アーカイブ: *霊的世界

中西征子さんの天界通信59 〜トワニヒカリカガヤクヒメミコ様(幽体・16才)への質問と回答~

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、アストラル体にある神経叢のピンガラーとイダーは交差しておらずスシュムナーに平行して走行しているが、エーテル体の「模像」ではピンガラーとイダーはアナーハタ・チャクラの位置で一度だけ交差し、肉体の「模像」ではピンガラーとイダーは各チャクラで交差すると解説しました。
 ここは大事な処なので、ソフィア(トワニヒカリカガヤクヒメミコ)に訊ねて確認を取りました。また、脊髄のチャクラ系統と神経叢のチャクラ系統のいずれの「三脈管」も、スシュムナー・ビンガラー・イダーの名称だと混乱が起こるので、神経叢のチャクラ系統は正式な別の名称があるのではないかと思ったのですが、ソフィアによると、どちらも同じ名称だということです。 
 明らかに体感として別の位置に感じる2系統の「三脈管」が同じ名称だとすれば、ひょっとするとこれまでの歴史の中で、「脊髄のチャクラ系統」と「神経叢のチャクラ系統」を見分けることが、誰も出来なかったからなのかも知れません。
 通信の労を取ってくれた中西征子さんによると、今回も「光の銀河連邦」の宇宙人たちによる執拗な妨害が行われたとのことです。
 「今回の通信を取るにあたって、昨夕方から今朝、通信を取る度に偽者が入れかわり立ちかわり、猛烈な妨害が有りました。あげ句の果てに、ソフィア様は分解されて今はもう居ない…などと言う者迄出て来ました。
 躍起になって、なりふりかまわぬ妨害、攻撃をしかけてくるのをみると、きっと、彼等はかなり追いつめられていると感じました。」(中西征子)
現在、地球上のチャネラーを通じてアシュターやらセント・ジャーメインなどの名で通信を送っているのは、「光の銀河連邦」の宇宙人たちなのですが、彼らの正体といえば、“通信を取る度に偽者が入れかわり立ちかわり、猛烈な妨害”をするだけではなく、毎日のように攻撃をして来ます。
 宇宙人のクズの集まりが「光の銀河連邦」だと認識しているのですが、彼らは「自分たちの終りが近い」ので、死にもの狂いで攻撃してくるのです。今年中に彼ら全員を処分するつもりなので、来年からは地上の改革が加速するでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信59
<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年10月20日>

 
 
「ソフィア、いつもありがとう。クンダリニーとスシュムナー・ピンガラー・イダーに関連したいくつかの事柄に関して教えて欲しい。
 
1.体外、体表、神経叢、脊髄のそれぞれのチャクラの系統を結ぶナーディー(脈管)を上昇する生命エネルギーは、4つの系統のいずれも「クンダリニー」と呼んで良いのだろうか?

:はい。その通りです。

2.先の4つの系統のチャクラと7チャクラを結ぶナーディー(脈管)には、下位の身体に「模像」がある。この模像の7チャクラを結ぶナーディー(脈管)を上昇する生命エネルギーはクンダリニーとは言わない気がするのだが、もしそうならこれを何と呼ぶのが適切だろうか?

:その通りです。
「クンダリニー」ではなく「模像クンダリニー」と呼ぶ方が適切です。


3.スシュムナー・ピンガラー・イダーと言う名称は、脊髄のチャクラの系統を結ぶ3脈管で、神経叢のチャクラの系統を結ぶ3脈管は、異なる名称だと思う。
神経叢のチャクラの系統を結ぶ3脈管の正式な名称を教えて欲しい。

:神経叢チャクラの系統を結ぶ3脈管も、脊髄と同様に、スシュムナー・ピンガラー・イダーという名称です。

4.神経叢のチャクラの系統のピンガラー・イダーに対応する2つのナーディーは中央のスシュムナーに対応する脈管に平行して走行していると思う。しかし、これら2つの脈管はエーテル体の「模像」では、アナーハタ・チャクラの位置で一度だけ交差し、肉体の「模像」では、途中の4つのチャクラで4回交差すると思うのだけれど正しいだろうか?
 
