天界の改革29 
陰謀の血筋(カール・ハプスブルグと洗礼者ヨハネの末裔)

竹下雅敏氏からの情報です。
今日は長い間明らかにされなかった秘密の最後のピースです。今回の記事の内容と私の解説を読めば、これまで謎であった部分、一見して矛盾している様に見えた記述のすべてが明らかになります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革29

2011年11月5日のヴィジョンと竹下氏による解説② 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/29849411.html

青字は竹下氏の解説



分厚い黒い箱が開けられていた。中からはまばゆい光が溢れていた。中をのぞきこめないほどの眩しさだが、そこにびっしりと宝がつまっていることはわかった。
「こんな物があったとは」驚嘆する男性の声が聞こえた。
「地球は宝の山だな」嬉しそうな男性の顔が見えてきた。
「美味しいワインもある」グラスの香りを堪能しながら、白人男性が満足そうにソファに足を組んで座っていた。
一見して王族だとわかった。年齢はわからないが、そんなにふけてはいない。

頑丈な木のドアで仕切られた隣りの広い部屋には、大勢の着飾った化粧臭い女性たちが、思い思いの姿勢でくつろいでいた。薄暗い部屋に閉じ込められているようだったが、悲観的な雰囲気は感じない。皆、超高級娼婦たちだ。政府の高官や首相たちを相手にするのだと思う。
ここはヨーロッパの古城のようだ。
また、男性の声が聞こえた。
「アメリカなんて、しょせん野蛮な国家だ。利用価値が無くなったら、切り捨てればいい。」
「私は野蛮なことは嫌いなんだが」部屋の中にいる別の男性に、吐き捨てるように喋っていた。
「ウジ虫のような人間どもが蔓延っているのは、もっと我慢ならないのだよ。わかるよね?」
軍服姿の老齢の男性は、かしこまってうなづいた。

『この男性は、オーストリアの政治家・カール・ハプスブルク=ロートリンゲンです。彼の前にある宝はデイヴィッド・ロックフェラーから奪ったものだと思います。ベンジャミン・フルフォード氏の情報にあるように、彼は第3次大戦を画策し、インドの地下シェルターに隠れているところを捕捉されたようです。このとき財産と宝を差し出したことでなんとか処刑を免れたようです。その時に差し出した宝の一部だろうと思います。』

 9月28日の記事で、板垣英憲氏の記事で下記の情報を紹介しましたが、このヴィジョンは解説にもあるように、デイヴィッド・ロックフェラーが命の代わりに差し出したものだと思われます。

小沢一郎元代表は、宿敵である米ディビッド・ロックフェラーが完全に失墜して喜ぶ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 しかし、なぜその財宝をカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンが手にしているのかですが、実は彼はイルミナティの陰謀の中で最も重要な人物なのです。おそらく裏のイルミナティの33人評議会のトップだと思いますが、彼は陰謀の要の人物としてずっと隠され守られてきたと言ってもよいかも知れません。




「あなた、私たちはどこへ行きましょうか?」部屋に夫人が入ってきた。
彼女は、慈善家として有名だが、本心は強欲で「骨の髄までしゃぶってやる」という彼女の心の声が聞こえた。
「この城ともお別れだな。子どもたちを先に避難させるんだ。」男性は、妻に向かって答えた。「スイスの地下、アルプスの地下に」
「わが王族の血統を守るのが最優先だ。穢れた者どもめ、しばらく苦しむがいい。さあ、後は任せた。私たちはしばらく避難する。」
軍服姿の男は、立ち上がると深々と頭を下げて、一家を見送った。
仕えるものたちが数十名。軍人たちもいる。警護か?
「ハプスブルク家の本流の血筋?」と私は無意識に口にしたようだ。
ハハハ・・・。
さきほどの男性の笑い声がした。彼の心の声が聞こえてきた。
「我らはアトランティスより続く、聖なる一族だよ。神に選ばれし、この世界の支配者だ。この世界が滅びようと、わが一族さえ残ればいい。だが、それは最終手段だ。働き蜂は必要だからね。我々には、あらゆる方面から集めた科学と知識がある。それを持っているものこそが、この世の王だ。金?そんなものは、無価値だ。金なんていくらでも造りだせるだろ。知識こそ力なんだよ。」

