地球ニュース:ワクチン祭りだワッショイ! お次は「X病」でい!

 昨今の病はどれもこれも、化学薬品漬けの食料品を生み出す大企業と、環境汚染を続ける軍産複合体と、病になる薬を売りつける製薬会社が消滅すれば、相当マシになるんじゃないかと思うことが多いです。
 かくいう私も酷いアトピーのせいで、症状を改善すべくネットを検索しまくり、本を読み漁り、衣食住全てコイツらのせいやん、と愕然としました(最後、米軍が太平洋で繰り返した核実験まで行きつきましたとも、ええ)。
 本日紹介している動画の中でマイク・アダムズ氏が指摘していましたが、カバールは私たちのことを「無駄飯食い」と呼んでいるそうな。ということで、シープルの叛乱です。情報拡散しちゃる!
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ワクチン祭りだワッショイ! お次は「X病」でい!


世界:これから謎の伝染病を流行らせます――もとい、「流行ります」


エイズやエボラはイルミナティ系の研究室で製造され、バラ撒かれている――という話は“陰謀論”にお馴染みでしたらよく耳にされていると思います。インフルエンザワクチンは打った人間の方が多くインフルエンザで死亡しているとか、少なくとも罹患し易くなるとか。

なので、ちょっとやそっとじゃ驚かないぞ悪徳製薬業界&医学界、と思っていたのですが、見事に裏切られました。皆さま御存知でしょうか「Disease X」、つまりエックス病。エックスってのは、正体不明なときに使うものです。中学校の数学でいきなり出て来るワケワカメな方程式ですね。

さてここでクイズです、イルミナティと彼らの信奉する悪魔の大好物はなんでしょう? ずばり、シープルの「恐怖」です。血を啜るときだって、生贄を恐怖のどん底に落とせば、大変美味になるのです。

ということで、謎の病原体エックスの御登場。WHOでは2015年から研究開発計画書内で、その年に取り組むべき「最も脅威となる伝染病」のトップ10リストを発表しているのですが、本年度の計画書でエックスに対する警鐘を鳴らしました。

――え? だから「エックス」ですよ、謎の物体ですよ、何も見つかってません完全架空のファンタジーですが、天下のWHOですもんそれが何か。

ヘルス・レィンジャーことマイク・アダムズ氏(ワクチンの危険を暴いた一人として有名な方)の番組から見てみましょう:


アダムズ氏は、フォート・デトリック(※エボラだのマールブルグ熱だので長年遊んでいるアメリカ陸軍の加計的な研究所が既に拡散している、あるいはしようとしている生物化学兵器の言い訳じゃないかと推測しています。

この兵器の良いところは、出所が判然としない点。国際空港でウィルスをバラ撒けば、どこの国が発祥地かも誤魔化せますから、とのこと。

アレックス・ジョーンズ氏は、現在出回っているインフルエンザのワクチン接種で、病原体を変化させるつもりなんじゃないの、とも。「ワクチンは突然変異のインキュベーター(培養器)だってのは知られていることだし」――って、そうなんですか!

こちらの記事等によると、WHO側の言い訳としては、「深刻かつ国際的な伝染病は、現時点で人類に病をもたらすとは知られていない病原体によって引き起こされる可能性がある」ので、特定していないけれど、わざわざリストに入れたんだとか。

要するに、人生何が起こるか分からないから気を付けてねってことらしいです。――あのぉ、それって名前付けてまで注意喚起する必要あります? 読者層は常日頃から備えを怠ってはいけないプロの研究機関ちゃうのん。

案の定そこへ御用聞きの大手ニュースが飛びつき、「謎の病の世界的流行が人類を絶滅させると、一流科学者たちが警告」(英国ザ・サン紙)、「世界にとって最悪の悪夢になるやも」(ニューヨーク・タイムズ紙)といった調子で、せっせと人々に恐怖心を植え付けております。

お疑いでしたら「”Disease X”」を検索エンジンにぶっこんでみましょう。只今、トップに来るのはクラウン(道化師)仲間のCIA御用達のCNN(クラウンないしはクリントン・ニューズ・ネットワークと最近は読むのがこちら側の流行)です。皆さま、これ以上の証左がございまして?


チャド:髄膜炎ワクチン


ビル・ゲイツ夫妻が「世界中の子どもたちにワクチンを打ちまくろう!」と積極的に支援しているのは大変有名な話です。こちらは2013年の動画ですが、有り難くもその恩恵に与ったチャド北部の様子だそうです:


1:50辺りからチャドの首相が地域を訪問する現地のテレビ映像が映っています。

こんなものより劣悪な衛生環境と飲むのに適した水の欠如が様々な病の原因でしょうし、そちらを解決した方が安価だというのに、わざわざ髄膜炎を予防するためのワクチンをアフリカ人用に“特別に”開発することに大金を投じ、実際に打って廻ったそーな。

投与24時間で嘔吐・頭痛などの副作用が現れるケースも複数報告されています。やがて幻覚・痙攣となり、最終的に麻痺状態に陥るそうです。

北部の村では50人の若者(※下記の記事2つによると、少なくとも7歳から18歳)が被害に遭いました。訴えを受けたチャド政府は、被害者の親に金を渡して黙らせようとしたのです。最終的に国内のメディアもだんまりを決め込んだそう。

動画で紹介されているイングランド女史の元記事では、「清潔な飲み水を提供する井戸が複数、赤十字国際委員会によって3千ドル以下で建設出来るというのに、なぜ主要な組織はワクチン計画に5億7,100万ドルも費やしたりするのでしょう」と疑問を投げかけています。