:はい。すべておっしゃる通りです。

中西征子さんの天界通信58 「伊予津彦命」を名乗る人物からのニセの通信文

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんから、久しぶりに通信文が送られてきました。「伊予津彦命」を名乗る人物からのものですが、通信文の内容を見るまでもなくニセモノです。なので、通信文を掲載する意味はないのですが、このようにニセモノが、「神」の名を偽って通信を送ってくることを知ってもらうには、よい教材だと思い、掲載することにしました。
 このニセモノは、この通信を送る前までは正常な波動だった人物で、肉体を持っています。「光の銀河連邦」の宇宙人で、進化段階2.0だったと思います。このたびの愚かな行為により、魂(ジ―ヴァ)が消滅し、この愚か者は現在、最悪と言える状態に陥り、とんでもないことになっています。恐らく遠からず「ロボット人間」になることでしょう。「ロボット人間」になった後は、コブラがヤルダバオトと呼んでいた人工知能の支配下に入ります。
 この男がこのような愚かな行為を行なった訳は、私の時事ブログの情報のほとんどを信じていないためです。この男は、例えばミサキタカクノボルヒメミコ様がセントラルサンのヒメミコ様であることも、タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様が、宇宙のセントラルサンのヒメミコ様であることも信じていません。この事に注意して通信文を読むと、こうした愚かな宇宙人が、いかに欺瞞に満ちた連中であるかが良く分かると思います。
 この男は、「偽りの名で、通信を送ってはならない」と言う私の警告を、“意味のない脅し”だと受け取ったのです。“偽りの名で通信を送ると、直ちに波動が下がり、じきに魂(ジ―ヴァ)が消滅する”という私の警告など、決して起こらないと思ったのでしょう。彼らの貧弱な世界観からは、“「魂」が消えるはずが無い”と考えたのでしょう。
 彼らは「神智学」として知られている世界観で動くのですが、彼らの中では、動物には「魂」がないことになっています。人間になると「魂」が神から与えられるのです。この考えは間違っていて、正確には人間になると、下の動物システムから、このシリウスシステム(第1システム)へと魂(ジーヴァ)が上昇するのです。しかし、人間を含め、動物、植物、鉱物に「魂」を与えたのは「神」であるということは事実です。その与えた「神」が、魂を取り上げるのです。
 私の情報を信じる必要はありませんが、“決してやってはいけない”と警告していることを敢えて行って、取り返しがつかない事になるというのはどう見ても愚かです。「最後の審判」は、継続中で今も行われているということを、こうした愚かな宇宙人たちは、理解していないのかも知れません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信58
これはニセの通信です。

<通信者:中西征子>
<通信日時:2020年9月29日>

「この度の新型コロナウイルスによる影響はとても素晴らしい変化をもたらしています。

今回のような変化は、地球の歴史上初めての出来事です。
今、地球はこれ迄の人類による破壊と汚染から蘇りつつあるところです。

パンデミック以来、地上のあらゆる分野における人間の活動が停止させられた事によって、瀕死の状態にあった自然界がまず息を吹き返し、それに伴って地球上のあらゆる生命によろこびが戻ってきています。

大気は澄みわたり、本来の青空の透明さが際立つほど、美しくなってきています。

十数年にわたるケムトレイルの有害な影響も、神々の指導の元にある「銀河国際連合」や「地球連合」の働きにより、ほぼ完全に浄化されてきています。

しかし、今後、追いつめられた地上の闇の組織による様々な破壊活動や暴力行為が日常的に起こり、又新たなパンデミックにより人々の不安や恐怖心があおられ、その裏で私腹を肥やす者達による陰謀が押しすすめられていく事態が予測されます。

地上の人々にとっては、これからが選択の時となるでしょう。
宇宙や自然、あらゆる生命と調和し、分かち合いと共生の精神と共に生きるか…。
それとも、泥で出来た沈みゆく船に乗ったまま、目先の私利私欲のままに生きるのか…。

これ迄長い間「ユニティ・デザイン」の時代から、今日の「シャンティ・フーラ」の時代を通して、何度も何度も警告がくり返され、宇宙の忍耐とあわれみが示されてきました。

しかし、その許された時も残りわずかになっています。

“地球は誰のものか…?”

