アーカイブ: IS(ダーイシュ、イスラム国、旧ISIS)

[ラジオイラン 他]シリアが、サウジアラビアに警告 / ロシア下院関係者、「サウジ軍のシリア派遣は、宣戦布告を意味する」 

竹下雅敏氏からの情報です。
 シリアは予想した通りの状況です。事実上シリア軍がダーイッシュ(IS)を掃討し、“残った戦闘員はトルコへ向かって逃げている”状況において、シリア政府の同意なしにサウジアラビアがシリアで軍事作戦を行なえば、それは侵略になります。アメリカの意向に基づいて、“もしサウジがこのような行動を取れば、サウジを含む地域全体は戦火に見舞われることになる”のは間違いありません。
 現在のサウジアラビアやトルコは狂っているので、こうなる可能性は十分にあります。もし、開戦になったらですが、結果はウクライナと同様のものになるでしょう。ウクライナ政府軍は、ドンバスの親ロシア派に対して、まったく勝ち目がありませんでした。同様にロシア、イランに援助されたシリア政府軍の圧勝になると思われます。それだけではなく、サウジアラビア、トルコの国家が解体する形になると思われます。
 以前フルフォード情報で、“サウジは今、降伏状態にあり、彼らが勝者の足にキスをする前の決戦へのより高度な戦いを待っている”ということでしたが、この事かも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
シリアが、サウジアラビアに警告
転載元)
4bk1afebfa9d682lor_620C350

シリアのムアッリム外務大臣が、サウジアラビアの地上戦参加に関して警告を発し、サウジアラビアがシリアの地上戦に介入した場合、大きな敗北を喫することになるだろう、としました。

レバノンのアルマヤーディンテレビによりますと、ムアッリム外相は、6日土曜、ダマスカスでの記者会見で、「シリア政府の同意のないサウジアラビアのシリア領土へのあらゆる介入は侵攻であり、侵攻もまた当然抵抗を必要とする。我々はシリアへのあらゆる侵略は敗北に直面すると強調する」と述べました。

また、サウジアラビアのシリアへの軍隊派遣に向けた努力について、「サウジアラビアはアメリカの要求を実行しているが、シリア軍の勝利は陰謀を企てている者たちやその支持者たちを失望させ、彼らは自ら戦場に入ることを決めた」としました。

さらに、「サウジアラビアがシリアの地上戦に参加するとは思わないが、イエメンや他の地域に対する狂気じみた決定を見ると、それもありえると考える」と強調しました。

ムアッリム外相は、「ISISとサウジアラビアは共通性を有しており、鞭で打ったり、首を切ったりする行為はISISと共通であり、ワッハーブ派の文化だ。これにもかかわらずアメリカはサウジアラビアと連帯を続けると主張している」と語りました。

さらに、「シリアに対して陰謀を企てている者は、シリア軍の前進後、“戦場で使用していた道具”に失望し、自ら戦場に入ることを決めた」としました。

また、ジュネーブでのシリア協議に関して、「我々はジュネーブ入りした最初の団体だったが、我々が得た反体制派のリストは不完全だった。我々はジュネーブ協議に一切前提条件をつけず、またどんな条件も受け入れなかった」としました。

ムアッリム外相は、「我々は国連のシリア特使の任務の成功を求めているが、彼は更なる努力を行うべきでだ」としました。

――――――――――――――――――――――――
ロシア下院関係者、「サウジ軍のシリア派遣は、宣戦布告を意味する」
転載元)
4bk1492377476830xv_620C350

ロシアがシリアに対するサウジアラビアの軍事介入の提案を批判し、それは宣戦布告を意味するとしました。
プレスTVによりますと、ロシア下院のクラシェニンニコフ民間法・刑法・調停・訴訟法委員長は、「サウジアラビアはシリアで軍事作戦を行う前に、シリア政府の許可を得なければならない」」と語りました。

サウジアラビアのアシリ国防相顧問は、干渉的な声明の中で、「必要な場合、サウジアラビアはシリアに地上部隊を派遣する用意がある」としました。
アメリカのカーター国防長官は、サウジアラビアのこの提案を支持する中で、「来週、このことをサウジ国防相とEU本部のあるベルギー・ブリュッセルで話し合う」と語りました。

イランのレザーイー公益評議会書記も、「サウジ軍のシリア派遣により、地域戦争が勃発する可能性がある」と述べています。

――――――――――――――――――――――――
イラン公益評議会書記、「サウジ軍のシリア派遣で、地域戦争の勃発の可能性」
転載元)
4bhk3552013ea61o0b_620C350

