アーカイブ: 経済危機

天界の改革35 
回避された第三次大戦

竹下雅敏氏からの情報です。
2012年の段階では、その主な努力の焦点は第三次大戦を防ぐことでした。これは神々の力だけではどうにもならないことで、人霊や地球上に転生に入っている人々の努力が不可欠です。今回はその辺りのことです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革35

2012年9月21日のヴィジョンと竹下氏の解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31364493.html
青字は竹下氏の解説

①9月21日の午前2時を過ぎていたと思います(3時くらいかも)。
複数の人が目の前にいて、私をじっと見ていることに気がつきました。
その人たちに意識を合わせるために、目を閉じてみると、10m位離れた場所に、数人の男性が横一列に並び立って、私を見ているのが見えました。


『この絵の3名ですが、中央の男性はイスラム教シーア派第4代イマームのアリー・イブン・フサイン・ザイヌルアービディーンです。預言者ムハンマドの曾孫にあたります。向かって左側の髪の短い男性は、ユダヤ教の医者、政治家、哲学者であるハスダイ・イブン・シャープルートです。向かって右側の男性はキリスト教第4代ローマ教皇のクレメンス一世です。』


③私には彼らが、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、その他の宗教に関わる人たちだということがわかりました。そして、地球の改革の為に力を尽くしたいので、自分たちも手伝わせて欲しいと訴えに来たことがわかりました。

 現在の地球上の紛争は、為政者たちが地球上の混乱をもたらすために、宗教的な信条に働きかけて対立を煽っていると思います。本来指導者たちが文化的あるいは思想的な違いを乗り越えて、お互いを尊重するように呼びかければ、宗教的対立などは起こらないものなのです。明らかに一部の宗教関係者たちが権力に取り込まれて、宗教が政治的な道具として用いられています。

④いつの間にか、天之御影命様が私の2メートル程左に立っていらっしゃることに気がつき、夫を見て驚いたのですが、目の前にいる人たちとはまるで違ってみえました。

目の前の人たちは、人間のように普通に見えているのですが、天之御影命様は、体から透明の緑色の光を放出されていて、その肉体も光でできているように(透けてはいませんが)透明感があり、雰囲気も輝きもエネルギーも全く彼らとは違っていました。
(ああ、これが神と人間の違いなのか)と、まるでその違い(どう見えるか)を教えてもらっているようでした。


天之御影命様と彼らの会話を聞いて、彼らが地球の人々を宗教の楔から解き放つためにやってきたのだとわかりました。彼らには自分たちにその責任があると自覚しているようでした。

天之御影命様は、彼らに感謝の言葉を丁寧に述べられて、草原に入るように言われました。
人々は、天之御影命様と私の間を通って、草原に入って来ました。ものすごい数の人だったと思います。彼らは草原を、先へ先へと進んで行き、やがて見えなくなりました。私と御影様は並んで、彼らの後ろ姿を最後まで見送りました。

» 続きはこちらから

[嗚呼、悲しいではないか!]フードスタンプカットによる暴動の恐れ

竹下雅敏氏からの情報です。
政府の建物を守る警備員の支出を増大させて、フードスタンプの給付をカットするわけですから、オバマは暴動を誘発させて、それを口実に戒厳令を敷くつもりのようです。
私が予測していた通り10月末に、イスラエル・サウジアラビアを含むほぼすべての国がナサニエル陣営に入りました。現在ナサニエル陣営でないのは、永世中立国のスイスとアメリカの2国のみです。スイスは57ヶ国会議をジェイコブ・ロスチャイルドと共に主催した国なので、要するにアメリカのみが完全に孤立した状態に追い込まれているのです。
イスラエルのネタニヤフは追い詰められて、最後に悪足掻きのシリア空爆という暴挙に出たようですが、プーチンもアサドも計算済みで反応せず、最後の望みも断たれたようです。
ネタニヤフはフルフォード氏も言っているように命運がつきたようです。
わかりやすく言うと、暗殺される可能性がきわめて高くなったと言うことです。サウジの王族は暗殺を恐れて降参したようですが、今後革命の嵐を生き残れる可能性はきわめて低いでしょう。
そういう中で、オバマはパニックになっておりこの記事のような最後の抵抗をしていると考えられますが、オバマは戒厳令で政権に反対する者をFEMAにぶち込んで、独裁者になるどころか、思惑に反してオバマ政権の中枢の者たちとウィッカなどの何十万人の悪魔崇拝者たちが、逆にFEMAにぶち込まれる事になるでしょう。
オバマの死刑はほぼ確実です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フードスタンプカットによる暴動の恐れ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

天界の改革34 
世界の激変と権力構造の崩壊

竹下雅敏氏からの情報です。
前回までの“天界の改革”の内容で、第三次大戦をもくろむ連中が居ることを説明しましたが、彼らはテロと戦うふりをしながら、陰ではテロリストを支援して地球に混乱をもたらし、最終的に核テロを利用して第三次大戦を引き起こすことを考えているわけです。こうした連中の目論見を打ち砕くために、さっそくこのヴィジョンに示されたような出来事が、背後で行われていました。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革34

