アーカイブ: 芸能界

[YouTube]AKB48高橋&峯岸みなみと電通マンの乱痴気騒ぎ / 肉弾接待 電通腐敗のテレビ  バーニング周防郁雄 の人脈

竹下雅敏氏からの情報です。
 普段なら取り上げない、くだらないスキャンダルですが、報道ステーションの古賀事件との関係で、メディアの自主規制の大きな原因に、こうしたスキャンダルが関係しているのではないかと思い、取り上げました。
 AKBと電通マンの乱痴気騒ぎが、単なる騒ぎなのか、それとも下の動画の朝堂院大覚氏の発言のように、肉弾接待だったのかは、はっきりとしません。
 下の動画では、3分20秒〜5分の所で、バーニングがヤクザプロダクションであること、5分48秒〜6分40秒で、メディア関係者が箱根でバーニングの接待を受けていること、7分50秒以降では、マスコミの本家である電通マンが、毒まんじゅう、肉弾接待を受けていることを語っています。決定的な写真でも取られていれば、後はヤクザの脅しにより、報道の自由は無くなってしまいます。
 上のAKBのスキャンダルの写真、電通マン、報道の自粛、…安倍が、そういえばAKBが大好きで、秋元康と一緒に食事をしていたなどということを、思い出しました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【衝撃写真】AKB48高橋&峯岸みなみと電通マン、震災直後の乱痴気騒ぎに「総監督辞めろ」の声
転載元)


2015/04/02 に公開 
4月2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、AKB48の高橋みなみ(23)と峯岸み­なみ(22)、およびAKB運営幹部、大手広告代理店社員たちが酒席で酩酊していたこ­とを写真つきで報じている。

成人メンバーのみならば問題なさそうだが、問題はその写真が撮られたのが2011年4­月だという点。
高橋の“20歳を祝う誕生日パーティー”という名目の席で、当時、峯岸はまだ未成年だ­ったため、AKBを仕切る立場にある運営会社のスタッフたちや代理店社員たちの監督不­行届が指摘されている。

 同誌ではその写真が2011年4月に撮影されたものであることを、いくつもの証拠から­特定。
AKBメンバーたちの未成年飲酒行動については過去にもたびたび報じられており、ファ­ンもそれだけならば「またか」程度の感想だろうが、
彼女らが幼稚園児のコスプレをして男の膝の上に乗ったり、半裸の男性と抱き合ったり(­その男性はその後、全裸になったそうである)していることや、
誕生会が開かれたのが東日本大震災が発生してから間もない時期で日本中が自粛ムードだ­ったことを踏まえ、批判が殺到している。

 特にAKBグループは震災後、「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、被災地訪問ラ­イブなどのチャリティ活動をしてきたが、「震災直後にこんな宴会しているなんて」「し­ょせん偽善者集団」とネット上では非難轟々。

さらに高橋はAKBグループのメンバーたちを束ねる総監督という立場に任命されている­こともあり、「総監督がこんな淫らな飲み方してるなんて情けない」「10代メンバーに­悪影響だから総監督を辞めてほしい」との声も上がっている。

 しかしなぜ、2015年の今になって4年前の写真がこうしてスキャンダルになるのか。­それは、「文春」の前週号に大きく掲載された、元AKS社員の“盗撮データ”が記者た­ちの手に渡ったからである。

この元社員はメンバーたちが控室で着替える様子や、個室トイレで用を足す姿を何年にも­わたって盗撮し続けていた。
盗撮データと一緒に、こうしたメンバーやスタッフたちが飲み会で撮影したスナップ写真­が保管されていたということだろう。
ともすれば、これよりもっと“ヤバい”画像や動画データもまだまだ存在するのかもしれ­ない。AKB側としては、流出したデータをどうにかする取り引きが急務だろう。

 ただ「データさえ世に出なければ何をしてもいい」わけではないことは自明。こうした醜­態が世間に晒されるたびに、「やっぱりAKBってダサい」という見方が広まっていく。
国民的アイドルグループは男性ファンだけでなく、多くの子供たちにとっても憧れの対象­。その称号を名乗るならばそれなりの節度ある運営をしてもらいたいものである。
(篠田ロック)

messy4月2日(木)18時0分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0402/mes_150402_8128037094.html


――――――――――――――――――――――――
肉弾接待 電通腐敗のテレビ  バーニング周防郁雄 の人脈
転載元より抜粋)


竹下氏の指定箇所
3分20秒〜5分…バーニングがヤクザプロダクションである
5分48秒〜6分40秒…メディア関係者が箱根でバーニングの接待を受けている
7分50秒以降…マスコミの本家である電通マンが、毒まんじゅう、肉弾接待を受けていること

[The Voice of Russia]マスメディア、ポール・マッカートニーが50年前に死亡したことをまたしても信じ込む

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、ポール・マッカートニーはずいぶん前から替え玉だ、というニュースを紹介しましたが、それを報じたロシアの声が、今度は実は昨日の話は“作り話だ”という記事を出して来ました。
 真相はどうなのかですが、UFO情報を政府が認めないのと同様で、業界関係者が死亡説を認めるはずがありません。関係者が全て死んでからでないと認めないでしょう。
 実際に調べてみると、確かに1966年に死亡しています。確かめ方は比較的簡単で、体外あるいは体表のチャクラの感覚がわかる方なら、次の方法で確認が取れるでしょう。
 表裏が白い紙に、ポール・マッカートニー(元ビートルズのメンバー、1966年11月8日)と書いた紙を両手で軽く触れて、体外あるいは体表のチャクラの感覚を調べます。次にもう一枚の紙に、ポール・マッカートニー(元ビートルズのメンバー)と書いたものを手に持ちます。日時を記入していないものは、現在のチャクラの状態を調べることになります。すると2つのカードの感覚に明らかな違いがあることがわかります。現在のものはチャクラが機能していないのです。
 日時を1966年11月10日にしたものも、調べてみると良いでしょう。そうすると昨日の記事にあるように、確かに本物のポール・マッカートニーは11月9日に死亡したらしいということがわかるのです。
 実際には、死亡した後の3日間に魂(モナド)が休止状態に入っていることを確認することが決めてになるのですが、この方法は初心者にはかなり難しいのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
マスメディア、ポール・マッカートニーが50年前に死亡したことをまたしても信じ込む
転載元より抜粋)
9Pola-Makkartni_2316

