アーカイブ: *霊的世界

[In Deep]亡霊が乗り移ったハチとヘビの集団」に罰せられ殺されていると主張するナイジェリアのテロ集団ボコ・ハラム

読者の方からの情報です。
 これはウオーク・インに関係する出来事なのか、それとも蜂や蛇が、コロナちゃんのように悪人を懲らしめるために立ち上がったのか、あるいは悪に加担して重いカルマを背負い気が狂ってしまったのか、いろいろ考えさせられますが、いずれにしても非常に興味深い事件です。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
自分たちは「亡霊が乗り移ったハチとヘビの集団」に罰せられ殺されていると主張するナイジェリアのテロ集団ボコ・ハラムに思う「毎日がエクソシズム」の地球
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]ついに始まった。今後世界的な規模で、ウオーク・インが起こる

竹下雅敏氏からの情報です。
 ついに始まったかという感じがしました。これは霊の憑依による現象ではありません。以前紹介した大天使アドリオンの情報の中にあったウオーク・インが起こっているのです。今後世界的な規模で、膨大な数の人間に同様のことが起こります。魂が残っている人の場合、数か月から数年の単位で意識的に肉体を離れて行きます。そうでない者は徐々に神々・宇宙人に肉体を占有され、周りから見ている分には気づきにくいですが、当の本人は地上から消えて行きます。
その具体例として、私たちは身近に安倍晋三首相を見ています。今日編集長が取り上げた写真を見れば、私が言っていることが全くの妄想だとは思わないのではないでしょうか。このことが、集団的自衛権の問題でその中核に居る者たちがすでに処分されていると私が発言した意味なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
幽霊に取り憑かれた!?研修で登山をした女子生徒27人が次々に倒れ、臨時休校に
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
霊に取りつかれた生徒がバタバタ倒れて臨時休校?! こんなホラー小説みたいな話、本当に起きたのか
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]「銀河連邦」の51名の評議会委員の惑星リスト

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日、「銀河連邦」の議長ウツクシキサクラサクヒメミコ様への質問と回答を紹介しました。その中で「銀河連邦」の51名の委員からなる評議会の存在とその各システムにおける構成人数を示しました。
今日は、その委員の宇宙人が住む惑星の所属する恒星のリストを公開したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――


 図の網で示した枠の部分が、「銀河連邦」の所属する星々の次元となります。ここには神も人も住んでいますが、「銀河連邦」は宇宙人の連邦となります。
“続きはこちらから”以降で「銀河連邦」の委員51名で構成される評議会の委員の所属する恒星のリストを示します。ですが、地球に来ている宇宙船はこのリスト以外の様々な惑星からやって来ています。例えばサルーサはシリウス星系のエンメ・ヤ(シリウスC)の惑星ニャン・トロからやって来ている宇宙人ですが、エンメ・ヤ(シリウスC)はこのリストの中に入っていません。あくまでもこの表は、評議会の委員が所属している恒星のリストだからです。基本的に天津神は恒星に住みますが、国津神は惑星に住みますので、「銀河連邦」の宇宙人はこの表の恒星に住んでいるわけではありません。全ての委員はこの表の恒星の第5惑星に住んでいます。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]銀河連邦の議長への質問と地球人へのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事でUFO動画を紹介しましたが、この動画を中西さんに紹介し、おそらく銀河連邦の議長が乗船していると思われるので、通信を取って質問とメッセージをお願いしたいということを伝えました。
中西さんからは、
「UFOの動画を見つけ、そのUFOを見ている間に、先方から“お呼びですか…?”という返答が入り、自己紹介をしました。すると“こちら、銀河連邦議長ウツクシキサクラサクヒメミコです”という返事をいただきましたので、竹下先生からのメッセージをお伝えし、質問への回答と地球人へのメッセージをいただきました。」
とのことで、以下に私の質問とヒメミコ様からの回答を読みやすいように並べました。文章はまったく変えていません。まるカッコの中は私の補足説明です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
『地球のために大変な努力とご苦労をお願いしています。本当にありがとうございます。銀河連邦の議長が乗船しているUFOの母船だと思っています。以下いくつかの質問の回答をよろしくお願いします。

質問1.まず銀河連邦の議長の方のお名前を教えて下さい。

回答:ウツクシキサクラサクヒメミコです。 

質問2、このUFOの母船は、シリウスシステム国津神第3レベルに属し、かに座DX星の第5惑星から来たと考えてよいですか?

