18/8/1 ソルカ・ファール情報:共産主義“見世物裁判”が米国で再び擡頭するという衝撃の後、ロシア軍指導陣は即座に対応 1/2

 アメリカ司法制度の劣化が進み、ロシア憎しの世論が微動だにしなくなり、ロシアが警戒を強めています。今回翻訳するにあたって、ソ連時代の“見世物裁判”と呼ばれたスターリンの大粛清の様子をざっと見たのですが……とにかくひたすら悪魔の所業です。特にモスクワ裁判の恐ろしさときたら凄まじいものです。皆が有罪を認めてしまうまでには、一体どのような恐喝や拷問があったのでしょう。
 この中心的人物とされる秘密警察長官ラヴレンチー・ベリヤに関して、ウィキペディアで「漁色と性的暴行」の項目を御覧頂ければ、当時の異様さがひしひしと伝わってきます。
 法の上にいる人間はここまで劣化するものなのですね。ヒラリー・クリントンの幼児レイプ容疑と不審死リストの数々を思い出しました。大局を論じる上ではすっかりさくっと無視されていますが、アメリカだけでなく今の日本にも通じるものが。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:共産主義“見世物裁判”が米国で再び擡頭するという衝撃の後、ロシア軍指導陣は即座に対応 1/2
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

自国の兵器を誇示して総力戦回避に努めるロシア


本日クレムリンに出回っている【ロシア】国防省MoD)の非常に厳粛な報告書によると、プーチン大統領参謀本部作戦総局局長アンドレイ・カルタポロフ大将ロシア軍の士気高揚を目的として作られた軍政治局の長として任命することを承認しました。

――ロシアにとって、世界中のキリスト教徒をテロから守るという【ロシア正教会のキリル総主教が2016年に宣言した】“聖戦ドクトリン”の下では到底許容することのできないソ連共産党見世物裁判が現在のアメリカで再び擡頭してしまった点から何よりも明白なように、彼らは皆ロシア連邦西側の間で総力戦となることが今や不可避だと分かっているのです。

――その【対応の】第一歩としてカルタポロフ大将はここ数日、アメリカの全ての臨海都市に壊滅的な惨事をもたらすため使われることが予定されている核配備済みの水中ドローン【型】“終末兵器マッハ3.5(時速2,685マイル)という驚異的なスピードで西側の戦艦全てを防御不能としてしまうKh-31超音速・空対地・対艦ミサイルについて、【一般の】人々に対する情報公開を促しています。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]




グローバリストによって攻撃に曝されるロシアのキリスト教徒


当該報告書によると、反キリストの悪魔的グローバリスト連中ドナルド・トランプ大統領彼を支持するアメリカ国内のキリスト教の愛国者勢力と存亡を巡る決死の戦いを繰り広げる中、彼ら【グローバリスト】はアメリカロシアで勝利を収めたキリスト教と手を組むことを阻むのに最大の心血を注いでいるのです。
――彼らの攻撃の第一手となったのがロシアは2016年の米国大統領選に“介入した”という馬鹿げた主張で、

――オバマクリントン政権の諜報諸機関が証拠を一切出さずしてそうだと言い張ったり、ロバート・マラー特別検察官ロシアの個人や企業や軍人に対して根拠のない“なんちゃって訴訟”を起こしたり、フェイスブックが何らの証拠も提示せずに数人のロシア国民がトランプヒラリー・クリントンや社会主義者の候補ジル・スタイン支持で15万ドル費やしたと言い募るというのが、唯一の“証拠”なのだそうです。

これが実際に起こったと説明あるいは証明できる証拠が誰の手元にも存在せず、“ロシアが米国選挙に介入した”というミーム非遺伝的手法によって人から人へと拡がっていく文化要素や行動体系)が“信仰箇条”と化した今、

――そしてそこから逸脱しようものなら即座に誰であっても“異端者宗教的な異端を信仰あるいは実践する人間としての烙印を押されてしまう事態に至り、この悪魔的グローバリストの帝国宗教ロシアにいるキリスト教の諸国民に対してその悪魔的な力を全力で解き放ったのだと当該報告書は続けています。

――そしてこの一週間だけでも:
バルト三国の一つエストニアが第二次世界大戦中に何百万人ものユダヤ人の大量殺人に関与したナチスドイツの武装親衛隊を讃える行進と式典を主催したのにNATOは同調しました。

バルト三国の一つラトビアがロシア連邦へ西側が侵略し丸ごと解体するようあからさまに訴えるのにNATOは同調しました。

悪魔的グローバリストの指導者で前米国大統領のバラク・オバマは絶対的指導者シリル・ラマポーザ大統領を祝福するために南アフリカに赴き――その地でオバマは“富裕層”の家屋を没収することを臆面もなく呼び掛けました

