良い取り組みが複数始まって、良すぎてカバールが泡食ったという話でした。
 今回はG20のダークな側面です。キーナン・チームの記事は、一般読者に話しかけるのにかこつけて、特定の犯人にメッセージを送っているので、時々「なんのこっちゃ」となりますが、ようは再び韓国の掩体壕で盗みを働くつもりのようです。
 というか管理を任された人間を抱きこんで、掩体壕を丸ごと売り渡させようとしています(※あくまで管理人であって、掩体壕資産の処分権限を有する正当な所有者ではありません)。

 5月のキーナン氏の記事で、「チェース・マンハッタン銀行の会長兼CEOであるジェイミー・ダイモンが率いる外国人実業家らや銀行家ら、そして其の他多くの面々が日本の東京で集会を開いた」とありましたが、6月末の大阪のG20にも悪人どもが集結していたようで……日本て、ホントいいように利用されているんですね。パシリ感、半端ない。
 そしてムン・ジェイン(文在寅)大統領。最初はキーナン氏のサイトでも、善人として描かれていたんですがねー、このところは前任者パク・クネ(朴槿恵)大統領と大差なくなってきました。巨額資産「国際担保群」の主な所有者ゴールデン・ドラゴン・ファミリーに見放された状態で、統一朝鮮半島の大統領になれるんでしょうか。それだけでなく、掩体壕の管理人らにも、カバール側にも見限られそうな気配。

 過去の韓国の掩体壕盗難事件については、日本の皇室をはじめとして王族の意を受けた窃盗や、米軍基地とカジノを使った資金洗浄や、米海軍の空母を動員しての窃盗や、オバサン集団を使った人海戦術……悪いカルマを積みたくてたまらない奇特な方々が、〇キブリホイホイのように群がっております。
 第二次世界大戦の頃の掩体壕というと、昔の金銀財宝や金塊が積み上げられたイメージですが、現ナマも生々しくたっぷりあるようで、こんな感じだそうです。
 衛星で見張られていても、「やめられないっ、止まらないっ、泥・棒・稼・業~(※かっ〇海老〇んのCMソング式にどぞ)」なようで。カバールとして扱うより、単純にクレプトマニア専門のカウンセリングを用意してあげた方が効果的なのでは。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:よってらっしゃい見てらっしゃい、韓国の特売処分でござい
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

うごめく盗人


現在、韓国の掩体壕資産の総管理人、文在寅、そして多くの国々が、自分たちの管理する掩体壕資産の多くを“特売処分”しようと交渉を進めている。しかし所有権は彼らに帰属していないのだ。

彼らは間違いなく、そして承知の上で明らかに非合法の盗みに関与している。自分たちが代表する国々に関わらず【=どの国の法の下にあろうと、容赦なく】下されるであろう罰は一顧だにしていない。【どうやら】彼らは、“カバール”という名でしられた存在の庇護下にあると信じ込んでいるのだろう。

もう皆さんもお分かりだろうが、私は韓国が所有してもいない資産の取引をするのを何度も阻んできた。

これからもそうするし、彼らを阻止する。必要とあらば、具体的な関係者の国際指名手配の要請もするつもりだ。

我々は彼らの名前も細かい情報も握っている。

そして勿論、今回も【証拠】写真を撮らせてもらった。今度は“大物”が韓国や日本に飛んできて、その中の誰一人として所有権を有していない物を盗む手伝いをしようとしていた。

Wikimedia Commons [Public Domain]

参照:「ニール・キーナン更新情報:ショーの始まりだ」

表向きの理由はG20出席


特筆すべきは、本当の企みを隠蔽するために、彼らは終始G20サミットという隠れ蓑を利用していた点だ。

実際きちんと見ていけば、G20なぞスカル・アンド・ボーンズの上位レベルに過ぎない。

あんなのは全て茶番だ;人形劇詐欺である。

これは事実に基づいている:ショーは終わろうとしており、成果は絶望【でしかなかったこと】がはっきりしてきた。

ここで私が述べることを、よく覚えておくといい:彼らは“カバール”なのであり、ハザールのエリートで、NWOであって――あるいは、皆さんが好きな名前で呼べばいいのだが、何にせよ【とどのつまりは】カバールなのだ。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

今や、この集団は幾ばくかの資金流動性【※現金や金塊】を手に入れて、干上がった井戸に放り込めないものかと必死だ。


大阪のG20で、何故か韓国に寄る大物


本当の演目が知りたければ、G20の幕の裏側を見るとよい。

誰が今週、韓国でのパーティーにやって来るのか、確かめてみるとよい。

今日、サウジアラビアの皇太子ムハンマド・ビン・サルマーン(33歳)が文在寅大統領に会いに韓国を訪れた。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

これまで21年間、サウジの王族が韓国を訪れたことはなかった。サウジの井戸は涸れつつあるが、費用は嵩(かさ)んでいく。ということで、金庫を補充せねばならなくなった訣だ。

話し合い【の焦点】は、石油需要を増やすために韓国製の自動車を提供する云々の交渉を巡ってではない。

トランプは6月29日に韓国にいたが、【駐留】部隊に挨拶をしにいったのではない。

覚えておいでだろうか、数年前に我々が軍艦を空っぽのまま【=金塊を積ませずに】追い払ったのを。今回は【単に】花を鑑賞しに行ったとでも?

