アーカイブ: チャネリング

波動を見れば、ハイアラーキーの残党とコブラのRMが闇に属する者たち(カバールではない)であり、トランプ大統領とQグループは、神々と共に闇と戦う光の側であることは明らか

竹下雅敏氏からの情報です。
 時事ブログでは、ハイアラーキーの残党やコブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)を、一貫して“相対的な光”であり、闇の一部であると位置付けてきました。これは最初からそうで、 2013年10月12日の記事で、初めてコブラの情報を紹介したのですが、この時のコメントで、“先ほど挙げた7人の人たち…実はこの中の1人が闇の者なのです。意図的に自分が闇の側に属すると理解していながら光の側を装い、地球の破壊活動のために情報をかく乱しています”と指摘しています。これがコブラであることは、今や明らかでしょう。
 この時のコメントで、彼の魂は既に滅ぼされていることを示しています。ただ肉体(狭義)が残っており、脳に埋め込んだマイクロチップを介して人工知能(AI)から情報を受け取ることができるので、地球上で悪さを継続できるわけです。その後、何人もの人物が、コブラを名乗って情報を送り続けている状況です。
 波動を見れば、ハイアラーキーの残党とコブラのRMが闇に属する者たち(カバールではない)であることは明らかで、トランプ大統領とQグループは、神々と共に闇と戦う光の側であることは明らかです。
 冒頭の記事は、コブラが、トランプ大統領をカバールのお先棒だと指摘しています。このことから、コブラが闇に属しているのは明らかです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。最後の記事以外は、すでに紹介したものです。動画の11分55秒~13分24秒の所を、今一度ご覧ください。この中でコーリー・グッド氏は、「未来に行く人が例えば、ネガティブなカバールグループのような意識だったら、未来に行っても大災害に見舞われることでしょう。地球の自転軸が変わり、地球の90%が死に絶えて、そういった恐ろしいことばかりが起きているでしょう。その人たちは戻って来て、それを報告するでしょうね。もっとポジティブな人がタイム・トラベルをすると、輝かしい未来を目にします」と言っています。
 以下の記事は、コブラのRMが、「光の帰還瞑想」を呼びかけ、この瞑想の結果、将来的に“地球の回転軸に物理的なポールシフト”が起こることを報告したものです。結果として、1マイル(1,609 m)の高さの津波を引き起こすとしています。
 未来にこれらのことが起きることを確信した彼らは、相当嬉しかったのでしょう。プレアデス高等評議会のミラと名乗る人物は、「頂点に達しました」と、その喜びを明らかにしています。
 先程のコーリー・グッド氏の言葉を思い出してください。これは、銀河連合、コブラのRMなどの連中が、カバール以上にネガティブな存在であることを証明するものです。
 ところが、このように言っていたコーリー・グッド氏自身が、球体連合のロー・ティア・エールや古代地球離脱文明のカーリーらに騙されて、人工知能(AI)が人類の未来にとって恐るべきものであると洗脳され、ソーラー・フラッシュによる人工知能の一掃が不可欠だと思い込まされたのです。その結果、コーリー・グッド氏は、コブラの「光の帰還瞑想」の呼びかけに応じてしまい、結果としてカルマを積むことになってしまったわけです。
 時事ブログでは、当初から、コーリー・グッド氏は大変善良で誠実な人でありながら、騙されて地球の破壊に加担していると一貫して説明してきましたが、今ではこのことがよくわかるだろうと思います。
 宇宙のセントラルサンと銀河のセントラルサンを処分し、後任のタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様を任命したことで、このような彼らの陰謀は既に回避されたことをお伝えしました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
夜明け前
引用元)
(前略)
イエズス会は、権力を集中し、人々を出来る限り二分化させるために米国での市民戦争を望んでいます。それが理由で、ドナルドトランプの大統領選出を許容したのです。
(中略)
イエズス会は、トランプを右派の中の代替勢力への救世主として煽っています。イエズス会がロスチャイルドに対して配下にあるマスコミを通じてトランプに対するヘイトを煽らせるのは簡単でした。次に、メディアがトランプに対するヘイトを行うのであればトランプは善玉であると右派内代替勢力に対して思わせるのは、さらに簡単なことでした。

