アーカイブ: 世界経済

[竹下雅敏氏]このフルフォード情報は大変興味深い 〜これまで竹下氏が直観によって捉えた事実を裏付けるフルフォード氏の記事〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 このフルフォード情報は大変興味深いもので、これまで私が“すでに機は熟している”と言っていたことを裏付けています。また、文中で“ペンタゴンはすでに米国連邦緊急事態管理庁を乗っ取り”とあり、さらに“陰謀団のメンバーおよびその一味…自分達が米国連邦緊急事態管理庁の収容所に拘束されていることに気付くであろう”とあり、私がずいぶん以前にFEMAに関してこうなるだろうと予測していた通りのことを、情報筋の人が語っています。また、“貧困をなくし、環境破壊を止める大がかりなキャンペーン”ですが、これが“天界の改革35”で女神の語っていた「彼らがもうこれ以上苦しまないための措置が、これからすぐに取られるでしょう。」の部分に対応します。
 文中で“サウジアラビアの全体主義的支配者からすれば…ほんのかすり傷が致命傷になる”とありますが、私がすでに言及している様に、サウジアラビアの現体制が革命の嵐で生き残れる可能性はほとんどないことがわかります。
 また日本の“徹底的に自由を圧縮するために…仕組まれた試み”に関しては、「日本の国会を運営する一行が新たな台本を読むことになるだろう」とあり、私が11月1日から日本もナサニエル陣営に入ったので、仮に秘密保護法案が成立したとしても、まったく別の使われ方をするだろうと言っているのと、同じ事を言っています。
 昨日6日の夜にリチャード・アーミテージ、カート・キャンベルがナサニエル陣営に寝返り、これでジャパン・ハンドラーが皆ナサニエル陣営に寝返ったことになります。したがって今後はっきりと、日本の政策路線の変更というのが目に見える形で表に上がってくるでしょう。
 何度も言っていますが、私はフルフォード氏の情報を入手してこのような推理を働かせているのではありません。私が直観によって捉えた事実を、フルフォード氏の記事が裏付けるのです。なぜなら、フルフォード氏の記事のどこを読んでもマイケル・グリーンが4月、ジョセフ・ナイが5月、そして先の2人が昨日ナサニエル陣営に寝返った、という記述はないからです。また、そうしたことが起こらなければ、“日本の国会を運営する一行が新たな台本を読む”ということが起こりえないということもわかるでしょう。今回のフルフォード情報を読めば、日本がすでにナサニエル陣営に入ったという私の主張を、納得してもらえるものと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Benjamin Fulford geo-political news 6 November 2013
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ベンジャミン・フルフォード氏]ユーラシア大陸の地図が変わろうとしている

竹下雅敏氏からの情報です。
 密度の濃い情報なので、元記事で全文をご覧になることを勧めます。私も何度か言及しているように、アメリカは完全に孤立しています。また記事の中で“エジプトの新政府はアメリカからではなく、ロシアから武器を輸入し始めている”とあります。エジプトの政変は、その背後にプーチンが居るとこれまでずっと指摘してきましたが、このことから、それが事実であったことが、間接的に証明されました。今回のように、私が説明していることが実際にその通りであることが示されるのは、何か月もたってからのことが多いのです。
 今回のフルフォード氏の記事を読めば、エジプト政変にアメリカ正規軍が深く関与しており、しかも彼らはロシアと協調して動いていたことがわかると思います。アメリカ正規軍はオバマ政権とは対立した関係にあるわけです。これらのことは、これまで幾度も説明してきました。
 オバマは自分の身内を使って、イスラム同胞団を支援してきたことがよく知られています。したがって、エジプト政変をオバマ政権が引き起こしたはずがなく、ましてやオバマとプーチンが協力関係にあるなどという説は、あり得ない妄言だということがはっきりとわかります。これまで私が自説を展開する際、いずれ誰が正しいことを言っているかがわかるだろう、と言ってきましたが、現在私の主張が正しかったということが、ほぼ明らかになったと言えると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ANTAMEDIA-LIVE]三宅洋平、 吉原毅、 座間宮ガレイの対談動画

