まみむのメモ(11)〈鷹ノ巣山〉


 シリウスシステムの至高4柱の女神様の御神体の山が囲むように、中心に「鷹ノ巣山」があります。今回は神社はないのですが、この鷹ノ巣山へ行ってきました。天候は晴れ間が時々覗く曇り空と行きと帰りが雨でした。
(まみむ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
まみむのメモ(11)〈鷹ノ巣山〉

no-img2
まぁ

車で出発しようとしたら、雨がポツリと落ち始めたんだけど、そういえば昨日車を洗うのを忘れていたから、車を雨に洗ってもらって良かったよ。


no-img2
むぅ

車の埃がきれいになりましたね。


ノコンギク


no-img2
みぃ

鷹ノ巣山に行くのだから、清めてくださったね。


no-img2
まぁ

出発して一雨降ったら、雨が上がって、福富に着く頃には晴れていたんだ。まずは道の駅で鷹ノ巣山への道を尋ねた。ちょうど地図があってそれを見ながら教えてくださったんだけど、道の駅を出て右折して最初の信号を左にといわれたものの、それだと帰ってしまう。
引き帰して、交差点の近くの市役所支所へ確認に行くと、信号の次の道を左だということがわかった。同時に、現在鷹ノ巣山へは途中から通行止になっていることも教えてもらった。


no-img2
むぅ

私たちは行けるところまで行ってみました。鷹ノ巣山へ2.5㎞と標識が出ているところから、通行止になっていました。


鷹ノ巣山通行止


no-img2
みぃ

それで分かれ道を右に行くと県央の森公園があるから、そこへ向かったけど、そちらも途中で通行止になっていたね。


鷹ノ巣山通行止



no-img2
まぁ

引き返しながら、写真を撮ったりしたんだけど、天気と時間が気になりつつも、いつまでもそこにいたい気分だった。


no-img2
むぅ

その時はあまりわかりませんでしたが、山で感じた感覚が柔らかな愛の波動だったなぁと後で思いました。


鷹ノ巣山のミヤマガマズミ

鷹ノ巣山のシロヨメナ


no-img2
みぃ

急いで降りなければ、暗くなって山の全景が写せなくなるよと言いながら、車から降りて山道を散策しながら長居してしまったね。とても気持ち良かった。


no-img2
まぁ

なんだか、純真無垢な赤ん坊のような気分になってた。


鷹ノ巣山のどんぐり(アベマキ)


no-img2
むぅ

豪雨災害で山への道が通れなくなっているのも、聖域が守られて良いことなのかもしれません。


no-img2
みぃ

途中、山鳥の母子を見て、帰りには鹿を1頭見たね。軽やかな跳ね方と真っ白いお尻が印象的だった。


no-img2
まぁ

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様25柱の妻神様、この地球の天界の改革、地界の改革をしてくださり、地球を救ってくださり、ありがとうございます。



ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年齢16才) 〈プラズマ体〉


no-img2
むぅ

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様25柱の妻神様、この地球がどうにもならないひどい状態だったことが次第にわかってきましたが、それらの想像を絶する真実を知ることができてありがたく、同時に大変なショックでもありました。ですが神様に祈ることで救われています。
たくさんの愛と叡智により私たちを護りお導きくださいましてありがとうございます。心から感謝いたします。


ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年齢16才) 〈幽体〉


no-img2
みぃ

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様25柱の妻神様、真実の愛と平和で、清く正常で平安な地球になるように、ご神業をありがとうございます。ご守護ご指導をありがとうございます。


ハルカナウチュウノヒカリノミコト 様
(大正真真神 様、年齢16才) 〈原因体〉


no-img2
まぁ

この地球の恐るべき真実が次々に明かされてきているのだけれど、いろんなことを知り始めた最初の頃、例のハンバーガーに人肉が・・・という話を読んだ時には、以前あの店のハンバーガーを食べたことがあるだけに、あまりのショックで吐きそうだった。すぐに男子には話したけど、さすがに女子には話せなかった。でも、自然農関係のイベントで何人かの人と話した時に、パンを焼いて売っていた女性が、岡山だったかのハンバーガー屋のハンバーガーの中に、人の歯や髪の毛が入っていた話をご存知だった。その時いた若い女子はショックでしばらく横になって気持ちの整理をしていたな。もう一人の中年の女性は、私たちには何が出来るの?どうしたらいいの?と聞かれた。それで、竹下先生の祈りについてのお話を伝えたんだ。


鷹ノ巣山のコウヤボウキ


no-img2
むぅ

幼い子供達が誘拐されたり、売られたりして、むごい苦痛や恐怖を味わっていたのが、今でも胸が塞がれる思いですが、世界が良くなるように祈っていると救われる気がします。
女神様が子供達を連れて天に昇られている、セレナさんのブログの記事を思い出します。


no-img2
みぃ

地球の母なる神様、ハナタチバナノヒメミコ様はじめ神々様にはすべてわかっておられて、地球の上で繰り広げられる戦争や、人間の悪行がとてもお辛かったことでしょう。


ハナタチバナノヒメミコ 様
(サオトメ)〔地球、年齢10才〕 〈幽体〉


no-img2
まぁ

加えて自然破壊や公害などもお苦しかったことと思います。


鷹ノ巣山のヤマハギ


no-img2
むぅ

ハルカナウチュウノヒカリノミコト様25柱の妻神様をはじめ、正義の神々様がおられて本当に良かったと思います。


no-img2
みぃ

これほどの地球を清めてくださる神様のご神業がどれほどのものなのか、計り知れないのですけれど、感謝で一杯です。


鷹ノ巣山のネズミモチの実


no-img2
まぁ

帰りに見た鷹ノ巣山は、道の駅からも良く見えていて、来る途中ずっと見えていたんだね。雨が降り出して、雲が山にかかり始め、見えなくなった頃に福富を後にした。


no-img2
むぅ

また天気のいい日に訪れたいですね。


no-img2
まぁ

「ありがたき 宇宙の法則 ヤマ・二ヤマ 祈りの教え 愛の教え」


クマバチ


挿絵:あい∞ん、写真:まみむ

Writer

まみむ

まぁは、普通のことを普通に話しているだけなのですが、普通かどうかは基準が人それぞれですね。この頃、特に関心があるのは、これからの地球の自然と人間の関わり方。
みぃは、時々神様のお話や植物たちのお話をしてくれます。とにかくこれから良くなっていくことを信じて、ガヤトリー・マントラを日々唱えています。
むぅは、以前から知っていたのですが、最近やっと会いました。あまりおしゃべりではないけど、とってもピュアな感じ。神の存在に対する認識がこの頃できてきて、自分の良心にしたがって生きることの大切さを感じています。



Comments are closed.