2013年10月1日 の記事

[マスコミに載らない海外記事]抗議行動が、秘密交渉を暴露し、うさんくさいTPP密約に光を当てた

竹下雅敏氏からの情報です。
今日、悪魔崇拝の宇宙人を1200人以上処刑しました。これで宇宙人の中に巣くっていた闇は終わりました。地球上にもたらされる半分以上のチャネリング情報は、彼らの側から来ていたので、地上の混乱も少なくなってゆくでしょう。というわけで今日は天界の改革はお休みにします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
抗議行動が、秘密交渉を暴露し、うさんくさいTPP密約に光を当てた
転載元より抜粋)
Public Citizen
2013年9月26日

建設労働者達は、作業を中止し、遥か高所の足場から下を覗き込んだ。観光客達は写真撮影を止めた。シュプレヒコールの声は何ブロックも離れた場所まで聞こえた。集会にはおあつらえ向きの天気だった。

先週金曜日、環境、労働組合、家族経営農家、宗教団体、医療、貿易の約100人の活動家達が、アメリカ通商代表部事務所の外に集まり、環太平洋戦略的提携協定(TPP)の主要交渉担当者達に、中流階級の権益より、大企業の権益を優先するような“自由貿易”密約などアメリカ国民は望んでいないことを示した。


TPP交渉担当者達がワシントンD.C.にいるのは、交渉の正式会合の為ではなく、レーダーに探知されない“会期間”会合の為だ。合意した文章に関する議論の深刻な隔たりや溝にも関わらず、交渉を全て年末迄に終わらせ、まとめあげようとする、必死の試みから、アメリカが鞭で脅し、そのような秘密主義の会議が、今や環太平洋諸国の間で、前触れ無しに計画が組まれている。

これらの“会期間”会合は、秘密のTPP交渉を更に秘密なものへとおいやり、国民の監視も行き届かなくなる。正式会合とは違って、米国通商代表部は、会期間会合の、場所も時間も議題さえも明らかにしていない。そして、関係団体や一般市民が招かれる“ステークホルダー・セッション”は全く行われない。

そこで、我々は自らステークホルダー・セッションを作り出した。路上で。米国通商代表部事務所の外で。

極秘会議を進行させじと、先週、米国通商代表部事務所前に集まった群衆は、公正な貿易の要求、TPPによる大企業クーデター反対、物議を醸しているこの協定を、一括優先通商交渉権を使って、議会で強行採決しようというオバマ計画に反対の雰囲気で満たした。


医薬品価格をつり上げアメリカの雇用を海外に輸出する"貿易"協定を止めるよう要求する労働組合員の隣で、プラカードを振る白衣を着た医学生。学生活動家達は透明性を高めるよう要求するプラカードを掲げた。ワシントンの昼時の群衆がそばを歩く観光客と一緒になって、集会は膨れ上がり、新参者も取り込み、彼等もプラカードを掲げ、正義を求める叫びに加わった。

・ “我々にはウオール街規制こそ必要だ。TPPをダメにするべき時だ!”
・ “AIDS患者達は攻撃されている。TPPも一括優先通商交渉権Fast Trackも認めないぞ!”
・ “モンサントにとって大いに結構だろうが、我々にとって宜しくないのは確実だ!”
・ “TPPはコースから外れた。交渉から立ち去るのは恥ではない!”

» 続きはこちらから

[池田早大教授]「増税しないと日本の破綻は免れないけど…」

竹下雅敏氏からの情報です。
そういえば、ギリシャはオリンピックの後破綻したな。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
池田早大教授「増税しないと日本の破綻は免れないけど…」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]明らかにネズミは喜んでやってますね。

竹下雅敏氏からの情報です。
明らかにネズミは喜んでやってますね。
(竹下雅敏)
————————————————————————
オーストラリア 波乗りネズミ
転載元より抜粋)

[ニュー速クオリティ]みのもんたさん次男 コンビニで会社員から鞄を奪い警察に追われ逃走 僕は息子を信じてます(笑)

竹下雅敏氏からの情報です。
これは冤罪ではなく、事実のようです。これはみのもんたを追い詰めるために報道されているようで、通常なら、みのもんたは裏のイルミナティなので、このような事件は揉み消すことが出来るはずなのです。みのもんたを潰しにかかっているのは明らかに原子力ムラですが、今後、裏のイルミナティと原子力ムラの壮絶な戦いとなりそうで、オモシロイので見ていましょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
みのもんたさん次男 コンビニで会社員から鞄を奪い警察に追われ逃走 僕は息子を信じてます(笑)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[The Voice of Russia]米国 予算なしで新年度に突入 政府機能が一部停止 〜10月に革命が起こる可能性がきわめて高い〜

