天界の改革31 
身の回りの危険、地球との対話のヴィジョンと人類の生き方

竹下雅敏氏からの情報です。
2012年の前半の段階では、まだ第三次大戦が確実に避けられるという見込みは立っていませんでした。ただそれを防ぐことが出来る可能性がかなり高くなっていたことは事実です。地球の危機は第三次大戦だけではありません。実に様々な問題があり、核兵器・原発をただちに廃絶しなければなりません。地震、火山の爆発などの変動、究極にはポールシフトへの対処。こうしたものから日常のレベルで私たちの健康を脅かす様々な因子が存在します。重要度の高いものからひとつひとつクリアしていかなければならないのですが、問題なのはこうしたことを利用して意図的に人類の健康を損ない、人口を削減しようとする闇の勢力が存在することなのです。彼らを先につぶしておかなければ、これらのことに正しく対処することが出来ません。大切なことは今地球上で何が起こっているのかということを正しく認識し、事実を事実として理解することです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革31

2012年5月24日のヴィジョンと竹下氏による解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/30828052.html

青字は竹下氏の解説

⑬高いタワーが見えました。
絵の横に「まき散らす」と書き残しています。
電磁波のことでしょうか。
体に受ける害が大きいようです。


『確かにこれはテレビ電波塔のようです。せれなさんも指摘しているように、大変体に負担を与えるようです。参考のためにカレイドスコープの記事を添付しておきます。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-216.html
 

「これから人は、様々なことに気をつけねばなりません」
「電磁波、火山と太陽の活動」
「放射能、ホルモン剤、添加物」

「まず、水の汚染が深刻です。
 そして食べ物を汚します。
 幼い子どもの体が汚染されます。           
 小さな者から大きな者へ。」

「水の清きところへ。
 その水を守りなさい。
 木を守りなさい。
 山を守りなさい。」

 ここに書かれている通り、食べ物は十分に気をつけなければなりません。例えば電子レンジ、テフロン加工のフライパン、アルミの鍋、電磁調理器などは使うべきではありません。鉄のフライパンとオーブンなどで調理してください。食品の添加物は出来るだけ避けてください。現在の卵は腐らないそうです。腐らない食べ物が安全だと思う人はいないでしょう。加えて放射能も気をつけないといけなくなってしまいました。自分自身はもちろん、子供たちの健康を守るのは大変なことなのです。私の感覚では学校給食が安全だとは到底考えられません。食品コストを下げるためには、まず第一に安全性が犠牲にされるのです。私が食べた学校給食の当時から、たとえば牛乳は廃棄される直前の市場には出せない粗悪品が学校給食用に使われていたのです。立場の弱い人たちが最も割を食うという社会構造に現在はなっています。子供たちを犠牲にしてはなりません。こうしたことに加えて、電磁波の害が深刻です。スマートフォンやゲーム機など安易に子供に与えてそのリスクを考えない、というようなことのないようにしてください。


2012年6月24日のヴィジョンと竹下氏による解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/30962166.html

私は地球の上空を漂うように飛んでいました。眼下に、ゆっくり回る地球がありました。地表を見ていると、人々の様々な声が聞こえてきました。

「もうやめて」
「撃たないで」
「この子を助けて」
「夫を連れて行かないで」という叫び声や、
「食べる物をください」
「水をください」
「薬をください」
「戦争を止めてください」という祈りの声でした。

男たちの声にも注意を向けてみました。
「仕事をください」
「子供のミルクを買うお金をください」
「家を追い出さないでくれ」
「妻に治療を受けさせてください」
そして「誰か俺を殺してくれ。一思いに俺を消してくれ」という悲痛な嘆きも聞こえました。

子供の声も聴いてみました。
「パパを連れていかないで」
「ママを楽にしてあげて」
「学校に行かせて」
「体を売りたくない」
「もう盗みはしたくない」
「働きたくない」
幼い子供達の切ない祈りでした。

次に怒号が聞こえてきました。
「何だってこんな世界になってしまったんだ」
「神なんているもんか」
「神がいたらこんなことさせやしないさ」

『神々に祈りを捧げることは、とても大事なことですが、怒りや罵りを向けるのは間違っています。怒りは政治家や自分自身に対して向けられるべきものです。人間が作り出した混乱は、人間が元へ戻さなければなりません。』 

次に、意識を地球に向けて、地球の声を聞いてみることにしました。
「私は悲しみを乗せています。多くの者が地を蹴り、拳で叩き、嘆き、憎み、助けを求めます。」

:「あなたは苦しくはないのですか?」
地球:「苦しい?私は人間が生まれてからずっとこれに耐えているのですよ。苦しいとは思わない。ただ私も悲しいだけです。」
:「人間たちは、あなたの体のあちこちを掘り返し、海を汚し、大気を汚染し、大切な森の木を切り倒し、あなたを滅茶苦茶にして来ました。そのことに対する怒りはないのですか?」
地球:「怒りはありません。私は与えるために存在しているからです。必要な物は与えます。それが私の幸せなのです。」
:「なんて優しいこと!」
地球:「与える喜びは、与えられることより大きい。人間もまた、私の大切な家族なのです。子の成長を辛抱強く待つ親は、決して怒ったりはしないものです。」
:「しかし、地球には自浄作用があります。それによって人間や他の生命を奪うこともあるでしょう。」
地球:「やむを得ない力によって起こります。バランスを取らなければ私の身がもたないからです。しかし、人間はまた生まれ変わることができます。他の命も同じです。(自浄作用は)怒りによって起きるのではありません。」
:「あなたが人間に望むことは何ですか?」
地球:「悲しみを捨て、幸福に満ちて生きることです。私はそのために多くの物を用意しているのです。」

私は地球に感謝してそこを離れた。

『どんな人でも、地球が生きているということはわかるのではないでしょうか?生きているものには皆、意識があります。せれなさんのように特殊な能力を持っている人は、こうして直接話をすることも可能なのです。
ホピの人々は地球を母なる大地として尊敬し、大地に埋まっているウランを決して掘り出してはならないという警告を人々に訴え続けました。しかしその神からの警告は破られてしまいました。あらゆるものに意識と生命があるということを、地球上の人々が自覚していれば、警告を素直に受け止めていたのではないかと思います。』

 私はこの通信文を見て、地球の悲しみはもはや限界に近いと思うようになりました。ただ地球上の様々な難題が先にあり、特に第三次大戦を避けるということが絶対的に優先しなければならないことであったため、この時は地球に対して申し訳ないと思いつつも、今しばらくの忍耐をお願いするよりありませんでした。ただ解説文にも書いた通り、当たり前の事実として地球に生命と意識、したがって心があるということがわかっていれば、少しは人々の生き方そのものが変わるのではないかと思いました。こうした思いが最終的には“惑星シリーズとしての中西征子さんの星々のイラスト”として、結実することになります。このイラストは大変大きな意味があると感じています。ホツマの神や神霊そして宇宙人はこうした星の神々と通信を取り、その声を聴くことが可能かも知れません。しかし彼らですらその姿を見た者は居ないのです。中西さんのイラストは非常によく描けており、彼女たちの肖像画と言えるほどそっくりなのです。残念ながら私は、肉体意識を伴ったレベルでは、タカキヒカリノヒメミコ様(太陽)のお姿しか見たことがないのですが、中西さんのイラストにそっくりでした。
 人類は現在の科学技術を用いれば、ひょっとするとこうした星の神々の存在とも通信が取れるのかも知れません。HAARPなどはその可能性を秘めている様な気がします。いずれ、こうした星の神々が実在の神であるということを、人々は理解する日が来るかも知れません。

Comments are closed.