[竹下雅敏氏]グレートセントラルサンのヒメミコの消滅 と 代行のヒメミコ様の選出 〜5、 6次元の集合・・・2016年1月29日 ライトワーカーへのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 なかなかいい通信文だと思います。文章は要約しています。書かれている内容はこの通りだと思います。文中、私たちの銀河の中央太陽であるグレートセントラルサンからのフォトン光の波についての記述があります。
 皆さんにお知らせすべき事実があります。
 1月24日午前3時30分に、このグレートセントラルサンのヒメミコが過ちを犯したことで死亡しました。3日後の27日午前3時33分に、完全に消滅してしまいました。
 私は寝ていたのですが、24日の夜に突然女性の叫び声が聞こえ、ハートに強い痛みを感じました。声の質から非常に高貴な女性が消えたことを悟りましたが、誰だかわかりません。しばらくして、どうやら高い地位にある星のヒメミコ(星神)だということはわかりましたが、具体的に誰なのかはわかりませんでした。
 その日の夜21時から天界で会議があったらしく、意識が上方に引っ張られて、横にならなければならない程でした。静かにしていたところ、突然、消えたのがグレートセントラルサンのヒメミコであることに気付き、会議の目的が後任の代行役となるヒメミコを選出することであるとわかりました。
 後任は決まったようで、今日の午前10時27分から11時11分の間、新たなグレートセントラルサンの代行のヒメミコ様からの光が44分間降りました。
 こうした一連の出来事を確認する術はないと思いますが、ひょっとしたら、宇宙人はグレートセントラルサンのヒメミコが死亡してから代行のヒメミコ様が選出されるまでの間に、宇宙で異変が起こっていたことを確認できるかも知れません。また、以前の光の波長と現在のものが、質的に異なることも確認できるかも知れません。後任として選出されたヒメミコ様の波動は大変高いからです。
 彼らにこうしたことを確認できる技術があれば、私が言っていることが正しいとわかるでしょう。
 かつてのグレートセントラルサンのヒメミコは、黒髪の12歳の細面の少女でした。今回新しく選出されたヒメミコ様は、まだヴィジョンで姿を見ていません。ただ、天界の改革以降、私の天界の学校の生徒のようで、ガヤトリー・マントラと愛のマントラをいつも唱えているようです。また、私がこのシステムに降りて来る以前の姿を憶えている少女のようですが、今のところそれ以上のことはわかりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
5、 6次元の集合・・・2016年1月29日 ライトワーカーへのメッセージ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.