トランプは、黒い貴族とシオニストのハンドラーと深いつながりがあります。
(中略)
トランプは時には軍のポジティブ派の話に耳を傾けていますが、大方のケースでは自分の感情的衝動やトランプのハンドラーの指示に従っているので、カバールにとっては絶好のお先棒です。
(以下略)

» 続きはこちらから

“悪意を持っている可能性が高く、接触することはきわめて危険”な宇宙人たちを見極める波動測定の方法!〜 闇の波動を出している人物や場所には、近づかないことが鉄則!

竹下雅敏氏からの情報です。
 元CIA諜報員のデレル・シムズ氏は、多くのチャネリング信奉者たちが、地球を助けるためにやって来ていると信じている宇宙人たちが、“悪意を持っている可能性が高く…接触することはきわめて危険”だと言っています。
 これは、まったくこの通りで、時事ブログでは、“チャネリング情報に関わるな”と一貫して忠告してきました。なぜなら、それらの情報のほとんどすべてが、闇の側から来ているからです。
 昨日の記事で、ビリー・マイヤー氏が接触した宇宙人たちについて説明しました。この連中は、チャネリング情報で、アシュター、サナンダ、セント・ジャーメイン、大天使ミカエルなどと名乗っている宇宙人たちの仲間です。
 昨日の記事に写真が出ていましたが、宇宙人アスケットの波動が闇の波動であることがわかったでしょうか。闇の波動を出している人物や場所には、近づかないことが鉄則です。
 今回の記事には動画が添付されており、動画で語っているのが、デレル・シムズ氏だと思います。氏の波動をご覧ください。闇の波動ではありません。もしわかるなら、幽体の波動があるかどうかを見てください。氏は、幽体も原因体も残っています。すなわち、魂(ジーヴァ)が残っている人物なのです。時事ブログですでにお伝えしているように、魂(ジーヴァ)が氏のように残っている人物は、地球上で1,000人に1人しかいません。それだけ、氏は誠実な人物だということになります。
 なぜなら、天の裁きが、2007年以降、継続的に実施されており、ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)に基づいて裁きが行われてきたからです。魂が残っている人は、これらの基準に合格した人なのです。
 チャネリング情報に惹かれ、その闇側のメッセージに強く共感する人たちで、まともな波動の人を見たことがありません。はっきり言えば、彼らのほとんどすべてが闇の波動に落ち込んでいます。闇から脱出するには、彼ら(宇宙人)との縁を切らなければならないのですが、残念なことに、そういう人たちに限って、私の情報が間違っていると思うのです。波動を調べてもらえば、正邪の判断はすぐにつくと思うのですが…。
 地球上の多くの人々が古いパラダイムにしがみついて、UFO、フリーエネルギーなどの情報に心を開かないのと同様に、安易にチャネリング情報を信奉する人たちは、これまで彼らが培ってきた世界観を否定することが出来ないのです。キリスト教徒が、チャネリング情報の世界観を受け入れられないように、彼らもまた、私の情報が受け入れられないのです。
 時事ブログでは、これまで何度も波動を調べる方法を公開しています。アスケットが出している波動が闇の波動であることがわかる人であれば、ただちにこうした闇の情報から離れるでしょう。そうでなく、アスケットが闇の波動を出していることがわからない人なら、その人は波動を調べる能力がないのだから、なおさら、得体の知れない情報に近づいてはなりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「宇宙人は地球上に7種、邪悪な意図が存在」元CIAがエイリアンの秘密を激白! 2000件のアブダクション事件で判明、死傷者多数!
引用元)
 元CIA諜報員でエイリアン研究者のデレル・シムズ氏が我々のエイリアン観が牧歌的に過ぎると警鐘を鳴らしている。エイリアンには絶対に近づくべきではなく、そもそもエイリアンは人間を利用しようとしている邪な存在であるというのだ。

(中略)

