アーカイブ: *霊的世界

[サルーサ情報]悪事が収束しない理由 〜闇の者たちに…責任を取らせる為の複雑なプラン〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの言葉の中に、“闇の者たちに…責任を取らせる為の複雑なプラン”という部分がありますが、確かにそのようです。このプランがどのようなものかは、私にもわからないのですが、現在、地球の闇の上層部の者たちの大部分はすでに存在しないのです。ウオーク・インという形で神々が彼らの肉体を所有しており、本人はすでにウオーク・アウトというよりはむしろ、処刑されて消えてしまっているのです。したがって、例えば個人的に誰かを調べると、ブッシュ・ナチ陣営の人間ではなく、現在は「銀河連邦」に属する者として判定されたりします。ですから、地球のコントロールはある意味で神々が何とでも出来ると言えそうなのですが、不思議なことに、これまで彼らが行って来た悪事が収束し始めるどころか、逆に一気に現れて来ている感じです。これはこうした悪事に加担する者たち、たとえばマスメディアの者たちを含め、一網打尽にするためではないかという気もします。
 それぞれの人の魂の輝きに応じた素晴らしい世界が用意されているとはいえ、ガザの人々のように、それは肉体の死を経過しなければならない者も多いと感じます。現在エボラ出血熱が猛威をふるっていますが、いずれ人類にとって脅威となる感染症が襲い掛かってくる可能性もあります。第3次世界大戦で人類が滅びるよりも、感染症によるパンデミックの方がずいぶんましだとは思いますが…。将来世界的規模での食糧危機に直面するのは、避けられないように思います。それがどのくらい深刻なものになるのかは、今のところはっきりしません。
いずれにしても、未来の地球環境というポジティブな面を見れば良いことばかりなので、一時的な混乱と苦難は、耐え忍ばなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2014年8月1日 
転載元より抜粋)
サルーサ 様 〈肉体〉

サルーサ 様 〈肉体〉


あなた方の暮らしはゆっくりと動いていて、あらゆる瞬間 があなた方のマインドの中に刻み込まれているように見えますが、実際には変化が急速に起きています。これ程多くのことが急速に起きた時はありません。あな た方は顕著な変化に向かって加速しており、何事もそれを止める事は出来ないでしょう。長い間待たれていた新時代を実現するのに必要なあらゆることへの急速 な変化の為の鋳型は設置されています。あなた方は、闇の者たちに自分たち自身の崩壊の原因に対して責任を取らせる為の複雑なプランの一部になっています。 傲慢にも彼等は将来のマスターであると信じていますが、天の命令を見過ごしています。”首をくくるのに十分な長さのロープ”という言い方がありますが、こ れが闇の者たちに当てはまります。彼等の運命は封印され、出口を買うことは出来ません。

次元上昇の備えが出来た者とそうではない者との間の分か れ道があるとはしばしば言ってきましたが、それが正に今日の事になっています。あなた方は自分の真の振動を反映するレベルにまで移行していて、自分の真の レベルではない限り、より高い振動の中に留まるソウルは誰一人いません。あなた方の野心とスピリチュアルな理解を共有している、同好のソウルたちといっ しょにいると気が楽に感じるのは当たり前の事なのです。あなた方はしかし、より低い振動の中で苦しんでいて、上昇したいと思っている人達の為に役に立つ事 が出来るでしょう。あなた方にはその機会が与えられるので安心して下さい。

