2021年10月4日 の記事

事の真相を知っても、いまだに地球人に謝罪するどころか、地球人を騙し続け、「連邦」のアジェンダ(行動計画)を推進し続けている宇宙人たち

竹下雅敏氏からの情報です。
 2020年4月の動画だという事です。ゴシア以外の人物はタイゲタ人のようです。彼女たちは、「私たち全員が動揺してます」と言っています。それは、地球の真の支配者が「連邦」であることを知ったからだということです。
 ヤスヒ・スワルーは、「アルファドラコニアンもここにいて、彼らも連邦の一部です」と言っていますが、時事ブログでは随分前から、私たちの太陽系を支配しているのはハイアラーキーであり、「球体連合」「銀河連合」「光の銀河連邦」などの組織はハイアラーキーによってコントロールされていることを説明して来ました。
 例えば、2019年7月7日の記事のハイアラーキーとカバールの「基本的な構造」を示す簡単な図を参考にしてください。ヤスヒ・スワルーのいう「連邦」とは、「球体連合」「銀河連合」「光の銀河連邦」を合わせた組織です。
 この記事のコメントで、“ハイアラーキーの残党もまた、神々に追い詰められ、正体が暴露されつつあります。…今日、おそらくは光の銀河連邦に属する宇宙人の女性だと思いますが、泣いている声が聞こえました。おそらく明日には、ほとんどの者が事の真相に気付くのではないかと感じています”と記しました。
 ゴシアの「他の種族の人々も最近知ったのですか?」との質問に、アレニムは「エンガン(Engan)とウルマ(Urmah)だけですね。他の種族はこのことを知っていて、オープンに参加しています」と答えています。要するに、“これをやっている、仕組んでいる…シリウス人、プレアデス人、アークトゥルス人、アンドロメダ人…”といった私たちがよく聞いている種族のほとんどは、既に事の真相に気付いているわけです。
 先の記事で、「自分たちの過ちを正すのは、彼ら自身でなければなりません」とコメントしたわけですが、過ちを正すために声をあげたのは、ヤスヒ・スワルーたちだけであり、他の者たちは事の真相を知っても、いまだに地球人に謝罪するどころか、地球人を騙し続け、「連邦」のアジェンダ(行動計画)を推進し続けているのです。
 私は、こうした連中を「クズの宇宙人の集まり」と評しているのですが、これは当然のことなのです。彼らには謝罪の意思がないので、ヤルダバオト、ブラックキューブに完全支配されたロボット人間になる運命です。既にほとんどの「連邦」の宇宙人には魂(ジーヴァ)がありません。地球の解放と共に、彼らは宇宙から消滅します。
 「連邦」の12名の首脳陣の魂(ジーヴァ)は既に消滅しました。この愚か者たちは私を攻撃して来たので、カルマが返ったのです。彼らは原因体、幽体、エーテルダブル、プラズマ体を滅ぼされ、現在は肉体(狭義)のみになっています。このまま悪事を続けると、最後には死刑が確定し、肉体(狭義)と共にモナド(真我)も滅ぼされ、宇宙から完全消滅することになるでしょう。彼らに相応しい結末と言えそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート7~史上最大の情報戦争~
引用元)
(前略)
「連邦についての真実」という2020年4月の動画です。ここでは、珍しく、様々なタイゲタ人同士のチャットから始まります。そのため、内輪の話もあり、わかり辛い部分もありますが、このシリーズの核心、集大成とも言える話に発展していきます。
 

(中略)
アネーカ:私たち全員が動揺してます。

アレニム:ええ、私たち全員です。そして、これは発表です。あるいは声明。あるいは告発です。軽々しく言いたくありません。重大な問題です。気がついたことがとても悲しいです。(中略)… 支配者の正体がわかりました。サルバドール・フライシェドが賢明にも言ったように、「地球の目に見えない所有者」です。それは連邦そのものです。常に彼らだったのです。
(中略)
そしてこの船に乗っている私たちは、これに同意しません。他の種族も気づいていて、身を引くことを選択しました。

ゴシア:わぁ。ありがとうございます。ありがとうございます。どうやって100%の確信を得たのですか?

アレニム:すべてがそれを物語っています。さらに、スワルーが詳しく説明してくれるでしょう。私は先週の日曜日はまだこのことを知りませんでした。それほど最近のことです。

ゴシア:他の種族の人々も最近知ったのですか?

