ぴょんぴょんの「真夏のアフタヌーンティー」

 あべぴょんのやんごとなき血統書は、皆さんご存知と思いますが、あらためて整理して、まとめてみました。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「真夏のアフタヌーンティー」


赤坂プリンスがあった紀尾井町


おい、何が悲しうて、このクソアチい炎天下、おれたち仲良くお散歩してるんだ?!


・・・散歩に誘ったの、ぼくだけど、悪かった?

いや、そうゆう意味じゃねえが・・・ハアハア、ゼイゼイ、上りだな。

ここは坂だけど、もうちょっとだから、がんばって。

「紀尾井坂」?

ここら一帯、紀尾井町って言うんだよ。
「紀」「尾」「井」町。
江戸時代、このあたりに3つのお屋敷があってね、
「紀」は、紀州・徳川家。(以前、赤坂プリンスホテルがあった場所)
「尾」は、尾張・徳川家。(上智大学の場所)
「井」は、彦根藩・井伊家。(ホテルニューオータニの場所)

あぷりのお茶会

ハアハア、フウフウ・・てことは、大名のお屋敷通りか。

ここを、右に曲がって・・と。

今度は「プリンス通り」って、書いてあるぜ。

以前、赤坂プリンスがあった通りだからね。

うへ〜、アヂイ、アヂイ!

さて、右手をご覧ください。

およ!! びっくり!!
ビルの谷間にいきなり、でっけえ洋館が出てきた。

Author:Wiiii[CC BY-SA]

本日の目的地に、とうちゃこ〜!
ここは昔の「赤坂プリンス旧館」、今は「赤坂プリンス・クラシックハウス」だよ。
さあ、入ろうよ。

え! 中、入れるんか?

入れるよ、レストランも結婚式場もあるしね。

うあああ〜 涼しい〜〜〜〜 生き返ったあ〜〜〜。

えっと、レストランはこっちだね。

(モジモジ)なんか、おれ、場違い?

さすがに中の造りも、クラッシックで、お上品な人たちの場所みたいだね。

まるで、映画のセットの中にいるようだ。

ここに来たら、アフタヌーンティーは外せないよネッ! キラッ!



おめえ、目がキラキラしてんぞ。
さては、それが目的で、おれを誘ったな?

そう、アフタヌーンティーは二人分だから、一人じゃ来れなかったんだ。
でも、それだけじゃない、歴史のお勉強もするつもり。

歴史?


朝鮮王朝最後の王〈李 垠〉


ねえ、知ってた?
ここは、リー家のお屋敷だったんだよ。

リー家? 誰だ、そりゃ?

漢字で書くと、「李」すももの李。

へえ、中国人か?

いやいや、朝鮮の人。
詳しく言うと、朝鮮王朝最後の王〈 李 垠(イ・ ウン)〉が住んでたとこ。

ほお、リーさんは・・・王様かい?!

李王朝は14世紀から続いた朝鮮王朝だけど、1910年(明治43年)の朝鮮併合によって、日本の準皇族にされてしまった。
そのとき皇太子だった〈 李 垠(イ・ ウン)〉は、日本に連れてこられて、日本の皇室の女性と結婚させられた。

政略結婚か。
でも、こんなりっぱな洋館に住んで、さすが特権階級、待遇ええな。

人質とは言え、一応、国賓だからね。
そして、〈 李 垠(イ・ ウン)〉の奥さんは〈梨本宮方子(なしもとのみや・まさこ)〉さん。
この方は、昭和天皇のお后候補だった人で、皇后になった香淳皇后とは従姉妹同士。

へえ、奥さん、バリバリ天皇家に近いじゃん。
ところで、この場所は、紀尾井坂の「き」、紀伊徳川家のお屋敷があった場所なんだよ。

一等地や。

そして、この洋館は、鹿鳴館やニコライ堂を設計した、ジョサイア・コンドルの設計。
元は北白川宮邸として建てられたけど、北白川宮が引っ越した後、〈 李 垠(イ・ ウン)〉夫婦が移り住んで、1930年(昭和5年」に「李王家東京邸」になった。
あぷりのお茶会

ふうん、なるほど・・お・・もりもりケーキの段々皿が来たぞ。


アイスティーもおいしそう。
サンドイッチ食べながら、話、聞いてて。

モグモグ・・。

〈 李 垠(イ・ ウン)〉と〈梨本宮方子(なしもとのみや・まさこ)〉の間には、長男〈李普(イ・シン)〉が生まれたけど、まだ幼いときに食中毒で亡くなった。
次男の〈李玖(イ・ク)〉は、ここで73歳で亡くなった。
〈李玖(イ・ク)〉と、安倍晋太郎がよく似ているというのは、時事ブログでも紹介されたよね。

あ、こいつ、見覚えあるわ!


