アーカイブ: *霊的世界

スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文と事の顛末

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回スミワタルタカキホシノヒメミコ様の偽の通信文を紹介しました。この時の通信は、スバル・タイゲタ星のヒメミコであったツヨキヒカリハナツホシノヒメミコからのものでした。今日、完全に消滅しました。彼女の愚行は嫉妬によるものでした。
 中西征子さんに、通信が偽物であること、彼女の名前と天界の学校を追放されるだろうということ、さらにはもっと悪い結果になる可能性があることを指摘しましたが、その通りになりました。
 その後もう一度、スミワタルタカキホシノヒメミコ様に通信を取ってもらいましたが、この時も偽物が現れました。応神天皇の后であった宮主宅媛(ミヤヌシヤカヒメ)でした。その後、彼女を含む関係者5柱が消滅しました。過去の出来事を知られるのが、よほど都合が悪かったのだと思います。
 このように、本物の神であり、しかも悪神では無い者たちが、こうした愚かな行為によって完全に滅ぼされ、宇宙から消滅してしまいました。
 今回、3回目ですが、またもスミワタルタカキホシノヒメミコ様の名前で偽の通信が入ってきました。以下にその通信文を紹介し、“続きはこちらから”以降で、事の顛末を記したいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
<通信者:中西征子>
<通信日:2014年11月15日 >

以下の通信は、偽情報です。

「今回は2回目となります。
今日から50回にわたり地球とそれに関わる霊界の歴史について、お伝えしていきたいと考えています。

今日はまず霊界の出来事から順にお話しします。

今から約4億5000万年前、大正真真神様とその一団の神々様が、愛の創造神第5システムからこのシリウスシステムの無色界に降りて来られました。
しばらくの間、地上と太陽系の準備を整えるため、皆様方の協議が長い間行われてきました。
やがて進化のプロセスが順調にすすむ事により、手筈が整えられてきました。
まず最初に始めたのは、シリウスハイアラーキーを組織する事でした。
次に太陽系のハイアラーキーを組織し、まずその役職につく神々を選ぶことになりました。
やがて2つの組織の細かな配置が出来上がりました。
天界の統治システム・フトマニ図として知られています。
その次に、太陽系・シリウス系ハイアラーキーの神々を任命していきました。
トホカミヱヒタメ八神とアウワ3神をとり決め、次に彼らによって役職を選ぶようにしていきました。

しかし彼らの中から、私利私欲、同族びいきの傾向があらわれ、すみやかで公正な選出は難行し、やがて地位や立場が、権力欲などの野心によって支配されるようになりました。

かなりの期間、数千万年もの間、混乱と争いのため霊界の秩序は完全に崩壊した状態となり、そのため地上の人類の出現は大幅に遅れる事になったのです。

それを正すため大正真真神様は、天界である定めをおつくりになりました。
それが今日の教育プログラムの前身となるガヤトリー・マントラを使った方法でした。

多くの神々はそれらの浄化のプログラムを真剣に取り入れ、やがて初期のハイアラーキーは、とても平和な時代がおとずれる事となりました。
(次回に続く)」

» 続きはこちらから

[サルーサ情報]終わりの時は既に決められていて… 〜確実になって来た“終わり”とファーストコンタクト〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサからの明快なメッセージです。メッセージを読むと、どうやらほぼ終わりが確実になって来たようです。メッセージの後半で、“終わりの時はすでに決められていて…”とあり、もはや状況は確定していると感じられます。私自身の感覚と別の情報からも、旧暦の新年、すなわち2月半ば頃には、状況がはっきりすると思います。これまで第三次大戦は起こらないと言って来たのですが、そうしたことが明白になって来るのではないかと思います。ここをクリアーすると、後は経済的混乱をどのくらいうまく収拾出来るかにかかって来ると思いますが。出来るだけ短期間に混乱を最小限に抑えたいものだと思います。
 その後、ドゴン族の伝える魚の日、すなわちノンモが再び地球に戻って来る日を迎えることになります。すなわちファーストコンタクトです。ハワイではそのための宇宙港を作っているようですが、私もファーストコンタクトがどの場所で行われる予定なのかは、知りません。ロシアを始めとして、今後ファーストコンタクトに向けた様々な情報が出て来るだろうと思います。現在では、かなりの人が地球外か地球製か、何かしらの未知の宇宙飛行船が、空を飛んでいるのを理解しているように思えます。人々の意識は急激に変化していると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
転載元)
サルーサ 2014年11月14日
http://www.treeofthegoldenlight.com
SaLuSa: Channelled by Mike Quinsey. November 14, 2014.

