ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第20話 ― お伽の世界

 トランプ大統領が遂に「シリアからの米軍の退去」を言明しました。幸いにもシオニストたちによるシリアの侵略戦争が失敗、ようやく終結の時を迎えられそうです。
 2000年時点で、中東にて同じアラブの同朋として大量難民のパレスチナの支援を実行していた国家はイラン、シリア、イラクとなっていました。他の中東国家はシオニスト側に寝返ってしまっていたのです。
 更に15年前、イラクの破壊によってシオニストに同調しない国家はイランとシリアのみとなり、両国はシオニストから常に攻撃の対象とされてきました。「悪の独裁者アサドへの民主化を求めるシリア国内の内戦」との欧米日マスコミのプロパガンダが喧伝され、激しい侵略戦争の攻撃をシリアが受け始めたのが2011年からでした。もしこの侵略戦争でシリアが倒されていたら・・・。
 1991年の湾岸戦争時、私はサダム・フセインが極悪だと思い込んでいました。油まみれの真っ黒になった水鳥の映像が強烈だったのです。映像による印象操作です。
 私たちは気づかないうちに常時洗脳攻撃を受けています。多くの人はテレビであからさまな「侵略攻撃」を「内戦」と常に報道されていたら「内戦」だと「思い込み」、それに従った思考と行動を無自覚にとってしまいます。実際は自分の「思い込み」でなく支配層にテレビを使い「思い込まされている」のに関わらず、その考えが自分の考えだと思ってしまっているのです。
 このように、支配層はマスコミや教育等を通して事実を改竄やねつ造して、自分に都合の良い「仮想現実」を大衆に押しつけて「現実」と思い込ませます。いわば大衆をお伽の世界をさまよう夢遊病者へと仕立てているのです。
 私たちは夢から覚め自立した判断と行動をとる必要があります。そのために「この自分の考えとしている想念は本当に自分のものか? 外から植え付けられたもでないのか?」のチェックはすべきでしょう。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第20話 ― お伽の世界


消えたスファラディ血統ユダヤ人の行方


pixabay [CC0]


1666年にメシアを名乗り非常に多数のユダヤ人信者を獲得したサバタイ・ツヴィはユダヤの父祖アブラハムの血統です。サバタイはイスラムに改宗しますが本来なら大変なこの裏切りをサバタイとナタンは改宗が「偽装」であり、それは「イスラム帝国という巨大な悪魔・敵を打ち倒すため、イスラムに成りすましその内部から破壊するためだ。」としたのでした。

そのサバタイ直系の有色血統ユダヤの弟子団がドンメーです。ドンメーの行動原理はサバタイに倣いイスラムへの「成りすまし」でイスラム世界を内部から破壊し「内部乗っ取り」することです。この行動原理に従いドンメーのムスタファ・ケマルたちは、オスマンーイスラム帝国を内部から破壊し「乗っ取り」トルコ共和国を設立したのです。また、イスラムの権威に「成りすまし」、長年にわたりイスラム世界を攻撃破壊しながらサウジアラビアを建国した有色アラブ人のサウード・ワハビ家、この正体も前回見てきたようにどう見てもドンメーなのです。

サウード・ワハビ家がドンメーということはアブラハムの血統となります。旧約の「約束の地」、もともとのユダヤ国家があった場所は、明らかにアシール地方でサウジアラビアの領土です。となると「アブラハムの子孫にこの地を与える」との旧約の一節はすでに幾度も果たされていたことになります。最終的には1925年にサウード・ワハビ家がハーシム家のヒジャーズ王国を滅亡させアラビア半島で覇権を確立した時点において、です。トルコを支配していたのも血統ユダヤ人ですから、中東の大国を血統ユダヤ人が既に支配していたわけです。

さてここである事実が・・・。現在ユダヤ人全体の9割がアシュケナジつまりハザール由来、残りの約1割がスファラディで血統ユダヤ人とされます。血統ユダヤ人の割合が余りに少ないので彼らはどこに消えたのか?が、このシリーズを始めた頃の私の疑問でした。血統12氏族のうち10氏族は消えているから血統ユダヤ人の割合が少ないのも分かりますが、それでも少なすぎると感じていたのです。

pixabay [CC0] 1 & 2 & Author:William Henry Irvine Shakespear [Public Domain]


今、歴史の中に見えなくなった血統ユダヤ人、その彼らの中でのかなりの勢力が、サバタイに倣いイスラムに偽装し中東の地に潜っている事実が浮かび上がっています。その彼らの現地での活動とは? ダーイッシュとアルカイダは本質同一のテロ集団で、櫻井ジャーナルではアルカイダとはベース(基地)との意味だが、実は「CIAやモサドと協力できる現地工作員のデータベースである」と繰り返し指摘しています。

となるとそのデータベースの元になる資料もあるはずです。それは? ふと「ドンメーの名簿では?」との想念がよぎり少し戦慄しました。単なる思いつきですが可能性はあります。テロ集団はドンメーが王のサウジから出てきているのですから。正統ユダヤ教つまりユダヤ人であることを捨て、中東の地に潜った血統ユダヤ人たち、その中の少数者は王族そして支配層となりますが、他のまとまった人数はテロ集団の一員になっている可能性は確かにあるのです。これがある一定勢力の血統ユダヤ人の長い長い放浪の末路だとすると・・・。