アレニム:エンガン(Engan)とウルマ(Urmah)だけですね。他の種族はこのことを知っていて、オープンに参加しています。
(中略)
スワルー:連邦の恒星間種族たちは、自らに悪夢をマニフェステーションする未熟な新種族を歓迎することはできないと考えています。だから、地球人を地球上に制限しているのです。
(中略)
これをやっている、仕組んでいるのは誰だ? 皆さんが知っている種族です。シリウス人、プレアデス人、アークトゥルス人、アンドロメダ人.... リストは長く続きます。ここには悪というような悪はいません。悪は人間の反映です。ご存知のように、アルファドラコニアンもここにいて、彼らも連邦の一部です。彼らはただそこにいて、行動する順番を待っていたのです。その順番がやってきて、彼らは今とても活発に活動しています。しかし、すべての本当にネガティブなこと、搾取、奴隷、レプティリアンのための食肉用の人間農場、小児性愛、サタニズム、儀式、生け贄...など、すべては人間の心(マインド)の現れ(マニフェステーション)なのです。
(以下略)

ファイザー社のワクチンの顕微鏡映像に現れた、異様な結晶構造! ~ファイザー社のワクチンにはDARPAのヒドロゲルが含まれている

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の10分50秒以降をご覧ください。ファイザー社のワクチンを顕微鏡で観察したものですが、55秒以降の映像では異様な結晶構造が現れます。これを見て、6月2日の記事で紹介した、「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」というPDFを思い出しました。「ヒドロゲルを有機液(唾液など)に接触させると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していく」というものでした。またPDFには、“イベルメクチンがヒドロゲルの結晶構造を完全かつ永久に消失させる”という重要な情報が書かれていました。
 この動画を見ると、ファイザー社のワクチンにはDARPAのヒドロゲルが含まれていると見て良いのではないかと思われます。PDFには、「結晶にはリチウムが含まれているため導電性がある。この結晶は、送信機から細胞への信号を受信し、細胞から送信機への信号を送信することができます」とありました。
 8月28日の記事で紹介したピエール・ギルバート博士の動画を再掲します。博士は、意図的な感染症を作り出す血液の汚染は、“ワクチン接種を義務化する法律によって強化されます”と言っています。「ワクチンには液晶が含まれていて、それが脳細胞に組み込まれ、脳細胞は超低周波の波が送られる電磁場のマイクロレシーバーとなる。この低周波によって、人々は考えることができなくなり、ゾンビになってしまうのです」と言うのです。
 これは仮説ではなく、実際にルワンダで行われたことだとして、ルワンダの大虐殺は、ワクチンによるゾンビ化の実験場だったとの認識を示しています。これなら、CDC(米疾病予防管理センター)のウェブサイトに、「ゾンビ・ アポカリプス」が掲載されていることと整合します。
 “続きはこちらから”のキャリー・マデイ博士によるワクチンの中身の情報も参考にしてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Impfstoff unter dem Mikroskop
配信元)

 
RumMosern
(Bing機械翻訳)
 
このビデオは疑問を提起します。
 
ワクチンCOMIRNATY®は、ビオンテック/ファイザーによって開発されました
標準的な顕微鏡の下に置かれる。
これらの11分でワクチンに何が起こるかは非常に興味深く、疑問を提起します。
 
誰が知識のある方法でそれらに答えることができますか?
憶測はしないでください。ランプの放射温度は摂氏30度でした。倍率 28 x 8.
 
Vidoeは、この試みをチェックするためにそうする機会を持っている人を招待する必要があります。

ビデオは私にのみ提供されました。したがって、プロセスに関する正確な情報は不可能です。
 
P.S. スペルミスで申し訳ありません。完璧であることは私の性質ではありません。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[Twitter]影じゃなーい

編集者からの情報です。
肉体、エーテル体、アストラル体、ニャンタル体!!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)

ワクチンの薬害訴訟が増加する予想 / 田村厚労相のイベルメクチン保険適用答弁は虚偽 / 認識の分断を埋めるのは「愛」

 長尾和宏医師が、コロナワクチンの薬害訴訟が増えるのではないかと予想されていました。ワクチン接種後の死亡や後遺症に関して、すでに受診歴やカルテ開示を求める動きがあるそうです。どんなに国がワクチンとの因果関係が不明と言い張っても、何が原因か当事者自身が一番よく分かります。しかし製薬会社は一方的に免責されていますから、国が全ての責任をどのように負うことになるか、国民をどのように扱う政権かが決め手となりそうです。
 以前からイベルメクチンへの迫害が続いていますが、現場のドクターが疥癬の処方のためにイベルメクチンを求めても製造元のマルホ株式会社からは「コロナに使用されないよう出荷制限がかかっている」と回答があるようです。また厚労省も「イベルメクチンの保険診療を認めるか確約できない」と回答し、つまり国会で田村厚労相が答弁した保険適用も虚偽だったことが判明しました。何が何でもイベルメクチンを使用させない方針のようです。
ワクチンの安全性についてもイベルメクチンの有効性についても、受け取る情報によって判断が真逆になってしまい、その判断が世界の見方をも左右する。絶望的な気持ちになりますが、ままぴよ日記(80)を拝見して救われたような気持ちになりました。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

