地球ニュース:アメリカ 〜 ラスベガス乱射事件

 ラスベガスの乱射事件について、ネットで指摘されている怪しい点をざっとまとめました(※本文でも紹介したこちらとかこちらには他にも不可解な点がてんこ盛り。あと本文では触れませんでしたが、少し離れた別のホテルでも銃弾が撃ち込まれたという証言が出ています。勿論、“犯行現場”からは完全に不可能な位置です)。
 世界の1%にとってゴイムは大幅に数を減らしたい存在。偽旗テロだからとクライシス・アクターのみを仕込む訣ではなく、実際に無辜の一般人を容赦なく殺しまくります。
 タイミング的には、生贄を捧げる闇の収穫祭の夜となるみたいですが……受け取り手の神(悪魔)が未だに存在するのか、ちゃんと生存確認してからやれよ、と思います。やり口が杜撰過ぎなんですよね。
 次の標的もバレかけています。こちらの動画で知りましたが、アメリカの一大イベント、スーパーボウルを主催する次の会場が既存の警備会社を先月末にいきなりクビにしました。
後任は昨年6月に起こったオーランドのナイトクラブ乱射事件の犯人を雇っていたG4Sです。とはいえ、スーパーボウルが行われる2018年2月までに、偽旗計画はぽしゃりそうな気がしてなりません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:アメリカ

アメリカ:相変わらずの偽旗テロ


ラスベガスで10月1日日曜日に、59名死亡、515名以上負傷という米国史上最悪の銃乱射事件が起きました。

なんですが……いやぁ精神的にも肉体的にもタフですこと。軍隊での訓練経験なし、退職者用コミュニティに住んでいて、趣味はカジノでのギャンブル、フィリピンの彼女に1,000万ドルぽんと送金できちゃう御年64歳の元会計士兼不動産業者さんって、一瞬にして凄いスナイパーに豹変出来るんですねぇ(遠い目)。

銃を発射するのって、かなりの衝撃とかあったような気がするんですが、気のせいでせう。彼の住んでいたネバダ州は全自動銃の販売は許可されていないので、半自動を改造しないといけません(※改造自体はバンプファイアを取り付けるだけの簡単なものらしいのですが、狙撃命中率が著しく低下するそう)。しかも多めに撃てるように拡張マガジン(弾倉)を装着していました。犯人の弟さんは頻繁に会っていた訣ではないそうですが、そんなに銃マニアだったっけ、と首を傾げております

 

こちらの動画にあった画像によると、ホテルの部屋から殺害場所のコンサート会場まで、437ヤード(約400メートル)あるそうです。フットボール競技場3~5つ分の距離です。

ジム・ストーン氏が、狙撃犯はこの横のスフィンクス像に隠れて撃ったのではないかという、他の人の仮説を紹介していました。銃にも現場にも詳しそうな別の動画の人は会場を挟んで反対側の燃料タンクとも。とにかくホテル上階からだと角度が悪過ぎるようです。

ストーン氏本人はコンサート会場のステージ上が一番可能性が高いと書いています。何故か? 夜だからです。こちらの動画を御覧あれ。



ライフルって発射する度に派手に光るんですよ。ステージのライトがたっぷり付いた位置なら、誤魔化しが利きます。


そして当時の観客が撮影した乱射音も妙に近いのと遠いのと二種類。この点は建物に囲まれると反響するので、一概には断定出来ないようですが、動画を上げている人たちは最低でも二箇所別々の地点から発射しているように聞こえるという意見でした。



逆にこの乱射時の映像後半で犯行現場の金ぴかホテルが映っていますが、上層階では何かが光る様子がない。あら不思議。

同じホテルの4階辺りが乱射音に合わせてチカチカ光っているのは、タクシーや別の建物から撮影されており、当局側が4階に別の狙撃犯がいるかもと話している警察無線も存在します(※ネット検閲で取り下げられている中、3つをまとめたものがこちら)。

ちなみにこの3日間のカントリーミュージックの集いって、「Route 91 Harvest festival(ルート91収穫祭)」、サバトの収穫祭っぽい名前ですね。観客は約22,000人(※カバラで22は重要らしいっす)。

しかも先ほどの地図画像を確かめて頂くと、Luxor Hotelという黒いピラミッドと白いオベリスクとスフィンクスが会場の真横に建っております。エジプトのルクソール遺跡のぱくりだそうです(黒っぽくした理由は分かりませんが)。Lux……ラテン語で光……イルミナ、ごほっ(何故でしょう、急に咳が)。

   

昼と夜のルクソール・ホテル


ジョーダン・セイザー氏の動画が「百万長者は占星術なぞ用いない、億万長者が用いるのだ」というJ・P・モーガンの引用句と共に、天文学的な見地も紹介していました。この日はサターン(土星)が射手座に対して22度でした。これは「暗殺者の角度」と呼ばれるそうです。射手座自体も矢で距離のある対象を射るイメージです。

そして犯人の部屋は32階のスイート。32はカバラ教学で、「32の叡智の経路」。さらにロビー階もカウントすると33階になります。そういえば某秘密結社が33階級……ごほっ。

コンサート会場では事件の45分前に「今夜あんたたちは全員死ぬ」と騒いでいたヒスパニック系の女性もいたそうです。



被害者たちの後ろで、天にレーザービーム光線を放射している黒いピラミッドがルクソール・ホテル

いくら現在、ハザールマフィアが崖っぷちだからって、日曜日=太陽の日に、ピラミッド=エジプト風の神殿と、古来太陽神のために生贄を捧げる場所だったオベリスクを前に、悪魔崇拝儀式をしたなんてことは……奴らなら否定出来ないのが悲しい。しかもコンサート会場のすぐ隣に空港があるんですわ。FBIが直後にホテル封鎖して宿泊客も出入り出来なくしていたし、犯人逃げ放題。

ストーン氏の指摘するように、モサドかなー。イスラエル、中東で第三次世界大戦を起こせずに日々追い詰められていますから。少なくとも主流メディアが連呼するお金持ち退職者の単独犯説よりは説得力あります。動画で皆さん口々に、JFK暗殺の複数犯人説を想起していたのが興味深い。そう考えると、ハザールってば墓穴掘りまくりですな。


文・Yutika

Comments are closed.