匿名の方からの情報です。
東京の城南信用金庫の理事長という立場でありながら、3・11以降、早々に脱原発を宣言された吉原毅氏が出演されていてます。Wikipediaには、『2011年7月5日には報道ステーションの「原発 私はこう思う」に出演した。また2012年8月9日には同番組にコメンテーターとして出演し経団連や同友会、日商が原発推進を提言したことを批判して「大企業は原発を買い取って運営できるのか」「原発は採算が合わないので即時ゼロ」と主張した。』とありますが、2本目の動画(5分10秒〜)の中でも、原発を裏で推進している黒幕であるメガバンクのことに触れ、"追い貸し"や"政府への圧力"について語られています。そして、脱原発という目的を達成するうえで、主張の違いやそれぞれがもつエゴを乗り越えて繋がり合わなければならないとの主張には共感できました。風邪をひいていて、喉の調子が悪いとのことですが、調子が良いときはどれくらいすごいのだろうと思うほど全開でお話しされています。一本目の動画は、経済の話しがメインになっていますが、とても興味深いお話で見識の深さを感じました。
(編集者)
————————————————————————
ANTAMEDIA-LIVE
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

天界の改革34 
世界の激変と権力構造の崩壊

竹下雅敏氏からの情報です。
前回までの“天界の改革”の内容で、第三次大戦をもくろむ連中が居ることを説明しましたが、彼らはテロと戦うふりをしながら、陰ではテロリストを支援して地球に混乱をもたらし、最終的に核テロを利用して第三次大戦を引き起こすことを考えているわけです。こうした連中の目論見を打ち砕くために、さっそくこのヴィジョンに示されたような出来事が、背後で行われていました。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革34

2012年9月23日のヴィジョンと竹下氏の解説1 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31364533.html
青字は竹下氏の解説

⑦私が部屋に入ると、全員一斉に椅子から立ち上がられました。
私は絨毯の上を歩いて真直ぐ夫の元へ向かいました。


天之御影命様は、巻物を解いて、声に出して読み上げられました。
「命は下った。時は今、ただちに!」
そこにいた神々は、胸に手を当てて敬礼されると、一人ずつ部屋から出て行かれました。
神々を見送った天之御影様の隣に立って、私は一人わけがわからず
「何ですの?」と尋ねてみました。
「しばらく地球は荒れるだろう。時が満ちるまで、全てが整うまでは覚悟されよ。」
そして独り言のようにつぶやかれました。
「しかし・・・、予定がどんどん早まるものだ。時の猶予がないということか。」

⑧ヒューン、ヒューンとものすごい勢いで何かが風を切る音がして、そこに意識を向けると、おびただしい数の天使たちが、下ってくるところでした。
絵の横に、NY,  Washington DC,  LA,  SF,  Detroitなど、アメリカの都市の名をずらりと走り書きしています。その他に判読できる文字は、北京、世界中のあらゆる都市に!




『これは太陽系第二レベルのホツマの神々で、三十二神(ミソフガミ)です。』

 確かにこの9月の半ば頃から、尖閣諸島の問題を含め、様々な混乱が世界中で起こりました。シリア紛争は2011年以来継続的に続いており、アフガニスタンではタリバンの勢力が盛り返し、アメリカ軍は容易に撤退することが出来なくなりました。またイラクでは、度重なるテロが国民の生活をさらに悪くしていました。こうした中、尖閣の問題に台湾も領有権を主張し始め、北朝鮮と米韓の間では、一触即発の事態まで緊張が高まりました。最近ではアメリカ軍のシリア空爆がぎりぎりのところで回避されるということが起こりました。
 こうした流れの中で、ベネディクト16世の退位、オランダのベアトリクス女王の退位、エジプトの軍部によるクーデターの発生、ベルギーのアルベール国王の退位、アメリカの予算案が成立せず一部政府機関が閉鎖、といった様々な出来事が起こっています。まだこうした出来事はこれからも続くと思いますが、アメリカの世界覇権が今の段階ではっきりと衰え、今後権力の構造が多極化する様がはっきりと見て取れるようになりました。

» 続きはこちらから

[CNN]食品盗んだシングルマザーに警官が思わぬ対応 米フロリダ州

だいふぁんころじーな様(読者の方)からの情報です。
善い報道を目にするようになりました。(海外発信ですが)
(寄稿者のコメント)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
食品盗んだシングルマザーに警官が思わぬ対応 米フロリダ州
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 25