ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルの99%はグラフェン・オキサイドであることが判明 / 中国共産党は2021年の夏から秋にかけて、前回より遥かに危険性の上回るコロナウイルスを放出する可能性

竹下雅敏氏からの情報です。
 「スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていない」という事がわかったとのことです。
 グラフェン・オキサイドのナノ粒子は、脳細胞やニューロンと互換性があり、「5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性」があると書かれていますが、想定した通りです。
 “COVIDワクチン(どのメーカーも同じ)は、グラフェン(GRAPHENE)と呼ばれるナノ粒子を使って製造された。COVIDワクチンは、人間の体温と同じ温度に達すると磁石の働きをする。超電導であり脳細胞と容易に一体化する”という彼らの主張は、既に6月10日の記事で取り上げました。
 今回は、ファイザー社のmRNA ワクチンのサンプルで、確証が得られたという事だと思います。ただ、一方で、6月26日の記事で取り上げたように、元WHOのアストリット・ステュッケルベルガー博士(公衆衛生専門)の内部告発によれば、“mRNAワクチンにはナノチップが含まれている”という事でした。
 今日の記事では、“ファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何 も使われていない”と書かれています。肝心のmRNAを含んだ脂質ナノ被膜が入っていないのです。
 先に、“想定した通り”と書きましたが、この「99%がグラフェン・オキサイド」のサンプルは、mRNAワクチンではなくプラシーボとして使用するものだと思います。先に記事のコメントに記したように、ワクチン接種のパフォーマンスをする大臣たちに打つのは、こちらの方だと考えています。
 “続きはこちらから”の動画をご覧ください。日本保守党党首・代表理事の石濱哲信氏は、“中国共産党は日本を侵略し自分たちのものにすることを隠していない、現在、残念ながら私たちの国の政府の政治家、いわゆる利権屋さんたちは、一人も日本人は居ないというのが、わたくしの認識です”と言っています。
 7月1日から10月10日までの間に、大きな動きがあるものと見ていると言っていますが、次に撒かれる「生物兵器」のウイルスは、“これまでのHIVの4種類の他に、狂牛病の原因となっている異常プリオンと、もう一つ狂犬病となるような分子構造が入っているという情報が伝わってきている(7分28秒)”とのことです。
 「郭文貴からの緊急メッセージ」という動画の、“中国共産党は今後、今年(2021年)の夏から秋にかけて…再びコロナウイルスを放出する可能性がある。しかも、今回のウイルスの危険性は前回より遥かに上回るものである(1分40秒)”という情報と一致します。
 さらに下のフェイスブックの記事も参照してください。こうした観点から、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」を考察すれば、中国共産党と共にワクチン接種を勧めている連中が、何を考えているのかが良く分かるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
7/1- その1 ファイザー社のmRNA「ワクチン」とグラフェン・オキサイドについて
引用元)
(前略)
Vaccines Deliver Graphene Oxide Nanotubes for 5G Mind Control - henrymakow.com
(概要)
6月21日付け
(中略)
La Quinta Columnaと呼ばれるオンライン番組の司会をしているアンダルシアの生物統計学者、リカルド・デルガド氏とパートナーのホゼ・ルイス・セビラノ医師(ホームドクター)が、多くのワクチン接種者が磁気を帯びる現象について分析しました。

分析の結果、彼等は、ワクチンに含まれているグラフェン・オキサイドのナノ粒子が脳細胞やニューロンと互換性があることを突き止めました。グラフェン・オキサイドのナノチューブはシナプスを探し出して結合します。

グラフェンのナノ粒子は行動変化を起こす周波数によって興奮しやすくなります。正確には、グラフェンのナノ粒子は、5Gテクノロジーの41.6GHzの周波数のマイクロ波に共振します。グラフェン・オキサイドが含まれている「ワクチン」の接種者は、5G領域内の様々な周波数にチューニングすることで精神的に操作されてしまう可能性があります。
(中略)

henrymakow.com - Exposing Feminism and The New World Order
(概要)
6月30日付け
(中略)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
 (画像 左:ファイザー社のmRNAワクチン、右:グラフェン・オキサイド)

スペインのウェブサイトLA QUINTA COLUMNAによると:
スペインの研究者らがファイザー社のmRNAワクチンのサンプルを電子顕微鏡で精密に調べたところ、99%がグラフェン・オキサイドでありその他の原料は何も使われていないことがわかりました。
(中略)
この素材を血管に注射すると血液が磁性を持つようになります。
(以下略)


————————————————————————
【緊急配信】【拡散希望】とんでもない事が行われようとしています。これが導入されたら終わりです!止めなければ!
配信元)
————————————————————————
ヤマダ電機が随所の倉庫に銃や銃弾などの武器を 保管している件について
引用元)
先日の兵庫県芦屋市内にて、元海上自衛隊幹部
の石濱哲信氏と共に有志の皆様と打ち合わせ。
ヤマダ電機が随所の倉庫に銃や銃弾などの武器を
保管している件について、私が石濱氏に
「その内容を発信しても良いですか?」
と確認したら石濱哲信氏は、
「どんどん実名で発信してください。そうしてくれないと
間に合わない。それくらいに逼迫している。」
と仰いました。

某国が国防動員法を発令した場合、日本国内にいる
80万人の某国関係者はこれに協力しなければ本国
にいる家族や親族が厳罰に処されるようにされています。
その状況下で日本にいる某国関係者は本国からの指令を
拒むことができるのか、そこが問題です。
(以下略)

Comments are closed.