[竹下雅敏氏]国防軍 VS 救世主(セト=使徒)の戦い 〜救世主軍の一団(エジプトの神々に仕えていた残党たち)は全て壊滅〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の赤字部分が要点で、まるでSFのようで、多くの人には現実感がありません。しかし、この報告書はロシア国防軍から出ているとのこと。単なるSFではないのです。
 “続きはこちらから”以降の天瀬妃美花さんのツイートを見ると、この戦いが現実に行われたことがわかると思います。天瀬さんは国防軍を人間=悪魔軍としていますが、事実は異なります。
 その後この戦いはどうなったのかについては、ツイートの後に、簡単な解説を付け加えました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/10/russia-issues-grave-warning-prepare-to-defend-earth-fallen-angels-have-returned-3-3232184.html
(概要)
10月21日付け
ロシアは、堕天使が地球に戻ってくるため地球を防衛する準備が必要だと警告しています!?

232af2dd55caf03e49b0da2374c5c5e33fe07660

27CRIのプロジェクトであるAlmaz-Antey高エネルギーレーザー兵器の実験を完了したロシア国防軍のMSC(軍事科学委員会と訳す?)の報告書によると、ロシアの同盟国であるインド、中国、ブラジルは、異次元の生命体が間もなく地球を侵略しようとしているため、ただちにそれぞれの国軍を配備し、地球を防衛する必要があるとのことです。


第二次世界大戦時にソ連の諜報機関はナチス政権が堕天使や悪魔と通信していたことを突き止めました。しかし世界最古の記録書には、堕天使や悪魔は神と記されています。

MSCの報告書によると、様々な伝説や宗教を介して、堕天使や悪魔はシベリアのマンモスが一瞬のうちに凍死したり、大洪水でアトランティス大陸が破壊された約5~6千年前に地球から撤退したと伝えられています。

しかしその時、地球上で破壊された地域は主に堕天使や悪魔が住まう地域=インド大陸からヒマラヤ山脈を越えたウクライナまでの地域であり、これらの地域に住んでいた人々はアーリア人と呼ばれています。

古代インドのサンスクリット叙事詩によると、当時、堕天使や悪魔はアーリア人と交流しており、彼らはビマナ或いは宇宙船を使って世界中そして宇宙を移動していました。

また、堕天使や悪魔のシンボルのスワスチカが世界中で発見されています。第二次世界大戦前のナチスが台頭する前に、米軍の第5歩兵師団はスワスチカのついた軍服を着ていました。

ウクライナでは、紀元前1万年前に作られたスワスチカをモチーフにした世界最後の鳥の像(マンモスの牙で造られ旧石器時代の遺跡)が発見されています。また、北米でもオハイオ州やミシシッピ川の低地で、スワスチカが使用された古代遺跡が発見されています。

北米のホピやナバホ・インディアン、ケルト人、古代ゲルマン人、フィンランド人、その他多くの地域の人々によってスワスチカのシンボルが使われていました。

人類が再び堕天使や悪魔と関係を持ったのは16世紀です。1572年11月初旬に、夜空に非常に明るい新星が出現しました。新星が出現した原因はカシオペア座でTychoスーパーノヴァが起きたからでした。

人類史においては、これまで8回のスーパーノヴァを目撃してきましたと言われていますが、Tychoはその1つです。。

MSCの報告書によれば、Tychoスーパーノヴァによって異次元へつながる亀裂ができ、人類が再び、地球から追放されていた堕天使や悪魔と交信できるようになったそうです。その中心的人物が、エリザベス1世の専属占星術師のジョン・ディーでした。


――――――――――――――――――――――――
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
竹下氏の解説

 天瀬さんの語る救世主(セト=使徒)の一団ですが、これは滅ぼされたエジプトの神々に仕えていた残党たちです。従って、上の記事の中にある堕天使という言葉は正確です。
 現在、ロシアは中東での平和に多大な貢献をしており、ロシア、中国を中心とするBRICS同盟は、地球の未来に対する希望の光になっています。彼らとこのいわゆる救世主の一団が“激烈な戦闘”を行なったわけで、この救世主軍は、実のところ地球にハルマゲドンを起こそうとする邪悪な集団だったわけです。
 “抵抗線を突破し地球への侵入を達成”したとのことですが、この後どうなったかというと、昨日22日の午後5時に、この救世主軍の一団は全て壊滅しました。しょせん滅ぼされたエジプトの神々の残党程度では、「銀河連邦」の敵ではなかったわけです。
 私が嘘を言っていないことは、これまで何度が説明している方法で波動を調べればすぐにわかります。この“救世主(セト=使徒)”の波動を調べてみてごらんなさい。日時を指定して、この戦闘の以前と22日の午後5時以降の日時で波動の変化を調べると、よくわかるでしょう。救世主とやらのエネルギー体(マヤ・ヴィルーパ)が滅ぼされているのがわかるでしょう。意識は体外のチャクラに合わせて調べます。
 波動がわからないと言葉だけで騙されて、知らず知らずのうちにハルマゲドンに誘導する邪悪な勢力に取り込まれ悪に加担するという結果になり、彼らと共に闇の中に落ち込んでしまうことになります。

Comments are closed.