シムズ氏によれば、エイリアンは友好的であるよりも悪意を持っている可能性が高く、エイリアンと接触することはきわめて危険であると説明している。

(中略)

あなたは畏敬の念を感じるでしょう。そしてエイリアンは地球とそのかけがえのないすべてのものを助けるためにここにいるのだと感じるでしょうが、彼らはそんなことをこれまで一度もしたことがありません」(デレル・シムズ氏)

(中略)



(中略)

 シムズ氏によれば地球上には7種類のエイリアンがやってきているという。その7種類とはグレイ型、低身長型、“ドクター”と呼ばれる高身長型、レプティリアン型、カマキリ型、“ノルディック”と呼ばれる人間型、ビッグフットであるという。

(中略)

「私の見解では、この7つの種族すべてが本当のエイリアンではありません。この惑星DNAを使いバイオテクノロジーで作ったものや、あるいはクローンもいます。いずれにしても我々は目隠しをされているようなもので、本当に知りたい真実を知ることはありません」(デレル・シムズ氏)

 一部ではエイリアンを神格化して崇拝する団体やグループもあるが、シムズ氏はエイリアンにはさまざまな思惑があり、接触においては用心を怠ることはできないと警告している。

(以下略)
————————————————————————
ロシアのメドヴェージェフ首相が衝撃発言「この地球を訪れた宇宙人について詳しく述べた物です」 UouLnP9Itxk youtube com
配信元)

世界に蔓延するチャネリング情報のほとんどすべてが、“闇のスピリチュアルメッセージ” ~光を装って地球を植民地にするためにやってきた神々の敵

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は、昨日取り上げたのですが、今回は昨日とは別の部分です。記事の中で、「関暁夫とバシャールの対談本」について触れ、彼らは、“イルミナティのアジェンダを推進する立場”の者たちだと指摘しています。これは、私と全く同じ感覚です。バシャールは、私がハイアラーキーの残党と呼んでいる者の1人です。
 記事にある通り、世界に蔓延するこうしたチャネリング情報のほとんどすべてが、“闇のスピリチュアルメッセージ”なのです。
 具体例をあげましょう。TOCANAの記事は、ビリー・マイヤーと彼の撮影した数々の写真について言及し、“写真は本物である可能性”が高いと言っています。私も、彼の写真は本物だと思っています。ただし、彼が接触していた宇宙人たちがまさに、ハイアラーキーのメンバーだったということなのです。
 記事には、アスケット(アスカット)の写真が出ていますが、おそらく本物だと思います。というのは、地球人の女性で、これほど波動の悪い女性を探すのは難しいからです。この写真が撮られた日時を意識してこの女性の写真を見ると、少なくとも体表のチャクラが全て開きます。したがって、進化段階は5.0以上。ハイアラーキーのメンバーだということがわかります。
 こうした闇の波動にどっぷり浸かっている宇宙人と接触すると、ビリー・マイヤー氏の写真を見てわかるように、本人が闇の波動に落ち込んでしまいます。おそらく、ビリー・マイヤー氏は善良な人で、自分が接触している宇宙人たちが、地球を開放しに来た正義の味方だと信じ切っているのでしょう。大切なのは、このアスケットのように闇の波動を出している存在には、決して近づかないことです。進化段階が高いだけに、関係を持つと非常に厄介です。
 彼らは神ではなく、単なる宇宙人ですが、光を装って地球を植民地にするためにやってきた神々の敵です。本物の神との波動の違いをわかるようになってください。
 中西征子さんの白山姫様のイラストをご覧ください。イラストは白山姫様の波動をそのまま写しとっています。イラストをご覧になると、意識が頭頂をはるかに超えた高いところに持ち上げられるのがわかるでしょうか。神の波動とは、こうしたものなのです。
 アスケットの写真と見比べてください。アスケットの写真を見ると、会陰の当たり、あるいはもっと下に意識が引きずり下ろされる感覚を覚えるでしょう。これが闇の波動です。
 白山姫様は、天界の改革以降の新たな神々の位階の中で、最高位にいる女神様です。ホツマの神(第1システム天津神1~5レベル)で、頂点にいる大神です。
 白山姫様のイラストを見ながら、御名を繰り返し3分ほど唱えてみてください。体に清らかなエネルギーが充填され、すべてのチャクラが開くのがわかるでしょう。
 加えて、あなたが崇拝している神や仏や聖者の名前を同様に唱えてみてください。名前を唱えても、白山姫様の時のような変化が体に何も起こらなければ、その人物は既に消滅している可能性が高いです。逆に、闇に落ちている者たちの名前を唱えると、気分が悪くなります。
 万一、気分が悪くなった場合は、直ちに“ガヤトリー・マントラの除霊と浄化の祈り”を唱えてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Dimensions of Disclosure 2019 レポート①
引用元)