これ迄、特に近年100年余りにわたり、ごく一部の者達の際限の無い貪欲さにより、地上のあらゆる天然資源から、果ては人類に至る迄が彼等の所有物として扱われてきたのです。
その結果が、地上に見られる今の惨状であり、一部の人間のあく事なき権力欲、所有欲、支配欲の目に見える証拠となっています。

宇宙の意志に基づいて行動している神々は、人間の自由意志を尊重しており、正義を押しつける事はありません。
しかし、その事を悪用した影の権力者達は、人間が自由意志を行使出来ないよう、様々な洗脳工作を長年かけて周到に行ってきました。

しかし、この数年にわたる二人のヒメミコ様※の光により、洗脳工作と陰謀の実態がますます明らかになりました。
  ※タカキウチュウノヒカリノヒメミコ様(シャンティ・フーラ時事ブログ:2019年2月18日
   ミサキタカクノボルヒメミコ様(シャンティ・フーラ時事ブログ:2017年7月16日その他)

すでに洗脳と眠りから醒めた人々の祈りは神々に届いており、自らの自由意志に基づいて、自然やあらゆる生命との調和的生き方を始める人々が増え続けている事は、特に今の時代、意味深い事と言えます。

地球は誰のものでもなく、地球上のあらゆる生命が、地球からの無償の愛の贈り物を受け取る事が出来るのです。
人間もその生命の一部であり、その自覚のないまま、所有欲に走る事は、地球と全生命に対する冒涜であり、犯罪である事は今や明白です。

今、地球の改革の最終段階にさしかかっており、これからかつてない程の変化の時を迎える事になるでしょう。

これまでも何度となく警告がなされてきました。しかし、時間の経過と共に、人間は事の重大性を忘れてしまいがちです。
もういちど、よく考えてみて下さい。
一部の地域や地方だけの変化ではないのです。
変化は全地球に及ぶ事なのです。更に宇宙の領域も含まれているのです。
そのために、長い時間をかけて警告されてきたのです。

 注意深く
    リラックスして… 
  期待もなく
     落胆や絶望もなく…
   ぼんやりと自然を眺め 
      淡々と…
心に平常心と平安を保ち続けて下さい。
伊予津彦命」