イラン公益評議会書記が、サウジアラビア軍のシリア派遣により、地域戦争が勃発する可能性があるとしました。
イルナー通信が6日土曜伝えたところによりますと、レザーイー書記はイラクとシリアでヌスラ戦線やISISなどのテロ組織が敗北を喫した後、サウジアラビアとアメリカは、テロ組織の残存勢力を救出し、シリア軍と戦うため、サウジ軍をシリアに派遣することを決めたとしました。

レザーイー書記はまた、「もしサウジがこのような行動をとれば、サウジを含む地域全体は戦火に見舞われることになる」としました。
サウジアラビアのアシリ国防相顧問は、干渉的な声明の中で、「必要な場合、サウジアラビアはシリアに地上部隊を派遣する用意がある」としました。

この声明の一方で、シリアに関するジュネーブ国際会議は先週、サウジアラビアの支援を受けた反体制派の妨害により、開催延期となりました。

» 続きはこちらから

[Sputnikほか]ISをロシアに壊滅させられ、イスラエルに梯子を外されたトルコ 〜 ドラコニアンが部下のレプティリアンを見捨てたことが分かる事件

竹下雅敏氏からの情報です。
 トルコがシリアへの地上侵攻を計画しているとのことです。そうした状況で、イスラエルのリヴリン大統領がシリア情勢において、“ロシアの立場を支持…ロシアと共にテロの脅威に立ち向かう”と発言。トルコは完全に梯子を外された形です。
 リヴリン大統領の顔を見ると、即座にドラコニアンが人間に転生した人物だとわかります。エルドアン大統領はレプティリアンなので、まさにドラコニアンが保身のために部下を見捨てたということが、地上レベルでよくわかる事件です。
 これらドラコニアン/レプティリアンを支配して来たのがイエズス会で、彼らはアルコーンが転生に入った者たちというのが、コブラからの情報です。闇の者たちの支配構造は大雑把に言うと、アルコーンを頂点としてその下にドラコニアン、ドラコニアンの命令に兵士階級であるレプティリアンが従い、さらにレプティリアンがグレイたちを従えているということのようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアの攻撃によりシリアのISISが壊滅的のようです。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/02/end-of-isis-russian-jets-hit-900-targets-in-last-three-days-jihadists-fleeing-3294232.html
(概要)
2月4日付け


ロシアが昨年後半からシリアで対ISISの軍事介入を始めてから驚くべき成果が出ています。そして今年もロシアによる攻撃は続いています。ISISの終焉が近いようです。

ロシア空軍のKonashenkov少将によれば、2月1日~4日の間に、ロシアの激しい空爆により、アレッポ、ラタキア、ホムス、ハマ、ディルエッズルに存在する900ものISIS拠点が破壊されました。この空爆により非常に多くのテロリストが殺害されました。

生き残ったISISテロリストらはわずかに残された戦闘力を維持するためにシリア北部の拠点を放棄し、トルコ国境沿いへ向かって逃げていきました。

さらに、民兵らに支援されたシリア・アラブ軍は、ISISテロリストらをアレッポまで追い返し、4年以上前からISISに占拠されているヌブルやアッザーラの集落の壁を破壊して奪還しました。

ISISテロリストらがトルコに向かって逃げたということは非常に興味深いことです。
このことからも、ロシアが認識している通り、トルコはシリアへの地上侵攻を計画しているのです。
————————————————————————
トルコがシリアへの軍事進攻を準備していると信じる根拠がある―ロシア国防省
転載元より抜粋)
a10
トルコ・シリア国境で進行中の事象は、トルコがシリアへの軍事侵攻を精力的に準備していることを物語っている。4日、ロシア国防省のコナシェンコフ報道官が述べた。

「我々は、トルコが主権国家たるシリアへの軍事侵攻を精力的に準備していると信じる重大な根拠を持っている。シリア領土で活発な活動を行う準備をトルコ軍が隠然と行っているという兆候が時を追うごとに多く確認されるようになっている」

先に国防省は国際社会に対し、トルコの自走砲がシリアのラタキア北部の居住区を砲撃していることを示す反証不能の証拠がある、と主張していた。
————————————————————————
ロシア外務省、監視飛行の禁止について:トルコ政府は何かを隠したがっている
転載元より抜粋)
a30
オープンスカイ協定に基づくロシアによるトルコ上空の監視飛行が禁じられたことは嘆かわしいことだ。ロシア外務省高官が述べた。

ロシアは同協定に基づき1日から5日、トルコ上空を監視する計画だ。ロシア代表団がトルコに到着し、飛行計画を発表した後、トルコ軍はトルコ外務省の通達を根拠に、実施を拒否した。

