ファイザー社のワクチンの顕微鏡映像に現れた、異様な結晶構造! ~ファイザー社のワクチンにはDARPAのヒドロゲルが含まれている

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の10分50秒以降をご覧ください。ファイザー社のワクチンを顕微鏡で観察したものですが、55秒以降の映像では異様な結晶構造が現れます。これを見て、6月2日の記事で紹介した、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」というPDFを思い出しました。「ヒドロゲルを有機液(唾液など)に接触させると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していく」というものでした。またPDFには、“イベルメクチンがヒドロゲルの結晶構造を完全かつ永久に消失させる”という重要な情報が書かれていました。
 この動画を見ると、ファイザー社のワクチンにはDARPAのヒドロゲルが含まれていると見て良いのではないかと思われます。PDFには、「結晶にはリチウムが含まれているため導電性がある。この結晶は、送信機から細胞への信号を受信し、細胞から送信機への信号を送信することができます」とありました。
 8月28日の記事で紹介したピエール・ギルバート博士の動画を再掲します。博士は、意図的な感染症を作り出す血液の汚染は、“ワクチン接種を義務化する法律によって強化されます”と言っています。「ワクチンには液晶が含まれていて、それが脳細胞に組み込まれ、脳細胞は超低周波の波が送られる電磁場のマイクロレシーバーとなる。この低周波によって、人々は考えることができなくなり、ゾンビになってしまうのです」と言うのです。
 これは仮説ではなく、実際にルワンダで行われたことだとして、ルワンダの大虐殺は、ワクチンによるゾンビ化の実験場だったとの認識を示しています。これなら、CDC(米疾病予防管理センター)のウェブサイトに、「ゾンビ・ アポカリプス」が掲載されていることと整合します。
 “続きはこちらから”のキャリー・マデイ博士によるワクチンの中身の情報も参考にしてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Impfstoff unter dem Mikroskop
配信元)

 
RumMosern
(Bing機械翻訳)
 
このビデオは疑問を提起します。
 
ワクチンCOMIRNATY®は、ビオンテック/ファイザーによって開発されました
標準的な顕微鏡の下に置かれる。
これらの11分でワクチンに何が起こるかは非常に興味深く、疑問を提起します。
 
誰が知識のある方法でそれらに答えることができますか?
憶測はしないでください。ランプの放射温度は摂氏30度でした。倍率 28 x 8.
 
Vidoeは、この試みをチェックするためにそうする機会を持っている人を招待する必要があります。

ビデオは私にのみ提供されました。したがって、プロセスに関する正確な情報は不可能です。
 
P.S. スペルミスで申し訳ありません。完璧であることは私の性質ではありません。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

 
 
 
————————————————————————
キャリー・マデイ博士、コロナワクチンに含まれる異物を発見
配信元)
ビル・ゲイツ氏らが特許を所有し、一部の国で実験している体内埋め込み型のID2020、ワクチン・パスポートではないかと、マデイ博士は語っておられます。
Stew Peters Show 
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/459.html

Comments are closed.