21/09/27 フルフォード情報英語版:「バイデン 」の支配者ら、東西の秘密協定で平和を訴える

 9月27日のフルフォード ・レポート(英語版)です。東西の秘密結社は、バイデン偽政権を終わらせることに合意したらしい。習近平が所属するアジアの秘密結社からのメッセージでは、9月30日にバイデン政権との決別を予定しているようで、大きな動きが水面下で起こるらしい。カナダの銀行は9月30日「国家の真実と和解の日」として閉鎖される予定。9月30日の支払い期限に必死になっているバイデンの支配者たちに略奪されるのを防止するためだと。

 前回のレポートで、中共はアメリカに資金援助をする引き換えにオーストラリアを得ることになっていたとのことでした。が、オーストラリアの潜水艦事件の背後で米、英、豪がそれを差し止め、中共はオーストラリアを手にすることができなかったとありました。オーストラリアの浅い震源地の地震多発は地下基地の破壊に関連していて、オーストラリアが中共に引き渡されていないことを意味するよう。オーストラリアのビクトリア州のダニエル・アンドリュース首相は中共に買われてしまっているようですが。。。

 また日本も中共に引き渡される約束になっていましたが、それも防げたよう。その例として、ワクチンの押し売りや中共の工作員が乗った米海軍の囚人船が横須賀の米軍基地に到着(写真あり)。これ以上の詳細は話せないらしい。日本の軍部は、もし対策が取られない場合、国会、首相官邸、日銀、NHKを占拠すると明言したらしい。(😱まじ?!ちょっと信じがたい。。。)日本の軍部が最終的に行動を起こすことにしたのは、日本人向けのワクチン360万本に毒物が混入されていたことが証明されたからだとのこと。

 ハザール・マフィアの最高レベルの政治家で、ヒトラーの孫であるアンゲル・メルケル首相の辞任は、ワクチン推進派の粛清を可能に。彼女の手先であるエマニュエル・マクロンももうじき追いやられるだろうとのこと。ヒラリーやバイデンの支配者らは、リヒテンシュタイン公国でギルダーバーグ主催の会合を要請。白龍会も代表を送るだろうとのこと。

 先週の白龍会とアジアの秘密結社の会合はうまくいったらしい。世界平和のために協力し、貧困撲滅と環境破壊を阻止するための大規模なキャンペーンを開始することで合意。習近平は、地球問題を扱う新しい国際組織の創設を提案することになったとのこと。😱アジアの秘密結社によると、中国人はトランプが復帰するだろうと予想。😱

 竹下先生の記事で「現在のワクチンによる大量殺戮の主犯が、トランプ元大統領と習近平であること」「トランプ元大統領と習近平の間で、ウイルスをばら撒くことに対する合意が出来ていた」が解説されています。また別の先生の記事で、「ホワイトハットとトランプがダークサイドに落ちた真相とは」も大変、すっとんと腑に落ちる解説です。まだの方は是非、ご一読を!

 最後にフルフォード氏は、プラス思考と愛が地球のための戦いに勝利する転換点に達したことは確かだと言われています。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:「バイデン 」の支配者ら、東西の秘密協定で平和を訴える
投稿者:フルフォード 

東西の秘密合意:バイデン偽政権終了


“Biden” controllers sue for peace after secret East/West agreement The controllers of the fake regime of “Joe Biden” are suing for peace, according to P3 freemason sources. They are asking for a conference in Lichtenstein “soon.” The reason for this is because a secret East/West agreement was reached in principle last week to pull the plug on the “Biden” regime, according to sources involved in the negotiations. The controlled implosion of this horrific regime would be followed by a massive East/West multi-trillion-dollar project to improve the planet, the sources said. P3のフリーメイソン関係者によると、「ジョー・バイデン」の偽政権の支配者たちは、平和を求めている。彼らは 「すぐに 」リヒテンシュタイン【公国】*で会議を開くことを求めている。その理由は、交渉に関わった情報筋によると、先週、「バイデン」政権への融資を止めるという東西の秘密の合意が基本的に成立したからだという。この恐ろしい政権を制御して崩壊させた後には、地球を改善するための東西の数兆ドル規模の大プロジェクトが行われるだろう、と情報筋は語っている。

*ヨーロッパ中部、スイスとオーストリアの間に挟まれた小さな公国。(コトバンクより)】


アジアの秘密結社:9月30日(バイデン政権との決別)水面下で大きな動きあり


Here is a message from an Asian secret society that Chinese President Xi Jinping belongs to: “We will hurry up our discussions to meet the September 30th deadline [to cut off the Biden regime] but the timing is sudden so, -while nothing may happen that will be visible to ordinary society- under the surface big moves will surely take place.” 中国の習近平国家主席が所属するアジアの秘密結社からのメッセージである。「9月30日の期限(バイデン政権との決別)に間に合うように議論を急ぐが、タイミングが急なので、一般社会には見えないかもしれないが、水面下では必ず大きな動きがある」。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

More details on the WDS negotiations and the agreement with the Asians will be posted further down in the story. 白龍会の交渉やアジア結社らとの合意についての詳細は、この【記事の】後半に掲載する。

» 続きはこちらから