回答:その通りです。 

質問3.銀河連邦は第1〜第3システムの国津神第3〜第5レベルの宇宙人からなる組織で、第1システム32名、第2システム12名、第3システム7名からなる計51名の評議会を持っていると考えていますが正しいでしょうか?

回答:その通りです。 

質問4.添付の表に、51名からなる評議会の委員の惑星を記しました。全て第5惑星で、例えば“いて座グリーゼ783の第5惑星は第1システム国津神第3レベル”のように見ます。確認の作業をまだしていないので、誤っている部分があるかと思いますが、この表で正しいでしょうか?誤りがあれば正して下さるとありがたく思います。

回答:すべて正確です。 
(この51名の評議会委員の惑星表は、近いうちに公開する予定です。)

質問5.現在地球では、地球外から来るUFOや宇宙人に関して、非常に誤った情報が氾濫しています。
今後、こうした事を正してゆく必要があると思っているのですが、過去の出来事を含め正しい情報を入手するのに適切な方はいますか?例えばレプティリアンやアガルタ人、そしてアレックス・コリアー氏が語る過去の宇宙人の地球への入植等の正確な出来事に関してです。

回答:それはあなただと思います。 
中西:あなたとは…?
回答:中西征子様の事です。 
あなたが知っておられる事を思い浮かべるだけで良いのです。あなた以上に適切な方はいません。
(この回答は私も驚きましたが、納得できるものです。いずれ中西さんにはどなたかの神と連絡を取って、こうした過去の歴史についての正しい情報を降ろしてもらう仕事をしなければならないと思っていたのですが、ひょっとするとそうした情報を中西さんはすでに気づいていないだけで受け取っている可能性があります。何らかの形で近いうちにこれらの作業に入らなければならないだろうと思っています。これまで私が忙しすぎて延び延びになっていた件なのです。)

質問6.最後に地球人へのメッセージをよろしくお願いします。

回答:〈地球人へのメッセージ〉

親愛なる地球の皆さん!
この度私達銀河連邦を代表して皆さんへメッセージを
送る機会を与えられた事、とても嬉しく思っています。

私達すべての乗員は地球の平和と安全のため出来る限りの
あらゆる事をやり遂げたいという決意を抱いて、日々任務に
ついています。

地球は物質レベルでは素晴らしい浄化の光を受けて
美しく輝いて見えます。

とても美しい!!

この美しさを一部の悪人によって壊され、汚される事は
もうこれ以上許されません!

皆さんと思いをひとつにして、祈りと行動により地上の改革を
早めてゆこうではありませんか!

皆さんと一緒に協力して働ける事は、私達全員の大きなやりがいと
喜びの源です。

試練の向こうには、真実の希望が待っているのですから
どうかあきらめる事なく、精進を続け
宇宙の仲間と共に喜びの世界へと邁進してゆきましょう!