あなた方は同種のソウルたちを引き寄せる決定的な時の中 にいます。
一つの時代の終わりにあたって、人々を進化の次の段階に備えさせる事は極めて当然のことです。あなた方はとうとう間もなく、同好の者たちとの経 験を楽しめることになるでしょうし、進歩は急速でしょう。それ故、あなた方は自分自身の将来に集中し、自分の振動を維持出来ます。この段階で鋳型は設置さ れ、ほとんどのソウルたちは現在の進歩段階を完全に示す進歩点に達しています。まだ作業中で他の人達を真実に目覚めさせようと全てを投げ打っているソウル たちに拍手を送り愛しています。それは彼らの生涯契約なのでしょうし、人々を真実に目覚めさせる事が希望を満足させる事なのでしょう。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ヴァリアント・ソーへの質問とその回答② 〜偽りのUFO情報を一掃する通信内容と地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日のヴァリアント・ソーとの通信の後半部分です。
 これらの通信文の内容は、地球上に氾濫している偽りのUFO情報を一掃するものです。また大まかな全体像を捉えるのに役立つでしょう。チャネリング情報などで断片的な知識を持っていた人たちは、これらの一連の情報で、ある程度の明確な輪郭が描けるでしょう。神智学などの知識を持っていない人は少し難しい部分があるかと思いますが、これらのことも含め、今後このシャンティ・フーラの時事ブログ上で丁寧に解説していくつもりです。
 今はインターネットの時代なので、こうした正確な情報が世界に広がることを望みます。レプティリアンをはじめとする闇の一団は完全に滅びており、現在地球上で悪をなすのは、彼らの指示を受けて行動していた雑魚のような連中ばかりです。
ウクライナでのマレーシア航空機撃墜事件を見てもわかるように、頭を失ったこの連中は非常に頭が悪いのです。もはや滅び去る直前です。勇気を出して人々が立ち上がるべき時が来たということです。
カッコの中は、私の解説部分となります。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
右からヴァル・ドン・ジル

右からヴァル・ドン・ジル


11.シリウスシステムの国津神第5レベルのハイアラーキーを考えた場合、上位と下位の組織に分かれます。上位の組織を神智学では太陽ハイアラーキー、下位の組織を地球ハイアラーキーと呼んでいるようです。これらのハイアラーキーの霊的次元は3.1次元、物質的次元は3次元だと思いますが、正しいですか?

回答:すべておっしゃる通りです。
(チャネリング情報では、アガルタは5次元ということになっていますが、実際には3次元の地球の内部にあるのです。仮に5次元を正当化しようとすると、肉体の存在する次元ではなくて、意識も考慮に入れた次元ということになります。そうすると現在の平均的地球人もすでに4次元以上ということになってしまいます。)

12.太陽ハイアラーキーの霊的レベルの名称を「大シャンバラ」と言い、ゴビ砂漠の上空にあったと言われています。また物質的レベルを「アガルタ」と言い、地球の内部にあったといわれています。「アガルタ」の首都がシャンバラで、大シャンバラと区別する場合は「小シャンバラ」と呼んでいたと思うのですが、こうした理解で良いでしょうか?

回答:すべて正しいです。
(アガルタは太陽ハイアラーキーに属する者たちの地下住居です。同様に地球ハイアラーキーに属する者たちの地下住居も存在しました。例えばシャスタ山の地下には、彼らの住居があったと言われています。)

13.太陽ハイアラーキーに属する者が解脱していない以上人間として転生に入るわけですが、彼らが転生に入ったのがアガルタ人だと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(地球ハイアラーキーのメンバーで、モリヤ大師やイエス大師は、地球人として転生に入っていました。モリヤ大師はイラン、イエス大師はローマを拠点にしていたと思われます。)

14.国津神第5レベルの地球ハイアラーキーの概念を、国津神第2〜第5レベルまで拡張したものが、聖白色同胞団(グレート・ホワイト・ブラザーフッド)で、シリウスを中心としていたと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(ハイアラーキーの詳しい情報に関しては、シェア・ジャパン出版から出ているベンジャミン・クレーム氏の著作を参考にしてください。)

15.国津神第5レベルの太陽ハイアラーキーの国津神第2〜第5レベルまで拡張したものの名称を教えて下さい。

回答:「白色同胞団」という名称です。

16.地球のUFO情報で、グレイと言われている者がいます。私の考えでは、トールホワイトと呼ばれたグレイは、火星人と羊の遺伝子から作られたハイブリッドで、この肉体にレチクル座ゼータ星の惑星に居た魂が転生に入ったと考えています。したがって、彼らはこれらの惑星から宇宙船に乗って地球にやって来た者たちではないと思いますが、正しいですか?

