メキシコ便り(22):娯楽用マリファナの合法化ってどうなの?(前編)

 前回の記事で10月7日あたり突然、秋の訪れが来たと書きました。が。。。秋の心地よさを楽しむのも束の間。。。10月半ばのある夜、popoちゃんがぐっすり寝ている間に、秋はこっそり姿を眩まし、翌朝、つめた〜い冬がpopoちゃんのベッドに忍びこんできたのでした。秋はたったの1週間。。。だった。。。😆ここファレス(砂漠地帯)の季節の移り変わりは、優雅でゆったりしたものとはほど遠く、突然、がっつんと襲ってくる。。。日本の皆さま、是非、日本の四季の豊かさをご堪能くださいませ。。。貴重です✨

 さて今回は娯楽用マリファナの合法化についてとりあえげてみました。なぜなら次期オブラドール政権は、治安改善、麻薬組織撲滅のために娯楽用マリファナ合法化を検討中。メキシコでは、すでに医療用マリファナは昨年2017年6月に合法化。アメリカ・カリフォルニア州では1996年に医療用合法化。現在、約30州が医療用マリファナを合法化。シャンティ・フーラの記事でも過去に何度かとりあげられましたが、医療用マリファナは様々な病気(発作、自閉症、アルツハイマー、癌など)に効果があることは明らか。。。いまやマリファナは万能薬、聖なる植物だと語る方々も。。。
 でも娯楽用マリファナ合法化って本当はどうなの?ほんとに治安改善になるの?社会秩序が乱れないの?娯楽用マリファナを世界で最初に合法化した国、ウルグアイ。そうあのムヒカ元大統領が2013年に著名!先日10月17日にカナダも娯楽用マリファナ合法化。アメリカは国のレベルではまだ違法ですが、2012年にワシントン州とコロラド州が最初に娯楽用マリファナ合法化をし、現在計9州とワシントンDCが合法化。同じ合法化でも国によってかなりルールが違うようで、ある記事では一番厳しいのがウルグアイ、一番ゆるいのがコロラド、そしてカナダはその真ん中あたりになるのではと。。。最終的にルールのゆるさは財布の紐のゆるさにつながるのかなと思いました。何はともあれ、大金が絡むマリファナ産業。。。今回調べてみると出るわ出るわ。。。ラボ、ディスペンサリー(マリファナを売るお店)の腐敗、合成マリファナ(K2とスパイス)の危険性、マリファナ吸引の健康への被害、今のマリファナとお父さん、おじいさんの時代のマリファナとの違い、そして大企業のマリファナ産業買い占めの兆しなどなど。。。今回は前編と後編の2回に分けてお送りします。

(前編)
⚫︎ メキシコ、娯楽用マリファナ合法化に向かう
⚫︎ 医療用と娯楽用の基礎知識
⚫︎ カトリック教会は医療用にも娯楽用にも反対
⚫︎ アメリカの医療用、娯楽用の合法化の様子
⚫︎ 2012年に娯楽用合法化したコロラド州の実態

(後編)
⚫︎ ラボとディスペンサリーの腐敗
⚫︎ 合成マリファナ(K2とスパイス)の危険性
⚫︎ マリファナ吸引の健康への被害
⚫︎ 大企業、マリファナ産業乗っ取りの兆し
⚫︎ [Tedxトーク]コロラド出身、元麻薬中毒のベンさんの娯楽用マリファナ産業の実態と警告

 消費者は単に「ハイになりたいから」「ナチュラルだから体にいい」みんながやれば「Love & Peace」な社会になるなんて言ってられないかも。。。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(22):娯楽用マリファナの合法化ってどうなの?(前編)

メキシコ、娯楽用マリファナ合法化に向かう




写真上の女性:次期オブラドール政権で大統領の次、2番目の権力を有する内務大臣オルガ・サンチェスさん。元最高裁判官。今年7月初旬、マリファナの栽培から消費までマリファナ全面的合法化を推し進めると声明。

