[遠い森 遠い聲]ジム・ストーン氏の主張するフクシマ原発事故の真相 実際のマグニチュードは6.67 イスラエルの仕事

竹下雅敏氏からの情報です。
 ジム・ストーン氏の告発のビデオは知っていたのですが、論旨が明快でなく、脱線が多くて非常にわかりにくいものなので、
重要な内容だとは思いつつも、これまで取り上げてきませんでした。しかしこのブログで要点が非常にうまくまとめられていてなおかつこの中で、“イスラエルは津波爆弾を隠すため、自然の地震が日本に来るのを待った。…宮城沖で「自然の地震」が起きると、津波爆弾で東北各地を攻撃した”とあり、詳しくは元記事を見て欲しいのですが、私以外に3.11が最初の地震は自然地震だったと言っている人が居るのを知って、驚いています。
 当初から3.11は通常の人工地震ではないと思っていたのですが、フルフォード氏らの情報を見れば、人工地震であることが明らかになります。しかし、どんなに直感で調べてみても、人工地震にはならないのです。不思議に思っていくつかの地震を時系列に分けて調べてみると、最初の3つが自然の地震で、残りの5つが人工地震という結果が出たのです。ただそれだけではこの事件の真相がつかめないと思っていたのですが、このジム・ストーン氏の説明は非常に納得のいくものになっていると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ジム・ストーン氏の主張する フクシマ原発事故の真相 実際のマグニチュードは6.67 イスラエルの仕事
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

Comments are closed.