 彼の“アトランティスより続く、聖なる一族”という部分も大事ですが、闇の世界にとって彼はもっとも重要な人物です。なぜなら彼こそ洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子サラの子孫であるメロヴィング家の者だからです。
 これまで洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子サラの子孫がメロヴィング王朝で、その子孫をシオン修道会が守っており、それがクリスティーヌ・ラガルドとアンドリュー王子であると度々言及してきました。例えば2013年3月3日8月1日8月2日8月12日の記事を参考にしてください。
 ところが2013年3月3日の記事のコメントでは私は次のように書いているのです。

『メロヴィング王家は、基本的には、洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子孫ですが、少々複雑で、マグダラのマリアと彼女の3人目の夫であったサン・マクシマンの子孫も含まれています。バーバリアン・イルミナティの場合、このサン・マクシマンの子孫を本当にイエスの子孫であると勘違いしているようです。アンドリュー王子は、サン・マクシマンとマグダラのマリアの子孫になります。問題なのは、こういった勘違いを含めて、誰を統一世界政府の王とするのかという覇権争いが権力者のグループで激化していたということでしょうか。』

 ここで全体をきちんと整理してみると、マグダラのマリアには生涯3人の夫がいました。最初が洗礼者ヨハネであり、2番目がイスカリオテのユダであり、3番目がサン・マクシマンです。マグダラのマリアはイエスの磔刑後フランスに逃れるのですが、サン・マクシマンは彼女に終油を施した人物として知られています。彼女は洗礼者ヨハネとの間にサラをもうけ、その子孫がカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンなのです。イエスとマグダラのマリアは洗礼者ヨハネの死後、恋愛関係にありましたが、肉体関係を持っていませんでした。イエスの死後、彼女はイスカリオテのユダたちとフランスへ逃げますが、そこで彼が2番目の夫となります。その後サン・マクシマンが3番目の夫となり、彼との間にヨシュア、タマル、ヨセフという3人の子供をもうけました。実はクリスティーヌ・ラガルドとアンドリュー王子の2人は、マグダラのマリアとサン・マクシマンの子孫なのです。したがって洗礼者ヨハネの子孫ではないのですが、シオン修道会はこの2人を洗礼者ヨハネの子孫だと勘違いをして、現在に至るまで守り続けているのです。
 本当の洗礼者ヨハネの子孫はカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンであり、彼を守護しているのがドイツの薔薇十字会です。彼らはずっと洗礼者ヨハネの子孫を守り続けてきたテンプル騎士団の末裔です。
 したがって本来メロヴィング家とは洗礼者ヨハネとマグダラのマリアの子孫の家系のはずなので、シオン修道会の勘違いがあり、クリスティーヌ・ラガルドやアンドリュー王子はメロヴィング家とは見なせないはずなのです。もし彼らをメロヴィング家とするなら、それはマグダラのマリアの子孫を意味するものとなるでしょう。
 先に示した3月3日のコメントでもわかるように、バーバリアン・イルミナティは、サン・マクシマンの子孫をイエスの子孫であると勘違いしているようです。このように現在では直観に頼らなければ、誰が本当のことを言っているのかおそらく当事者でもわからないような状態になっているのです。こうした状況で、誰が世界の王になるのかというレベルで覇権を争っているという気がします。
 ただ別の見方があり、映像配信の宗教学講座でもお伝えしましたが、エッセネ派のクムラン宗団では女祭祀のマグダラのマリアと祭祀のメシアの洗礼者ヨハネそして王のメシアとなる予定だったイエス・キリストの3頭体制で革命を起こすつもりだったのです。結局内部分裂によってこの計画は頓挫したのですが、もし現代もこうした支配体制の延長線上でNWO(新世界秩序)が考えられていたのだとすると、女祭祀がラガルド、祭祀のメシアがカール・ハプスブルグ・ロートリンゲン、そして王のメシアがアンドリュー王子であった可能性があります。これは2000年という長さにわたる陰謀としては、十分に考えられることのような気がします。

次回に続きます。

Comments are closed.