【※「空っぽの軍艦」:2014年7月に軍事演習にかこつけてやって来た、空母ジョージ・ワシントンのことだと思います。】


シティバンクや中国建設銀行


つい最近では、台湾から2人、そして香港のシティバンクから極東の代表1人が韓国にやって来た。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え
【※おそらく「台湾から2人」の内の一人が所有するパスポート。】

この者たちは掩体壕の円や金(きん)を巡って今週、日本側の代表らと取引を成立させようとしている。彼らは現在も韓国に滞在中だ。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

皆が、シティバンクの流動性に欠けた状況【※多分、現金不足という意味では】と、香港の金融的な評判に関して把握している。

以上の訪問者に加えて、中国建設銀行が韓国から香港の債券を購入しようと交渉中だ(要は欧米の同業者よりも前に確保したいのだろう)。

【欧米に奪われたくないのは】至極当然のこと。彼ら【中国】は殆ど誰もがそうであるように、“カバール”にうんざりしているのだ。ハザール勢はあちこちに存在しているが、どこにおいても歓迎されていない。

【※それって、〇キブリ……すみません、余談でしたが思わず。】

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

中国建設銀行は30億米ドルを韓国に送った。更には韓国の掩体壕から日本円も購入しようと積極的に動いている。これは、もう一つのレバレッジの動きだ。


オレオレ詐欺その1:CIAが味方


今日、日本人2人が次の月曜日に韓国に到着するとの情報を受け取った。

彼らは求めていた日本円のサンプルを既に入手している。つまり韓国へは取引のために戻ってくるのだ。おまけに彼らは2万トンの金(きん)も購入するつもりだと述べていた。

この集団は、自分たちが米国の連邦準備制度を筆頭に承認を得ている(※【この承認とやらを与えたのは】勿論、全員が“カバール”の連中だ)と【偉そうに】“主張”しており、台湾のファンド・マネージャー【※掩体壕の管理人(マネージャー)なのか、銀行や投資機関のFMなのか不明】が来週には彼らと会うために韓国へ飛行機でやってきて、彼らとの取引を締結させるのだとか。

この件もまた、我々は掌握済みだ。

加えて、彼らはエイジェンシー【とやら】が自分たちの背後にいてくれるので、決済は“安全”な筈だと“言い募って”いる。

【あえて特定せずに吹聴しているようだが、具体的に】どこのエイジェンシーだ。実際にはこの取引を内輪でやってのけることも容易だろうに、何故CIA【※Aはエイジェンシーの略】が決済を保護するのだ?

この件の背後にはCIAがいると、皆に信じ込んで欲しいのだろう。今回のエイジェンシーの脅し【の真の目的】は、掩体壕の管理人らに【取引を】最後までやり遂げさせ、エイジェンシーとは何ら関係もない連中に掩体壕【の資産】を明け渡させるためだ。

詐欺にしか聞こえないのだが。


オレオレ詐欺その2:「トランプ」が味方


我々のグループは彼ら全員を監視下に置いていたのだが、相も変わらずトランプ大統領の名前が彼の敵(民主党だの、“カバール”だのといった連中)によって、もうまともに機能していない彼らの金融システムを再稼働させようとする中で、使われていた。

トランプ大統領はG20サミットスカル・アンド・ボーンズの続編)【に参加する】ために飛行機でやって来ているというのに、この“特売処分”が話し合われる予定なのだという――彼らとしては実現させたいのだろうが――驚くべき展開となるだろう。

“カバール”が達成しようと願っているものを破壊するのも、金持ちになるためゴールデン・ドラゴン(および其の他の資産)を利用してやろうと目論んでいる多くのアジア諸国を整理するのも、間違いなく急ピッチで進んでいる。

しかも、各衛星は所定の位置に【スタンバイして】おり、こちら側の人間がこういった件を記録するにあたって、大半の証拠を既に集めている。彼らの正体も、何をしているのかも、我々には分かっているということだ。


昭恵夫人曰く「男たちの悪巧み」的な


これらの件に関わった人間が、我々の憤怒から逃れる術はない【と心得よ】。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

上の写真は、香港で最近開かれた総領事らの夕食会の場で撮影されたものだ。

出席していたのは、南アフリカ、ミャンマー、フィリピン、コロンビア、マレーシア、ネパール、ベトナム、ジンバブエの代表だ。

彼らは中華料理について話し合っていたのではない。

我々は彼ら全員の名前、役職、階級などを把握している。我々が思いついた時にはいつでも彼らに連絡を取れるよう、役に立ちそうな情報も全てだ。

私は、彼ら全員の逮捕状を請求するつもりである――アジアにいる連中だけでなく【文字通り「全員」のだ】。

私が逮捕状を請求するのは【今回盗もうとしている連中だけでなく、】これまで過去に【掩体壕から】盗んだ個々人や――【いつかは確実に】訪れるというのに、なんとか報いを受けるのを逃れようと他国に在住している連中【に至るまで】。

