アーカイブ: *社会

[HUFF POST]小保方晴子さん「STAP細胞はあります!」質疑応答まとめ

竹下雅敏氏からの情報です。
 私も会見の中継を見ていましたが、どう見ても嘘をついているとは思えない。顔をみれば彼女が捏造などしていないのは明らか。理研の要職についている者の方がよっぽど人相が悪い。
 ただ、3種体癖のため、データの整理がグチャグチャで、ノートも恐らく他人に見せられるようなものではないという事が、今回相当に困難な状況を産み出してしまったということでしょう。隙間があればどこにでも物を入れるというのは、他の体癖からは整理とは言いません。恐らく"パワポ内でデータまとめバージョンアップ"するごとに混乱は増していったことでしょう。そういう中で、誰が見てもよく似ている画像を取り違えたというのはわかります。私にも妻がいますから。
 切り貼りや論文のコピペは倫理上問題はありますが、捏造ではありません。彼女はこの件ですでに非常に厳しい社会的制裁を受けており、これ以上の制裁は必要ありません。ただ会見の中で私が1つ疑問に思ったのは、「若山さんがDNA調べたら違うマウスだった。」という質問に対し、小保方さんが、「それ自身は論文とは関係がない」と答えている点です。彼女はSTAP現象に関して疑っておらず、途中で誰かが細胞をES細胞に入れかえる可能性など、まったく考えていないようでした。
 しかも、"論文とは関係ない"どころか細胞の万能性を証明する一番大切な部分だと素人ながら思うのです。
その意味で、研究者としての資質がこれまでの常識の範囲に収まらないというところが彼女の良いところでもあり、またこれほど注目されるところなのだと思います。
 発想・着想が素人に近いので、逆に世紀の大発見につながったのだろうと思います。潰してはいけない人物です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
小保方晴子さん「STAP細胞はあります!」質疑応答まとめ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[真実を探すブログ]小保方さんが記者会見で「STAP細胞200回以上作製に成功」と述べる!

 一人の罪の無い女性が、心身共に追い込まれ、潰されそうになっています。それに対して、何も感じずに居られるなら、理研側の人間とそう大して変わらないのかもしれません。そんな情けないことでは、日本はいつまでたっても変わらず、強国の腰巾着のままかもしれません。自分自身のこれまでの生き方や弱さを反省するとともに、家族や社会を守っていけるような正義を身につけていきたいです。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
小保方さんが記者会見で「STAP細胞200回以上作製に成功」と述べる!更には「画像の取り違え」は小保方さんの自己申告だった事が判明!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————2点目————————————
小保方さん「不勉強、不注意、情けない」 記者会見で謝罪【STAP細胞】
転載元)
STAP細胞の論文を巡り、理化学研究所から「研究不正があった」と指摘された筆頭著者の小保方晴子ユニットリーダーが4月9日、大阪市内で記者会見を開き、不服申し立ての内容などについて説明した。

会場となったホテルには、開始前から大勢の報道陣が殺到し、同席した弁護士はカメラや記者の人数を制限したが、250人入るという会見場は床に座り込む記者らであふれた。

小保方氏は緊張した表情で会場に入り、しばらく立ったまま呆然と記者席を見渡した。謝罪コメントを読み上げる時や、反省点を述べるときなどは涙を見せたが、終盤は気持ちに余裕ができたのか、笑みを浮かべる場面もあった。弁護士によると小保方氏は健康状態が万全でなく、入院先の病院から会見場へ直行直帰したといい、別室に医師も待機していたという。

■論文撤回は「正しい行為ではない」 

小保方氏は冒頭、「生物系の論文の基本的な執筆法や提示法について不勉強なままでの作業となり、私の不注意も加わり、結果的に多数の不備が生まれてしまったことを大変情けなく、申し訳なく思っております」と陳謝した。

一方で「実験は確実に行われており、データも存在している。決して悪意をもってこの論文を仕上げたわけではない」と、「改ざん」や「捏造」を指摘した理研の調査委員会の最終報告に反論した。

画像の切り貼りや、写真の取り違えがなぜ起きたのかについては「学生の頃からいろんな研究室を渡り歩いてきて、研究の仕方がかなり自己流でここまで走ってきてしまった」と釈明した。

小保方氏は「STAP細胞は存在する。200回以上作成に成功した。第三者でも細かなコツをクリアすれば(再現実験に)成功する」と述べ、科学誌「ネイチャー」への論文撤回についても「国際的にその結論が完全な間違いだったと発表することになる。結論が正しい以上、そう発表するのは正しい行為ではない」と否定的な考えを示し、研究成果に自信を示した。