複数のメディアが元ビートルズのメンバーであるリンゴ・スター氏によるショッキングなインタビューについてニュースを発信している。そのインタビューでリンゴは、ポール・マッカートニーは1966年に死亡し、その後は影武者が彼の名で活躍していた、と述べた。

 本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?
  このショッキングなニュースを報道した多くのメディアが引用元とするのが「ハリウッド・インクワイアー」によるリンゴへのインタビューだ。このタブロイド・ポータルによるインタビューで、ビートルズの元ドラマー(リンゴ)は、何でも「ビリー・シアーズがポール・マッカートニーを名乗って早や半世紀になる」と語った。

「とてもいい話だが、問題は、「ハリウッド・インクワイアー」なる雑誌またはサイトは存在しないということだ」とInquisitr。

「当該インタビューでリンゴ・スターが語ったというすべてのことが、はじめから終いまで、作り話だ」

しかしポール・マッカートニーは大昔に死亡していた、という報道が出るのは初めてではない。「ポール死亡説」をテーマとするサイト(www.paulreallyisdead.com)も存在する。そのサイトにはドキュメンタリー映像の一端が公開されており、その映像の中でも、サー・ポールの名のもとに半世紀にわたり影武者が活動している、との主張がなされている。

幸いサー・ポールは今も健勝で、先日は自身が少年時代を過ごした家を競売で売った。

[The Voice of Russia]本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?

竹下雅敏氏からの情報です。
 替え玉は、オバマとかヒラリー・クリントンとか政治家だけではないようです。
 音楽の世界でも、テキトーな才能があれば、後は周りがスーパースターにしてくれるということらしい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?
転載元より抜粋)
Collage: The Voice of Russia

Collage: The Voice of Russia



 元ビートルズのドラマー、リンゴ・スターさんが、 世界を驚かせた。スターさんは、外国の出版社のインタビューで、 「本物の」ポール・マッカートニーさんは、 1966年11月9日に交通事故で死亡したと発表した。

 マッカートニーさんのそっくりさんコンテストで勝利したミュージ シャンのウィリアム・ビリー・キャンベルさんが、 ポールさんと入れ替えられたという。

 スターさんは、「ポールが死んだとき、私たちはパニックに陥った … 私たちはどうしたらいいのか分からず、 私たちのマネージャーのブライアン·エプスタインが、 一時的な処理として、ビリー・キャンベルを雇うことを考えた。 ビリー・キャンベルは、 私たちと1週間あるいは2週間だけ一緒に演奏するはずだったが、 時間が経ち、誰もトリックに気づかなかっため、 私たちは一緒に演奏を続けた。ビリーは、 十分に良いミュージシャンで、 ポールよりもより演奏をすることができた。唯一の問題は、 ビリーがジョンと上手く折り合うことができなかったことだ」 と語った。ハリウッドのマスコミが伝えた。

 スターさんは、さらにもう一つのビートルズの「秘密」 を明らかにした。ジョン・レノンさんは、カリスマ・ バンドが全世界に嘘をつかなければならなかったため、 グループを脱退したというのだ。

 ポール・マッカートニー氏自身や、 同氏の取り巻きはまだスターさんの発言について誰もコメントして いないが、このようなセンセーションのあと、 マッカートニーさんの自宅は世界中のジャーナリストやパパラッチ に取り囲まれた。

[大日本新政會 他]いかさまレコード大賞 / 朝鮮日報が山口組を大絶賛 〜山口組の幹部は改心の可能性〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 こうした状況に現在の芸能界が陥っているだろうということは、様々な噂から容易に想像できるのですが、こうして実名を挙げて告発する団体があるとなると、彼らは相当怯えていると思います。
 2つ目の記事は、韓国最大の新聞である朝鮮日報が、指定暴力団・山口組を賛美するかのような記事を書いたとのことで、その内容の一部を取り上げています。山口組は、オバマ政権がその資金を凍結したということもあって、オバマ政権とは敵対するグループであると考えられます。そうすると、記事にあるように上層の幹部の連中は、本当に改心している可能性があります。社会の腐敗を正すために立ち上がったのが暴力団である、という可能性があるのです。
 このことは、現在の検察・警察の腐敗を見れば、あり得ないことではないと思います。誰が、どんなグループが市民の味方なのかは、その行動をよく見て判断しなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
■いかさまレコード大賞 ■疑惑の審査員買収資金五億の大半は周防の懐に入ったのか?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[大日本新政會]“やくざプロダクション”バーニング周防郁雄・追撃文(激闘編)

竹下雅敏氏からの情報です。
 元記事を要約しています。テレビプロデューサーが毒マンを食らっているとはよく言われていますが、今回の記事はその手法が明らかにされています。“続きはこちらから”以降の部分です。
 要は金があるところに、必ずこうした黒い人脈がたかってくるということ。彼らの手法は相変わらず、賄賂、接待、強迫、暗殺ということのようです。これは個人で出来ることではないので、背後にイルミナティ、CIA、宗教団体といった組織が暗躍していると考える必要があります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
“やくざプロダクション”バーニング周防郁雄・追撃文(激闘編)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。