アーカイブ: 竹下氏からの情報

臓器売買が常態化しているウクライナの実態 ~「子供たちを集めていたのです。3歳~6,7歳の小さな子供たちです。…彼らは…切り分けられました。その時点では彼らは生きていました。」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、“ハザール王国の王と側近のオリガルヒは、子供を生贄として捧げ、その血を飲み、その心臓を食べる「悪魔崇拝者」で、近隣諸国からハザリアンマフィアと呼ばれるようになった。…ロシアは1000年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち続けてきた。…こうした視点から、ロシアとウクライナの戦いを見る必要がある”とコメントしました。
 特別軍事作戦に志願しイジュームの近くでスナイパーとして戦っていたシュクラト・アディロフさんは、“捕虜たちは、強い薬物でハイになっていました。落ち着くのに1日半かかりました。…彼らのグループは、イジューム周辺で子供たちを集めていたのです。3歳~6,7歳の小さな子供たちです。そして、特定の場所に連れていきました。そこで、子供たちは1階で服を脱ぎました。そして2階で…彼らは…切り分けられました。その時点では彼らは生きていました。そして、その後、廃棄物のようにそのまま穴に埋められるか、どこかへ持っていかれるのです。あの捕虜たちは、子供たちの事を話しました。…彼らは臓器を取ったのです。この話は聞いたことがありました…。しかし、信じていませんでした”と言っています。時間のない方は、トッポさんのツイート動画をご覧ください。
 “イジュームはウクライナ東部ハリコフ州の市で、州都ハリコフの約138キロ南東、ドンバス地域の玄関口”と言われる所です。
 2016年のAFPの記事はハリコフの事件で、“臓器摘出をほのめかしていた人身売買業者のもとに女子生徒を連れて行き、現行犯で身柄を拘束された教師の女性が、ハリコフの裁判所に出廷した”ということです。
 このようにウクライナでは臓器売買は常態化しているのです。2014年10月14日の記事で、「ウクライナ南部・東部で臓器売買が行われている証拠写真が公開」されたことをお伝えしました。この記事の中のリンク先(閲覧注意)には、ドネツクでRussia Todayのグレム・フィリップス記者が撮影した写真(死体)が掲載されています。
 ミハイル・サーカシビリは、2004年から2期にわたってジョージアの大統領を務めた人物で、ウクライナ国籍を付与され同国に事実上亡命、ポロシェンコ大統領の顧問およびオデッサ州知事(2015年3月30日~2016年11月9日)を務めたのですが、こちらの記事によれば、「臓器をイスラエルと他の西側国に売ると言う大量殺人を実行する犯罪ギャングはミヘイル・サアカシュヴィルと彼のドイツ人妻サンドラ・ロエロフによって率いられている」とあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシア軍志願兵 イジュームでの恐ろしい体験 ウクライナ軍について語る Shukhrat Adilov Nika TV 2022/11/18
配信元)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ハザール系ユダヤ人とロシア人の知られざる関係から見る必要のあるウクライナとロシアの戦い 〜 単にユダヤ教に改宗した「ハザール人の子孫」アシュケナジー・ユダヤ人は、偽ユダヤの悪魔崇拝者

竹下雅敏氏からの情報です。
 元ソ連外交官が語る「ロシア-ユダヤ闘争史」の全貌は、ハザール系ユダヤ人とロシア人の知られざる関係について詳述した必読と言えるものです。
 この中に、「8世紀に入り、ビザンチン・キリスト教とイスラムの圧迫を受けたハザール人は、王から奴隷にいたるまで国を挙げてユダヤ教に改宗し、ハザールはユダヤ国家になった(799~809年頃)。そして彼らは自らをユダヤ人と名乗るようになったのである。現在、世界のユダヤ人の大半を占めるアシュケナジー・ユダヤ人は、このハザール人の子孫である。」という記述があります。
 ハザール王国の王と側近のオリガルヒは、子供を生贄として捧げ、その血を飲み、その心臓を食べる「悪魔崇拝者」で、“近隣諸国からハザリアンマフィアと呼ばれるようになった。…ロシアは 1000 年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち 続けてきた。このことは…今日に至るまで続いている”とあります。
 こうした視点から、ロシアとウクライナの戦いを見る必要があるのです。ウクライナ紛争でのロシアの目標の一つは「非ナチ化」ですが、ロシアのラブロフ外相は、ユダヤ人を迫害したナチス・ドイツのヒトラーについて、「ユダヤ人の血が入っていた」と発言しています。
 Tomoko Shimoyama氏のツイートを見ると、ラブロフ外相の発言は事実であることが分かります。「Naziの語源はAshkenazi」だとあります。
 アシュケナジー・ユダヤ人は、“中世にドイツ西部とフランス北部のライン川沿いにコミュニティを築いたユダヤ人”ですが、彼らは血縁的には旧約聖書のユダヤ人とはまったく関係がありません。単にユダヤ教に改宗した「ハザール人の子孫」です。偽ユダヤと言っても良いわけです。
 ラブロフ外相は「賢いユダヤ人たちから聞いたが、最も反ユダヤ主義なのはユダヤ人であることが多い」と発言しています。その「最も反ユダヤ主義のユダヤ人」の一人がナチス・ドイツのヒトラーで「悪魔崇拝者」だったわけです。
 “続きはこちらから”のツイートを見ると、ヒトラーのような「ハザール人の子孫(ハザリアンマフィア)」がいっぱい居ます。彼らがウクライナのネオナチを支援するのは良く分かります。
 こうした偽ユダヤの悪魔崇拝者たちが、「約束の地」は自分たちのものだと主張して、パレスチナ人の土地を奪っているのが、パレスチナ問題の本質です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアはロック・ステップから外れているのか?
引用元)
(前略)
ロシアの隠された過去 - ハザリアンマフィア