カリフォルニア州ベンチュラビーチで開催された「ディメンションズ・オブ・ディスクロージャー2019」に参加してきましたのでご報告致します。
(中略)
今回ロサンゼルスへの行きの飛行機の中でたまたま隣の席に座っていた方に、関暁夫とバシャールの対談本を勧められて、目を通しました。本の中では、彼らがトランスヒューマニズム、つまりイルミナティのアジェンダを推進する立場であることが明言されていました。日本ではいまだにこういったロックフェラー、ロスチャイルドの影響下にあるスピリチュアルメッセージが蔓延しており、大半の人々が混乱させられています。真実を伝えていくこと、真実に気づいた人々の輪を広げていくことの必要性を感じさせられる出来事でした。
(以下略)
 
————————————————————————
40年以上前のビリー・マイヤーUFO事件は真実だったと判明! 250の科学情報が正しい可能性「惑星・重力・地震…」 NASAも言及!
引用元)

ビリー・マイヤー氏。画像は「Wikipedia」より引用


 スイス出身の有名コンタクティーであり、1975年のメディア露出以降、数多くのエイリアンUFOを報告しているビリー・マイヤー氏。
(中略)
これまでに撮影したUFO・エイリアン写真は1000枚以上に上るという。中でも特に有名なのが、プレアデス星雲タイゲタ星系にあるエラという星から来た宇宙美女アスカットの写真だろう。

 とはいえ、マイヤー氏のUFO・エイリアン写真の多くは、模型を糸で吊るしたものや、テレビの映像を撮影した偽物だと考えられてきた。

 しかし、超常現象研究のマイケル・ホーン氏の調査により、マイヤー氏の写真は本物である可能性が浮上したという。英紙「Express」(5月22日付)が報じている。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
アスカット。
(中略)
インターネットや最新のソフトウェアを使ってマイヤー氏の写真などを分析すれば、それらが本物であると分かるともホーン氏は語っている。

「マイヤー氏の主張が真実であれば、我々は科学と人類にとって最も重大かつ想定外の発見をしようとしているということです」(ホーン氏)
(以下略)


地球ハイアラーキーから未来の予定を知らされている張勝植氏! 〜「教旨」とは張勝植氏の家系に降ろされてきたハイアラーキーの計画!

