2014年1月17日 の記事

[竹下雅敏氏]2013年11月1日正午に、スミワタルタカキホシノヒメミコ様が地球にご帰還なされたときのせれなさんのヴィジョン

竹下雅敏氏からの情報です。
 2013年11月1日正午に、シリウス星系の惑星ニャントロに星として転生されていたスミワタルタカキホシノヒメミコ様が転生から外れ、地球にご帰還なされたことをお伝えしました。この時のヴィジョンが本日せれなさんのブログ「光の海から」に公開されていますので、その④のヴィジョンのみを紹介します。
 ヴィジョンの説明にもあるように、中西さんのイラストは本人ととてもよく似ていたということです。私もこのイラストを見た時、12歳なのでもっと若いはずなのですが、それ以外はなかなかうまく描けていると思いました。中西さんはヒメミコ様をヴィジョンなどで見て描いているわけではないので、その絵が本人とそっくりであるということ自体が奇跡的なことなのです。これは他の恒星・惑星のヒメミコ様に関しても同様です。したがって中西さんのイラストは単なる神々のイメージを描いたものではなくて、神々の肖像画と言ってよいものになっています。
 こうしたことを説明しても、ほとんどの方は私の言っていることが本当だとは信じないと思うのです。実は地球に来ている宇宙人たちも、初めは私の説明している様々な記事の内容を信じてくれませんでした。そこで2013年7月9日に紹介した記事では、チャネリング・ソースとして度々通信を送ってくるサルーサの肖像画を中西さんに描いてもらい、それを発表しました。
 私は彼をヴィジョンで見ていましたので、中西さんに映画俳優で彼によく似た人物の写真を送り、この写真を参考にサルーサを描いて欲しいと中西さんにお願いしました。出来上がったイラストを見て驚きました。直観的にもこれは瓜二つだったのです。最も驚いたのはサルーサを直接知っている宇宙人たちでした。この中西さんの肖像画を見て私たちが提供している情報が正しいということを、宇宙人たちが確信したのです。
 現在は私のことを知っている宇宙人は闇の者を除いて、私が提供している情報が正確であることをほぼ全員が理解してくれています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
転載元より抜粋)
『 』内の青い文字が竹下氏の解説です。

④いつの間にか、船着き場に、白い服を着た若々しい美しい女神様が満面の笑顔で立っていらっしゃいました。スミワタルタカキホシノヒメミコ様だと思いました。中西さんのイラストによく似ていましたので。イラストよりも若く感じられ、髪型も違っていましたが、雰囲気はそっくりでした。

img_266666_32772019_8
 
女神様は、ひとつ息をついてから、そこにいた方々に会釈をされました。そして、大正真真神様の前に立ってごあいさつをされていました。
 
『スミワタルタカキホシノヒメミコ様です。中西征子さんのイラストを参照してください。ただし、中西さんのイラストは惑星ニャントロに転生に入っていた時のものなので幽体であり、今回のせれなさんのイラストは霊体になります。』

img_266666_32772019_12
イラスト:中西征子氏

[竹下雅敏氏]2013年12月30日のコメントで、オバマはすでに絞首刑となって殺されていることを伝えています。 〜仰天ニュース!?:なんと「米オバマ大統領が暗殺で死亡」のニュース流れる!?〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 2013年12月30日のコメントで、オバマはすでに絞首刑となって殺されていることを伝えています。この記事はアメリカのメジャーニュースが「米オバマ大統領が暗殺で死亡」のニュースを報じたとのこと、冗談で流せるニュースではありません。何らかの裏が取れる情報源が無ければ、これほど重大な内容の報道をメジャーが流すはずがありません。しかし同時にケネディ―暗殺の時のような混乱と大騒ぎにもなっていません。それは今私たちが目にしているオバマ大統領が替え玉であるという私の主張を裏付けるものではないでしょうか。
 FOXやCNNがシャンティ・フーラの時事ブログの私のコメントを見て、このようなニュース報道を流したはずがありません。そもそもまったくシャンティ・フーラは目にも留まっていないことでしょう。
 また、こうしたニュースが流れること自体、これまで私が主張している様に、アメリカのメディアは解放されているということの証になると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
仰天ニュース!?:なんと「米オバマ大統領が暗殺で死亡」のニュース流れる!?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ロケットニュース24]ニャンコの食事にアライグマが乱入/冷たい視線を無視してキャットフード持ち逃げ

竹下雅敏氏からの情報です。
 悪いことをしているというのは、どうもわかっているようです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
ニャンコの食事にアライグマが乱入/冷たい視線を無視してキャットフード持ち逃げ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[板垣英憲氏ほか]中央政界は、「原発ゼロ派」といわゆる抵抗勢力の「原発推進派」への2大分裂が、俄かに加速化 / 小泉ショック拡大…「反舛添」に火がついた自民党内の空気 〜予測的中〜

