アーカイブ: 秘密保護法

[新ベンチャー革命 ]反小沢の親米マスコミ人も反対する悪法・特定秘密保護法案が成立すれば日本はいよいよ悪夢の官僚独裁国家に転落する危険性が大となる 〜反対の意思を示す重要性〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 示唆に富む見解だと思います。私も秘密保護法案を目論んでいる黒幕は、一部の特権官僚だと考えています。文中にも日本版NSCの初代局長候補に名前が挙がっていた谷内氏は、その筆頭ではないかと思っています。しかしこの人事案が白紙撤回されたという記事をすでに紹介しましたが、このことは彼らの思惑が、実を言うと完全に崩壊したことを示しているのです。すでに11月17日の記事のコメントで、“法案が成立しない可能性が出てきました。今のところ5分5分と見て良いでしょう”と書きましたが、この見方は今でも変わっていません。私の見立てでは、民意の高まりを受けて、みんなの党、維新の会も法案に反対する可能性があると見ています。民意というのは何も国会議員に電話をかけて反対の意思を示すだけではなく、意識のレベルで強く“私はこの法案を認めない”と思うだけでも良いのです。一番いけないことはあきらめてしまうことで、“どうせ自分たちが何をやっても法案が通って、こうした世の中になってしまうのだから仕方がない”と思い、いたずらに不安な心境で過ごすことなのです。この記事が何時に掲載されるのかわかりませんが、今日のNHK ニュースウォッチ9のキャスターの顔がどんな風な表情になっているのか、楽しみです。世の中の目に見える出来事の背後で、実は様々なことが起こっているのです。みんなの党や維新の会の代表の表情が一変する姿をそのうち見ることになるでしょうが、それもまた愉快なものです。ただ私がこのように暗示として書いている出来事が、具体的な事例として記事に上がってくるとすれば、これまでの経験上、フルフォード氏の記事以外には無いのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
反小沢の親米マスコミ人も反対する悪法・特定秘密保護法案が成立すれば日本はいよいよ悪夢の官僚独裁国家に転落する危険性が大となる
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]【秘密保護法】 全国14か所で反対集会 83歳男性「戦争になるかもしれない」 〜皆さんが戦争、徴兵、警察国家に対する反対の意思をはっきりと示せば、こうした世界にはならないところにすでに来ている〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この法案の成立を前にして、私が10年以上前から“将来のあなたたちの子供や孫が徴兵されるかもしれない”と言っていたのですが、それが現実に起こりうるということがよくわかったのではないでしょうか。私はこうしたことを避けるために、10年以上前から様々な準備をしてきたのです。ですから皆さんが戦争、徴兵、警察国家に対する反対の意思をはっきりと示せば、こうした世界にはならないところにすでに来ているのです。何度も言いますが、私が“すでに終わってこのような世界になることが避けられた”と思ったちょうどその頃から、世間の人たちはそれを恐れ始めるのです。
 世界の流れを読む能力の無い人たちというのは、いつもこんな具合に後手に回ってしまい、気づいたら身動きが取れない状態に追い込まれてしまっているのです。幸いなことに、神々・宇宙人、地上の英雄たちの努力で、こうした世界は避けられているのですが、そのような情報を正確に運んでくれる英雄の1人、フルフォード氏のような人物を人々は陰謀論者と言って相手にしません。実に情けない世界だと思います。
 宇宙人などと言うと、あからさまに馬鹿にする人たちまでいますが、その人たちがどれほどネガティブな波動を世界に放出し、分裂と争いに加担しているか、すなわち悪の勢力に間接的に協力しているかには気づいていないようです。私の講話の中で“不徳の者に関わるな”という金言を伝えていますが、この大切さがわかっている人は少ないようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【秘密保護法】 全国14か所で反対集会 83歳男性「戦争になるかもしれない」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナルほか]【秘密保護法】 言論人が総決起集会 文太兄ぃ「トドメの悪法になる」 〜民意の高まりで廃案に持ち込めた方が、民主主義と言う意味合いにおいて、本道〜

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
 ニュースを見ていると、秘密保護法案が今にも成立しそうな感じで報道されているのですが、実のところ成立するか否かは5分5分なのです。民意が高まれば、この法案は廃案に出来る可能性があります。2本目の天木直人氏の記事も参考にしてください。今作戦が進行している最中なので、あまり詳しく書けないのですが、こうした民意を背後で支える動きがあるのです。
万一この法案が通ったとしても、悪用されることはありません。しかしここは民意の高まりで廃案に持ち込めた方が、民主主義と言う意味合いにおいて、本道だろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

—————————————1点目———————————
【秘密保護法】 言論人が総決起集会 文太兄ぃ「トドメの悪法になる」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[孫崎 享氏]元外務省国際情報局長、孫崎享「秘密保護法で自衛隊がアメリカの戦争に利用される」(週プレNEWS)

竹下雅敏氏からの情報です。
 とても明快な孫崎享氏による秘密保護法の解説です。この通りだと思います。安倍・石破の頭の中では文末のように、解釈によって国の進む道を大きく歪めることに使うつもりでいるのだと思いますが、そんなことはさせません。
 ただこの法案の通り集団的自衛権の行使が可能になると、世界中に居るテロリストたちと戦うために、自衛隊がアメリカ軍と共に出て行くことになるだろうと思います。今の流れでいくと、アメリカ軍はこれまでのようにアフガニスタン、イラクのような戦争をするつもりはありません。しかし世界に散らばる悪党を殲滅し、地球に平和を取り戻す正規軍としての活動を、ロシア軍、中国軍とも連携して実行するつもりでいると思います。またこうした活動の中に、治安維持および破壊された環境の回復という仕事も入ってくると考えられます。自衛隊がどのような行為にどの位関わることを許すのかは、日本の国民がしっかりと議論しなければなりません。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
元外務省国際情報局長、孫崎享「秘密保護法で自衛隊がアメリカの戦争に利用される」(週プレNEWS)
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]そして、メディアは日本を戦争に導いた

竹下雅敏氏からの情報です。
 私も、メディアというのはつくづくタチが悪いと思っているのですが、文末の“彼らは部数を伸ばし、視聴率を上げるためなら、国民を戦争に導くことも厭わない。”という一文が、本質をついていると思いました。くわしくは書けないのですが、今行われていることから、12月1日にはメディア上の人物の表情が変わってくるようになるでしょう。日本のメディアが完全に解放されるのは、来年の始めということになりそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
そして、メディアは日本を戦争に導いた
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16