それを受けてラマポーザ大統領はすぐさま全ての南アフリカの白人キリスト教徒から土地家屋を没収するため新たに憲法改正することを呼び掛けました

――何万ものこの【南アフリカの】人々が皆殺しにされる前にプーチン大統領は無償でロシアの土地を約束しています

そして最も狡猾だったのは、悪魔的グローバリストが米国の議員連中を致命的なウイルスが数週間かからずして如何に素早く9億人以上の人類を殲滅するのかというゾッとするシミュレーションに参加させたことでしょう。

ソ連式見世物裁判の復活


国連の元事務次長補で“哲学者”のロバート・マラー特別検察官のロバート・マラーとは血縁関係無し)は未来はどうなるのか警告していました。誰が耳を傾けたでしょうか?
【※画像ではマラーの発言が引用されています:「世界指導者一名の下【に作られた】世界統一政府そして世界統一宗教に向けて我々は出来るだけ速やかに動かねばならない」

ロシアとそのキリスト教の人々は20世紀の大半をこれら悪魔的なグローバリストの残酷かつ独裁的な支配とその共産社会主義的な政府の奴隷制度の下で暮らしたことがあり、【その中で】ロシア国民が体験した最大の恐怖の一つとは、よく分からない犯罪を行なったと責め立てられ、決して事実に基づいた証拠を挙げられることなく、有罪判決が絶対的に約束されているという、現在では“ソ連式見世物裁判”と呼ばれるものなのだと当該報告書は詳述しています。
【※スターリン独裁の特徴の一つ。最も有名なのは1936年から38年にかけて開かれたモスクワ裁判で、大勢の政敵を粛清するのに利用した最初から有罪が確定していた公開の見せしめ裁判。】

――何千万もの人々が共産社会党のこの歪んだ司法制度にかけられ、約100万人近くは処刑され、700万人以上が終身強制収容所送りとなりこのソ連式見世物裁判は約9割という驚異的な有罪率を誇ったことから彼らの内誰一人として無罪放免とされることはありませんでした。

よもや共産社会主義の腐敗した司法制度であるソ連式見世物裁判”を他の国が採用するなどとは思ってもおらず、クリントンブッシュオバマ政権下のアメリカそれが再構築されるのをロシア全体が懸念混じりの驚嘆でもって見守っていたのだ、と当該報告書は解説しています。

――しかもこの【司法制度の】中で一般のアメリカ国民の有罪率は98.7%という驚愕の数値となりソ連式見世物裁判”の最新の犠牲者はトランプ大統領の元選挙対策本部長ポール・マナフォートなのです。


かくもおぞましき訴追人


【※画像ではラヴレンチー・ベリヤの発言を引用しています:「そいつを連れて来て頂ければ、私が罪状を見つけて御覧にいれましょう。」

そいつを連れて来て頂ければ、私が罪状を見つけて御覧にいれましょう」の発言で知られる共産社会主義者のラヴレンチー・ベリヤ第一副【首相】当時のロバート・マラー特別検察官的存在によって初めて示された“ソ連式見世物裁判”の教訓に倣い、米国の悪魔的なグローバリストはロバート・マラー特別検察官トランプの元選挙対策本部長ポール・マナフォートにぶつけてきた、と当該報告書は詳述しています。

――そしてマラーマナフォートに対してあろうことか現米国司法副長官ロッド・ローゼンスタイン米国司法副長官その人が無罪放免にして8年前に破毀した筈の罪状を取り上げた訣ですがマナフォートに対するこの茶番訴訟は裁判長を務めるT・S・エリオット米国連邦判事ですら指摘しており、「“目の見えない人間”でも、ロバート・マラー特別検察官が真の標的とするトランプ大統領に対する証拠を入手すべくポール・マナフォートを起訴しているのが判る」と宣言しました。

それでもこの“ソ連式見世物裁判”が続けられるのを容認していたエリオット米国連邦判事ですが、【とうとう】昨日、マラー特別検察官配下の検事たちが陪審員の心証に訴えようと、マナフォートが何か法律に違反したと言うのではなく彼がどれほど金持ちかを描写するというソ連共産社会主義式の階級闘争戦略を採用したのを自ら目の当たりにすることとなり、
エリオット判事はそのほぼ直後に検察官らを厳しく叱責し、陪審員たちに「金(かね)を持っているのは犯罪ではありません」と語ったと当該報告書は続けています。


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※水色部分は引用部分です)。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また元記事で使用された画像は、同じもの(ないしは類似のもの)を掲載したツイッター等に変換しております。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.