サルーサ 様 〈肉体〉

サルーサ 様 〈肉体〉


光があなた方の暮らし全体を包み込むまで光の前進を何者にも止めさせる訳には行きません。これまでの行動によって将来が定められているので、その時までに闇の者たちは取り残されているでしょう。

全てのソウルたちが自分の行動と意図の両方によってどこに行こうとしているのかは、私たちには正確に分かっています。誰もそれらの結果を避ける事は出来ませんが、必ずしも過ちによって次元上昇出来なくなるということではありません。

問題はあなた方の意図であり、あなた方の最善の意図を もってしてもまだ時には過ちを犯すことがあります。もしもあなた方が光の道をたどるとの結論を出したとしたら、あなた方にはその道に沿って支援が与えら れ、道を踏み外さない限りはゴールに達するはずです。ある地点で次元上昇と言う結果になるあなた方の振動レベルによって進歩が定まります。

私たちは
新時代へのあなた方の進歩を見守り続け、個々の闇の者たちの活動を緊密に監視しています。ある点では、彼らは負け戦をしている時に最も危険ですが、私たちは彼らが邪魔、或いは進歩の阻害が出来ないように十分に制御しています。

あなた方の運命 は既に定まっていて、非常に間もなく、疑いもなく自分たちの将来を知る事になるでしょう。ゆっくりと、しかし確実に、地球上の私たちの代表は成功を確実にする立場をとりつつあります。そのような状況のうちに、私たちは対立する者たちの妨害を防ぎ、光のために働いている者たちを有利にする複数のイベントが確 実に起きるようにしてきました。あなた方が次元上昇への道に従うとの意図を明らかに示せるだけの十分な進歩を遂げたので今はこのような行動が許されていま す。

光である個人に対しては、自分の道からはずれないように、揺らいだり、結果を疑ったりしないようにお願いします。あなた方は既に成功への道に乗っていて、時間が経過するにつれて道は広がり、より多くのソウルが自分たちの課題に目覚めて行きます。

ほとんどのライトワーカーは周辺で何が起きようとも絶え間なく自分の仕事を進めている、いわば沈黙の大衆の一部です。彼らの強みは周囲の他の多くのソウルを目覚めさせる強力な光の力から来ています。

あなた方は幾世 紀にも亘って試練と苦難にさいなまれてきましたが、今、あなた方は自分たちの努力の報酬を受け取り始めます。光は指数関数的に増加しつつあり、世界的に影 響を及ぼしつつあります。これらの変化はまだ明らかではないかもしれませんが、やがては新しいエネルギーが地球上を占めるようになっていることが明らかに なるでしょう。

» 続きはこちらから

[LITERA]中国はゴキブリ、韓国はダニ!安倍首相がヘイトスピーチ連発の宮司を大絶賛

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事をご覧になるとわかりますが、神社の宮司が、最も神々に逆らう言動をなしているということがわかります。皆さんは、ほとんど意識せずに神社を参拝してお賽銭を入れると思いますが、実は昔から、神社関係者の一部集団は、闇とつながっていたのです。これまでの説明では「(偽の)銀河連邦」につながっていて、彼らの指示に従ってNWO(新世界秩序)の実現に向けて活動していたのです。本来なら、日本の神社で祀られている祭神はホツマの神なのだから、「(偽の)銀河連邦」につながるのはおかしな話なのです。しかし、この連中の意識レベルが低いので、こうした結果になってしまいます。
 明治維新によって、伊勢神宮を頂点とする神社の再編が行われ、伊勢神宮の大宮司は皇室の関係者が務めていることが多いのです。国家神道で戦争に突き進んで行ったことを頭に入れておかなければなりません。こうした連中が闇につながっていたというのは、歴史的にも明らかで、現在でもそうなのです。
 ただしすべての宮司がこのような者たちだというわけではなく、本物の神につながっている宮司の方もいます。よく見極めて参拝してください。パワー志向のチャネリング系の人たちは、明らかに闇の波動の神社に参拝して、パワースポットだと言っている始末です。確かに闇のパワースポットであることは事実ですが、彼らは何もわかっていません。現在ではこうした神社はほとんど無くなりましたが、いまだにこの手のタイプの宮司が跋扈(ばっこ)しているのです。ですからこうした愚かな宮司が仕切っている神社は参拝しない方が良いと思います。
 別にこの連中を挑発するためにこんな文章を書いているのではありませんが、念の為に警告しておきます。この文章に怒りを感じて、呪い、あるいは呪法を用いたりすれば、直ちにカルマが返り大変なことになります。仮に魂が残っている人であれば、直ちに滅びてしまうでしょう。すでに魂の無い者は、肉体のカルマが急激に重くなり、体調が著しく悪くなります。懲りずにこれを繰り返していると、最終的に気が狂います。興味本位でも試みようとは思わないことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
中国はゴキブリ、韓国はダニ!安倍首相がヘイトスピーチ連発の宮司を大絶賛
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