「これは嘆かわしいことだ。現時点でオープンスカイ協定は全欧で効力をもっている数少ないメカニズムのひとつなのだ」とロシア外務省高官。

「1年前、『ロシアはウクライナとの国境で予告なしの活動を行っている』と西側がロシア非難を強めていたとき、NATO諸国機がオープンスカイ協定の枠内で飛行を行ったことによって、あらゆる捏造が完全に反証されたのだ」

飛行を禁じられたということは、隠すべきものがあったということだ。我々から隠すだけでなく、国際社会から隠したいものが」と同高官。
» 続きはこちらから

[Sputnik 他]プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談 / 元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画 〜今夜21時に処刑される者たち〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうやら、ドラコニアンの王族が自分たちの命の保障と引き換えに、完全降伏に応じたようです。そうでなければ、プーチン大統領とキッシンジャーとの会談が、“両者の友好的な交流の延長線上で行われた”はずがありません。例え2人が両方とも替え玉であったとしても、その発するメッセージは明白だと思います。ただし、見捨てられたレプティリアンを含むカバールたちは悲惨です。彼らは、まだ降伏していません。しかし頭を失った状態では、抵抗にも限界が出て来ることでしょう。
 2つ目の記事を見ると、ヌーランドが“戦争が始まる、戦争が始まる”と錯乱状態で叫んでいたようですが、どうやらこうした第三次大戦勃発の計画があったようです。しかしこの記事による暴露からもわかるように、計画は中止される可能性が高くなりました。
 コブラ情報によると、ISISの連中はその大部分が転生したレプティリアンとのことで、彼らは次第に追い詰められて行くと思います。
 こうした地上での具体的な動きとは別に、宇宙での動きについて記しておきます。今夜21時に処刑される者たちは、ニコライ・レーリッヒ、グルジェフ、オショー・ラジニーシ等のような現在別の惑星に転生に入っている、かつてのハイアラーキーのイニシエートの末端達です。彼らを賢者として崇拝している弟子達も、悪事に加担して居る者は同様に処分されるでしょう。いわば、ハイアラーキーの残党の処分は、その最終段階に入って来たわけです。
 地球の宗教レベルというのは実に低く、雑魚のような人物を賢者あるいは覚者として崇拝するという、目も当てられないようなレベルなのです。地下の離脱文明の人間たちが自分たちのことを神と称して人類を騙すことなど、実に簡単なことだったのです。現在ようやく、こうした幻惑から人類は脱出しようとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談
転載元)
1549445

プーチン大統領は大統領官邸にキッシンジャー元米国務長官(92)を招きいれた。タス通信が3日報じた。ロシア大統領府のペスコフ報道官が明らかにした。

ペスコフ報道官は、今回の招きは両者の友好的な交流の延長上で行なわれたと語っている。

「プーチン大統領は、こうした機会を現在の国際政治問題を話し合い、情勢の今後の展開について話し合う場として、非常に大切にしている。」

キッシンジャー氏は1973-1977年にわたって米国務長官をつとめており、米ソ関係の「デタント」を言い出した人物。1973年、ノーベル平和賞を受賞している。

――――――――――――――――――――――――
元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/politics/2016/02/ex-isis-fighter-reveals-plans-to-nuke-4-major-cities-video-2775346.html
(概要)
2月2日付け

ISIS-Nuke-2途中から:

オバマは、米軍がイラクやシリアのISISに空爆を開始する前に、ISISのために上空からチラシを撒き、空爆から逃げるようにと警告していました。さらに、オバマは、(連邦議会の承認なしに)毎年10万人のイスラム系(偽)難民をUSP機でアメリカに搬送し密入国させています。連邦議会がイスラム系(偽)難民の審査を厳しくする法案を提出してもオバマはそれを拒否しました。
オバマ政権は大量のイスラム系(偽)難民をアメリカに流入させ、アメリカを破壊しようとしています。

以下は、元ISISメンバーが暴露した秘密情報です。


元ISISメンバーのサラー・アブデスラムがドイツのウェブサイトにてISISによる核攻撃計画を暴露しました:

2016年に文明の衝突が勃発する予定です。ドイツだけでも1万8千ものイスラム系テロリストの小集団が存在します。彼らは、突然、ヨーロッパにて破壊行為を開始します。さらには、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアに核爆弾を投下するでしょう。

