[拡散歓迎]都知事選の重要争点:原発即時ゼロ 

 下の動画は昨日、紹介されたもので、赤字で指定された部分を抜粋し、文字起こしを付けました。都知事選の重要争点になる原発即時ゼロがいかに現実的・合理的かを多くの方に知っていただくために重要な内容になっています。

 ぜひ多くの方に参考にしていただきたい情報・動画ですので、拡散を歓迎します。
(編集者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
都知事選の重要争点:原発即時ゼロ


Q.今年もしも…原発がゼロになったら 

飯田氏 
非常に明るい変化が一気に起こると思います。
『経済的負担』という風に、言うわけですけれども結局いま、
このままズルズルと続けるとですね、
原発への安全投資とか、
ますますこれから追加で掛かる
ので…。

で、放っておいても再生可能エネルギーはやらなきゃいけない…と。
そういう意味では、2重にコストがかかるんですね。

で、いま止める決断をすれば、もう原発は
廃炉のコスト
(…これはいずれにしてもかかるわけですから。)
だけでいい。

Q.原子力は「安定」、再生エネルギーは「不安定」 

飯田氏 
スウェーデンは原子力を「不安定電源」と位置づけているんです。
というのは、止まった時の影響が非常に大きくて、
いつ止まるかわからない、いつ再稼働できるかわからない…
これは日本と同じ
ですね。

まさに3.11の直後に日本中で経験したのは、
原発を含めて「大型電源が、地震と津波
さらにメルトダウンで3000万KW以上、止まったわけです。
それで「計画停電」とかですね、
大変な苦労をしたわけですね。

ところがドイツ・スペイン・デンマークのように
何万基も風車があればですね、1基、2基…あるいは
何基故障したところでですね、大勢に変化はないんですね。

実は「再生可能エネルギー」は“変動”はするけれども
“安定”したベース電源だ
と。

Q.原子力の技術輸出 

飯田氏 
原発の輸出というのは、とんでもない損失の恐れはあっても
まかり間違っても“成長“にはならない、ということです。
その実例があるわけです。

今フィンランドに、『フランスのアレバ社』が
輸出をして建設をしている原発というのは
当初のコストの5倍くらいに跳ね上がって、
しかも、いつできるかわからない…と。
それでフランスのアレバは、倒産しかかった
わけです。

あるいは『三菱重工』。
アメリカのカリフォルニア州の原発のトラブルが
三菱重工の部品が原因だということで、
彼らは部品輸出金額の140億円どころか
全原発を廃炉にすることが決まりましたから
4000億円の損失が、場合によっては
三菱にくるかもしれない
、と。

まったく原発というのは、すでに“儲からないビジネス”
一言で言うと原子力のメリットというのは
もうほとんど、今となってはすべて反転をしていて、
デメリットになったんじゃないかと。


古賀氏 
アベノミクスの第3の矢の柱になる「成長戦略」
去年の6月くらいに1回発表しました。
ところが発表してる最中に、株が暴落しました…

で、「秋に出すんだ」、
「秋は“成長戦略国会”だ」

と言ったのに、それも出なかった…

で、いま言っているのは「6月には出します」
と言って、
どんどん先延ばしになっている…
だけど、中身はないんですね!

で、やっぱり「原発輸出」というのに頼らざるを得ない。
それから、もう次は「武器輸出」にまで、
頼らなくてはいけないという、
これが、いま我々が選択しようとしている新しい日本の「成長戦略」なんです!


わたしはこれは、非常に大きな問題があると思うんですよね。
やっぱり日本の生き方というのを
よく立ち止まって、考え直してほしい
なと。

仮にですね、途上国が「原発売って下さい」と来ても、
「いやいや!原発なんてやめたほうがいいよ!!」
「我々は本当に苦い経験をした!
ゴミの問題だって解決できてないんだから!」

「それよりも、こんなにいい“再生可能エネルギー”を見て下さい!!」

…と。

内野氏 
「私たちは技術をもっていますから、それを提供します」
…と。

古賀氏 
「その方がよっぽど安くつくし、安定してるし、
絶対事故もないし、本当にすばらしい技術なんだから
こっちでいいですよ!!」

…と言えばいい。

私は原発と武器を輸出する安倍さんというのを
あまり見たくないですよ。
まるで「死の商人」みたいな感じです
よね。

ですけどそうじゃなくて

「この夢のある“再生エネルギー”、“スマートシティ”を見て下さい!
これでいきましょう!!」

…って言えばこれは本当に「夢の商人」というか「夢の伝道師」という、
素晴らしい、国際的にも誇れる役割を果たせるので
ぜひ、そういう路線に変えて欲しい
なと思います。

〜都知事選のこれまでの流れ〜

もっとも誠実な宇都宮健児氏が立候補し、社民党(脱原発候補の一本化を主張)と共産党(それは200%ないと主張)がバックにつきました。

その後、デヴィ夫人によると奥様が某宗教団体の幹部で自公が推し、また猪瀬元都知事と同種の人物であろう舛添氏(奥様の関係でワクチンを推進!?)、

ネット右系統に人気があり自身も「徴兵制こそ日本再生に必要」と主張し、石原元都知事や三橋貴明氏などが推す田母神氏、

そして、分かりやすい抵抗勢力と構図を示し、資金の目途もつけたであろう小泉元首相が推す細川元首相、

などが主な都知事選の候補者です。では、私達は誰に投票すべきなのでしょうか。植草一秀氏や本澤二郎氏や竹下雅敏氏の見解をまとめると、

宇都宮氏が東京都知事として最もふさわしい候補者であるが、脱原発の投票が宇都宮氏と細川氏に分断されれば、結果舛添氏が有利になる。それを防ぐために脱原発候補者の一本化が望ましいが、共産党が「200%ない」と言うようにそれは難しいかもしれない。

現在の危険な政権を倒すという観点からは細川氏の出馬は歓迎すべきことで、小泉元首相のわかりやすいパフォーマンスで相当大きなダメージを安倍政権に与えることができる。

そこで、ここは一旦政治の経験のある人が都知事の座に就き、民意が成熟した時に宇都宮氏が都知事になるというのがベスト。多くの人が密かに思い描いているのは、細川東京都知事と宇都宮副知事という線で、次の都知事選では知名度を上げた宇都宮氏が勝利する。

以上のようになり、多くの方に参考にしていただきたい見解です。

Comments are closed.