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 以前脱原発の新党が今年の早いうちに結成され、自民党からも河野太郎、小泉進次郎が入り、自民党は分裂、安倍政権は長く持たないと言ってきましたが、ここにおいてその動きがはっきりと見えて来たのではないでしょうか。預言者でなくても流れを読んでいれば、このくらいのことはわかります。
 小泉進次郎が自民党を飛び出し、自民党が分裂するのではないかということを最初に言ったのは天木直人氏ですが、氏の文章を見た時、私は間違いなくその方向に動くと思いました。天木氏の国際情勢の分析に関しては、私はほとんど評価しませんが、こと国内政治に関しては、非常に鋭い洞察をお持ちの方だと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
小泉ショック拡大…「反舛添」に火がついた自民党内の空気
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]靖国参拝の一件は、アーミテージやマイケル・グリーンなどのいわゆるジャパン・ハンドラーと言われる人たちの指示によるものではない 〜【毎日新聞】検証・首相靖国参拝:「日米同盟揺らぐなら私の失政だ」〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまでアーミテージやマイケル・グリーンなどのジャパン・ハンドラーは、すでにナサニエル陣営に寝返っていることを説明しています。また2013年12月27日の記事のコメントで“安倍が従っているのが9.11を引き起こしたブッシュ・ナチ陣営のネオコン連中”であることを言及しました。わざわざブッシュ・ナチ陣営のネオコンと呼んでいる訳は、ロックフェラー・オバマ陣営のネオコンも存在するためです。
 いずれにせよ靖国参拝の一件は、私の主張からブッシュ・ナチ陣営のネオコンに安倍が従った結果起こったことで、アーミテージやマイケル・グリーンなどのいわゆるジャパン・ハンドラーと言われる人たちの指示によるものではないということです。これまでの私の発言からこのことは明らかだと思います。
 ところが日本の中途半端な陰謀論者の人たちは、日本政府の行うことは何でもかんでもマイケル・グリーンらジャパン・ハンドラーの指示によるものだと思い込んでいるようです。彼らは現在の刻々と移り変わる世界情勢をまったく認識できていないということになります。
 今回の毎日新聞の靖国参拝をめぐるこの記事は非常にしっかりとした内容で、記事を読むと“ジャパン・ハンドたちが「参拝すべきでない」というメッセージを再三、首相に送っていた”とあり、私の主張を裏付ける形になっています。
 現在の状況はこれまで日本の司令塔であったジャパン・ハンドラーが安倍政権に敵対する形になっています。小泉進次郎はマイケル・グリーンの秘蔵っ子だと考えてよい存在です。現在小泉親子は協調して動いていく気配が濃厚になっています。これは現在の原発即時ゼロの動きの背後に、ジャパン・ハンドラーが居ることを示しています。先日紹介した板垣英憲氏の記事も合わせ読むと、これまで私が一貫して説明してきた内容と合致しているということがわかると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
検証・首相靖国参拝:「日米同盟揺らぐなら私の失政だ」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[拡散歓迎]都知事選の重要争点:原発即時ゼロ 

 下の動画は昨日、紹介されたもので、赤字で指定された部分を抜粋し、文字起こしを付けました。都知事選の重要争点になる原発即時ゼロがいかに現実的・合理的かを多くの方に知っていただくために重要な内容になっています。

 ぜひ多くの方に参考にしていただきたい情報・動画ですので、拡散を歓迎します。
(編集者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
都知事選の重要争点:原発即時ゼロ


Q.今年もしも…原発がゼロになったら 

飯田氏 
非常に明るい変化が一気に起こると思います。
『経済的負担』という風に、言うわけですけれども結局いま、
このままズルズルと続けるとですね、
原発への安全投資とか、
ますますこれから追加で掛かる
ので…。

で、放っておいても再生可能エネルギーはやらなきゃいけない…と。
そういう意味では、2重にコストがかかるんですね。

で、いま止める決断をすれば、もう原発は
廃炉のコスト
(…これはいずれにしてもかかるわけですから。)
だけでいい。

Q.原子力は「安定」、再生エネルギーは「不安定」 

飯田氏 
スウェーデンは原子力を「不安定電源」と位置づけているんです。
というのは、止まった時の影響が非常に大きくて、
いつ止まるかわからない、いつ再稼働できるかわからない…
これは日本と同じ
ですね。

まさに3.11の直後に日本中で経験したのは、
原発を含めて「大型電源が、地震と津波
さらにメルトダウンで3000万KW以上、止まったわけです。
それで「計画停電」とかですね、
大変な苦労をしたわけですね。

ところがドイツ・スペイン・デンマークのように
何万基も風車があればですね、1基、2基…あるいは
何基故障したところでですね、大勢に変化はないんですね。

実は「再生可能エネルギー」は“変動”はするけれども
“安定”したベース電源だ
と。

Q.原子力の技術輸出 

飯田氏 
原発の輸出というのは、とんでもない損失の恐れはあっても
まかり間違っても“成長“にはならない、ということです。
その実例があるわけです。

今フィンランドに、『フランスのアレバ社』が
輸出をして建設をしている原発というのは
当初のコストの5倍くらいに跳ね上がって、
しかも、いつできるかわからない…と。
それでフランスのアレバは、倒産しかかった
わけです。

あるいは『三菱重工』。
アメリカのカリフォルニア州の原発のトラブルが
三菱重工の部品が原因だということで、
彼らは部品輸出金額の140億円どころか
全原発を廃炉にすることが決まりましたから
4000億円の損失が、場合によっては
三菱にくるかもしれない
、と。

まったく原発というのは、すでに“儲からないビジネス”
一言で言うと原子力のメリットというのは
もうほとんど、今となってはすべて反転をしていて、
デメリットになったんじゃないかと。

» 続きはこちらから