天界の改革33 
戦争の原因と人々の意識(日米・日中関係についてのヴィジョン)

竹下雅敏氏からの情報です。
前回の“天界の改革32”では、コメントで“一部の者たちが何としてでも第三次大戦に持ち込み、彼らの野望であるNWO(新世界秩序)を実現しようと工作”と書いたのですが、現実に今回のヴィジョンの後に、日本を含む関係国がそうした事態に巻き込まれることになりました。今回はそのあたりのことです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革33

2012年8月24日のヴィジョンと竹下氏による解説
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31226632.html
青字は竹下氏の解説

「戦争は起こりますか?」
女神「大きな戦争を起こす力はもう人間にはありませんが、小さな戦争の火種はあちこちにあります。人間たちは、どうやったら戦争を起こせるかに長けています。一人でも多くの人間がこの欺瞞に気づくことです。多くの人間が戦争に対して拒否すれば回避できます。
日本をとりまく環境は、今、領土問題で危険な状況です。
日本を三方から孤立させようとしている人たちがいます。決して隣国と手を結ばせないためです。彼らの狙いは、日本を孤立させること。そして、唯一の友はアメリカであり、アメリカに見捨てられることは、敵国の侵略を意味すると、日本人を洗脳してきました。実際には、一度も侵略されたことなどない国にです。
中国は日本を侵略しようとは思ってもいません。韓国も同じです。ロシアもです。日本を侵略する為には、とてつもないエネルギーと時間とお金がかかり、損失するものが大きすぎます。その後、日本を統治する自信も彼らにはありません。」
「もし、この3国と日本が手を結んだら?」
女神「アメリカとヨーロッパから報復を受けるでしょう」
「原爆を落としたように?」
女神「はい、彼らは今、もっと危険な武器を持っています。人工地震も、核爆弾も、生物兵器も手段として使います。アラブの国を脅して、石油を日本に輸出させないこともできるでしょう。だけど、日本には、それを防ぐだけの知恵と技術があります。隣国も助けてくれるでしょう。
悪しき世界と手を組むことは、日本の良心に反するのです。日本は、どこにも依存する必要はなく、敵対することもありません。対等で公正な外交関係を築けます。その為には、まず国民が目覚めなければいけません。そうすれば自ずと国は変わります。」

『女神の言葉の通り、中国、韓国、ロシア、そして北朝鮮などを危険な国だと思わせているのは、アメリカの策略に過ぎません。日本がこうしたアメリカの思惑に巻き込まれないようにするには、まずこれらの国々の人々を、私達と対等の人間として認めなければなりません。欧米・先進国の経済的に豊かな人間が立派で、貧しい国の人間が劣るというようなことを本気で考えている人がいたら、彼らが戦争を間接的に引き起こす原動力になっているのです。その愚かさから目覚めなければなりません。』

 日本を取り巻く領土問題の関係は、女神の言葉通りです。このことは、孫崎享氏の「戦後史の正体」「日米同盟の正体」においても詳しく論じられています。
 戦争は必ず一部の権力者の思惑によって意図的に引き起こされるものなので、そうした連中の意図に乗せられてはいけません。彼らは民族や人種の対立を煽り、人々の感情に働きかけて戦争に持ち込んでいきます。その前に経済の混乱、人々の不満、そしてそうした内在した怒りという社会的環境を巧妙に作りだし、その怒りの捌け口として戦争に国民を巻き込んでいきます。こうした技術(社会操作)に彼らは大変長けているのです。私たちはよく気を付けて、こうした連中の手口を見破らなければいけません。