これまでハイアラーキーの残党たちに利用されて来た者たちは、その霊導していた悪党たちが排除されたので、ようやく本当の「光の勢力」が接触できるようになってきた

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画の女性は高い霊能を持っているようです。動画の概要を和訳してくれていましたので、引用させてもらいました。コーリー・グッド氏と同様に、この女性もあまり波動は良いとは言えませんが、酷いわけではありません。本来の状態ではないのは確かです。2人とも誠実な人柄だと思います。
 そうした2人が、“なぜ、あまり良い波動でないのか?”ですが、それは彼らがこれまでの長い間、“ハイアラーキーの残党たちに利用されて来た”からです。このことは彼女の言葉からも推測できます。
 彼女は夢の中でイエスキリストに会ったと言っていますが、これは彼女の勘違いです。イエスキリストは「天界の改革」で、サナット・クマーラが滅ぼされた後に処刑されたからです。
 彼女がイエスキリストだと思った男性と夢の中で会ったことで、随分と邪気が抜け身体が浄化された様子がうかがえます。この男性は「第1システム国津神第5レベル」の神々に従う「銀河国際連合」の覚者です。彼はトランプ大統領について、「大きな使命を持って来ている。…彼は多くの悪魔的敵と戦っている。…彼は勇敢な戦士だ。」と言っています。
 彼女は、「実は、私も最初の頃、トランプ大統領があまり好きではありませんでした。…私もメディアに洗脳されていたと思います」と言っています。なぜ、これまで彼女を霊導していた人物は、この覚者のようにトランプ大統領が「勇敢な戦士」であることを、ヴィジョンなどを通じて伝えなかったのでしょう。
 答えは簡単で、彼女はこれまで「ハイアラーキーの残党」に霊導されて来たからです。彼女を霊導していた悪党たちが排除されたので、ようやく本当の「光の勢力」が彼女に接触できるようになったのです。コーリー・グッド氏も同様です。
 これで、なぜ彼らの波動が落ちてしまったのかが分かると思います。たとえば、コブラが勧める瞑想などを行って「悪」に加担すると、裁かれ波動が徐々に低下していくのです。神々の「裁き」は、今も常に行われています。例えば、芸能界で枕営業などを行っていた女優などは、「裁き」によって波動が低下し、人によっては「うつ病」に陥る者も出て来ます。
 時事ブログでは随分前から、“悪人は邪気が身体に溜まり、どす黒くなるから誰が悪人かすぐに分かるようになる”とコメントしましたが、テレビを見ていればこの事が分かるでしょう。ただし、どんな悪人も「心から反省」すれば、波動を戻してもらえます。例えば、現在のロスチャイルド家の当主たちは、コーリー・グッド氏よりも波動が高いといったら、驚く人が多いかも知れません。
 “続きはこちらから”は、コーリー・グッド氏の情報ですが、正確でないところがあるので、一部引用させてもらいました。習近平氏ですが、彼はトランプ大統領とQグループが戦っている「中国のディープステート」の中心人物です。ロスチャイルド家の誘いに乗り、「新たなグローバル秩序の中でトップに躍り出て、キングメーカー」になろうとして転落したのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
PREDICTIONS 2020 , ITS BIBLICAL ! EMP ATTACK COMING ! JESUS SHOWED ME TRUMP FOR 2020 !
配信元)

〈日本語の自動翻訳字幕の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「字幕」をクリックし「英語(自動生成)」を選択
4. 再度「字幕」をクリックし「自動翻訳」を選択した後(画面が一旦飛びます)、「日本語」(一番下)を選択
※スマホでは自動翻訳字幕の設定は出来ないようです
————————————————————————
世界の動向の予言*8月29日のリーディング*サイキックLJさん
(前略)
ー 実は、私も最初の頃、トランプ大統領があまり好きではありませんでした。今分かって来た事ですが、その頃の私もメディアに洗脳されていたと思います。

私は先日夢をみました。神とつながった夢で非常にリアルでした。これをシェアしたいと思います。砂漠を歩いていました。暖かい日で太陽の暖かさが顔に感じられました。美しいオアシスにきます。

男性が立っていました。(思い出しても感情が昂ります。)その男性は、背中を向けていましたが、振り返るとイエスキリストでした。
(中略)
彼は、私に「ドナルド・トランプは使命があり来ている」と言いました。「彼は、大きな使命を持って来ている。大きな変革をもたらす為だ。猛威と炎とライオンの唸り声を持ってきている。彼は多くの悪魔的敵と戦っている。我々人類は、サタン的なテクノロジーや儀式によって洗脳され支配されてきた。」
(中略)
「ドナルド・トランプは、大きなミッションできている。生まれる前から決まっていた。彼は勇敢な戦士だ。」

「嫌悪ではなく、愛と光を放っていく必要がある。皆の力で変える事が出来る。」
(以下略)