西暦800年:ロシアを中心とする周辺諸国の指導者たちは、長年にわたって国民から不満の声が上がっていたため、集団でハザール王に最後通牒を突きつける。(中略)... ハザール王は、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の中から選ぶように言われた。ハザール王はユダヤ教を選び、ロシア皇帝が率いる周囲の国家連合が定めた条件の範囲内にとどまることを約束しました。その約束にもかかわらず、ハザリアン王とその側近のオリガルヒは、古代バビロニアの黒魔術、また秘密悪魔主義として知られる魔術を実践し続けました。この秘密悪魔主義は、子供を生贄として捧げ、「血を抜き」、その血を飲み、その心臓を食べるというオカルト的な儀式を含んでいた。

西暦1200年頃、ロシアはハザリアを取り囲む国々を率いて、ハザリアの人々に対する犯罪を止めるためにハザリアに侵攻しました。ハザリア王とその内廷の犯罪者、殺人者たちは、近隣諸国からハザリアンマフィア(KM)と呼ばれるようになった。
(中略)
ロシアは1000年以上にわたって、ハザリアンマフィアに対抗する砦として立ち続けてきた。このことは(中略)... おそらくプーチンが初めて政権をとって以来採用してきた戦略に見られるように、今日に至るまで続いているのである。

グローバリスト、トランスヒューマニスト、エリートは、ジョン・F・ケネディが彼らを暴露すると脅したときに命を落としたのと同じ敵の後日の隠れ蓑なのである。
(以下略)
————————————————————————
ロ外相「ヒトラーもユダヤ人の血が入っていた」発言にイスラエル激怒|TBS NEWS DIG
配信元)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

それまで健康だった人たちが突然死!コロナワクチン接種者、本格的な死のサイクルに向かって加速していく傾向 〜「ファイザー社とモデルナ社の両方の治験で、ワクチン接種者の間で重篤な有害事象のリスクが増加するという明確な兆候を確認」

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画で、“ここ数週間の主な死亡例を見てみましょう。そのほとんどはここ数日のものばかりです。この傾向は、ワクチンの本格的な死のサイクルに向かって加速していくと思われます。”と言い、それまで健康だった人たちが突然死した例を挙げています。
 “続きはこちらから”の動画で、イギリスの医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の上級編集者のピーター・ドーシ氏は、“ファイザー社とモデルナ社の両方の治験で、ワクチン接種者の間で重篤な有害事象のリスクが増加するという明確な兆候が確認されたのです。…治験データによると、この重篤な有害事象の発生リスクは、ワクチン接種者約800人に1人というような、高いものであることが分かっています。…他のワクチンの場合では、100万人あたり1~2人と報告されています…”と言っています。
 岸田総理大臣は新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンを接種し、「オミクロン株対応のワクチンは従来型ワクチンに比べて重症化予防効果が高い」と国民に接種を呼び掛けたのですが、私が住んでいる星とは異なる平行宇宙での出来事なのではないかという気がします。
 元ファイザーのマイケル・イェードン氏は、“遺伝子ワクチンを拒否します。製薬業界にいたころは、確かにワクチン推進派でした。…現在は、十分に自分で調べることなく、ワクチン推進派だったことを恥じています。…私は、ワクチンという治療薬を作るバイオ生物学の分野にはいなかったので、データを見たこともなく、深く考えたこともありませんでした。学校でも大学でも、教えられたことをそのまま受け入れていました。そして、一度調べ始めると、非常に疑問であることが何十年も続いていることに気づくのです。…私は今、この業界で最近認可されたどんな製品も信用しないことにしています。それは、何処の国の医薬品規制当局も腐敗していると思うからです”と言っています。
 腐敗しているのは医薬品規制当局だけではありません。“こいつ、早くいなくなればいいのにな…”と思う人は、結構いっぱいいますよね。
 支配層は思うだけではなくて、食品、水、空気など、あらゆるものに毒を入れて「人口削減」を既に実行しているのです。ワクチンは毒を体の中に直接入れることが出来るのです。あの連中が、こうしたチャンスを逃すはずがないでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