竹下雅敏氏からの情報です。
ドイツが返還を要求した金(ゴールド)が返せないので、事実上デフォルトしていると思いますが、オバマはどうするのでしょうか。
10月に革命が起こる可能性がきわめて高くなっています。
しかし、この革命は神々の眼から見ても良いものです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国 予算なしで新年度に突入 政府機能が一部停止 (ビデオ)
転載元)
Photo: Flickr.com/Metal Chris/cc-by-nc

米国は今日から始まる2014年会計年度を予算なしでスタートすることとなった。政権側と共和党側が議会で妥協に至ることが出来なかったことが背景にある。

   いままで激しく議論されてきた政府機能の一部停止が現実のものとなり、17年ぶりの出来事となった。共和党がコントロールする議会下院では、ホワイトハウスが受け入れ不可能であることが前もって分かっている一時的金融措置が採択され、多くの国家機関は機能を停止している。

連邦公務員210万人のうち、80万人が突然の休暇に入ったほか、社会保険支払い申請の受付は停止され、住宅ローンおよび零細企業への政府支援もストップする。さらに国立公園および博物館が一時閉鎖となる。

オバマ大統領はホワイトハウスで特別声明を発表し、外交を含めた国家安全保障分野における活動は継続されるとしている。また軍人には影響がないが、国防総省で勤務する数十万人の文官には影響がでる。

オバマ大統領は危機克服を呼びかけ、議会が重要分野への支出を再開することを採択するよう求めている。

タス、リアノーボスチ

[ジャーナリスト堤未果のブログ]オリンピックというショックドクトリン~着々と進められる監視と情報統制~

プレーマ様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「オリンピックというショックドクトリン~着々と進められる監視と情報統制~」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

天界の改革29 
陰謀の血筋(カール・ハプスブルグと洗礼者ヨハネの末裔)

竹下雅敏氏からの情報です。
今日は長い間明らかにされなかった秘密の最後のピースです。今回の記事の内容と私の解説を読めば、これまで謎であった部分、一見して矛盾している様に見えた記述のすべてが明らかになります。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革29

2011年11月5日のヴィジョンと竹下氏による解説② 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/29849411.html

青字は竹下氏の解説



分厚い黒い箱が開けられていた。中からはまばゆい光が溢れていた。中をのぞきこめないほどの眩しさだが、そこにびっしりと宝がつまっていることはわかった。
「こんな物があったとは」驚嘆する男性の声が聞こえた。
「地球は宝の山だな」嬉しそうな男性の顔が見えてきた。
「美味しいワインもある」グラスの香りを堪能しながら、白人男性が満足そうにソファに足を組んで座っていた。
一見して王族だとわかった。年齢はわからないが、そんなにふけてはいない。

頑丈な木のドアで仕切られた隣りの広い部屋には、大勢の着飾った化粧臭い女性たちが、思い思いの姿勢でくつろいでいた。薄暗い部屋に閉じ込められているようだったが、悲観的な雰囲気は感じない。皆、超高級娼婦たちだ。政府の高官や首相たちを相手にするのだと思う。
ここはヨーロッパの古城のようだ。
また、男性の声が聞こえた。
「アメリカなんて、しょせん野蛮な国家だ。利用価値が無くなったら、切り捨てればいい。」
「私は野蛮なことは嫌いなんだが」部屋の中にいる別の男性に、吐き捨てるように喋っていた。
「ウジ虫のような人間どもが蔓延っているのは、もっと我慢ならないのだよ。わかるよね?」
軍服姿の老齢の男性は、かしこまってうなづいた。

『この男性は、オーストリアの政治家・カール・ハプスブルク=ロートリンゲンです。彼の前にある宝はデイヴィッド・ロックフェラーから奪ったものだと思います。ベンジャミン・フルフォード氏の情報にあるように、彼は第3次大戦を画策し、インドの地下シェルターに隠れているところを捕捉されたようです。このとき財産と宝を差し出したことでなんとか処刑を免れたようです。その時に差し出した宝の一部だろうと思います。』

 9月28日の記事で、板垣英憲氏の記事で下記の情報を紹介しましたが、このヴィジョンは解説にもあるように、デイヴィッド・ロックフェラーが命の代わりに差し出したものだと思われます。

小沢一郎元代表は、宿敵である米ディビッド・ロックフェラーが完全に失墜して喜ぶ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 しかし、なぜその財宝をカール・ハプスブルグ・ロートリンゲンが手にしているのかですが、実は彼はイルミナティの陰謀の中で最も重要な人物なのです。おそらく裏のイルミナティの33人評議会のトップだと思いますが、彼は陰謀の要の人物としてずっと隠され守られてきたと言ってもよいかも知れません。

» 続きはこちらから