[YouTube]AKB48高橋&峯岸みなみと電通マンの乱痴気騒ぎ / 肉弾接待 電通腐敗のテレビ  バーニング周防郁雄 の人脈

竹下雅敏氏からの情報です。
 普段なら取り上げない、くだらないスキャンダルですが、報道ステーションの古賀事件との関係で、メディアの自主規制の大きな原因に、こうしたスキャンダルが関係しているのではないかと思い、取り上げました。
 AKBと電通マンの乱痴気騒ぎが、単なる騒ぎなのか、それとも下の動画の朝堂院大覚氏の発言のように、肉弾接待だったのかは、はっきりとしません。
 下の動画では、3分20秒〜5分の所で、バーニングがヤクザプロダクションであること、5分48秒〜6分40秒で、メディア関係者が箱根でバーニングの接待を受けていること、7分50秒以降では、マスコミの本家である電通マンが、毒まんじゅう、肉弾接待を受けていることを語っています。決定的な写真でも取られていれば、後はヤクザの脅しにより、報道の自由は無くなってしまいます。
 上のAKBのスキャンダルの写真、電通マン、報道の自粛、…安倍が、そういえばAKBが大好きで、秋元康と一緒に食事をしていたなどということを、思い出しました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【衝撃写真】AKB48高橋&峯岸みなみと電通マン、震災直後の乱痴気騒ぎに「総監督辞めろ」の声
転載元)


2015/04/02 に公開 
4月2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、AKB48の高橋みなみ(23)と峯岸み­なみ(22)、およびAKB運営幹部、大手広告代理店社員たちが酒席で酩酊していたこ­とを写真つきで報じている。

成人メンバーのみならば問題なさそうだが、問題はその写真が撮られたのが2011年4­月だという点。
高橋の“20歳を祝う誕生日パーティー”という名目の席で、当時、峯岸はまだ未成年だ­ったため、AKBを仕切る立場にある運営会社のスタッフたちや代理店社員たちの監督不­行届が指摘されている。

 同誌ではその写真が2011年4月に撮影されたものであることを、いくつもの証拠から­特定。
AKBメンバーたちの未成年飲酒行動については過去にもたびたび報じられており、ファ­ンもそれだけならば「またか」程度の感想だろうが、
彼女らが幼稚園児のコスプレをして男の膝の上に乗ったり、半裸の男性と抱き合ったり(­その男性はその後、全裸になったそうである)していることや、
誕生会が開かれたのが東日本大震災が発生してから間もない時期で日本中が自粛ムードだ­ったことを踏まえ、批判が殺到している。

 特にAKBグループは震災後、「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、被災地訪問ラ­イブなどのチャリティ活動をしてきたが、「震災直後にこんな宴会しているなんて」「し­ょせん偽善者集団」とネット上では非難轟々。

さらに高橋はAKBグループのメンバーたちを束ねる総監督という立場に任命されている­こともあり、「総監督がこんな淫らな飲み方してるなんて情けない」「10代メンバーに­悪影響だから総監督を辞めてほしい」との声も上がっている。

 しかしなぜ、2015年の今になって4年前の写真がこうしてスキャンダルになるのか。­それは、「文春」の前週号に大きく掲載された、元AKS社員の“盗撮データ”が記者た­ちの手に渡ったからである。

この元社員はメンバーたちが控室で着替える様子や、個室トイレで用を足す姿を何年にも­わたって盗撮し続けていた。
盗撮データと一緒に、こうしたメンバーやスタッフたちが飲み会で撮影したスナップ写真­が保管されていたということだろう。
ともすれば、これよりもっと“ヤバい”画像や動画データもまだまだ存在するのかもしれ­ない。AKB側としては、流出したデータをどうにかする取り引きが急務だろう。

 ただ「データさえ世に出なければ何をしてもいい」わけではないことは自明。こうした醜­態が世間に晒されるたびに、「やっぱりAKBってダサい」という見方が広まっていく。
国民的アイドルグループは男性ファンだけでなく、多くの子供たちにとっても憧れの対象­。その称号を名乗るならばそれなりの節度ある運営をしてもらいたいものである。
(篠田ロック)

messy4月2日(木)18時0分
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0402/mes_150402_8128037094.html


――――――――――――――――――――――――
肉弾接待 電通腐敗のテレビ  バーニング周防郁雄 の人脈
転載元より抜粋)


竹下氏の指定箇所
3分20秒〜5分…バーニングがヤクザプロダクションである
5分48秒〜6分40秒…メディア関係者が箱根でバーニングの接待を受けている
7分50秒以降…マスコミの本家である電通マンが、毒まんじゅう、肉弾接待を受けていること