地球ニュース:中国 & スイス

 今週月曜日掲載のフルフォード記事を翻訳していて関連事項を調べていたのですが、長くなったので地球ニュースで取り上げることにしました。
 1つは欧米が恐れる中国の擡頭。真っ先に思い浮かぶのが一帯一路ですが、現在はどの程度進んでいるのかなと。もう1つはその欧米勢が集結したダボスの世界経済フォーラム。大事なことは非公開でしょうが、ツイッターで面白いのが色々出回っていたので表側を御紹介します。
 ダボスの女性比率や出席者の顔ぶれを見ると、まだ地球人はロクに進化していないのだな、と思いますが、中国の世界連結構想を知ると圧倒されずにはおられません。
 日本では小学校低学年からもっと英語の時間を増やそうと四苦八苦していますが(※で、現場の教師が対応出来ず、生徒がついていけず、私のような末端の塾講師にまでしわ寄せが来る。突然難易度の高い教材に切り替えるとか、進む速度を大幅に上げるとか、ホントやめて欲しい)、これからの時代、中国語の勉強をすべきなのでは。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:中国 & スイス

中国:一帯一路


中国の現代版シルクロード、一帯一路はなんせスケールがデカイ! フルフォード氏曰く、中国人の一部は今度は自分たちが支配する番だと主張しているそうですが、もう世界政府を担当してくださってもいーかもしんない、と思ってしまう位にデカイ(笑)

だって見てくださいよ:

暖色系が鉄道網、寒色系が海上のシルクロード。まだ完成していない部分もありますが、もうとっくに起動しているんですよね。

しかもこの地図だとあんまりはっきりしませんが、実はヨーロッパまでの主要な鉄道は古くからの北のウラジオストク発シベリア経由サンクトペテルブルク行きと、数年前に開通した南の義烏市(上海の少し下)発カザフスタン経由マドリッド行き二本ありまして、細かく言うともっと方々に網目は張り巡らされています。更に下側のイランやトルコを通ってハンブルクを目指す三本目(昆明市発)も計画されています。

日本では余り注目されていませんが、輸送時間が海より短く、輸送費が空より安くなる上、貨物列車が通る国々に大変歓迎されている模様。

一帯一路の鉄道網はアフリカ大陸も横断しちゃいます:

右のタンザニア側は中国の支援で1975年に完成した部分、左のアンゴラ側が中国主導で2014年に完成した部分です。

地図上で建設中と書かれているタンザニアのBagamoyo港も中国が融資しており、昨年稼働し始めました。全てが完成すれば東アフリカ最大の港となるそうです。

更には、アメリカ側まで繋げることも構想中だとか:

まだ提案が出されただけだそうですが、可能性として検討されてしまうのが凄い。

安倍の行き当たりばったりなバラ撒き外交とは、レベルが違います。「『日本のどこがダメなのか?』に対する中国ネット民の驚きの回答」という大変面白い記事の中で、「日本人は『井のなかの蛙』に甘んじ……中国人は通常、『井戸の外』の景色を見ることを好」むとあって、妙に納得しました。

日本人には長期的視野が欠けていることも前々から指摘されています。もうちょっと井戸から出て思考しないと、世界の浦島太郎になってしまうかもしれません。

スイス:世界経済フォーラム


毎年恒例の世界経済フォーラムに出席するため、1月23日から26日にかけて世界中の要人がスイスのスキーリゾート地ダボスに集まりました。のですが、洒落にならない位に寒そう。下の動画は前日の様子です。一部の地域は、雪崩を警戒して避難勧告が出されたそうな:


トランプ大統領も初の出席です。アメリカ大統領が招待されるのは、ビル・クリントン以来。おまけに名立たるCEOが集結することで有名な世界経済フォーラムへ、大富豪のトランプさんてばこれまで一度も招かれたことが無かったそうです。大統領候補に名乗りを上げてからは、アメリカ国内外で皆に嫌悪されていると大手メディアがこぞって書き立てていますし、さぞかし肩身の狭い思いを……

トランプ大統領を大歓迎する皆さん(一部、「スターにうっとり」して立ち尽くす)vsソロス講演中にも関わらず携帯に夢中の聴衆(一部、つまらな過ぎて「昏睡状態」)。

こちらの記事こちらの動画によると25日木曜日、ソロスは「open society(開かれた社会)の存続だけでなく、我々の文明全体の存続が危機に瀕しているのです」と述べたそう。「北朝鮮の金正恩やアメリカのドナルド・トランプといった指導者の擡頭が大いに関わっています」とのこと。トランプさんをテロ支援国家の元首と同一に並べましたよ、オイ。

ちなみにOpen Societyは、ソロスが立ち上げた財団の名前でもあります。ということは、トランプを例に挙げるのは間違っていないのかも? 最近のカバールの粛清に余程パニクっているのかもしれません。

更に続けて、「明らかに、私はトランプ政権が世界にとっての脅威だと思っています。 しかし、2020年かあるいはもっと早くに消えてなくなる、単なる一時的な現象だとも見ています」……ある意味、脅しです。これを国民による公平な選挙による審判の話だと解釈する御目出度い人間がいるのでしょうか。ANTIFAを裏から資金援助している御仁ですよ。

というか、ソロスってまだ生きていることにされていたのですね。こちらの記事でフルフォード氏も竹下氏も死亡していると語っていますし、意識の外に追いやっていました。

会場には、イルミナティの闇の女王ラガルドもいたみたいです:

最近は「女性の活躍」が五月蝿いので、上のツイッターの写真に写っていた通り、共同議長7名は全員女性にしたようですが、こちらの記事によると、女性出席者は全体の21%。主催者側は、2001年に比べたら大体2倍くらいになったじゃないかと主張しております。

でも結局のところ、次のツイッターを見ても大事そうな話は男ばっかり(※但しトランプさんと男性一人挟んで向こう側に、金髪女性が一名います):

更には、いてはいけない人たちがうようよ:

気持ち悪いので、最後はカナダのトルドー首相の靴下で締めましょう:

お風呂の定番ラバー・ダック(ゴム製のアヒル)ちゃんでした。

文・Yutika

Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.