              あなたと共にある ウツクシキサクラサクヒメミコ』

[日本や世界や宇宙の動向]第三の目とは悪魔のポータルなのです。

竹下雅敏氏からの情報です。
 基本的に私と同じ立場です。記事にある通り、ニューエイジ・ムーブメントはサタンとつながっているわけです。もちろんまれな例外があります。しかし通常出回っているチャネリング情報や出版物は、そのほとんどが闇からのものだと考えて差し支えありません。その意味でここに書かれていることは、ほぼこの通りだと言っていいでしょう。
 ただ現時点では悪魔はすでに滅ぼされており、現在チャネリング情報として出ているものは、これまで悪魔の手先として活動して来た宗教団体、およびそこに属するチャネラーによるもののようです。具体的には、以前のものはマルタ騎士団からのものが多かったのですが、ここのチャネラーがすべて滅ぼされたために、その後、神智学協会、サイエントロジー、CFR、モルモン教、エホバの証人、ラエリアン・ムーブメントが、次々に情報を送り続けているようです。情報を送信する度にその者は滅ぼされていくので、このように次々にその団体が変化しているわけです。そしてこうした連中が、闇の手先である一団です。これに加えて伝統的な宗教団体とその教祖たちはほぼ一様に、悪魔あるいはその手下なので、地球はほぼ悪魔の集団によって、宗教的に汚染されてきたと言ってよいでしょう。
 “私は霊的な水準が高いから大丈夫だ”と思っている人に対して、忠告しておきます。ラーマクリシュナが苦行の果てに、終にマーであるカーリー女神に遭遇し、彼女から指導を受けることが出来るようになったのは、彼の伝記で有名です。ラーマクリシュナが接触したカーリー女神自身が悪魔そのものなのです。ラーマクリシュナは大変善良な人で、ニルビカルパ・サマーディーを実現した正真正銘の解脱者であったにも関わらず、最後までカーリー女神の正体には気付かなかったわけです。と言うよりも、霊界を支配していたヒンドゥーの神々のほとんどが悪魔なのです。ましてやギリシャの神々、キリスト教の天使は、こうしたヒンドゥーの神々の手下に過ぎません。今やこれらの悪しき連中は、そのほとんどが滅ぼされ、消滅しています。彼らは輪廻することも、他の存在に生まれ変わることも、もはやありません。こうした大掃除を経て、現在ごく僅かの本物の神々や天使が、生き残っているということなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
第三の目とは悪魔のポータルなのです。
転載元より抜粋)

 

http://beforeitsnews.com/prophecy/2014/06/satanic-spirituality-reality-opening-the-third-eye-a-testimony-from-a-deeply-involved-new-age-er-the-third-eye-is-nothing-less-than-a-satanic-portal-to-the-demonic-realm-video-a-must-see-and-shar-2462134.html
(概要)
6月17日付け:

(概要) 
ここでは、ニューエイジ・ムーブメントの正体を暴露しています。私は、第三の目を開けたときにどのような体験をしたかをお伝えしたいと思います。特に、第三の目を開けようとしている人たちに、それがいかに危険な行為かということを警告します。

第三の目を開けることは、彼ら(ニューエイジ)の策略に嵌ってしまうということです。私は、何年も前から、レイキ、ヨガ、メディテーション(瞑想)を実践してきましたし、宇宙と1つになり、悟りを開くために、自分の意識を最高レベルに到達させようと努力してきました。

このように若いころから私はニューエイジに深く嵌り込んでしまい、私の家族や友達に対しても、「霊的に覚醒する必要がある・・・世界は1つになる必要がある・・・宇宙の意識に変化が起きている。」など。。。くだらないニューエイジのプロパガンダを行っていたのです。

ニューエイジ・ムーブメントでの私の実体験をみなさんにお伝えすることは、スピリチュアルに興味を持っている人たちに注意を喚起することにつながると思います。

私はニューエイジ・ムーブメントに深く関わり、兎の巣穴に入り込んだのです。しかし巣穴から出て来た今、みなさんに警告しなければなりません。

ニューエイジの兎の巣穴の奥にあったものは皆さんが想像しているようなものでは全くありません。私が巣穴の奥で目にしたのはサタン(悪魔)でした。サタンは堕天使であり、策略の導師です。サタンは、偽のスピリチュアリティを使ってあなたを誘惑しています。

あなたがやっていることは、サタンのスピリチュアリティだということを忘れないでください。サタンは、美しい愛に満ち溢れた光の世界(偽の世界)やエンゼルの姿を我々に見せることができます。
しかし実際にはそれは悪魔が創った偽造の世界なのです。ニューエイジ・ムーブメントがサタンと繋がっていることを理解してください。

» 続きはこちらから
1 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 93