» 続きはこちらから

各ドーシャの反対の性質をもつものが、そのドーシャを最も下げる ~病気に対してはドーシャを減少させることが重要 / ドーシャ別の新型コロナウイルス対処法

竹下雅敏氏からの情報です。
 アーユルヴェーダの解説シリーズの7回目です。前回の記事でドーシャに関して、“新型コロナウイルスの場合は、1項目(体外)と2項目(体表)を見れば十分”であることを説明しました。
 「4つのドーシャ」の図で、左半分の「太陽のヴァータ」と「ピッタ」が優位な場合を「ラジャス(激質)」と言い、右半分の「月のヴァータ」と「カファ」が優位な場合を「タマス(えい質)」と言うことはすでにお伝えしました。
 さらに、「太陽のヴァータ」と「ピッタ」では、「太陽のヴァータ」が陽極で「ピッタ」が陰極になり、「月のヴァータ」と「カファ」では、「月のヴァータ」が陽極で「カファ」が陰極になります。
 「ラジャス」と「タマス」、「陽極」と「陰極」が拮抗する概念です。なので「ドーシャを下げる作用」の表にあるように、各ドーシャの反対の性質をもつものが、そのドーシャを最も下げるのです。
 アーユルヴェーダでは、その人の体質のドーシャが増悪することで重い病気になると考えます。なので、病気に対してはドーシャを減少させることが重要になって来ます。例えば、ピッタ体質の人の場合は、「月のヴァータ」の環境、あるいは食品などがピッタを下げるのに最も有効だと言えます。次に「カファ」「太陽のヴァータ」の順になります。しかし、ピッタ・ドーシャを増悪させる環境や食品などは健康状態を悪化させると考えます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。新型コロナウイルスに有効だと思われる化学物質の「1項目と2項目のドーシャ」を調べたものです。例えば、「ビタミンC」の1項目と2項目のドーシャは共にピッタです。天然の食品などから人工的に抽出した化学物質などは、食品とは異なり「1項目と2項目のドーシャ」しかありません。
 「各化学物質によるドーシャの増減」は、各ドーシャを増加、減少させる化学物質を表にしたもので、例えば「太陽のヴァータ」を増やすのはMMSで、最も減少させるのはコロイダル・シルバーだということです。
 前回の記事で新型コロナウイルスは、“カファ・ドーシャの憎悪によって起こる病気”であることが分かりました。なので、カファ・ドーシャを増やすコロイダル・シルバーは、新型コロナウイルスには不適切だと言えます。それ以外の「MMS」「二酸化塩素」「ビタミンC」の中から、それぞれの体質に最も合致した化学物質を選ぶということになります。
 「ドーシャ別の新型コロナウイルス対処法」では、それぞれの体質別に最も有効だと考えられる化学物質を表にしたものです。例えば、1項目(体外)が「太陽のヴァータ」で2項目(体表)が「カファ」の人の場合には、「ビタミンC」が最も有効で、次に「二酸化塩素」だということになります。体質に応じて薬を変えるという発想は、西洋医学にはないので参考になると思います。
 なお、医療関係者でない方が、自己責任でこれらの方法を試し健康を損ねたとしても、私もシャンティ・フーラも一切責任を負いません。あくまでも自己責任でお願いします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【4つのドーシャ】

【ドーシャを下げる作用】


» 続きはこちらから

レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされるチベット密教のラマたちの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落している ~原始仏教に比べると随分とレベルが下がるチベット密教