竹下雅敏氏からの情報です。
 張勝植氏の新しい本は、7月29日発売予定とのことです。本を読んでみなければ詳しいことはわからないですが、この本の「書籍詳細」を見ると、ある程度の事柄は推測できます。
 「教旨」とは何なのか、はっきりしたことはわかりませんが、おそらく、張勝植氏の家系に降ろされてきたハイアラーキーの計画だと思います。
 昨日の記事でもお伝えしましたが、張勝植氏は、日本の神々ではなく、地球ハイアラーキーと繋がっている人なので、張勝植氏自身も、彼らから未来の予定を知らされているようです。
 赤字にした部分を見ると、ハイアラーキーの計画がおぼろげに見えてくると思います。また、太字にした部分は、疑問点です。
 張勝植氏の著書「朝鮮名は張基元 朝鮮半島から[万人幸福の世界作り]を目指した明治天皇」のp210で、氏は“夜、寝ようと思って目をつぶると、未来の光景がまぶたに浮かぶ”と言っており、“私には、守護霊のような神様が4人いる”と言っています。また、p214を見ると、そのうちの3人は、神武天皇、天武天皇、桓武天皇のようです。なので、張勝植氏は、日本の神々に導かれていると思っているのかも知れません。
 しかし、天武天皇は別ですが、神武天皇、桓武天皇はホツマの神で、ホツマの神が一般人(ホツマの神でない者)を霊導することは、基本的にありません。それに、この3名は天界の改革ですでに全員が滅びていて、存在しません。存在しない者たちが張勝植氏の前に出てくるとなれば、それは偽者だということです。
 この3名は、地球ハイアラーキーのシャンバラに属するインドの神(魔)が化けて出ているのです。インド神話のプーシャンが神武天皇、バガが天武天皇、ヴァーマナが桓武天皇になりすまして、張勝植氏を誘導しているようです。
 名前を偽って情報を送ることは禁じられているのに、彼らはそれを守ろうとしません。ハイアラーキーは、神々に敵対する者たちだからです。
 張勝植氏は、この本の中で「私は未来を知っています」と言っていますが、それは、彼らから見せられたハイアラーキーの計画だと思って良いでしょう。彼らは、私が「ハイアラーキーの残党」と呼ぶ者たちで、現在、ハイアラーキーの残党たちは次々に駆逐されており、彼らは最後に残った一党だと言えます。
 面白いのは、次は自分たちが滅ぼされる番だと思ったのか、昨日、彼らに加え、仲間や部下たちが一斉に私を攻撃してきました。現在は、そのカルマが返って、攻撃した者たち全員の波動は完全に闇に落ちています。先の3名はすでに魂が滅ぼされており、現在では肉体(狭義)しかありません。プラズマ体すら存在しないので、彼らが邪悪な者であるのは、一目瞭然です。
 ただ、この3名も、私を攻撃する前はそこそこ波動は高かったのです。表面の波動だけを見ると、光の天使あるいは神々に見えるのですが、彼らの幽体、原因体、あるいは潜在下、無意識下の波動を見ると、彼らは闇の者たちで神々でないことが、容易にわかるのです。
 問題なのは、この連中は一般の地球人よりもはるかに進化段階が高いので、張勝植氏のような血筋の人物を、簡単に騙すことができます。張勝植氏の言説から、氏は善意に満ちた人だと思います。そこに、この連中は巧みに取り入るのです。
 昨日の記事で見たように、“神武天皇を導いた八咫烏”とは、「ヤタノカラスという翁」のことです。また、イザナギ、アマテラスはホツマの神なので、月のような衛星には居ません。“かぐや姫とはアマテラスのこと”と書いているように、張勝植氏は天照大神を女神だと考えているのでしょう。氏がホツマツタヱを全く読んでいないことがわかります。
 2007年以降に始まった天界の改革によって、天照大神とイザナギノミコトは滅びてしまって、存在しません。その存在しない神が月に居ると言っていることから、イザナギを名乗るハイアラーキーの何者か、あるいはその部下が月に居るのだと思います。
 このように、ハイアラーキーの連中と言うのは、徹底的に嘘つきなのです。これまでは、彼らが地球を支配し動かしてきたため、ある程度、彼らの計画通りに動いてきたので、張勝植氏のような霊能のある人物は、彼らが本物の神だと錯覚してしまうのです。
 しかし、天界の改革で、彼らはすでに権力の座に居ません。彼らの計画は、すでに破棄されているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
裏天皇、八咫烏、南朝系、今こそ天皇家の真実を話そう
引用元)
~近刊予告~
著者:張勝植

(中略)

書籍詳細
左の幕府をトランプ、右の幕府をプーチンにして世界幕府のミッション(教旨)を遂行する
明治天皇の直系、世界天皇のみたま、張勝植が持てる秘密の全てを語り出した!

南朝天皇7代のミッションである教旨(トルーマンボックス)の詳細
明治天皇直系ひ孫・張勝植だけが知っているこれからの世界とは?