2012年9月23日のヴィジョンと竹下氏の解説1 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31364533.html
青字は竹下氏の解説

⑦私が部屋に入ると、全員一斉に椅子から立ち上がられました。
私は絨毯の上を歩いて真直ぐ夫の元へ向かいました。


天之御影命様は、巻物を解いて、声に出して読み上げられました。
「命は下った。時は今、ただちに!」
そこにいた神々は、胸に手を当てて敬礼されると、一人ずつ部屋から出て行かれました。
神々を見送った天之御影様の隣に立って、私は一人わけがわからず
「何ですの?」と尋ねてみました。
「しばらく地球は荒れるだろう。時が満ちるまで、全てが整うまでは覚悟されよ。」
そして独り言のようにつぶやかれました。
「しかし・・・、予定がどんどん早まるものだ。時の猶予がないということか。」

⑧ヒューン、ヒューンとものすごい勢いで何かが風を切る音がして、そこに意識を向けると、おびただしい数の天使たちが、下ってくるところでした。
絵の横に、NY,  Washington DC,  LA,  SF,  Detroitなど、アメリカの都市の名をずらりと走り書きしています。その他に判読できる文字は、北京、世界中のあらゆる都市に!




『これは太陽系第二レベルのホツマの神々で、三十二神(ミソフガミ)です。』

 確かにこの9月の半ば頃から、尖閣諸島の問題を含め、様々な混乱が世界中で起こりました。シリア紛争は2011年以来継続的に続いており、アフガニスタンではタリバンの勢力が盛り返し、アメリカ軍は容易に撤退することが出来なくなりました。またイラクでは、度重なるテロが国民の生活をさらに悪くしていました。こうした中、尖閣の問題に台湾も領有権を主張し始め、北朝鮮と米韓の間では、一触即発の事態まで緊張が高まりました。最近ではアメリカ軍のシリア空爆がぎりぎりのところで回避されるということが起こりました。
 こうした流れの中で、ベネディクト16世の退位、オランダのベアトリクス女王の退位、エジプトの軍部によるクーデターの発生、ベルギーのアルベール国王の退位、アメリカの予算案が成立せず一部政府機関が閉鎖、といった様々な出来事が起こっています。まだこうした出来事はこれからも続くと思いますが、アメリカの世界覇権が今の段階ではっきりと衰え、今後権力の構造が多極化する様がはっきりと見て取れるようになりました。

» 続きはこちらから

[ベンジャミン・フルフォード最新情報]家宝を売るマニアのように、米国企業政府は時間を稼ぐ

竹下雅敏氏からの情報です。
フルフォード情報の翻訳がまずいのか、原文のせいなのか私にはわかりませんが、実に読みにくい文章なのは相変わらずです。最初の赤字部分の訳が不自然なので、"嗚呼、悲しいではないか!"の訳と比較すると、
「彼らが怯える一つは現状の安倍政権が最近の総選挙を盗んだと訴える訴訟が100件以上起こっていることであると彼らは言う。その結果インドからの紳士を長とする日本のフリーメーソンがこの国を開放するために戦っている愛国者団体と和平交渉を求めていると情報筋は言う。」
となっており、この訳の方がまともだと感じます。
それでも今回、こちらの記事から取ったのはリンクと参照記事のためです。
さて、先の赤字部分ですが、7月29日の記事のコメントで"今回の不正選挙ですが、統一や創価ではなく、フリーメーソンのようです。"と書きましたが、それが正しかった事を裏づけています。私が直観に基づいてコメントした内容が、こうして事実として裏づけられてゆくには、しばらくの時間と今回のように"皇族の情報筋"というような通常とは別ルートの情報が必要なのです。私がフルフォード氏を信頼する所以です。
文末の赤字部分は、私も同様に思うのですが、現状では10月中に起こる可能性の高かった革命は、また少し先に延びるようです。恐らく金融システムの崩壊を最少にするための措置だと考えます。世界はより確実によい方向に向かっているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
10/22付:ベンジャミン・フルフォード最新情報―家宝を売るマニアのように、米国企業政府は時間を稼ぐ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ポスト米英時代]中国がチェース銀行買収、トルコ・カタール・ヨルダンが偽ユダヤと決別、仏で大規模デモ、偽ユダヤの牙城が次々陥落である。

竹下雅敏氏からの情報です。
実におもしろい。文中の"トルコ・カタール・ヨルダンは早々に偽ユダヤと手を切ったようだ"とあり、本当のようです。
確かに3国共に現在はナサニエル陣営になっています。後半の"ウォール街が落ちれば"以降ですが、こうなると秘密保全法が逆に悪人を縛る法に変わるのです。要は、あとはアメリカとサウジ、そしてイスラエルですが焦点はアメリカです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国がチェース銀行買収、トルコ・カタール・ヨルダンが偽ユダヤと決別、仏で大規模デモ、偽ユダヤの牙城が次々陥落である。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 22