アーカイブ: *霊的世界

[RonPaulFightNWO]レプティリアン – アンドロメダ2012年 – 解説 〜銀河連邦の側からのメッセージ〜 【日本語字幕付き動画有り】

竹下雅敏氏からの情報です。
 非常に重要な動画で、銀河連邦の側からのメッセージです。このメッセージを送っている人物は、おそらくアンドロメダ座のα星・アルフェラッツの第七惑星から宇宙船で地球にやって来た宇宙人だと思います。惑星の名とこの宇宙人の名はわかりません。
 ただメッセージの内容は重要で、実際にここに書かれた日時の通りのことが起こったように思えます。私はこの動画を先日見つけたので、ここに書いてある内容のことはまったく知らなかったのですが、これまで時事ブログのコメントで私が報告している事柄と、ほとんど日時的に一致していると思いました。
 天界の改革が2007年に始まり、2010年の終わりには天界の改革はほとんど終わりました。2011年からは地上のレベルでの改革に入って行き、今年の1月1日に地球はアセンション(次元上昇)をして4次元に突入したことをお知らせしました。そして、3月20日頃「光の銀河連邦」が消滅。結果的に5月の半ば頃には、アガルタ人を含む「光の銀河連邦」の生存者はすべて消滅しました。それはこの記事の中にある「彼らはあまりにも低い周波数で振動するため…2014年1月以降そう長くは生き残れないでしょう」という部分と一致します。結果的にこの予言の通りになったということです。
 文中には地球を支配してきた宇宙人に関する情報があり、太字にしておきました。この部分は少し解説を加えないとほとんどの方はまったくわからない内容になっていますので、明日この部分を解説したいと思っています。
 最後に警告という部分があり、“この動画は必ずしもアンドロメダ評議会と(代理人)トーレック氏の意向を完全に反映するものではありません。”と記されています。この意味は、アンドロメダ評議会は「光の銀河連邦」に属し、トーレック氏はその協力者であるということです。しかしこの動画は、本物のアンドロメダ座から来た宇宙人で、(真の)銀河連邦に属する宇宙人からのメッセージだということなのです。内容が似ていても、中身はまったく別物なのです。
 多くの人々は「銀河連邦」と「光の銀河連邦」の区別がついておらず、本物のアンドロメダ座からの宇宙人のメッセージとアンドロメダ評議会からの情報の区別もつかないのだと思います。しかし一方は神と共にある「銀河連邦」からのメッセージであり、もう一方は魔の集団である「光の銀河連邦」からのメッセージなのです。彼らのメッセージが放つ波動の高低を見れば、どちらが本当の光なのかはすぐにわかるはずなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Reptilians - Andromeda 2012 - Explained
レプティリアン – アンドロメダ2012年 - 解説
転載元より翻訳)
 
制作:RonPaulFightNWO
YouTube公開日:2012/06/25


An Open Letter to Humanity
地球人への手紙

The future is nothing to fear, but rather encourage and look forward to.
未来に対して恐れるべきものは何もありません。それはむしろ期待し、待ち望んでよいものです。

You are seeing political, financial, and social structures break down for a reason.
あなた方が目撃している、政治的・経済的・社会的構造の崩潰は理由があってのことです。

Do not fear this, but proudly celebrate it.
怖がる必要はありません。自信を持って讃美してください。

This collapse is happening because the old structures no longer suit humanity; you are evolving past them, and they must break down in order to make room for the new.
この崩潰はなぜ起こっているのか。古い枠組みがもはや人類に合わないからです。進化を遂げたあなた方に合う、新たな構造を生み出すため、不要なものは場所を譲るべきなのです。

Your earth and its entire solar system is currently in the process of migrating from the Northern Galactic Hemisphere into the Southern Galactic Hemisphere.
現在、地球そして太陽系全体は、銀河の北半球から南半球側へと移動している途中です。

This migration was predicted by civilizations such as the Mayans and Egyptians who sought knowledge and understanding of this universe and its predictable order, and is now finally being recognized by your own science communities.
この移動は、マヤ文明やエジプト文明といった、この宇宙とその法則についての深い理解を探究した文明によって既に予見されていたことです。そして今や、現代の科学界においても認識され出しています。