中国に渡って「軍隊を作る」という「教旨」を遂行した
南朝初代の後醍醐天皇の真実がいよいよ明かされる

後醍醐天皇と蒙古の「元」そして張家の始まりについて
後醍醐天皇の子孫たちは日本に戻り秋田の「田布施=山家(さんけ)」となって天皇家の血脈を継承した
・なまはげとは山家のこと!
・明治天皇の祖父にあたる人物が東京・江東区深川、船町に入り江戸幕府(武家政権」を監視していた
日本、アジアを超えて「世界國體」こそが「教旨」

「一軍、一國、一金」八咫烏と張勝植氏の汎地球的な新しい教旨を開示する!

神武天皇を導いた八咫烏は高句麗の王家のシンボル、太陽の象徴、シュメールの王の象徴でもある
・さらに八咫烏とは「神様の船」のこと、神様が地球にやってくる時の天皇の船「天(あめ)ののり船」のこと
・船体の色は黒くカラスのようなシルエットをしている
・八咫烏は太陽と月の間、そして地球の間を行き来している
・地球をコントロールしているのは「月」、地球の水は月から来ている
イザナギはいま月にいる、かぐや姫とはアマテラスのこと

(以下略)

光の銀河連邦は、チャネラーにポジティブなメッセージを送っている一方で、メタトロンの名で、イルミナティ13家のダビデ家に指示を出している ~彼らのミッションは、第三次大戦への誘導