カルトが支配してきた地上世界



誰かがこの地上世界「カルトが支配するお伽の世界」だと表現していました。これは事実です。サバタイ・ツヴィという一人の血統ユダヤ人がメシアを名乗ったことから始まったカルト、その人間を操る闇、それが膨張して地上世界全てを覆い、全世界を動かしてきたのです。

改めて特筆すべきはサバタイ派7代目首長モーゼス・メンデルゾーンサバタイの生まれ変わりを自称するサタニック・メシアのヤコブ・フランクそして初代ロスチャイルドのマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド、この三者が合流することで世界支配計画即ち広義のそして真のシオニズム運動、悪魔主義ニューワールドオーダーが始動したことです。

フランス革命を皮切りに世界各地で革命が引き起こされます。広義のそして真のシオニズム運動から共産・革命運動、ナチス・ファシズム、そして狭義のシオニズム運動(パレスチナのイスラエル建国)も展開されます。これらの運動によってサバタイ-フランキストは秘かに欧州を支配し、秘密裡に米国を乗っ取り、一定期間ロシアをも乗っ取り、オスマン帝国を破壊し中東を支配したのです。

この広義の真のシオニズム運動に絶大な実効性をもたらしたのが銀行制度による「信用創造」のマジック、それとマスコミ支配による情報操作、また隠れ蓑としての財団と宗教法人の利用です。信用創造権、マスコミ、財団(宗教法人)、これらを行使して彼らは巨大イリュージョンの世界を地上に現出させたのです。まさにお伽の世界ですが、一般民衆には悪夢のお伽世界です。自らの正体を隠した「成りすまし」と「乗っ取り」による世界支配劇です。

サバタイから始まったカルトに、ロスチャイルド家とフランキストが合流合体することで始動した広義のそして真のシオニズム、これこそが近・現代ユダヤ問題のポイントの中核だったのです。ユダヤ問題とされる世界の諸問題はほぼ全てここから発生しているのです。従ってここを押さえることで、世界を覆っていたベールが剥がれ、問題の真相が露わになるのです。


英国とそのスパイの影


pixabay [CC0] 1 & 2 & 3 & illustAC


近現代におけるユダヤ問題の源流はサバタイに遡るのですが、ユダヤ問題の裏には更に言えば一貫してある影の存在が垣間見えます。英国の影であり英国スパイの働きです。

中東イスラム世界を破壊しサウジを建国させたワッハーブ主義、この創始者アブドル・ワッハーブは英国のエージェントであったと、前回のデイビッド・リビングストン氏の記事には記されています。

18世紀半ばにサウード家と結びついたワッハーブ主義が中東で急速に勢力を伸張したこの動き、これは18世紀の終わり頃にロスチャイルド家とサバタイ-フランキストが合体し運動を展開した動きと重なるのですが、ワッハーブ主義の動きの方が先行してもいます。

なぜワッハーブ主義があれほど急速に勢力を伸ばせたのか? その裏に英国の支援と関与があったと見た方が自然だと感じます。サウジがその建国以来、ロックフェラーそして米国とがっちり手を組んだこと、これは事実です。しかしこれは複雑すぎるのでこれまで言及していませんでしたが、実はサウード・ワハビ家はずっと英国の支援をも受けていたのです。

第1次世界大戦の前、英国外務省カイロ支局は最終的に戦略パートナーとしてハーシム家を推し、英外務省は全体としてはそれに乗ったのでした。しかし同じ外務省でもインド支局はサウード・ワハビ家を推していたのです。そして現にカイロ支局にロレンスと共に所属していたハリー・シンジョン・フィルビーは、サウード・ワハビ家を推し、サウジを最後まで支援し続けたのです。英国の双頭作戦ともいえますし、サウード・ワハビ家はロックフェラー、米国のみと手を組んでいたわけでは無いのでした。このことはサウジの昨年からの騒動分裂劇にも表れています。

また近現代のユダヤ問題の源流であるサバタイ、その父親は裕福な貿易商でしたが、実はサバタイの父親も英国のエージェントであったとの情報があります。なぜサバタイのメシア運動があれほど急速に信者を獲得し、一大ムーブメントとなったのか? これもその背後に英国の関与があったと見た方が自然だと感じます。既に欧州の錬金術研究から、英国でもカバラ研究が盛んとなっていました。その流れからサバタイが出現したと見えるのです。

英国の関与といえば「東インド株式会社」、更にその前は黒い貴族」たちなどまで遡りそうです。これらも重要なポイントですが、本編の流れからは取り扱いが難しいので、別枠で見ていきたいと思います。全ては古代から続く悪魔崇拝の流れからの派生でしょう。「近・現代編」ユダヤ問題の本編での残るポイントは一つとなりました。そのラストポイントは「ハルマゲドン計画」です。


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.