私(アブデスラム)はISISのメンバーになったことを非常に後悔しています。
ISISは私が絶対にやりたくないことも無理やりやらせました。
私は人々から許しを請うのではなく、手遅れになる前にISISが何をやろうとしているのかを明らかにしながら、人々に注意を喚起したいのです。そうすることで、もうじき起こるであろう戦争を防ぐことができるかもしれません。
2016年は、世界中を巻き込む大三次世界大戦が勃発する恐れがあります。戦争が起きれば世界中が大きな犠牲を払うことになります。

ISISは4個の核弾頭(W25とW89)を所有しています。実際に私もそれらを目撃しています。4個の核弾頭を持っている理由は、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアにそれぞれ1個ずつ投下することになっているからです。

» 続きはこちらから

[ラジオイラン]イラン大統領、ローマ法王と会談 / 米国 欧州にとって主要な脅威を発表:北からの脅威はロシア、南からの脅威は「ダーイシュ(IS)」 〜闇の側に深刻な分裂がある〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日取り上げる3つの記事は、関連があります。冒頭の記事の注目は、太字にした部分です。フランシスコ法王は無条件降伏をしたという情報がありましたが、おそらく、それは事実だと考えています。この太字部分はフランシスコ法王の本心ではないかと思われます。 
 ところが、“続きはこちらから”以降の記事では、ドラコニアンの王族であるキッシンジャー配下のNATOブリードラブ最高司令官が、ロシアに対する戦略を変化させたとしています。彼はドラコに仕えるレプティリアンだと思いますが、昨日の記事で、キッシンジャーはゴンザレス中尉との会合において、少しでも降伏交渉を有利に運ぶためなのか、さかんに地球上での大量破壊の脅しをかけていました。そうした関係からの発言ではないかと思います。
 闇の側に深刻な分裂があると考えられます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
イラン大統領、ローマ法王と会談
転載元)
4bk1908cfcb2102zsj_620C350 

イラン大統領がバチカンでローマ法王と会談したことが、世界のメディアで主要なニュースとして取り上げられています。

25日月曜、初めてのヨーロッパ歴訪に出発し、イタリアを訪問したイランのローハーニー大統領は、イタリアの大統領や首相をはじめとする政府高官との会談後、フランシスコ・ローマ法王と会談しました。

自身も聖職者の服装を身につけたローハーニー大統領は、親密な雰囲気で行われたこの会談で、全ての神の預言者を信じること、特にキリスト教の預言者イーサーを信じることは、イスラムの純粋な教えであると強調しました。

また、イランにおけるさまざまな宗教の信者の状況について、啓示宗教を尊重し、ユダヤ教徒やキリスト教徒がイスラム教徒と平和共存していることは、イランの誇りのひとつだとし、今日の人類社会の問題を解決するために、精神性や信仰を利用する必要性を強調しました。

ローハーニー大統領は、暴力や過激派に対して、世界が真剣な対策を取る必要性を強調し、「イスラム恐怖症や神聖への冒涜により、イスラム教徒の感情を煽る行為は、テロの流れを促すことになる」と述べました。

啓示宗教の信者に対する平和的なアプローチで知られるフランシスコ法王も、この会談で、さまざまな宗教の神聖を尊重することは、国際社会における精神性と平和を促すのに必要なことだとしました。

この会談の終わりで、フランシスコ法王は、ローハーニー大統領に自分のために神に祈ってほしいと求め、ローハーニー大統領もそれに応じて、「我々は皆、祈りを必要としている」と答えました。 

バチカン首相との会談、二国間関係や地域・国際問題に関する正式な会談が、バチカンでのローハーニー大統領のこの他の予定でした。

ローハーニー大統領は、バチカン訪問後、26日火曜夜、イタリア在住のイラン人と会談し、包括的共同行動計画の実施と制裁解除後のイランの新たな状況について語りました。

ローハーニー大統領は、制裁は、急速な発展の大きな障害だとし、法、政治、技術、経済のさまざまな側面での制裁が発展を滞らせていたが、イランの協議と論理の力により、それが解除されたとしました。

また、この数ヶ月、特に制裁解除後、数多くの経済代表団がイランを訪問し、今回のイタリア訪問で14の協力文書が調印されたことに触れ、「世界は、包括的共同行動計画の実施後の機会を、イラン国民との関係のために利用し、その道が続くことを望んでいる」と語りました。

ローハーニー大統領は、27日水曜、イタリアでの会談と記者会見を終えた後、包括的共同行動計画の実施後のヨーロッパ訪問の第二の目的地であるフランスに向かい、同国の高官と会談することになっています。

