天界の改革30 
延期されたオバマらの処刑と革命(2012年のヴィジョン)

竹下雅敏氏からの情報です。
 しばらくお休みをしていましたが、“天界の改革”の続きを解説したいと思います。
 せれなさんのヴィジョンによる未来の予測は、完全にその通りとなったものと、回避されたもの、あるいは未だに延期されているものなどがあります。今回はそれらの状況について説明したいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革30

2012年2月23日のヴィジョンと竹下氏による解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/30388831.html
青字は竹下氏の解説

⑯ビルが立ち並ぶどこかの都市の上空を、おびただしい数の飛行機が低空飛行で飛んで行きます。騒音と異様な景色に、人々は驚き空を見上げますが、地上でも戦車がどこからともなくあふれて走り始めました。


『この軍隊は後のヴィジョンを考慮すると一見アメリカ軍に思えるのですが、どうもそうではないようです。これはロシア・中国・アメリカが協調した地球防衛軍とも呼べる正規軍のようです。』 

⑱男神様の足元に、オバマ大統領とミッシェル夫人がひざまずいて、許しを請うているようでした。男神様は足元しか見えませんでしたが、とても厳しい表情をされていることはわかりました。
「罪は許されますが、行いは決して消えません」
厳しい声が響きました。


『このヴィジョンの通り、オバマ大統領はこれまでの行いを改めず、FRBの背後に居る連中(デヴィッド・ロックフェラー、パパ・ブッシュ…)の命令に従い、罪を犯し続けるならばいずれ神の前で申し開きをしなければならなくなるでしょう。』 

⑲いつの間にか男神様の姿は消えていました。
オバマ大統領は激しい後悔にさいなまれて、立ち上がって天を仰いで声を出して泣いていました。ミッシェル夫人は、その場につっぷして号泣していました。


『未来が必ずこのヴィジョンのようになるというわけではありません。ただ、このままではこの方向に進む可能性が高いということになります。このヴィジョンのようにもしも地球上での出来事が進むならば、オバマ大統領は正規軍に捉えられて、裁判にかけられ処刑される可能性が極めて高いということだろうと思います。』

 これらのヴィジョンは2012年の間に起こる可能性の高かったものです。したがって現在は延期されていると考えてよいと思います。
 ⑯の私の解説で、ロシア・中国・アメリカが協調した正規軍と言う表現がありますが、この時点でこうしたことは通常なら考えられないことなのです。このヴィジョンが2012年の2月のものであることに注意して下さい。
 ところが、現実に2012年9月に“ロシアの原潜がメキシコ湾に浮上!” という記事が出ているのです。この中でロシアの原潜が堂々とアメリカの裏庭と言われるメキシコ湾に姿を現していること。ロシアの特殊部隊がカナダを経由して10月の第3週までに、ミシシッピー州の西へ移動する。さらに驚くべきは、中国軍がアメリカ軍と米国本土で軍事演習をしている。というようなことが書いてあり、私の解説が間違っていないことを示しています。
 ただ起こる予定であったこのヴィジョンが延期されたのには、次のヴィジョンが関係しています。

2012年3月24日のヴィジョンと竹下氏による解説
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/30604236.html

「今年(この一年?)は国葬が続くでしょう。」
天皇、エリザベス女王、オバマ、どこかの国の若き王女。

『文中の国葬の部分ですが、若き王女とはベルギー王室アストリッド王女のことです。写真を添付しておきます。確かに現在の予定ではここに名前の上がった4名は今年中に死ぬ予定になっています。しかし未来は確定していないので、変更される可能性は多分にあります。天皇、エリザベス女王、アストリッド王女は別ですが、オバマをはじめとする多くの著名人が処刑される予定になっています。』 

アストリッド王女

 この予測は回避されたものの一つです。“天界の改革28”の解説で、2011年9月18日にエリザベス女王は、ナサニエル陣営に協力するようになったことを説明しました。時期を同じくして、天皇陛下とアストリッド王女も同様の選択をしたのです。そのため敵対勢力から暗殺の計画が持ち上がり、このヴィジョンの予測の通り、2012年のどこかでこの3名は暗殺される可能性が高かったのです。しかし「神々からの警告(2)」で説明したように、暗殺は回避されました。もしもこれが予定通り実行され3名が暗殺されてしまった場合、2012年の10月以降にアメリカで革命が起こる可能性がきわめて高く、そうなるとオバマをはじめとする多くの者たちが処刑されることになったはずです。幸いなことに、こうした闇の者たちの暗殺計画は実現しませんでした。もしこうなっていれば世界は大混乱となり、2013年に予定されていたスーパーフレア、あるいはキルショットを回避することはほとんど不可能であっただろうと思います。

2012年10月23日のヴィジョンと竹下氏による解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31519860.html

⑤オバマ大統領が後ろ手に縛られ、冷たい石の床の上にひざまずいていました。
両足も縛られていました。
スーツ姿でしたが、白いシャツは汚れ、衣服は乱れていました。

男の声「絞首刑だな」
別の男「いや、ひと思いに、銃殺だ」
また別の男「戦車の車輪に縛り付けてひき潰すってのはどうだ。お前らがこれまでたくさんの罪のない人間たちをひき殺してきた戦車の下敷きになるってもの悪くないだろうよ!」
男「おや、震えているのか!?」
男「脂汗をかいてやがるぜ」
男「おい、お前らがこれまで、いったいどれだけの人間を殺してきたかわかってんのか!」
オバマ「わ、悪かった。許してくれ・・・!」
男「許せ、だと!?そいつは無理な話だな」
オバマ「私は合衆国大統領だ!!」
男「けっ、まだそんなことを言っているのか!?合衆国大統領ってのは、つまり、悪の枢軸ってことなんだよ!」
男「死ぬしかないんだよ。死んで償いな。」
男「償いきれないだろうけどよ。」
オバマ「たっ、助けてくれ!!」
男がオバマの肩を蹴り、オバマは床に倒れた。
倒れた時に、固い石の床で頬骨を打ち、痛みにうめき声をあげる。


『今のところ、オバマの最期がこうした形になる可能性はかなり高いように思えます。アメリカで革命が起こる可能性が多分にあり、軍はそのタイミングを見計らっていると思います。革命が起こると、このようなヴィジョン通りのことが起こる可能性が高くなります。オバマほどには社会的に目立たない要人の場合は拘束され、処刑されている者たちも多いようです。』

 このヴィジョンは未だに延期されているものの一つです。早ければ今月中にもこのヴィジョンの通りのことが起こる可能性が高かったのですが、おそらく再度延期されるものと思います。それはサウジアラビア、イスラエルが今月中に降伏する可能性が高くなり、ここで一気に決着をつけるより、金融システムの改革をより円滑に進め、金本位制に移行した際に起こる経済の混乱を最小限に出来る可能性が出てきたためだと考えます。金本位制を採用すると、ペーパーマネーであるドルおよびユーロは紙切れ同然となり、金融システムが大混乱となります。現在背後で出来るだけスムーズに変革できるよう、多くの人々が努力していると考えられ、今ここで革命という混乱を起こすよりは、第三次大戦およびアメリカの自作自演の核テロが確実に抑え込めるのであれば、そちらの方が望ましいからです。オバマは異常な人間で何をするかわかりませんが、宇宙の兄弟たちそして神々が細心の注意を払って監視しているので、おそらく大丈夫だろうと思います。

次回に続きます。

Comments are closed.