 ただ、より根源的な問題として、戦争の種となるのは人々の心の中にある差別感なのです。あなたの心の中に、日本人が優れ、中国人、韓国人がレベルの低い民族だという意識があるならば、あなたは心の中に戦争の因子を持っているということになります。
 最も単純な人たちは、文化水準はその多くが経済力に負うところが多いのですが、それが民族の優劣を決めるものだと思っています。通常、歴史的にも豊かな経済力を有する国々は、不正な手段で他の国から搾取・略奪をしているがゆえに豊かなのであって、単にそれは、そうした豊かな国が悪を成す才能に長けているということを示すのにすぎません。ありのままに見れば、単にそれが歴史的な事実であるのに、そうしたことをまったく考慮せず、経済的に貧しい国の人々を見下すという感覚は、その人の愚かさを示しているに過ぎません。
 私たちは民族の対立を煽るようなやり方や、ある民族が他の民族よりも優れている、あるいは劣っているというような言説に惑わされてはいけません。為政者は人々のそうした戦争の因子であるエゴイズムに働きかけて来るからなのです。
 シャンティ・フーラの時事ブログに於いては、こうした部分に関わる記事は一切取り上げていません。誤解のないようにしておくと、時事ブログに於いて、これまでアメリカの欺瞞そして偽善を激しく糾弾してきましたが、それは事実に基づいて指摘していることで、アメリカの国民に対してではありません。アメリカの大統領を中心とする利権に絡む支配層の連中を批判しているのです。アメリカの国民が批判されるとすれば、私たち日本人と同様に、そうした為政者の欺瞞にだまされ、多くの不正な戦争に手を貸し続けたということでしょう。間接的には日本人も同罪です。
 私は映像配信の余談の中でも言っていますが、では日本人はどうすればいいのかということに対して、アメリカの良識派の人々と共に行動すべきであると指摘しています。例えばアメリカの軍部の人たちは、9.11以降、支配者たちの嘘に気づき、自分たちが騙され、不正な戦争に加担させられたことを痛感しています。彼らのほとんどは不正をなさず、正義のために戦いたいと切望しています。アフガニスタン、イラクなどの危険な地域で命をかけた任務を遂行してきた過程で、何が真実で誰が嘘をついているのかを最もよく知っているのが、米軍人たちなのです。
 私たちは民族、あるいは国として敵・味方を分けるのではなく、誰が敵で、誰が味方なのかを見極める必要があるのです。また昨日まで敵であった者が、態度を変えることがあります。その時は、志を同じくするのであれば、やはり味方として捉えなければなりません。世界の国々の情勢も、個人の態度も、刻々に変化していくのです。固定的な物の見方をすると、判断を誤ります。

⑭それから、船(戦艦)のようなものが島に向かっているヴィジョンが見えました。
天之御影命様が見せてくださったものだと思います。


「戦闘状態にはならない。
自然とともに生きる道しか、人間には進むべき道はない。」

『「島」は尖閣諸島のことで、軍事的にかなり緊張したレベルまで行くのではないかと思います。ただ、私も戦争にはならないように思います。戦争を起こさないために、ホツマの神々が降臨してくるからです。しかし単に戦争をしないというだけでは、人間は生き残ることが出来ません。地球上にある原発をすべてなくさなければならないのです。これは非常に重要なことで、人間の現在の力量では原発を制御する力がありません。あといくつかの大きな事故が起こると、人類にとってだけではなく自然にとってもあまりにも大きな負担となるからです。』

 このヴィジョンは、その後現実となりました。2012年9月18日に取り上げたブログの記事([ラビット速報]【画像】 尖閣に向かう1000隻の中国漁船が想像以上にヤバイwwwwwwwwwwww)で、この時期に中国と日本の間で軍事的に非常に緊張したレベルになりましたが、このヴィジョンの通り、戦闘状態にはなりませんでした。


 これらの事件も、CIAとつながっている江沢民グループの薄熙来の一味の仕業であることが、今ではわかっています。チベット問題もウイグル自治区の問題も、みなこの連中が関わっています。胡錦涛氏、習近平氏は、これらのCIAがらみの悪党たちと戦っている私たちの味方なのですが、それがわかっている人は少ないようです。大紀元の記事を見ていれば、習近平氏が江沢民グループを抑え込もうとしている様がすぐにわかります。
 ですが中国人という色眼鏡をかけている人たちは、中国の権力者は皆一様に悪人に見えるようです。そして彼らに対して強気の発言をする安倍政権にエールを送る、という大変稚拙な現象が目につきます。まず、民族あるいは国家という色眼鏡を外すことをしなければなりません。

Comments are closed.