(El Unisersalの記事の要訳)
サンチェスさん曰く1970年代に実施された政策は、厳しく融通が利かない。国連と話し合いながら改善していく。マリファナ、そして将来的には医療用ケシ(opium poppy)を犯罪の枠から外すこともやっていきたい意向。犯罪の枠からはずすということは必ずしも合法化を意味するのではないともコメント。サンチェスさんによると、犯罪組織によってメキシコで250億ドル以上、アメリカでは2500億ドルが資金洗浄がされたという。現在の麻薬政策を改革することができたら、違った戦略が実施でき、恩赦法の解決にも貢献できる。

メキシコではNAFTA条約で犠牲になった農家の人たちや農作に失敗した農家の人たちが、お金になるマリファナ栽培に転換し、その後、刑務所行きになった人々がいるらしい。新オブラドール政権は、貧困のためにマリファナに手を出し刑務所行きになった人たちを釈放し、新雇用増加で対応していく方針。そして同時に麻薬組織のトップたちを刑務所行きにすると。。。メキシコの麻薬犯罪は、政府官僚、警察関係者ら、そしてアメリカCIAなども絡み複雑。。。さぁ、新オブラドール政権は正々堂々と戦うことができるのか。。。


医療用マリファナと娯楽用マリファナの基礎知識


Author:Photohound[Public Domain]


ということで、ここで医療用と娯楽用について、こちらのサイトの記事を簡単にざっくりまとめてみました。

マリファナはおもにインディカとサティヴァという2種類ある。(挿絵上:popoちゃんが挿入)マリファナには500の天然複合体があり、その中でも最も重宝されているのはCBDやTHCなどの100種以上もあるカナビノイド。THCはハイな気分にする作用があり(あまり知られていないが医療効果もある)、CBDには全くハイにする作用はなく、逆に鎮静効果やほか様々な医療効果がある。

[ Indica ]
摂取後、重く感じる
おもに肉体に作用
CBD量が多い

丈が低く、密集した植物

[ Sativa ]
ハイな気分にする
おもに精神に作用
THC量が多い

細くて長い植物

一般に医療目的で使用する人はIndicaを好み、娯楽目的の人はSativaを好む。

アメリカの場合
[医療用マリファナ]
CBD量が多い

医者からの手書きの推薦状が必要
18歳以上で購入可能
18歳以下でOKがでる場合もある

[娯楽用マリファナ]
THC量が多い

21歳以上で購入可能
運転免許所が必要


カトリック教会は医療用も娯楽用にも反対



(上のローリングストーンの記事のざっくり訳)
メキシコの人口の約8割がカトリック教徒というなか、カトリック教会は医療用マリファナも娯楽用マリファナにも反対。なかでも10代の若者のマリファナ使用増加を懸念している。(娯楽用マリファナが合法化されたコロラド州ではマリファナ解禁で10代の若者のマリファナ使用は減少した。)一番人気のカトリック新聞(Desde La Fe)は、マリファナの医療効果は全くなく、政府のやっていることは国民を混乱させていると言っている。

げーっ!!!よくここまでウソいえるなと。。。嘘つきは悪魔のはじまりだぁ〜!やっぱり悪魔崇拝?!「マリファナの医療効果は全くない」?!ちょっと調べたらマリファナの医療効果、証拠はゴロゴロ出てくる。。。あれ?!やっぱりカトリックって麻薬組織に関わってる?!と疑っちゃう。ちなみにpopoちゃんの感覚では、メキシコ人の8割はカトリックというのは違うと思います。。。popoちゃんの周りに、元カトリックはいますが、ほとんど他の新興宗教に改宗しているか、まったく無宗教になってしまっている人ばかり。。。メキシコ人はとても人目を気にするので、いちおう建前上カトリックなふりをして実は新興宗教をこっそりやってる人たちも多々あり。。。というのが実態。。。教会も、みんなも、ウ・ソ・つ・き😕