スミワタルタカキホシノヒメミコ様を騙る偽の通信文 〜 高次の神でさえ犯す重罪

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の午後1時に、中西征子さんのところに通信が入りました。昨日公表しなかったのは、この通信文が偽物であったためです。スミワタルタカキホシノヒメミコ様のお名前を使って通信を送ってきてはいますが、全く別の神で、誰が犯人かなのかはわかっています。現在処罰されており、魂がまだ残っているため名前を公表することは差し控えます。
偽りの名で通信文を送ることは重罪だと言えます。これまでの例だと処刑されるようです。今後も真の歴史が公開されると都合の悪い連中が居るため、今回のように様々な妨害が入ると思います。しかし妨害を行なった者は、ことごとく処刑されるでしょう。最悪のケース、魂が消滅することになるだろうと思います。
 以下の通信文の内容は偽りであり、まったく考慮する必要はないものです。ただ現在女神に昇進している中西征子さんが通信を取っても、このように妨害が入り偽りの情報が入ってくるということが参考になると思い、偽の通信文を公開することにしました。通信が送られてきている時には通信者の波動が闇の波動ではないため、単に波動の高低のみでは真偽を確定することが出来ないので、本物の通信かどうかを見分けるのは、非常に困難です。この偽りの通信を送って来たのが星のヒメミコであり、ホツマの神をも越える高次の神であるため、中西征子さんがその真偽を見分けるのはとても困難になっています。
 今回のケースでわかるように、どれほど高い位階の神であっても嫉妬や怒りというネガティブな感情と無縁なわけではなく、こうした過ちを犯すということです。しかし過ちを犯してもその後に本当に反省すれば赦されるのですが、そうでない場合はさらに悪い結果となる場合がほとんどです。これまでの経験上、このようなことをした者は、その後ほとんどの者が魂が消滅しています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
<通信者:中西征子>
<通信日時:2014年11月8日 13:00>

以下の通信は、偽情報です。

「これからお話しする事はとても古い昔の事なので、実証する証拠は何もありません。しかし真実の根拠となる論理的論証は可能です。

今から約46億年前に地球が誕生しました。
そして長い時が経過し、地球は生命の住処として整えられてゆきました。

今から9億4千万年前にはじめて人類が地上に出現しました。
しかし様々な理由によって、このはじめての試みは失敗に終わりました。
まだ時が満ちていなかったため、進化のプロセスがうまく作動しなかったからです。

やがて地上は荒れ果てて混沌としたまま、太古の時代まで
人類と生命の住むに適した環境にまで、なかなか進展しませんでした。

やがて計画の準備が整う時がやってきました。

大正真真神様、色上姫浅子様、伊予津彦命様と
その一団の神々が、愛の創造神第5システムに降りて来られました。
それは、今から約4億3千万年前の出来事です。

大正真真神様と、色上姫浅子様、伊予津彦命様達は
前の宇宙周期の神々であり、遥かな高みの位階からすべてを白紙に戻して
この新しい宇宙周期のために、準備を整えるために降臨されました。

しばらく愛の創造神第5システムで過ごされた後に、今からおよそ4千万年前に、このシリウスシステムの無色界第3亜界の魂の階層にさらなる降臨をされ、時を待たれました。

次回に続きます。
スミワタルタカキホシノヒメミコ」

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文1 開示される宇宙の壮大な歴史

竹下雅敏氏からの情報です。
 スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信文が、代理の方を通して中西征子さんにもたらされました。地球の歴史に関するものだと思っていたので、やはり期待した通りの通信文でした。神智学においては、1850万年前にサナット・クマーラが金星から地球に降臨して来たこと以降の歴史を語るのみで、それ以前の彼とその一団の転落に関しては沈黙したままです。
 これまで一切伝えられなかった宇宙の壮大な歴史が、これから開示されるものと考えています。週に1回のペースだと思いますが通信が入り次第、情報を皆さんと共有したいと思います。
 私もまったく気づいていないレベルの内容が語られるだろうと思っています。楽しみにしたいと思います。
 文中、ヒメミコ様のお言葉で、“1年前地球に帰還した事”が語られていますが、詳しいことは、こちらの記事をご覧ください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

〈通信者:中西征子〉

スミワタルタカキホシノヒメミコ様の代理の方から通信が入りました。
以下通信文です。

「これからあなたに予告していた通信を送ります
どうかよろしくお願い致します。

前例のない時代の幕開けに際して、これまでの歴史的事実をまず、お伝えする予定です。

何万年も前から地球に対する計画が天界に於いて計画されてきました。
しかし地上の歴史はまだ始まっていませんでした。 
現在につながる歴史の始まりは、約1万年前、チグリス・ユーフラテス川の流域で始まりました。
遥かな昔の時代の痕跡はほとんど形を留めることなく消失してしまいました。
それで先史時代は過去の中に埋もれ、わずかに発掘される遺跡のみとなっています。

今の有史時代は約7千年前から始まったと一般に考えられてきました。
しかし本当の地球上の歴史は数千万年前に遡るのです。

約1億3千万年前に私達星のヒメミコ達は、それぞれの星に赴任を命ぜられ、地球を離れて見守る事になりました。
そして1年前地球に帰還した事はご存知の通りです。
これまで多くの間違った情報が人々をますます混乱させてきました。
それで私達を通して正しい歴史的事実をお伝えする事になったのです。

これまでの情報とは相いれない情報に驚かれるかも知れません。

冷静に真実を見極めようとする強い意志と勇気を持ち
頑迷さや頑なさを打ち破ることが出来れば、
きっとすべての霧がうち払われて物事をつぶさに理解する目を持つ事が出来るでしょう。


かなりの期間に渡って、多くの事をお伝えする事になります。
どうか楽しみに待っていて下さい。

真実を告げる  スミワタルタカキホシノヒメミコより」
1 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 93