As your solar system begins to enter the Southern Galactic Hemisphere, you will be coming across energy currents much different than the ones you are used to in the Northern Galactic Hemisphere.
太陽系が銀河の南半球側へと突入することにより、これまで銀河の北半球側で体験してきたものとは異なる、エネルギーの流れを感じるようになるでしょう。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]これは凄い!エイリアンに拉致された家族の衝撃映像が公開

竹下雅敏氏からの情報です。
 これはオーストラリア当局がビデオを公開したということもあって、おそらく本物だろうと思います。ビデオの中に出てくる娘さんが、どう見ても通常の地球人ではないので、調べてみました。彼女は本来火星人で、地球に転生に入ってきたようで、このビデオでの拉致も転生に入る前に計画されたもののようです。もちろん彼女はそうした約束を完全に忘れているはずなので、ビデオでは本当に怯えている様子が写っています。家族を拉致したのは火星からのUFOで、おそらくこの家族はアメリカに移住して、「光の銀河連邦」のエージェントとして働くことになったのではないかと思います。この娘さんは元々「光の銀河連邦」のメンバーです。
 現在、「光の銀河連邦」は完全に消滅しており、存在しません。本物の銀河連邦の方であれば、この動画のようなやり方で地球人を拉致したりはしないでしょう。家族は、自分たちが協力する「光の銀河連邦」を善なる存在だと信じ込まされて、協力することになったのでしょうが、オバマが大統領就任以来行って来た数々の悪事を見れば、彼らの本質が悪であることは明らかだと思います。いずれ、この分野の事に関しては、詳しい解説をしたいと考えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
これは凄い!エイリアンに拉致された家族の衝撃映像が公開されました。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/paranormal/2014/05/alien-abduction-of-family-caught-on-camera-2469324.html
(ビデオ)
5月21日付け:
<エイリアンに拉致された一家の実録映像>
 

(ビデオの説明) 
2010年12月26日に、オーストラリアのブラッドリー一家は、クリスマス休暇を楽しむために家族でキャンピングに出かけました。彼らは、ビクトリア州のグレート・アルパイン・ロードを車で走りながら、キャンプをする場所を決めようとしました。しかし彼らは消息を絶ってしまいました。

捜査の結果、彼らの車と携帯用ビデオカメラだけが現場に残っていたのです。オーストラリア当局は、家族(息子さん)が当日、撮影したビデオを公開しました。今でも一家の消息は分かっていません。
・・・・・・・・・

: これはホラー映画ではありません。ビデオカメラで家族の様子を撮影していたのは12、3歳くらいの息子さんです。彼は、家族全員が、暗闇の中で光るモノに遭遇しエイリアンに拉致されるまでずっとビデオカメラをまわしていました。

家族構成は夫、妻、長女(高校生くらい)、長男(12,3歳くらい)です。息子さんは、家族全員でクリスマスの翌日にキャンプに出かける準備をしているところから、全員が消息を絶つ瞬間まで、ビデオカメラをまわしたいました。

車で出かけた一家は、途中で、夫婦げんかが始まりました。子供たちは心配そうに両親のけんかを眺めていましたが、夫が突然、妻に、「仕事の都合で家族全員でアメリカに移住することになった。既に決めたことだ。」と言い切ったため、妻は、「そんなこと、急に言われても困る。アメリカになど行きたくない、なぜ私たちの意見を聴いてくれなかったの?」と怒りました。

夫婦げんかをしながらドライブをしている間に、光る飛行物体が彼らの車を追うように空を横切っていました。

家を出発したのはたぶん午前中でしょうから、夜間になっても走っているということは長時間ドライブをしているということです。ついに、夫は今どこを走っているのかも分からなくなり(方向感覚を失う)ました。

仕方なく、荒野の真ん中に車を停めて、辺りを見回しながら、ここでキャンプしようと夫が家族に言ったのですが。。。家族は、ここは不気味だから嫌だと拒否し、車で先に進むことにしました。