アメリカでの医療用と娯楽用合法化の様子


出典:Wikipedia
Author:Lokal_Profil[CC BY-SA]


ウィキペディアによるとアメリカでは、今や医療用マリファナは約30州が合法化。そして娯楽用マリファナ合法はコロラド州、カリフォルニア州、ネバタ州、ワシントン州、オレゴン州、アラスカ州など計9州とワシントンDC。BUSINESS INSIDER)1996年にアメリカで最初に医療用マリファナを合法化したのはカリフォルニア州。2012年、最初に娯楽用マリファナの合法化をしたのはコロラド州とワシントン州。下の動画では合法化2014年と言われていますが、合法化にサインしてから、実際に売り出すまで2〜3年かかることがあるみたいなので、正確には2014年は実際に販売がスタートした年です。


2012年に娯楽用合法化したコロラド州の実態


この動画は、CNBCテレビ局が実際にコロラド州に行きマリファナビジネスなどを取材したドキュメンタリー番組。コロラド州の娯楽用マリファナの実態がよくわかる番組です。が、42分と長いのと、日本語字幕がないので、下に要点だけかいつまんでまとめてみました。


(上の動画の要点訳)

⚫︎コロラドではリムジンでマリファナツアーあり。
⚫︎今までのマリファナを吸う場所は汚い薄暗いイメージ、最近ではスタイリッシュにアートギャラリーでお酒を飲むように、そしてマリファナ入りオードブルなど様々な形でマリファナを楽しむ。
⚫︎マリファナベイパーを販売している会社では、月に270,000本の売り上げ、2018年までには1000億ドルの売り上げ見込み(ベイパー価格は一本50ドルより)
⚫︎マリファナ評論家がいる
⚫︎アメリカ人のほぼ半数はマリファナ経験あり、8人に1人はここ1年で吸ったことがある。
⚫︎娯楽用マリファナの税金は36%。医療用マリファナの税金は8%。
娯楽用と医療用の両方を売っている店主いわく、全く同じマリファナでも娯楽用だと2倍の値段。
⚫︎顧客平均消費額は一回の来店で約40ドル
⚫︎コロラド政府の税金収入は年間1億ドル
⚫︎コロラド住民はマリファナ4oz(約28g)まで購入可能。観光客は1/4oz(約7g)まで。だれがどのくらい買ったのかという追跡システムがないので、事実上、いろんなお店をはしごして沢山購入可能。
⚫︎マリファナユーザーの10%はマリファナ依存症になる。
⚫︎闇市場で違法で売っている人いわく、合法化された後でも、何ら自分たちのビジネスに影響はないと。。。自分たちのマリファナは半額くらいで売っているからと。。。
⚫︎マリファナはIQを8ポイント下げ、またやる気をなくすという研究結果がある。

とまぁ。。。大量のお金と依存が絡んでいるのと、シラっと抜け道(追跡システムなし)があったりで。。。う〜ん。。。あやし〜い。。。しかも娯楽用の税金36%はぼったくり!本当に闇のマリファナ市場を撲滅するために娯楽用マリファナの合法化をやっているのか、それともやはり大金目的と廃人作りで合法化しているのか。。。コーラ類、ポテトチップス、ハンバーガーなどのように依存症になるような化学物質をわざといれて、闇に引きづり、依存者にし、吸い取れるだけのお金を吸い取って、廃人にしていく悪魔システムのような気がしてならない。。。これは「ま・ず・い!!!」後編はもっと「ま・ず・い!!!」娯楽用マリファナ産業の腐敗を暴露です。お楽しみに♪

¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳)

(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

メキシコ人夫とメキシコ在住中♪
新アムロ政権の勢いある改革ぶりを中心に
「今のメキシコ」をお届けいたします!

体癖5・9、ピッタ・カファ、エニアグラム1





Comments are closed.