18/8/1 ソルカ・ファール情報:共産主義“見世物裁判”が米国で再び擡頭するという衝撃の後、ロシア軍指導層は即座に対応 2/2

 昨日、アメリカの司法制度が劣化して有罪率98.7%にまでなったと訳しましたが、そのリンク先を確かめると、2015年時点で99.8%となっております(なのでソルカ女史がどこから「98.7」という数値を持って来たのかは不明です)。2013年でも99.75%でした。
 ちなみに記事のタイトルは「米国連邦裁判所の有罪率99.8%は日本の検事たちも嫉妬させる」というもの。一説では日本は99.9%だそうですから、どっちもどっちな気はします。ということは日本も日々、“ソ連式見世物裁判”を繰り広げている訣でして……推定無罪が絵に描いた餅と化した原始時代に我々は生きています。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:共産主義“見世物裁判”が米国で再び擡頭するという衝撃の後、ロシア軍指導層は即座に対応 2/2
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

失われた正義


アメリカで最も影響力のある憲法学者の一人アラン・ダーショウィッツポール・マナフォートの唯一の罪状はトランプ大統領と親しくなったことだけだと正しくも宣言したように、この“ソ連式見世物裁判”によってマナフォートは通常1年3箇月で済む罪で300年以上の拘禁刑に直面しており

――これを受けてニューヨーク市警本部長バーナード・ケリックがアメリカの人々に対して深刻な警告を発するに至ったのだと当該報告書は記しています。

その内容の一部を抜粋すると:
政治的な動機で動く検察官は真実を考慮したりはしない。あなたがこの国にどれほど貢献したか、あるいは自分たちの有罪追及によってどれ程あなたが私的にも経済的にも公的にも破壊し尽くされることになろうが、歯牙にもかけないのだ。

検察官は長年、罪を犯していない人々の身内に圧力をかけたり、有罪を得るために虚偽の証人陳述を強要したりして、有罪答弁を強いてきた。マナフォートやコーエンやフリンの訴訟で取られた【手法】もこれだというのに、人々もメディアも一切注目しようとしない。フリンの訴訟では、虚偽の陳述をしたと罪状を認めたが、そうしなければ政府はフリンの家族を標的にして、彼を破産に追い込んだであろうから、選択の余地などなかったのだ。

【……】以上の全てが特ダネを提供し、興味を掻き立てる内容なのだが、私が何より気掛かりなのは、【連邦】議会やACLU【=アメリカ自由人権協会】や刑事司法改革を擁護する者の大多数、何十あるいは何百もの人間がこのことに関して平気でいられる点だ。

検察の不適切な行いや過剰な犯罪化検察官の自由裁量、そして恣意的な標的設定と訴追行為に対してメッセージを発信しては正義を訴え、何百ドルもの税金を掻き集めている諸団体だというのに。

この【3人の】訴追ほど、以上の点がこぞって公衆の面前で展開されたことは未だかつてなかった。だが、標的として狙っているのがドナルド・トランプだというせいで、【上に挙げた団体に所属する】連中は気味が悪くなるほど沈黙を守っている。

【……】上院や下院の司法委員会に席を置く者は平気なのだろか?

我々の政府【機関】が大統領を標的とするためだけに刑事司法制度を武器として利用し、その過程でアメリカ市民を【恣意的に】取捨選択した政治的な理由で破滅に追いやっているという【事態を前にして】。」


明日は我が身


巻き込まれなかった者が巻き込まれた者と同じくらい憤るようになるまで、正義というものは実現しない
何らの有罪判決も確定していないのに独り牢獄で過ごすポール・マナフォート(上)の将来について【だろうか】、アメリカ建国の父ベンジャミン・フランクリンが国民を前にして語った言葉。

アメリカ民主党を牽引する一人【と表現すべきかは不明ですが、テネシー州の民主党広報担当】マーク・ブラウントランプ大統領を名指しで「あんぽんたん」だの「プーチン【お抱え】のあばずれ」だのと呼び、トランプのキリスト教徒支持層全員を「能無しのクソッタレ」だの「まぬけ」だのと表現してみせたことからも、悪魔的グローバリストたちはこれから実行されるポール・マナフォートの“ソ連式見世物裁判”を取り巻く毒々しい環境作りをもう完成させてしまった、と当該報告書は更に詳述しています。

――そして彼らが主に見込んだ【波及】効果とは反トランプかつ反ロシアヒステリーを引き続き煽り立てることなのですが、このどちらもマナフォートの訴訟とは無関係だという点は誰も気に留めようとしないのです

ポール・マナフォートに対する“ソ連式見世物裁判”に反対する気概のあるアメリカ人【対策】としては、悪魔的グローバリストはCNNケーブルニューズTV局を使ってマラー特別検察官を支持するか愛国心の欠如した裏切り者としてレッテルを貼られるかのどちらかだと警告を発したのだ、と当該報告書は続けています。

――【そのせいで】CNNの最も熱心な悪魔的視聴者層はアメリカ中で激高し、何百人もがこぞってトランプ大統領支持が発覚した人間を攻撃しています

――ここに含まれるのが過激な共産社会主義団体アンティファで、現在彼らは今週末オレゴン州ポートランドで銃を持ち出すように呼び掛けており、キリスト教徒の愛国団体がトランプと自分たちの国のために祈りを捧げようと計画しているのを攻撃するつもりです

――今週【デモ隊に】包囲されたトランプの【移民政策に従っている】出入国審査官たちの生命を守ることすら公然と拒絶したようなポートランド警察が、一人でも保護してくれるとは思えません