【拡散希望】「大陪審 世界征服のアジェンダを明らかにする」と題するPDFの要約 ~イギリスの政府通信本部(GCHQ)の元職員アレックス・トムソン氏が証言するイルミナティによる「世界征服の野望」

竹下雅敏氏からの情報です。
 「大陪審 世界征服のアジェンダを明らかにする」と題するPDFがあります。このPDFを出しているストップ・ワールド・コントロールのサイトには、“大陪審は6回にわたって行われ、それぞれ約6時間の審理を経て証拠が提出されます。これらの手続きの長さは、大多数の国民がこの情報を受け取ることを困難にしています。そこでストップ・ワールド・コントロールは、6時間の各セッションの読みやすい要約を作成し、これらの非常に重要な啓示がより多くの人々に届くようにしました”と書かれています。
 これは本当にありがたい。これほど貴重な情報が「この情報には著作権はなく、営利目的で販売しないという厳しい条件のもと、読者はこの情報を広く伝えるよう奨励されている」と言うことですから、皆さん、どんどん拡散して下さい。
 この「読みやすい要約PDF」は87ページなので、重要な部分を選択して何回かに分けて掲載することにしました。なお、PDFの翻訳は主にDeepL Proを使いました。
 PDF全文の日本語訳は、こちらのブログからダウンロードできます。
 記事をご覧になると、イギリスの政府通信本部(GCHQ)の元職員アレックス・トムソン氏はイルミナティによる「世界征服の野望」について証言しています。
 王室を支配し、地球の大部分を支配しているシティ・オブ・ロンドンを実際に動かしているのはごく一部の一族であり、これらのファミリーのトップレベルを知るには、フリッツ・スプリングマイヤー氏の「イルミナティ 悪魔の13血流」が優れている。この下のレベルがディープステートを動かしている「200 家族」だと言っています。
 「200家族」は、ジョン・コールマン博士の「300人委員会」と本質的に同じだと思います。「コズミック・ディスクロージャー シーズン2、エピソード16」の中でコーリー・グッド氏は「コミッティー200(200人委員会)」に言及しており、デイヴィッド・ウィルコック氏は、“これをよく知っている人は…それはコミッティー300(300人委員会)ですね。…ではメンバーのうち3分の1が離脱した可能性はありますね”と言っていました。
 この記事の内容は「陰謀論」ではないのです。ごく少数の一族による世界支配の野望の証拠として語られているものなのです。先の記事で見たように、こうした重要な事実をスルーしていると、世界が中国のようになるのを容認しているのと同じことになります。それでも良いのですか?
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)

著作権表示

この文書は、ライナー・フュエルミッチ弁護士のコロナ調査委員会が指示した大陪審の模範手続きの2日目に提示された最も重要な情報の抜粋を含んでいます。
 
この情報には著作権はなく、営利目的で販売しないという厳しい条件のもと、読者はこの情報を広く伝えるよう奨励されている。

この文書の印刷物は、次のウェブサイトで入手できます。StopWorldControl.com/jury
 
このドキュメントは、5つの大陪審セッションのうちの1つです。
他のセッションも印刷可能な形式で利用できるようになる予定です。
(中略)
世界支配を阻止する
 
シティ・オブ・ロンドン
第1部 概要
 
大陪審のセッション2の専門家証人は、英国情報局(米国国家安全保障局のパートナー機関)の元職員とカナダ人調査ジャーナリストだ。彼らは、英国のエリートが世界支配を目指した長い歴史について説明する。大英帝国は今も存在し、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、アフリカ19カ国、カリブ海諸国を含み、世界のほぼすべての国に手を伸ばしている。本社は、世界の金融の中心である1平方マイルの面積を持つロンドン・シティにある。シティ・オブ・ロンドンは、英国政府の統治下にあるのではなく、逆に英国政府の上に君臨している。ロンドン・シティは独自の裁判所と警察を持ち、その主権と自治に異議を唱えられたことは一度もない。王室を支配し、地球の大部分を支配しているのです。
 
イギリスのエリートは、残りの人類を奴隷にする権利があると信じています。彼らは、人類を「家畜」とみなしています。彼らの考えでは、国民は、身体、精神、魂のすべてにおいて、自分たちのものなのです。民主主義は、ロンドン・シティが主導権を握り、糸を引いている間、国民を平和に保つための幻想に過ぎない。
 