左が〈李玖(イ・ク)〉、右が「安倍晋太郎」。

こりゃ、そっくりや!

朝鮮王朝最後の王〈李 垠(イ・ ウン)〉の長男〈李普(イ・シン)〉は、安倍家に養子に入り「安倍晋太郎」と名乗ったとしたら。

・・・となると、その息子「安倍晋三」は、李王朝の跡取りってことになる。
そうかあ、わかったぞ!

何が?

だから、あべぴょん、メチャクチャ上から目線なんだよ。
この紋所が目に入らぬか! 恐れ多くも、李王朝のお世継ぎにあらせられるぞ、
頭が高い!控えおろう! ・・・てわけ。

〈李普(イ・シン)〉と「安倍晋太郎」。
どっちも、「普」の字があるのも、ただの偶然かね。

ところで〈 李 垠(イ・ ウン)〉の奥方、「梨本宮方子」に聞き覚えがあるんだが。

これでしょ?


そうそう、梨本宮方子は、横田めぐみの母、横田早紀江にそっくりだ。

どう見ても、同じDNAだとしか言いようがないね。

となると、つまりは、あれだな。

そう、つまりはあれなんだよ。

うんうん、あれだあれ・・・って、これじゃ、通じねえだろ。

つまり、横田めぐみさんの母( 横田早紀江さん)と安倍晋三の父(安倍晋太郎)は、朝鮮王朝の継承者〈李 垠(イ・ ウン)〉と、梨本宮方子さんから生まれた兄妹。

つまり、あべぴょんは、横田めぐみの従兄妹になる。
イヤ・・・ちょっと待て!
横田めぐみの息子は〈金正恩〉・・となると、あべぴょんと〈金正恩〉も親戚か!

この図を参考にして。

おいおい、笹川良一も親戚かよ。
出口おうにん三郎ってのは、もしかして。

〈わにさぶろう〉、大本教の教主だよ。
別の系図によれば、創価学会の創始者も一族から出ている。

畑中「り」も、どこかで聞いたぞ。

畑中「おさむ」、北朝鮮を建国した中心人物だね。
と金日成の奥さんとの間の子が、金正日、つまり横田めぐみさんの夫だよ。

なんか、豪華絢爛キャストで、頭がグルグルしてきたぞ。

頭の疲れには、チョコレートケーキが一番。


なにこれ! うんめえ!

ぼくは、ロールケーキ・・と。
あべぴょんの母方のおじいちゃんは、〈岸信介〉。
実は、この「岸」という名字も、李家の「李」から来ている
らしい。
李 = 木と子 = きし = 岸。
板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

およ! あべぴょんの父方のじいさんは〈李 垠(イ・ ウン)〉。

李家同士で、婚姻を結んでることがわかるよね。

しかし、李家が日本にはびこっているなんて、知らなかったぞ。

はびこらせたのは、アメリカだよ。
戦後日本のアメリカによる植民地支配・・・の基本は、少数民族に権力を与えることですが・・・韓国併合で支配権を失った李一族に権力が与えられたとあります。」(時事ブログ

少数民族に権力を与えて支配するやり方は知ってるが、まさか日本もヤられてたとはな!

その、「李一族・復活計画」を支援しているのが、統一教会。

あべぴょんのバックに、つねに統一教会が見え隠れしてるもんなあ。

統一教会は、李王朝の血筋が日本のトップになるように応援してきたんだよ。
「“安倍晋三は李氏朝鮮の最後の皇太子李垠の孫”・・・この李一族を復活させ、独裁体制を狙う陰謀を支援しているのが統一教会という構図です。」
時事ブログ

大本教も創価学会も身内、そして統一教会も加わって。

さらに、警察も、自衛隊もグルなんだ。

なんと!! 

李一族は・・・警察予備隊、すなわち自衛隊を創設します。岸内閣では正力松太郎がパチンコ裏金で警察を支配する体制を作り・・・警察幹部にはパチンコ裏金が渡され、マスコミなどの情報統制が行われ、殺害を自殺として処理する体制が作られたとあります。」(時事ブログ

Author:istolethetv[CC BY]

「殺害を自殺として処理する」・・得意中の得意やん。

警察組織の腐敗どころか、はじめから裏金ありきの警察として誕生したんだよ。
原子力村だってそうだよ。
ロックフェラーが、李一族と手を組み、ロスチャイルドに隠れて、核爆弾・核爆弾用原料製造ルートを日本で確保するための工作を行ったとのことです。」
時事ブログ

はあ〜〜〜〜。

そして今まさに、そこまで来てるんだよ。
「現状では、その李一族独裁体制は、緊急事態条項さえ手に入れば完成するところまで来ています。・・・『李一族による朝鮮・日本支配はほぼ完成』とあります。」
時事ブログ

わお〜ん!!
なんで、おれたち、滝壺に飛び込む直前まで気づかなかったんだろ!