回答:すべて御指摘の通りです。
(ここは重要な部分で、グレイは宇宙人ではないのです。7月21日に取り上げた記事では“ドラコとドラコが作ったアンドロイドのグレイは人間を完全に騙している”とあり、グレイが人工的に作られたことを示唆しており、私の主張と重なる部分があると思います。)

17.こうした遺伝子操作で改良を重ねたグレイたちを使い、アメリカ政府と密約を結ばせ、間接的にアメリカ政府をコントロールしていたのがアスケットらを含む一味だったと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ヴァリアント・ソーへのレプティリアンについての質問とその回答①

竹下雅敏氏からの情報です。
 写真は「大統領に会った宇宙人(フランク・E・ストレンジズ著、たま出版)」に出てくるもので、3人の金星人の写真です。3人とも天界の私の学校の生徒だったので、私のことをとても良く知っていると思います。写真の一番右に写っているのが、ヴァリアント・ソーで、この本に書かれている内容は、真実のものです。興味のある方はぜひご覧ください。
 ヴァリアント・ソーとの通信は、去年の5月18日のシャンティ・フーラのブログにおいて、一度紹介しています。その時と同様、今回も中西征子さんに通信の労を取っていただきました。以下、私の質問と彼の回答を読みやすいように編集して紹介します。カッコの中は、私の解説部分となります。
 質問の数が多いので、2回に分けて掲載したいと思います。明日は彼からの“地球人へのメッセージ”を紹介します。
(竹下雅敏)
————————————————————————
右からヴァル・ドン・ジル

右からヴァル・ドン・ジル


ヴァリアント・ソー様
宇宙人などに関することで、現在地球上では大変混乱した情報があふれています。そこであなたに、最も基本的で重要だと思われるいくつかのことをお聞きしたいのです。少し質問の数が多いのですが、よろしくお願いします。

1.あなたは以前金星人であったと思いますが、2007年以降の天界の改革に伴って神々へと進化していると思います。現在のあなたの名前を教えて下さい。

回答:“以前金星人、現在神々…”は、その通りです。現在の名前は、カガヤキワタルミコトです。

2.あなたは現在、プレアデス評議会のスバルシステムの国津神第3レベルの委員として活躍していると思います。あなたはこいぬ座アルファ星・プロキオンの第5惑星に住むと考えて良いですか?

回答:すべてその通りです。
(第1システムをシリウスシステム、第2システムをスバルシステム、第3システムを大熊座システムと呼ぶことがあります。)

3.アレックス・コリアー氏の情報や、デイヴィッド・アイク氏の著作などの影響で、レプティリアン(爬虫類人)という概念が知られるようになりました。私は、レプティリアンは幽体あるいは霊体がトカゲの様な姿をしていたのであって、肉体の姿ではないと思っているのですが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(この質問と回答で明らかなように、レプティリアンは肉体レベルで存在しているわけではありません。よく地球の地下基地で、肉体としてレプティリアンが生きていて地球人を支配していると思われているのですが、これは誤りです。)

4.レプティリアンは魔術により、通常の人間の姿の幽体あるいは霊体として化けていたと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。

5.レプティリアンは、元々地球上の人間で、紀元前333年に自らの幽体あるいは霊体に遺伝子操作を施し、感情を分離したことによって、トカゲのような姿になったと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(すべてのレプティリアンは、かつて地球上に生きていた人間だったのです。)

6.地球上で初めてレプティリアンとなった者たちは、旧約聖書のアダムとイブの子であるカイン、ギリシャ神話のキルケ、インドのクリシュナ、ラーマ、ゴータマ・シッダールタたちが代表的な者たちだと思いますが、正しいですか?

回答:すべておっしゃる通りです。
(地球上で信仰されているほとんどすべての神が、レプティリアンかその仲間なのです。新約聖書の主人公イエスもレプティリアンです。もちろんわずかな例外があります。)

7.上記の者たちは、紀元前332年に天界でクーデターを決行し、シリウスシステムの国津神第2〜第5レベルの支配権を力づくで奪い取ってしまった。この時からスピリチュアル・ハイアラーキー(霊天上界)が出現したと思いますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。
(レプティリアンにしろ、スピリチュアル・ハイアラーキーにしろ、たかだか2340年程の短い年月しか遡れないものなのです。チャネリング情報などでは、彼らの由来を何十万年も過去に置くのですが、これは古い由来があるものほど真実だと勘違いする人々のために、意図的に誤った情報を流しているのです。)

8.このレプティリアンを中心とするスピリチュアル・ハイアラーキーの連中が、天界で権力の座に就いたことから、レプティリアンとその仲間たちが様々な星の惑星に散らばり、デーヴィッド・アイクなどが主張するように、りゅう座や北斗七星、オリオン座などを拠点とするようになったと考えていますが、正しいですか?