同じ筆者の記事まとめも読んだら、この北部の地域って、子どもたちを学校に閉じ込めて、強制的にワクチン接種させたようです。親から事前の許可を求めることもなく、子どもに直接「これを拒否すればお前には教育を受けさせない」と脅したとか。

せめて「このワクチンは効きますよ~、安全ですよ~、今なら別の避妊ワクチンもおまけに付けちゃう♡あらやだ超おトク」的に宣伝活動も金をかけ、洗脳された親に連れて来させるのかと思っていたのですが、非先進国なんぞトップを買収しときゃ何とかなると踏んだのでしょう。家畜扱いを隠そうとすらしていません(※先進国でもトップは買収されて、国民は家畜奴隷ですが)。

ちなみに、その村、現地の方によると髄膜炎なんぞちっともさっぱり流行っておりませんでした。つまり人体実験&世界人口削減計画です。更にちなみにこのワクチン、WHOが推奨しています。

インド:ポリオワクチン


こちらは有名な話なので、簡潔に。ビル・ゲイツといえばポリオワクチンによる人口削減、人口削減といえばビル・ゲイツのポリオワクチンですもの。

インドではボリウッドの有名俳優を雇って宣伝させたようです。別に褒められる点じゃありませんが、多少の余計な出費は頑張った模様。

結果、2011年には47,500人の子どもが手足の傷害や麻痺を得ました。本来のポリオに感染したときよりも、二倍の致死率だそうです。

経口生ポリオワクチンは、以上のように危険なことからアメリカでは2000年以降中止されています。それでもインドで使用されたのは、WHOが多少の犠牲はやむをえないと推進したからです。

そしてめでたく最近のポリオは昔のよりも大変兇悪になりました。ポリオワクチンのお蔭で一大変異を遂げたそうです。あ、ジョーンズ氏が言ってた話ですねコレ。巡りに巡って欧洲でも牙を剥いております。スイスのツークに隠れているロスから始まりチャイルドで終わる某家にも向かってくれないかしら。


ウガンダ:H1N1豚インフルエンザワクチン


ウガンダの北部では頷き症候群で子どもたちが死んでいます。最終的には無気力(というか何をする気力体力も奪われた状態)になることから、別名「ゾンビ病」とも呼ばれています。


謎だ謎だと言われているのですが、初期症状は自閉症なんですよね。ワクチンを受けるとなりやすいというあの有名な。

進行すると顕著になるのがナルコレプシー(居眠り病)という症状です。こちらの記事によると、H1N1豚インフルエンザのワクチンとして開発されたPandemrixという商品が、自国の子どもたちがナルコレプシーを発症している原因ではないかとフィンランド政府も調査していたそうです。それでもWHOは推奨ワクチンリストから外すことはありませんでした。

記事の著者は、当該ワクチンを接種した子どものナルコレプシー発症率が12.7倍になるというフィンランドの報告書から、ウガンダの子どもたちも同種のワクチンの被験者にされていたのではないかと推理しております(※実際に製薬会社がアフリカで非公開のテストをしていますから)。

別の動画によると、世間では有力な原因として寄生虫の糸状虫症が挙げられているそうです。勿論、劣悪な環境では併発している可能性は十分あります。ですが、糸状虫症自体は通常、脳にまでいかず、頷き症候群を引き起こさないそうな。

逆にH1N1ワクチンに加えられていたASO3アジュバンド(抗原性補強剤)は血液脳関門を突破してしまうのだそう(そして有害物質が脳に到達してしまう)。

未だに治療法が見つからない中、スーダンなど其の他の被験地でも患者数は増加しています。


アメリカ:エイズは意図的に開発された可能性大


それでもエイズだけは自然発生したものに決まっている? うーん、ではこんな情報はいかがでしょう。フルフォード氏の今年2月5日付けの記事でリンクが貼ってあった動画です。


大分古い映像ですが、レオナルド・G・ホロヴィッツ博士がエイズはフォート・デトリック(米軍の生物兵器研究拠点)で人工的に作られたウィルスだった、と3つの鍵となる文書を提示して解説しております。

1つ目は、1969年というエイズ発見より随分前に、国防省が合成生物兵器開発のため、議会に予算を申請していたという機密文書

2つ目は、ニクソン政権時代にキッシンジャーが生物兵器の再査定を海軍に命じて、そのリストの中からエイズとエボラに酷似したものを開発するよう選択し、軍産複合体のお仲間に契約を回したことを示す文書

3つ目は、“HIVウィルスの共同発見者”を名乗るギャロ博士がエイズ“発見”よりずっと前の1971年に共同執筆したエイズ酷似の研究論文(とそれについて問い詰められて本人が支離滅裂な返答をするシーン)。

但し元記事がリンクを貼った記事は閲覧出来ませんし、ギャロ本人が文字通り「作っちゃいました」と認めているものはネット上に見当たりません。少なくともこの動画を見る限り、良心の呵責から改心するような研究者ではなさそう(※なんかもう超上から目線で「アンタら素人には理解出来ねーだろーけど」的に語ってやがります)。


でもね、エイズに限らずどれもこれも今回の話、“ニオウ”んですよ。軍隊やらWHOやらの影がチラつくし、何か変じゃないですかってことです。「ワクチンで人口を減らせる」と言っちゃっているビル・ゲイツの動画4連発を最後にどうぞ。


ユニセフなど国連関連の団体では、世界の子どものワクチン接種に寄付を呼び掛けております。次に用意されているワクチンは、対「エックス病」かもしれません。人口削減ワクチンさえ打てれば、病名なんてなんだっていいんですよ、結局。


文・Yutika


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.