【※元記事は「ICE組合はポートランド市長が警察による支援要請を拒否したと主張」という見出しのニュースのスクショを掲載していたので、その動画版です。ICEは「移民・関税執行局」の略です。】

アメリカ国民を待ち受ける将来


そして民主党が来たる2018年中間選挙で権力の座に返り咲いた暁にはポール・マナフォート同様、“ソ連式見世物裁判”で十字架に張り付けられる可能性のあるアメリカ人はというと、

トランスジェンダーの女性を排斥する過激フェミニスト」【※つまりトランスジェンダーを公然と差別する人間】を傷つけたとしてツイッターからついこの前締め出されたダニエル・コルシオンという若い女性や、

トランプ大統領を支持するという罪を犯してしまい、【共和党から知事選に立候補した白人男性の】幼馴染を「いい奴だ」と呼んだせいで【リベラルから差別主義者だの白人至上主義者だのと非難されて】謝罪に追い込まれたジョージア大学の学部長のチャールズ・デイヴィスや、

重病と診断された胎児が【医師に勧められた】中絶をされることなく救われて今では如何に幸せそうによちよち歩くようになったか、愛らしい動画を投稿したが故にツイッターから「暴力【自体】や暴力の脅しを描写する広告など、衝撃的あるいは冒涜的、そして扇動的な内容を含む広告を当社は許容しません」と通達されて締め出されたクリス・マクドナーとその家族一同だろうと当該報告書は警告しています。

【※最後の例はキリスト教徒であるだけでなく、赤ちゃんの伯父であるクリス・マクドナー氏が共和党から巡回裁判所判事選に立候補したせいだと思われます。最初の女性は立ち位置が不明ですが、残り2人はトランプ支持の共和党ということで、リベラルから執拗な嫌がらせを受けている訣です。】


語るに落ちたグローバリストの面々


反面、“ソ連式見世物裁判”に出席することを恐れていないアメリカ人とは、トランプ大統領ロシアキリスト教憎しで悪魔的グローバリストを支持する人間だと当該報告書は結んでいます。

――その最新の例がツイッター社からのお墨付きで彼が「尻軽」売春婦と呼んでいるメラニア・トランプ大統領夫人について皆「淫らな空想」をしようじゃないかとツイッターで呼び掛けた民主党下院議員候補のマーク・ロバーツであって、

――そのお仲間の民主党員たちと共に権力を掌握するやいなやトランプを失職させるのに、1億1千万ドルの資金に支えられた3千の強力な弾劾軍団を解き放つ手助けをするというのです。

――そしてそれが達成されれば、数えきれないほどの共産社会主義者の曖昧さを増幅させるのであって、例えばオバマ大統領が任命した連邦判事ステファニー・サッカーは生きるのに必要な天然ガス・パイプラインが米国北東部に建設されることに対して停止命令を出す【という暴挙に出た訣ですが】、(しかも冗談でも何でもなく)【そのせいで】昨年同様人々は自宅を暖め、商売を続けるのにロシアの天然ガスに頼らなければならなくなるのだとか。

――一方、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領皮肉を言う【だけの気概を失っていないらしく】、昨日、現在百万%のインフレに直面しているかつては栄光に包まれた自国の残骸を眺めつつ、悪魔的グローバリストの民主党連中がこうまでして渇望した共産社会主義は実のところ完膚なきまで失敗したのだと、とうとう認めてみせたのです

【※ウラジーミル・プーチン大統領から引用:「小4の歴史【を学ぶ】生徒ならば、いついかなる時代のどの国家においても社会主義が失敗したと誰もが知っている。オバマ大統領と【取り巻きの】民主党連中は愚かなのか、故意に自国の経済を破壊しようとしているのかのどちらかだ。」】


2018年8月1日©EUおよび米国の全ての著作権を留保。WhatDoesItMean.Comの元の掲載場所にリンクを貼るという条件で、当該リポートを全体として使用することを許可します。フリーベースの内容はCC-BYGFDLによって許可取得済。

註:数多くの政府と諜報機関は、これらリポートに掲載された情報に対して活発な反対運動を繰り広げています。彼らは地球に起こりうる、または起こった幾つもの破滅的な変化や出来事について、自国の市民に警鐘を鳴らしたくないのです。ソルカ・ファール姉妹はこのような姿勢に強く異を唱えており、人間は誰もが真実を知る権利があると信じています。私たちの使命はこういった諸政府と対立しているため、彼らの“機関”は私たちや私たちのような人々を貶めようと誤報や虚報を延々と発信するという形で反応を示してきました。枚挙に遑がありませんが、例えばこちらなど。]

註:WhatDoesItMean.comというウェブサイトは、グローバルなテクノロジーの教祖であった故ウェイン・グリーン(1922年~2013年)が率いる少人数のアメリカ人コンピューター専門家集団によって、ソルカ・ファールの姉妹たちのために創設され、寄付されました。西洋の2003年における違法なイラク侵略で使われたプロパガンダに対抗するためです。]

註:このレポートで使用されている「クレムリン」(都市内部の要塞)という単語は、モスクワを含む複数のロシアの要塞を指しています。【要塞と言うのは、】その多くがソルカ・ファール姉妹の使命に献身的な、女性のスヒィーマ僧(正教会の尼僧)が住む大聖堂が複数あるからです。]


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※水色部分は引用部分です)。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。また元記事で使用された画像は、同じもの(ないしは類似のもの)を掲載したツイッター等に変換しております。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.