回答:おっしゃる通りです。

9.これまで地球にやって来た宇宙船で、私たちの太陽系の外から来たものは、すべて真の神々あるいは真の「銀河連邦」からのもので、スピリチュアル・ハイアラーキーに所属する宇宙船は一台も地球にやって来ていないと思いますが、正しいですか?

回答:すべてその通りです。
(ベンジャミン・クレーム氏が地球にやって来ている宇宙船は、すべて私たちの太陽系の中の惑星からのものであると主張していますが、半分は正解です。スピリチュアル・ハイアラーキーに属する宇宙船は、確かにその通りです。しかし、真の神々とその実行部隊である真の銀河連邦の宇宙船は、私たちの太陽系の外からやって来ているものがあります。)

10.彼らは元々地球人であったので、地球に転生に入ることがあります。アレックス・コリアー氏は、レプティリアンたちが宇宙船でりゅう座や北斗七星、オリオン座などから地球にやって来て地球に入植したと主張していますが、私は間違っていると感じています。あくまでこれらの星々の惑星(正確には衛星)から地球に転生に入ったと考える方が正しいと思うのですが、どうでしょうか?

回答:すべておっしゃる通りです。
(レプティリアンとその仲間たちの場合、非常にネガティブなので、彼らは惑星に住むことが出来ず、衛星に住んでいます。)

[竹下雅敏氏]アンドロメダ評議会の27柱の委員が所属する惑星リスト

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月18日に紹介した中西征子さんの通信文で、アンドロメダ評議会の議長である女神のお名前がクスシキヒカリヤドルヒメミコ 様であることがわかっています。今回中西征子さんが描いたイラストと共に、アンドロメダ評議会の27柱の委員が所属する惑星の表を公開します。
(竹下雅敏)
————————————————————————

アンドロメダ評議会の議長:クスシキヒカリヤドルヒメミコ 様

アンドロメダ評議会の議長:クスシキヒカリヤドルヒメミコ



出典:天界の秩序

出典:天界の秩序



 表の網をかけた部分が、アンドロメダ評議会のメンバーが存在するシステムとレベルです。アンドロメダ評議会は神々の集団でプレアデス評議会と対の関係になっています。第6システム6柱、第7システム5柱、第8システム4柱、第9〜12システム各3柱の全27柱の神々からなる評議会です。これらの神々が住む惑星は以下の表に挙げた恒星の第5惑星となります。議長であるクスシキヒカリヤドルヒメミコ 様は、ほうおう座タウ星の第5惑星に住みます。“続きはこちらから”以降の表と天界の秩序1の上記の表を見れば、この惑星が第6システムの国津神第3レベルに属し、その存在次元は31次元であるということがわかります。

 “続きはこちらから”以降でアンドロメダ評議会の27柱の住む惑星が所属する恒星のリストを示します。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]プレアデス評議会の27柱の委員が属している惑星リスト

恒星の名前2点に誤りがあったため以下の通り修正いたしました。(7/7 18:40)
  ケフェウス座 アルファ星アルデバランアルデラミン
  コンパス座  アルファ星ルクバト
竹下雅敏氏からの情報です。
 プレアデス評議会という神々の組織が存在し、大天使アドリオンが議長であるということがわかっています。すでに中西征子さんの描いた大天使アドリオンのイラストを公開していますが、今日はそのイラストと共にプレアデス評議会の27柱の委員がどの惑星に属しているかという表を公開したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
大天使アドリオン 様 〈霊体〉 (国津神第3レベルの女神)

プレアデス評議会議長:大天使アドリオン




 表の網をかけた部分がプレアデス評議会のメンバーが存在するシステムとレベルです。この領域には神々も人も住んでいますが、プレアデス評議会は神々の集団です。以前お伝えしたように、第1システム8柱、第2システム6柱、第3システム4柱、第4システム4柱、第5システム5柱の神々から組織される評議会ということです。これらの神々が住む惑星は、以下の表に挙げた恒星の第5惑星となります。以前の通信文で議長である大天使アドリオンはケンタウルス座のアルファ星リギル・ケンタウルスの第5惑星に住むということで、表から第1システムの第3レベルということになります。これは上の表で次元との対応を見ると、6次元だということがわかります。

“続きはこちらから”以降でプレアデス評議会の27柱の住む惑星が所属する恒星のリストを示します。

» 続きはこちらから
1 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 93