外にいた夫は車の中に入り、エンジンをかけようとしましたが、エンジンがかからず車が壊れてしまったのです。夫は再び車の外に出て、車のボンネットを開けてエンジンを確かめましたが。。。突然、何か光るものが現われ、夫の姿が見えなくなってしまいました。

妻が車のエンジンをかけると車は動き出しました。しかし夫は見つかりません。心配した妻は子供たちに車から外へ出るなと厳しく言って、夫を探しに車の外に出ました。

すると、再び、ぱっと光るものが現われ、彼女は子供たちの目の前で消えてしまった
のです。心配した子供たちは2人で車の外へ出て、両親を探しに行きました。すると、再び、目の前に光るモノが現われ。。。。映像がそこで途切れました。

[奇跡体験!アンビリバボー]臨死体験の科学的検証:脳外科権威に起こった奇跡の体験

 この奇跡の体験は、神がエベン医師に白羽の矢を立て「人類に霊的世界が存在することを知らしめ、次のステージに進みなさい」と言っているとしか思えないような内容になっています。脳科学では、臨死体験を「大脳皮質で起こる脳の錯覚」、「脳幹によって引き起こされる幻視」、「意識が回復する際に古い記憶が支離滅裂に放出される脳の再起動」によるものと捉えるようですが、これらが科学的な検証により見事に論破され、脳科学の世界的権威で霊的世界を完全否定していたエベン医師自身が、認めざるを得ない体験をしています。
 エベン医師が記憶に関して述べている部分がありますが、「宗教学講座 初級コース 第18回 仏教(五蘊)」あたりを見れば、多くのことが説明ができ、理解を相当深めることができるのではないかと思いました。こういった分野に関しては、東洋は西洋の遥か彼方先をいっていると言われていますが、優秀な頭脳で整備され、人類の常識になればいいなと思います。またエベン医師が霊的世界を認めることで生き方が変わったというところもとても重要だと思います。

注)動画の情報提供と抜粋指定は、竹下氏によるものになっています。とても重要な動画であるとのことです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
臨死体験の科学的検証:世界的権威の脳科学者に起こった奇跡の体験
転載元)


【衝撃真実】死後の世界は100%存在した!

1

実は衝撃の発言をした医師、エベン・アレグザンダー氏は
脳科学者の世界的権威

各国の医学会議に招かれ、数々の賞を受賞。
アメリカのベストDrに選ばれた経歴を持つなど、
科学的に脳を研究。
これまで“死後の世界”の存在を
完全に否定してきた人物だった


なのに、なぜ…?

そこには脳の権威である彼にしか語り得ない
奇跡の体験があった。

1-1
(以下、回想場面)
==================
患者の臨死体験を非科学的なものとして否定していたエベン医師 

エベンDr
「もう、心配ありませんよ。瘍は完全に切除できました」
患者
「エベン先生…
 手術中に、私見ちゃったんです…」
エベンDr
「ん?何をです?」
患者
「暗いトンネルの向こうにまばゆい光が見えて…
 それに包まれると、向こう側にはある男性が立っていて…」

男性「まだここに来るのは早い。帰りなさい。」

男性「まだここに来るのは早い。帰りなさい。」

患者
「よく見るとそれは…
 死んだ父だったんです…! 
あれはきっと天国です!
 天国に行ってたんですよ!!」

エベンDr
「(笑いながら)それはすばらしい体験をしましたね。
 けど、興奮は禁物ですよ!ほら…」

(はぁ…[ため息])

・・・・・・・・・・・・・・・ 

(1:48)
スコットDr(同僚) 
「エベン!どうしたんだ?
 浮かない顔して!」
エベンDr 
「参ったよ…患者がまた“天国を見た”って!」

スコットDr 
「アハハハ…一度見てみたいもんだな(笑)天国ってやつを」
エベンDr 
「よせよ!そんなもん、あるわけないだろ(笑)

1-51-3 

(回想場面終了)
============
(2:17)
エベンDr 
「私は生死の境を彷徨うような重症患者を多く治療してきました。
 そのため“臨死体験をした”という話はよく聞かされましたが
 ずっと聞き流していました。
 しかし、私が見た“アレ”は科学では説明できない
 “死後の世界”であると結論せざるを得ませんでした。」