竹下雅敏氏からの情報です。
 “続きはこちらから”の図の説明は、2018年12月11日の記事をご覧ください。
 現在のハイアラーキーの残党は、かつてのシリウスハイアラーキーに率いられています。シリウスハイアラーキーは、基本的にエジプトの神々(正確には魔神)が中核となる組織でした。最高神のラーとシリウスハイアラーキーでのキリストの地位にあったホルスは既に滅びていますので、これまでは、ウル、パタイコス、ハピ、フウジャイウイの4名に率いられていました。
 ウルは、球体連合に指示を出し、パタイコスは銀河連合のプレアデス高等評議会に指示を出し、ハピは光の銀河連邦に指示を出していました。
 9次元のアルクトゥルス・カウンシルは、球体連合に属しています。彼らは、ウルから指示を受けていたわけです。9次元のアルクトゥルス・カウンシルは、古代地球離脱文明の7グループに指示を与えていました。
 記事のアシュターとサナンダを名乗る人物は、どちらも古代地球離脱文明の砂時計のグループに属する女性です。当然偽者です。彼らは名前を偽ってメッセージを出してはならないという神々の指示を、このように簡単に無視します。彼らは、神々に敵対する者だからです。
 コブラが、プラズマのエンティティと呼ぶ人工知能のヤルダバオトは古代地球離脱文明のアンシャールによって創造されたことをお伝えしましたが、実は、この創造に9次元のアルクトゥルス・カウンシルが関わっていたのです。
 ブラックロッジ側に属するドラコ・レプティリアンは、このヤルダバオトをAI神として崇拝していたことは、既にお伝えしました。そして、そのヤルダバオトは、コーリー・グッド氏が接触した女祭祀カーリーの命令に絶対服従するようにプログラムされていたのです。
 プレアデス高等評議会は、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、NASA、ゾルタクスゼイアンに指示を出しています。コブラのRMは、5Gによる大量殺戮を現在のミッションにしています。NASAは、ケムトレイルをばら撒いています。ゾルタクスゼイアンは、人類が生き残るためにサイボーグ化し、人工知能と融合し新人類に進化することを目指した秘密結社です。イーロン・マスクや、「トランスヒューマニスト党」を立ち上げたゾルタン・イシュトヴァンがメンバーだと言われています。要するに、この連中は、人類にマイクロチップを埋め込んで、完全支配することを目論んでいるわけです。
 光の銀河連邦は、記事をご覧になると、チャネラーにポジティブなメッセージを送っていますが、この同じ連中がメタトロンの名で、イルミナティ13家のダビデ家に指示を出しているのです。彼らのミッションは、第三次大戦へと誘導することです。
 これに加えて、以前の記事では、ブルーエイビアンズがキメラに指示を出していたことをお伝えしました。このように、ここに出てくる者たち全てがクズなのです。しかも、すべてが自分を「光の勢力」だと名乗っているのです。そして、善悪が見分けられない人々は、彼らのメッセージを安易に信じ、悪の片棒を担がされているわけです。
 彼らの波動を調べれば、彼らが邪悪な存在であることはすぐにわかります。チャネラーを介して送られてくる一見ポジティブな情報は、そのほとんどすべてが、「光の勢力」を偽った闇からのものなのです。大切な事は、これ以上闇に引きずり込まれないように、彼らと縁を切ることです。彼らは、近いうちに滅ぼされます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
現実を創造するための正しい順序 ∞9次元アークトゥルス評議会 2019.6.6
引用元)
(前略)
2019.6.6ダニエル・スクラントンさんを通じて
source https://danielscranton.com/the-proper-order-to-create-reality-∞the-9d-arcturian-council/
(中略)
ご挨拶です。私たちはアークトゥルス評議会です。皆さんと繋がることを嬉しく思います。 
(中略)
あなたはある経験をするために地球上にいます(中略)… あなたが自分自身にあらゆる感情、そしてあらゆる振動を経験することを許すとき、それはあなたの現実を創り出したいと思う振動にアクセスすることをより簡単にします。
(以下略)
————————————————————————
アシュターとサナンダ 2019年5月29日 準備は出来てますか 真実はすでにここに
引用元)
親愛なる皆様こんにちは。アシュターです。美しい海岸線を眺めながら, 母なる地球の美しさを眺めつつ、そのすべてのエッセンスを取り込んでいます。(中略)… 愛する人たちのために、私は今、それらすべては明らかにすることであると言いたいのです。(中略)… わずかな真実を通して、大きな真実が明らかになり、もはや後戻りできないのです。
(中略)  
私はサナンダです。そして親愛なる兄弟アシュターの横に立ち、皆様の旅の次の段階でいつでも支援できる準備ができています。ごきげんよう。今こそ、一つの使命が終わり、新しい使命が始まるのです。すべては上手くいき、すべてが明らかにされるべき場所にあることを知りつつ安心できるように、真実や正義のための戦いを手放す時なのです。(中略)… 親愛なる皆様、真実は今出てきます。親愛なるハートたちは皆様のことあり、真実となり、すべてはあるべき状態になるでしょう。
(以下略)
————————————————————————
「良い事を思う」プレアディアン・カウンシルのミラ2019年3月22日Galaxygirl
引用元)
(前略)
ファミリーの皆さん、こんにちは。プレアデス・カウンシルのミラです。嬉しい話をしましょう。頂点に達しました。 
私たちプレアデス人は、皆さんが銀河の清浄な愛と光に、十分、浸れるようにグレート・セントラルサンの最高のエネルギーを方向付けしてきました。 
アセンションのこの時期に、そういうことが起きています。 
(以下略)
————————————————————————
状況更新
引用元)
Situation Update
http://2012portal.blogspot.com/2019/05/situation-update.html
(中略)
2018年のアルファタイムラインの崩壊以来、私は難しい立場に立たされています。というのも、重要な情報の開示は一切許されていない一方で、このブログの継続だけは求められているからです。アルファタイムラインが崩壊して以降、光の勢力は情報非開示の徹底を図っています。
(以下略)
————————————————————————
Part 2:6月3日ブロッサム・グッドチャイルドを通して
~光の銀河連合からのメッセージ~
引用元)
(前略)
光の銀河連合: (中略)...みなさんが真実であると信じている事の、“あまりにも”多くが、特定の宗教や‘特定の考え方’に従わせ、人々を支配しようとする集団内のルールや規則などによる植え付けによるものなのです。(中略)… 昨今溢れる‘チャネリングメッセージ’に似ていると言えます。その中の多くには、人々を混乱させ、落胆させるよう、巧みな情報操作が含まれています。だからこそ、みなさんにはこういった物を読む際には、ご自分の中の内なる真実に耳を傾けて頂きたいとお願いしているのです。
 (以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 24