このエリートは、いわゆる「新世界秩序」を何度も試みたが、すべて失敗した。米国を支配することに成功しそうになりましたが、そこでも失敗しました。今、彼らは世界支配の目標を推進するためにコビッド19のパンデミックを利用している。「みんなの安全を守る」という名目で、世界の人々を彼らのあらゆる命令に盲従させるために心理学的テクニックを使っているのだ。
 
マインド・コントロールは、長い間、彼らの戦略の中心であった。3つの産業革命の後、人々の心を支配することに焦点を当てた第4次産業革命が今、起こりつつある。

ワクチン接種プログラムの深い目的は、人類のゲノムを編集し、オリガルヒの欲望に従って行動する新しいトランスヒューマン種族を作り出すことである。これは過去の暴君の究極の欲望であった。しかし、技術によって、完璧な奴隷となる人類の再創造が可能になったのは今だけである。

  私たちの世界は、古代の奴隷制度が復活し、技術的にアップグレードされて、全世界の人々を包括する全く新しいレベルの奴隷制度を導入する脅威にさらされています。

» 続きはこちらから

世界最大の監獄国家になった中国では、現在、巨大な新型コロナ隔離・検疫センターの建設が進められており、現実には、“検疫センターという名の強制収容所”の可能性が高い

竹下雅敏氏からの情報です。
 11月18日の記事で、中国では顔認証で個人のコロナ感染リスクを判別できるスマホアプリを導入しているツイート動画を紹介しました。コロナ感染リスクは3段階で表示され、赤は隔離、黄は要PCR検査、緑は移動可能でした。
 冒頭の動画は11月22日の朝、中国・浙江省の6万人以上の住民のコロナ感染リスクが黄色になり、PCR検査のために家畜のように群れを成している様子です。PCR検査を受けないと判定は赤となり、移動の自由が無くなってしまいます。
 こうした中国の現状に関して、In Deepさんの記事は独自の視点から非常に優れたものになっています。
 中国各地で「ゼロコロナ政策への抗議デモ」が起きているが、中国政府は「顔認証」を含む個人特定テクノロジーの開発を急ピッチで進めているため、デモに参加したことが判明した場合、即座にブラックリスト入りとなり、そうなると“家も買えない、遠方に行くこともできない、子どもを私立学校へ入学させることもできなくなる。資産も凍結される”ことになります。
 しかも世界最大の監獄国家になった中国では、現在、巨大な新型コロナ隔離・検疫センターの建設が進められており、現実には、“検疫センターという名の強制収容所”の可能性が高い。
 当局が不要と見なす人物が、“検疫センターという名の強制収容所”に隔離された場合、そこで何が起こるのかは何となく想像できます。In Deepさんは、“今の中国は、実際には、「第二次文化大革命の渦中にある」という感じが最も強い”と言っています。
 世界経済フォーラムのトップであるクラウス・シュワブが「中国は多くの国のモデルである」と述べたように、中国は「人口削減」を積極的に行うと考えられます。
 In Deepさんは、“「目指している体制が完成するまで」は、中国はゼロコロナ政策を止めることはない”と見ています。そして、これが「ディープステートの目指す国家のあり方」なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
————————————————————————
中国で8万人収容の「検疫センターという名の強制収容所」的な施設が建設される中、おそらく進んでいるのは「新たな文化大革命」
転載元)
(前略)
中国のロックダウンとゼロコロナ政策は、私個人としては、「現在の中国の《外交政策の要》なので、やめることはない」と考えています。少なくとも、「目指している体制が完成するまで」は。

今年の春に書かせていただきました以下の記事などをご参照いただければと思います。
 

今年の春からの9ヶ月間、ヨーロッパは、対ロシア制裁のブーメランで経済的にも政治的にボロボロになっていて、日本や韓国、台湾などの東アジアは、中国のロックダウンによって、経済的にボロボロになりつつあります。
 
先ほど、「外交政策の要」と書いたのはこのような理由です。
 
自分の国でロックダウンとゼロコロナ政策を進めれば進めるほど「周囲の国が弱っていく」
 
台湾については侵攻だ戦争だ言われていますが、そんなことをしなくとも(するかもしれないにしても)、台湾経済の要は中国であり、ゼロコロナ政策で台湾もまた強い影響を受けているはずです。
 
このあたりから、中国のゼロコロナ政策は今後「さらに拡大する可能性が高い」とさえ思います。
(中略)
今の中国は、実際には、「第二次文化大革命の渦中にある」という感じが最も強いのではないかと個人的に思っています。
(中略)
そんな中、現在、最も感染者数が多い広東省の広州市近郊に、「8万人収容の巨大な新型コロナ隔離・検疫センター」の建設が進んでいることが報じられています。こちらに動画があります。

広州市に建設中の検疫センター

NEXTA TV
(中略)
ところで、現在、北京や上海などで、「ゼロコロナ政策への抗議デモ」がおこなわれていると日本でも報じられています。ここから思い出したことがあります。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2,564