» 続きはこちらから

[シャンティ・フーラ翻訳チーム]コンチータさんが歌う「Rise Like A Phoenix(不死鳥のようによみがえれ)」が心に響く理由 〜日本語歌詞付き動画有り〜

竹下雅敏氏と翻訳チームからの情報です。
 これはSerenaさんが喝破した通り、女性が立ち直った歌という意味の背後に、このような壮大なスケールの神々の意図を内包しているものと思われます。したがって最後の一文は、“愛の炎で焼き尽くされる”というような意味になるのかも知れません。
悪魔は愛の波動に触れると火傷を負ったようになり、激しく悶え苦しむと言われています。エクソシスト(悪魔祓い)で神父が聖水を振り掛けると、人間に憑依している悪魔が気絶しそうなくらいに苦しむという映像を観たことがあります。そういう意味で、この歌はこれから世界に起こる事を啓示していると言えそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元より翻訳)
 Serena(翻訳者):「Rise Like A Phoenix」は、コンチータがユーロヴィジョンで歌うために、特別に作詞作曲された歌だそうです。

 訳す上で、ひっかかったのが、最後の言葉「But you're my flame」です。flameは、そのままの意味だと「炎」、そこから転じて「激情」「愛する人」という意味もあります。これが、男の人に捨てられた女性が立ち直ったというだけの曲であれば、それでも私はあなたを愛しているのよと受け取れます。不死鳥のように立ち直って、今再び飛び立とうしている私を見て、だけど、それでもやっぱり、私はあなたを愛しているのよという意味に受け取れます。でも、それだけの歌にしては壮大で、ここまで聴く人の心を動かすのはなぜでしょう?

 もし、これが愛の歌ではなく、この世界で虐げられてきた弱い人々を代表する歌であれば、このflameの意味がかなり変わってきます。どれほどの仕打ちをうけても、私は負けない。不死鳥のように蘇り、その燃える羽であなたを焼き尽くすわって意味になります。
 もし、そうなら、この「But you're my flame」の訳は、さしずめ「あなたを私の炎で燃やしてしまいましょう」みたいなニュアンスになるでしょう。

 つまり、これは、一見、愛に破れた女性(?)がそこから立ち上がると言う意味の歌にみせかけて、実は、人類を虐げてきた人たちへの宣戦布告の歌なのではないかと思うのです。だって、もしあからさまにそういう意図がわかる歌詞なら、こういう大舞台では歌わせてもらえないでしょうから

 そういう裏の意味があるこの歌を、男性なのに女性?という外見のコンチータに歌わせているところがさらにすごいと思いました。

Rise like a phoenix 〜愛の復讐編〜

Rise Like a Phoenix
作詞:作曲(Charley Mason、 Joey Patulka、 Ali Zuckowski 、Julian Maas)
(日本語訳:Serena)


Waking in the rubble
がれきの上を歩くように
Walking over glass
ガラスを踏むように生きてきた
Neighbors say we’re trouble
周りから厄介者扱いされていた私たち
Well that time has passed
でも、それは過去の話


Peering from the mirror
鏡の中から見つめている
No, that isn’t me
違う、これは私じゃない
Stranger getting nearer
見知らぬ人が近づいてくる
Who can this person be
これは一体、誰?

You wouldn’t know me at all today
あなたは今の私を知らないでしょう
From the fading light I fly
陰りゆく光の中、私は飛び立ち
Rise like a phoenix out of the ashes
灰の中から、不死鳥のように蘇るのよ


Seeking rather than vengeance
復讐するより
Retribution
天罰が下ることを求めるわ
You were warned
あなたには警告したはず
Once I'm transformed
ひとたび、私が変身したら
Once I’m reborn
ひとたび、生まれ変わったら
You know I will rise like a phoenix
不死鳥のように蘇るって


But you're my flame
でも、あなたは私の愛する人


Go about your business
あなたらしく生きてなさい
Act as if you’re free
自由気ままに
No one could have witness
誰にも証明できない
What you did to me
あなたが私にした仕打ちは