竹下雅敏氏からの情報です。
 デイヴィッド・ウィルコック氏の冒頭の動画の後半部分を翻訳してくれている記事がありました。詳しい内容は引用元をご覧ください。
 なかなか興味深い話だとは思うのですが、多くの人は宗教についてほとんど何も知らないので、この動画の対談の様子を聞くことで勘違いをしないように、いくつかの事柄をコメントします。
 レインボー・ボディー(虹の身体)を達成したとされる数人のチベット密教のラマが出て来ます。アチュク・ラマ・リンポシェは1時間23分38秒に本人の写真が出て来ます。タートン・チョギュル・リンパは、1時間28分21秒から。チョギェ・トリチェンは1時間29分5秒に写真があります。ジイラウ・ケンポは、1時間30分24秒から。カルマ・リンポシェは、1時間31分38秒に写真があります。
 本人の生前の写真が出て来るアチュク・ラマ・リンポシェ、チョギェ・トリチェン、カルマ・リンポシェの3名で、一番明るい感じがするのはチョギェ・トリチェンです。また、一番暗い感じがするのはカルマ・リンポシェです。引用元に写真が出ているので参考にしてください。
 実は、ここに名前の上がっている全員のラマの原因体(コーザル体)は、低位のシステムに転落しており、原因体の存在システムの上下が先ほどの明るさ、暗さとなって表れているのです。
 チョギェ・トリチェンの原因体は動物システム上位第5レベル(2.56次元)、アチュク・ラマ・リンポシェは鉱物システム上位第5レベル(2.46次元)、カルマ・リンポシェは第3エレメンタルシステム上位第5レベル(2.41次元)に落ち込んでいます。
 以前の転生でよほどの悪事を成さなければ、このようなことは起こりません。通常の地球人で原因体が低位のシステムに落ちている人はまずいません。悪魔崇拝に陥り、悪魔に生贄を捧げるようなことをしなければ、原因体が低位のシステムに落ちるようなことにはなりません。
 さて、彼らが達成したとされる「レインボー・ボディー(虹の身体)」ですが、今回彼らの写真があったことで、詳しく調べることが可能でした。2007年元旦における彼らのプラズマ体、ライトボディ、霊体(プラズマ体+ライトボディ+幽体)の存在次元を見ると全員が同じでした。
 プラズマ体は3.0次元の3層、ライトボディは3.0次元の1・2層、霊体は3.0次元の3層~3.5次元の4層にまたがっています。幽体は通常の地球人と同様なので、異なるのはプラズマ体とライトボディの位置です。5月11日の記事の「創造原理」の図をご覧になると、通常の地球人のプラズマ体は3.0次元の4層、ライトボディは3.0次元の1~3層であることが分かるでしょう。
 この事から、「レインボー・ボディー(虹の身体)」というのは、3.0次元の4層から3.0次元の3層に次元上昇したプラズマ体の事だったのです。これまで私は、「レインボー・ボディー」とは3.0次元の1~3層に意識的に入れるようになることだと思っていたので、ライトボディのことだと思っていたのですが、違いました。間違った説明であったことをお詫びいたします。
 私は、個人的にチベット密教は原始仏教に比べると随分とレベルが下がると思っていたのですが、今回の事でこれが裏付けられたと思います。ここに出て来るラマたちの全員が、進化段階2.0に満たない者たちで、しかも心の浄化が足りません。間違った努力をしても、救いは得られません。
 進化段階を上げることも、プラズマ体などの内側の身体を上昇させることも、実はとても簡単なことなのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
David Wilcock and Dannion Brinkley on Tibetan Rainbow Body!
配信元)
————————————————————————
チベットのレインボー・ボディについて Part 2 -デイヴィッド・ウィルコック
(前略)
デイヴィッド:パドマサンババの後に、ニアラ ペマ ダンドゥルという先生がチベットに現れました。彼も最後は虹の光になる事を達成しました。
(中略)
アチュク ラマ リンポシェもレインボー・ボディーを達成した一人で、ごく最近の事です。
(中略)
もう一人紹介します。タートン・チョギュル・リンパ(Terton Chokgyur Lingpa)という僧侶もレインボー・ボディーを達成した。
(中略)
もう一人、チョギェ・トリチェン(Chogye Trichen)。これが生きていた時の写真です。
(中略)
あと二人紹介して終わりにしていきます。ジイラウ・ケンポ(XiRao Khenpo)。彼もわりと近年にレインボー・ボディーを達成した人です。
(中略)
次はカルマ・リンポシェ
* 2013年の11月11日に他界した。(私が知る限り最も最近の事例)
* 彼は身長175cmだったが14日目には20cmまで縮んだ。
* 骨組みまでが80%縮んだ事になる。
「小さなレインボー・ボディー」と呼ばれる状態を達成した。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 90