一方「もし私に研究者としてのこの先があるのなら、STAP細胞の研究を進めて、(難病患者ら)希望を持ってくださっている方々に応えるように示していきたい」「(STAP細胞の再現実験に必要な「コツ」について)次の研究にも大きく関わってくるので、できればメカニズムの解明や研究発表と同時に発表したい」と、研究継続に意欲を見せた。

最終報告が、3年間で小保方氏の実験ノートが2冊しかないとして「研究者倫理とともに科学に対する誠実さ・謙虚さの欠如」を指摘したが、小保方氏は、調査対象に関連して提出を求められたのが2冊だけだったとして「STAP細胞に関する論文は、4~5冊はある」と反論した。

「論文の疑義に自ら説明する機会を設けてほしいと要請していたが、理研の判断でできなかった」「iPS細胞との比較に関する広報活動には、私の気持ちと開きがあった」と、理研への対応に不満ものぞかせた。

» 続きはこちらから

[日経新聞]放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ

竹下雅敏氏からの情報です。
 これはものすごい記事が出たものです。事実上、フリーエネルギー解禁のサインだと言えます。記事にあるように、常温核融合成功が1989年に発表されましたが、潰されてしまいました。
 私は明らかに常温核融合は可能だと思っていたので、今でもこの時のニュースは意図的に潰されたと思っています。
 私がそう思うのは、ルイ・ケルヴランという科学者が1962年に「生体による原子転換」を発表しているからです。いつの世も本当にノーベル賞をもらうべき人は、別にいるということなのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
放射性廃棄物の無害化に道? 三菱重、実用研究へ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]HAARPデータ アメリカ西部が真っ赤です! 〜世界各地で地震、火災、洪水〜

竹下雅敏氏からの情報(8点)です。
 4月5日のHAARPデータでアメリカ西部一体に赤色が出ています。その2日後に、西部ではなく東部で竜巻が発生。関係があるのでしょうか?記事にもあるように"イエローストーンの火山は噴火しない"のです。しかし、噴火させようとしている連中がいるということです。彼らが処刑されるのは当然のことだと思います。こうした悪人の影響なのか各地で地震、火災、洪水が起こっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
HAARPデータ アメリカ西部が真っ赤です!
転載元)
アメリカ西部が真っ赤です!HAARPデータがアメリカの東側を真っ赤に染めていたときには、”ちゃんと”、その2,3日後に東側に大吹雪やハリケーンや竜巻を起こしました!今回は何を起こすのでしょうか。ある米科学者は、「イエローストーンの火山は噴火しない。噴火するとしたら数万年後だ。」と言っていますが、今では人工的に火山を刺激すればいつでも起こる可能性があるので厄介なのです。
それにしても、アメリカ西部に何を起こそうとしているのでしょうか。嫌ですねえ。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/04/haarp-attack-red-alert-on-yellowstone-and-western-united-states-2933014.html
4月5日付け:

最新のHAARPデータによると、非常に強力な長波(HAARP)がイエローストーンの巨大火山を含むアメリカ西部一体を狙っているのが分かります。最近、北米から南米のプレート側で地震が発生しており、イエローストーンでも地震が発生する恐れがあります。野生動物がなぜかイエローストーンから逃げています。今回のデータは、太平洋プレート側で地震又は火山の噴火が起きる可能性があることを示しています。

————————————2点目————————————
米東部 竜巻で13人が負傷
転載元)
Photo: VOR

7日、米ノースカロライナ州東部の町ベルヘイヴェン(人口1600人)で、竜巻により13人が負傷した。アダム・オニール町長が伝えた。負傷者はすべて、病院に収容され治療を受けている。

また竜巻により電線が切断されたため、町の多くの地区が停電となった。数軒の家が被害を受けたほか、多くの木々が倒れ、交通事故も4件発生した。

オニール町長によれば、竜巻の1つは、道路を走っていたトラックを、乗っていた2人ともども10メートル以上の高さまで吹き上げた。その後トラックは落下、乗っていた2人も地面に叩きつけられ負傷し、病院に搬送された。なお2人とも命に別状はない。