まあまあ、泣かないで!

今になって、すべてが理解できるよ。
あべぴょんが、自分のお友だちだけに甘々なのも、側近があれだけご機嫌とるのも。

そして、あべぴょん周辺の不正が、まったく裁かれないことも。

だって、王さまなんだもん。

統一教会は、「天皇家は2800年です。その前からある皇統が安倍さんにつながっているのだから、安倍さんが正当の支配者である」というデマを流している。
中杉 弘の徒然日記

Author:Chris 73[CC BY-SA]

孝明天皇までは、天皇家は神武天皇にさかのぼる、ホツマの神の系統だってこと、知らねえな。
桃のババロアうめえ・・・ムニャムニャ・・・しかし、これでわかったわ。

何が?

大した一族じゃねえわ、リーさんち。
あれほどのウソ吐きモンスター、あべぴょんを輩出するぐれえのもんよ。
しかも、そんなのをホイホイ担ぎやがって。

残念ながら、徳の高い一族には、お見受けしないね。

阿呆大臣も一族だしな。
ただの大ウソつき、大ホラ吹き一族じゃねえのか。

あ・・・ベラベラしゃべりながら、ぼくのエクレアも食べちゃった!

Author:Luftpirat[CC BY-SA]

わりい! 1個じゃ足りなかったからな。
おれの、タルトをやるよ。


李王家東京邸に設立された清和会


エクレア食べたかった・・。
さて、かつての「李王家東京邸」に戻るよ。
李家の後、ここに〈清和会〉が設立され(1979年)、〈李 垠(イ・ ウン)〉の息子、 安倍晋太郎が第二代・清和会会長になった(1986年)。

つまりあれか?
リーさんちに自民党派閥「清和会」ができて、そこに会長に出世した息子が、戻ってきて凱旋したわけか。

だって、安倍晋太郎は「政界のプリンス」って呼ばれてたんだよ。

王〈李 垠(イ・ ウン)〉の息子だから「プリンス」。
そして、ここはプリンス通りにある、元・赤坂プリンス。

Author:Wiiii[CC BY-SA]
解体前の赤坂プリンスホテル

知ってた?「清和会」のこと?
「清和会」の代議士が逮捕されたことはない。
そしてあべぴょんは、清和会の大幹部。
「清和会」の本当の漢字は「征倭会(倭人を征服する会)」。
テーマは「如何に日本人を騙して袋たたきにしていくか」。
中杉 弘の徒然日記

ゾオオ〜〜〜!!「征倭会」!
おれたち、そんなヤツらの元アジトで、優雅にお茶してるわけ?

臨場感ありありでしょ?

取って食われそう〜〜〜〜。

「清和会」は、「全ての日本人の役職を乗っ取っていく目的で造られた会」なんだよ。だから彼らは由緒ゆかりのある、リーさんちで旗揚げしたんだよ。
中杉 弘の徒然日記

つまり、日本人を隅に追いやり、朝鮮人を優遇してきたのか?

朝鮮人かわいそうを広めるために、朝鮮人をターゲットにしたヘイトも煽っている。

そのワナに引っかかって、ヘイトに賛同する日本人は、自分で自分の首を締めてるようなもんだわ。

あの一族以外の日本の住人で、団結できたらいいね。

しかし今どき、日本人、朝鮮人、中国人とか古いわ。
みんなまとめて、地球人でいいじゃん。
仲良くやれないヤツらは、グアンタナモにでも行きゃあいい。

ぼくは、韓国の人たちをリスペクトしているよ。
だって、「Yes Japan , No Abe」って言ってくれたんだから!

おれも、マネして「Yes Japan and Corea, No Abe!」

あれ? ぼくの桃のババロア知らない? 
最後に食べようと取っといたのに・・・。

・・・・・・(^o^)。

Author:Kanko*[CC BY]


Writer

ぴょんぴょんDr.

白木 るい子(ぴょんぴょん先生)

1955年、大阪生まれ。うお座。
幼少期から学生時代を東京で過ごす。1979年東京女子医大卒業。
1985年、大分県別府市に移住。
1988年、別府市で、はくちょう会クリニックを開業。
以後26年半、主に漢方診療に携わった。
2014年11月末、クリニック閉院。
現在、豊後高田市で、田舎暮らしをエンジョイしている。
体癖7-3。エニアグラム4番(芸術家)

東洋医学セミナー受講者の声

Comments are closed.