関わった者は夜に【うごめく】暗い影に【せいぜい】気を付けることだ。【真の】所有者たちは、こういった資産が最終的には絶対に守られるようにしているのだから。現時点では、彼らは監視下に置かれて【泳がせられているに過ぎない】。

私としては、こういった一切合切を回避する機会を韓国に与えたつもりだが、こんにちに至るまで“カバール”は安全だと信じ込んでしまっている。トランプ大統領をはじめとして我々の側について共に戦ってくれている人々が現在進めている活動により、“カバール”は敗北しようとしているのを知らないらしい。

如何なる展開となっても、我々が負けることは最早ありえない。

“彼ら”は韓国の朴元大統領同様に、自分たちを待ち受けているものが何かを間もなく理解するだろう(彼女は現在収監されている)。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

誰が夕食にやってくるのか見物するとしよう。


騙されている各国掩体壕の管理人


註:韓国の資産管理人らは、力の論理で【従わざるを】得ないと信じ込んでいる。

彼らは未だに、米国の連邦準備制度が絶大な権力を握っていると信じているのだ。

彼らには思いもよらないことなのだろうが、我々の闘いでその部分は既に終わっているというのに。

自分たちが所有している訣でもない【掩体壕の】資産を現金化するには、米国が、“カバール”が、そして其の他の連中が、唯一の拠り所なのだと信じ込まされている国は韓国だけではない。

何人かの中国人の友も、自分たちが管理している資産を“現金化”するには“カバール”が唯一の窓口なのだと信じてしまっている。とはいえ、幾人かはより良い未来がやって来るだろうと、【カバールとの取引から】手を引いた。

【後者は】我々がしていることも分かっているし、こちら側についている。


韓国で掩体壕盗難は無理


よってらっしゃい、見てらっしゃい

韓国で標的となっているのは、8つの大型掩体壕だ。これらの掩体壕を管理していた【総】管理人は4年間、昏睡状態に陥っている。

現在は彼の息子がこういった資産を管理しており、彼は目覚めた人物だ。息子は何をすべきか分かっているのだから、感謝しかない。

文在寅大統領は、上記の掩体壕を管理してもいなければ、何らの権限も有していない。これら掩体壕【全体】の総管理人も個別の掩体壕の各管理人も、彼を歯牙にも掛けていない。

ということで、これら掩体壕が抱える国際担保群の富を巡って立ち上げられた蚤の市状態のせいで、【幾つもの】問題が世界的に発生していることを認識した韓国の文在寅大統領は、以上の掩体壕を掌握するよう【盗人連中に】非合法に打診したという訣だ。だが、打診された側も拒絶している。

掩体壕の管理人らは、この問題に自ら乗り出したらしい。彼らは盗難にうんざりしているのだが、自分たちの周囲の腐敗ぶりは酷く【、感化されてしまい】、自分たちも一枚噛んで、幾ばくかの富を獲得しようと決意してしまった。だがしかし、彼らの全ての動きが記録されているとは気付いていなかったのだ。

韓国で文在寅は、今や盗人連中からですら左程好かれなくなっている。

もう一言付け加えると、韓国の管理人らは文在寅に益々不満を抱えるようになっている。過去に文在寅が資産盗難に大いに関与していたからだ。

文在寅はこれ【=盗み】を未だに続けようとしている。

どちらの側も、【韓国での資産獲得を】まともにやり遂げるのは無理そうだ。

その間トランプ大統領は、彼らに対して自分はずっと味方だぞ、と言ってみせるのだろう――彼らを転覆させてやろうと虎視眈々と狙いつつ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

誰が仕切っているのか理解しておいた方がいい。


モーセって何千年前の人間だっけ?


さて【記事】最後のミニ情報として、韓国に取り入ろうとしているイスラエルに関して。

こちらはイスラエルが最近、韓国に贈ったモーセのトーラー【※おそらく、モーセが書いたとされる旧約聖書の一部のこと】のオリジナルを撮影したものだ。

画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

1050年から1200年前に書かれていた。

何故だか考えてみるとよい。

【答えが出るまでの】間、韓国でドブネズミが闘うのを眺めながら、ポップコーンでも楽しんでおいてほしい。物事を我々が【しっかり】見張って、空・陸・海のどれを使って資産を動かそうとしようが阻んでみせるのを、ご期待あれ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

全ては監視されている。光が当てられるようになれば、奴らは慌てふためくだろう。

Copyright © 2019年、Kグループ社


翻訳:Yutika

註:Kグループから許可を戴き、翻訳させて頂いております。

註:【 】内は訳者の追記部分です。

ちなみに「訣」という漢字は「わけ」とも読みます。詳しくはこちらのコメント欄後半の解説をご参照ください。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.