————————————3点目————————————
アルゼンチン西部 洪水で2千人以上が避難
転載元より抜粋)
Photo: RIA Novosti

アルゼンチン西部のいくつかの州では、大雨による洪水のため、2千人以上が避難を余儀なくされた。7日、地元当局が伝えた。 

中でも最も状況が深刻なのは、ネウケン州で、家屋数十棟、通りや道路が浸水、電気の供給に支障が出ている。住民は仕事に出られず、学校も休校となった。交通機関も止り、商店やスーパーマーケットも営業を控えている。被災者援助のため、すでに軍の部隊が到着した。いくつかの避難所が設置され、所謂「炊き出し」も行われている。

アルゼンチン西部の非常事態は、キルチネル大統領の直接の監督下に置かれており、大統領は、被災した地域との連帯を表明した。手元の情報では、状況は徐々に正常化に向かっているが、被災地域に強風が吹き荒れる可能性がまだ残っている。

—————————————4点目———————————
フランス南東部でM5,2の地震
転載元)
© Flickr.com/E.L. Malvaney

フランス南東部で7日、マグニチュード5,2の地震があった。AFPが伝えた。地震の揺れは、グルノーブルからマルセイユまでの地域で体感され、特にニースやカンヌでは強い揺れが感じられた。

地中海に面するオート・アルプ県では、地元住民から少なくとも600もの電話が、警察などに殺到した。人的物的被害に関する情報は、今のところ届いていない。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]米国民がついに立ち上がりました・・・アメリカの春が起こるかもしれません。。。

竹下雅敏氏からの情報です。
 終にこの時が来たのか、という思いがします。権力者の一味はこれを妨害するために、様々な嫌がらせをしてくると思いますが、避けられないと感じます。このオペレーションには背後に強大なグループが控えており、これからこの運動に向けて、流れを集中させていくと思います。せれなさんのヴィジョンではすでにこのことは予報されています。これが起こると、正に世界は激変すると思います。こうした流れの中で、TPPがどうのとか、辺野古がどうのとか言っているわけで、笑い話のような状況です。仮にこれが成功すると、日本も変わらざるを得ないということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国民がついに立ち上がりました・・・アメリカの春が起こるかもしれません。。。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/04/this-is-the-official-operation-american-spring-restore-the-constitution-of-the-united-states-of-america-2933770.html
(概要)
4月7日付け:This Is The OFFICIAL Operation American Spring: Restore The Constitution of The United States of America

「アメリカの春」の実施=Operation American Spring

自由を愛する愛国米国民(人種、性別、年齢、職業は一切問わない)へ

ミッション:独裁的で全体主義の連邦政府から、国民の、国民による、国民のための立憲政体、法の支配、自由、権利を奪還する!

条件:非常に多数の米国民が参加すること。
退役軍人や愛国者達が、米憲法を破壊している現行の違法な専制政治を終わらせるために一生懸命活動をしています。

政府全体をターゲットにはしていません。ターゲットはアメリカを支配する腐敗した犯罪者集団であり、彼らを総入れ替えしなければなりません。アメリカを支配する犯罪者集団は、憲法上の権利を行使する非武装の平和的な愛国者達を必ず武力で制圧するでしょう。愛国者達が負傷したり、殺害されたり、投獄される場合もあるでしょう。
このような反政府運動を秘密裡に行おうとしても何の役にも立ちません。我々は今回の運動を秘どうどうとしたいのです。

アメリカの春の実施概念
第一段階– 1000万人以上の愛国米国民が、平和的非暴力的、且つ、非武装でワシントンDCに集結し、米憲法にゆるぎない忠誠心を持ち、ワシントンDCの指導部と戦うことで、新たな政権と入れ替えること。後戻りせずにこのミッションを確実に実行する。

第二段階 –ワシントンに集結する1000万人以上の米国民のうち、100万人以上が、オバマ、バイデン、レイド、マックネル、ボーナー、ペロシ、ホルダー(司法長官)を辞任させるまで、ワシントンDCに留まり続ける。米憲法に法って、米連邦議会は、適切に対応し、適切な法律を施行し、米憲法に法り、新たな人員を選定し、空席になったポストに就かせる。

第三段階– West, Cruz, Dr. Ben Carson, Lee, DeMint, Paul, Gov Walker, Sessions, Gowdy, Jordanの理念を持つ者たちは、米憲法に法って、犯罪を行っている政治家や公務員を告訴し、新大統領が指名する新司法長官の下で彼等に対する裁判が行えるようにする。

Operation American Springの実施日
2014年5月16日(金)必ずやり遂げるまで継続する。

» 続きはこちらから