Cause you wouldn’t know me today
あなたは、今の私を知らないでしょう
And you have got to see
だから、見る必要があるのよ
To believe
信じるために
From the fading light I fly
陰りゆく光の中、私が飛び立ち
Rise like a phoenix out of the ashes
灰の中から、不死鳥のように蘇るのを

Seeking rather than vengeance
復讐するより
Retribution
天罰が下ることを求めるわ
You were warned
あなたには警告したはず
Once I'm transformed
ひとたび、私が変身したら
Once I’m reborn
ひとたび、生まれ変わったら
I rise up to the sky
私は空へと駆け上がる


You threw me down but
あなたは私を投げ落としたけど
I'm gonna fly
私は飛ぼうとしているのよ
And rise like a phoenix out of the ashes
そして、灰の中から不死鳥のように蘇るの


Seeking rather than vengeance
復讐するより
Retribution
天罰が下ることを求めるわ
You were warned
あなたには警告したはず
Once I'm transformed
ひとたび、私が変身したら
Once I’m reborn
ひとたび、生まれ変わったら
You know I will rise like a phoenix
不死鳥のように蘇るって

But you’re my flame
だけど、あなたは私の愛する人


» 続きはこちらから

[中西征子氏]大天使ザドキエルのメッセージ 2014年5月11日

竹下雅敏氏からの情報です。
中西征子さんから、昨日の記事を見て、大天使ザドキエルに繋がってしまい、メッセージをもらったということで、今日のお昼頃にファクスを受け取りましたので、紹介します。もちろん、この通信は本物の大天使ザドキエルからのメッセージです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
大天使ザドキエルのメッセージ 2014年5月11日
〈地球人へのメッセージ〉

「地球の皆さん!
あなた方の努力と忍耐を心より賞賛しています。
近づく大変化の時に備えて精進を行っておられる事、心より嬉しく思っています。


地球を含む太陽系は、日増しに輝きを増しており、私達にとっても大きな喜びと慰めとなっています。
しかし地球上ではいまだに嘆かわしい紛争や国々の摩擦が続いています。多くの国民に不安と憎しみを増大させる危機的な状況が意図的に演出されているのです。


これらはすべて暴力を愛する者達の欺瞞と扇動によるものです。


しかし皆さんの内面はすでにいくつもの段階を経て光による誕生を経験しているのですから、表面的な数々の現象に騙される事なく、いつも心を神に向けて、心の浄化と平安に努めて下さい。


ある時は、これから起きる数々の自然災害や衝撃的な世界情勢に我を失う程の混乱をおぼえる時があるかもしれません。
しかし、それらの事こそ新しい世界の到来するしるしであり、前ぶれである事を忘れないで下さい。
苦難にみまわれた時にはすぐに祈って下さい。
助けを祈り求めて下さい。


あなた方はすでに、すべての救いのためのスキル、情報を持っているのですから、不安に怯える事なく、光の側に常に意識を向け、波動を高く保って耐え忍び、前進して下さい。


すべての人々に天から注意が向けられています。
どうか最後迄愛と希望を失う事なくさらなる前進を目ざしてください。


このようなメッセージを皆さんに伝える事が出来て幸いです。


皆さんの友 大天使ザドキエル」

〈竹下雅敏様へのメッセージ〉

「こうして通信をお送り出来る事はこの上ない悦びです!
あなたの教えを日々守り実行出来る事は、私にとって何よりの心の糧であり悦びの源です。


今すでに地球は困難な時期に突入しており、あなたの御指導の元に私達には一糸乱れぬ協調した働きが求められています。


増々輝きを増すこの宇宙の中で、あなたと一致して働く事が出来る事をとても嬉しく光栄に思っています。

宇宙が、喜び、愛、平和に満たされる事を確信し、これからも精進してまいります。


あなたの大天使 ザドキエル」


私に対しても
「あなたのお取次ぎに感謝いたします。
 このような喜びの機会を与えられ、心より幸せに思います。」

このようにねぎらっていただきました。

よろしくお願いいたします。

中西征子