» 続きはこちらから

[Sputnik 他]「ダーイシュ(IS)」人質婦女子のリハビリに取り組む独の医師に「スプートニク」が独占インタビュー 〜ダーイシュ(IS)はイスラム教徒ではなく、サタニスト〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 一つ目の記事は、ダーイシュ(IS)はイスラム教徒ではなく、サタニストであることを示します。彼らを生み出したのはアメリカであることがわかっていますが、オバマ政権を支えているのはフランシスコ法王です。欧州の難民問題を仕掛けている中心人物がフランシスコ法王であることを、すでに指摘しました。
 コブラ情報では、ダーイシュの戦闘員の大半はレプティリアンであり、フランシスコ法王はレプティリアンを支配するアルコーンであると指摘しています。これはその通りではないでしょうか。
 現在でも、欧州は非常に危険な状態ですが、“続きはこちらから”以降の記事を見ると、この悪魔的な連中の思惑がわかると思います。彼らはヨーロッパを“カオス状態”にするつもりです。
 おそらく彼らの思った通りの動きにはならないと思いますが、混乱は避けられないように見えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「ダーイシュ(IS)」人質婦女子のリハビリに取り組む独の医師に「スプートニク」が独占インタビュー
転載元)
1430487

「『ダーイシュ(IS、イスラム国)』は従来のテロ組織とは比較にならない新たな現象だ。」バーデン=ヴュルテンベルク州特別プログラム主任コンサルタントを務めるヤン・イルハン・キジルハン教授はラジオ「スプートニク」ドイツからのインタビューにこうした見解を表した。キジルハン教授は医者として、ドイツで「ダーイシュ」の人質となった人々の治療を引率している。

以下、インタビューをご紹介したい。

キジルハン教授「ダーイシュ」というのは新たな現象で、「アルカイダ」や「ヌスラ戦線」などといった従来のテロ組織とは同列に並べてはならない。私たちが接しているのは全く異なるイデオロギーであり、従来のコンセプトを完全に抹消してしまう全く異なる行為だ。これは新種のイデオロギー的なイスラム・ファシズムであり、これに従うとイスラム教に関係する人間のみが生きる権利を有すことになってしまう。思想の異なる者は人間とはみなされず、人間性が否定される。このため、彼らは年齢、性の別なく人を殺すことができてしまう。

支援プロジェクトは2014年、「ダーイシュ」がイラクの大部分を掌握し、何千人もの人質をとった後、立ち上げられた。
2015年、我々は「ダーイシュ」によって拉致された900人を超える婦女子を治療のためドイツへと送っている。

女性やこどもに対する残忍な制裁は、8歳の女児らを8度も9度も転売し、強姦することから始まっている。
こんなことはそんな簡単に忘れることはできない。人質になった者たちはこの先の人生でずっとトラウマを抱えて生きていくことになる。セラピーは彼らに安全な場所にいることを感じさせ、こうした経験を抱えながらも、この先生きていくことを習得することを助けるものだ。

「ダーイシュ」が最終目標としていることは欧州を掌握し、テロという手段をも用いてキリスト教世界をひざまずかせることにある。彼らは他を恐怖でしばりつけようとしている。これに対抗するには、人権、同権、連帯といった価値を更に一層依拠していかねばならない。同時にこの組織の構造自体と戦わねばならない。それなくして(克服)は不可能だ。なぜなら彼らは狂信者であり、一切の対話を受け付けないからだ。

――――――――――――――――――――――――
ドイツ国民:移民による女性の暴行はケルンに限ったことではない
転載元)
1427705

移民による暴行の被害者となることがドイツ国内で流行しているらしい。新年に連続して起きた事件に関連してケルンだけですでに少なくとも516人の女性が警察に被害届を提出している。いくつかのデータと照らし合わせると、この数はそもそもあの不幸な夜にケルンの広場にいた人の数を上まわっている。

ドイツの町フロイデンシュタットの住人ナターリア・テケルさんはロシアの情報通信社「リドゥス」のインタビューで新年の事件があった後は一人で日没後外出するのが恐いと語った。

「メディアは基本的にケルンで起きた事件を報道しているが、私たちの街から車で30分ほどで行けるシュトゥットガルトでも同じ時間に同様の事件が起きています。これが移民によって示し合わされた行動であることは明白です」と彼女は言う。

彼女によればシュトゥットガルトでは近東からの移民による暴行の被害者の届け出が100件以上も出ているという。フロイデンシュタットにもこの数ヶ月で800人以上の難民がやってきたが、その中には立派な家族もいるが若い独身の男性もいると彼女は続ける。人口2万5千人の町にとってこれは非常に大きな数字だと言える。

彼女の夫もまたトルコからの移民であるが幼少からドイツで育ち、一般のバイエルン市民と区別できるようななまりはないという。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 47