アーカイブ: チャネリング

エレナ・ダナーン氏やマイケル・サラ博士を通じて、自分たちにとって都合の良い方向に地球人を誘導しようとしている「世界の銀河連邦(GFW)」

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事では、「ギャラクティック・フェデレーション・オブ・ワールド(世界の銀河連邦/GFW)」のソー・ハンからの情報で、“7月中旬に木星の大気圏上層部で、銀河連邦の代表者との間の秘密会議が行われ、「宇宙開発を行っている14カ国の代表者が集まった」”とのことでした。マイケル・サラ博士は、「イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、リチャード・ブランソンなどの著名なCEOが木星会合に出席していたことはほぼ間違いない」と言っていました。マイケル・サラ博士の洞察はさすがで、確かにこの3人は秘密会議に出席していたようです。
 ただ、マイケル・サラ博士の記事に関しては、疑問を持つ人が多かったようで、情報源のエレナ・ダナーン氏に対して、「信用できない。神の声テクノロジーが存在することもわかっている」という意見も出ています。人々がチャネリング情報に疑問を持つようになったことは、大変良いことです。
 これはコーリー・グッド氏が「神の声テクノロジー」の存在を暴露し、“この技術は人々を納得させるためによく使われます。自分がコンタクトしているのは間違いなく信仰の対象や、チャネリング対象のアセンデッドマスターまたはETであることを、納得させるのです”と言っていたことが大きいと思います。
 この技術は秘密結社が良く使っているということですが、日本人のチャネラーなど、幾人か、よく知られている人達を調べて見たことがあるのですが、本物と交信しているチャネラーは一人もいませんでした。指導霊や銀河連合を名乗る人物は、実際には地球同盟(アース・アライアンス)やカバール組織というケースばかりでした。私としては、現に肉体を持つ指導霊、しかも地球人というのは苦笑するしかないのですが、本人はもちろん、こうした情報を信じている人たちが多いのも事実です。
 「波動」を調べて、闇の波動の情報は警戒するのが基本です。曖昧な感覚で波動が高い、低いと判断するのではなく、チャクラの感覚をきちんと身に付けて判断するようにしてください。
 さて、情報源のエレナ・ダナーン氏ですが、5月15日の記事で、“彼女の「波動」から異様なものを感じました。…私は、こうした異様な「波動」の人物の情報は、基本的に信用しません。しかし、全てがウソの情報であれば、誰も彼女の情報を信じないでしょう”とコメントしました。
 彼女の場合は、チャネリングとは異なり、脳にマイクロチップを埋め込まれています。彼女が接触したソー・ハンというプレアデス星団人は、波動から実在します。ソー・ハンの波動から、信用できない人物だという事は直ちに分かります。彼の「正直さ」や「暴力性」といった性格も、チャクラを用いると簡単に調べることができるからです。こうした事柄は、隠すことができません。チャクラの感覚を開発すれば、誰でも出来るようになります。
 こうした事から、「世界の銀河連邦(GFW)」は、エレナ・ダナーン氏やマイケル・サラ博士を通じて、自分たちにとって都合の良い方向に地球人を誘導しようとしていると思って間違いないでしょう。
 Dさんのコメントは本質を突いていると思います。「この数人が人類を代表して意思決定をしているというの? 呆れてしまう。むしろ、彼らは現在のカバールのようではありませんか? …そんなのが私たちの地球を代表するべきではない!」のです。
 時事ブログでは、“新世界秩序(NWO)を背後で支援しているのは、「銀河連合」の宇宙人たちだ”と一貫して指摘して来たのですが、マイケル・サラ博士の記事の内容から、この通りだという事が分かると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート4 ~楽観論と慎重論の狭間で~
引用元)
(前略)
マイケル・サラ:ソー・ハンによると、宇宙開発を行っている国は実際には14カ国あるが、上位6カ国は銀河連邦に、最も進歩的で耐久性のあるプログラムであり、彼らと手を組むのに適していると認められたという。残りの8つの国は、利益をもたらす商業協定を望んでいた。ソー・ハンは、これらの上位6つの「水平」連合が、アメリカの指導のもとに統一された宇宙部門として立ち上がることについても語っていた。
(中略)
さすがに今回のサラ博士の記事には疑問を感じた人も多いようです。コメント欄に寄せられた声を一部紹介します。
(中略)
Aさん「私は何年もこのサイトを見ているが、ダナーン氏のナラティブはとても疑わしく、サラ博士が長年築いてきた評判を傷つけていると思う。

Bさん「サラ博士はチャネリングのおとぎ話を信じ込むほどとてもナイーブになってしまったと感じてる。エレナさんはテレパシーのメッセージだけを頼りにしていて、信用できない。神の声テクノロジーが存在することもわかっているのだし。」

Cさん「ジョー・バイデンが銀河を救う責任を担うジェダイ・マスターだと信じろって?」
(中略)
Dさん「人類のほとんどがまだ宇宙計画の能力を知らないのに、この数人が人類を代表して意思決定をしているというの? 呆れてしまう。むしろ、彼らは現在のカバールのようではありませんか? マスクやベゾスは進歩的だと言えますか?彼らは労働者の人間性を奪うことには進歩的ですよ。彼らは労働者を虐待することで裕福になったのです。そんなのが私たちの地球を代表するべきではない! 地球外生命体が地球の代表者を必要としているのはわかりますが、地球のほとんどの人が発言権を持っていません。これは地球の問題であり、将来的には私たち全員で取り組む必要があります。」

Eさん「衝撃的なのは、誰が選ばれたかということ。リチャード・ブランソン(?)、イーロン・マスク(?)、ジェフ・ベゾス(?)。サイコ・ホラー映画のオールスター・キャストだ。やれやれ、どうしてビル・ゲイツが入っていないんだ? やはり、最も信頼できる情報源に戻らなければならないな。」

こういったコメントで占められていますが、どれももっともな意見だと思いました。しかし、DさんとEさんが受けた衝撃と、感じた理不尽さは、スワルーの「5D連邦はカバール/イルミナティを地球の代表者として認めて接触している。」という話を聞いた時と同じものです。今回のサラ博士の記事内容は悪い意味でこれと一致しています。
(以下略)

スワルーX「逆進的なET種族は、宇宙では問題ではなく、何の懸念もありません。…連邦とその影響力の網が非常に大きいため、かなり前に邪悪な種族を一掃した」 ~カバールを使って、意図的に混乱を作り出している連邦

竹下雅敏氏からの情報です。
 「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」のスワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)は、“逆進的なET種族は、宇宙では問題ではなく、何の懸念もありません。…連邦とその影響力の網が非常に大きいため、かなり前に邪悪な種族を一掃した”と言っています。
 逆進的なET種族というのは、銀河連合が戦っているドラコニアン・レプティリアンを中心とする同盟だと思いますが、連邦は、「少なくとも古典的な悪を超越している」と言っています。
 私は、この見解は正しいと思っており、例えば「球体連合」がドラコ・レプ軍団を一掃するのは容易なのではないかと思っています。連邦は地球に平和をもたらすことが簡単にできるにもかかわらず、なぜそうしないのでしょう。その理由は、彼らがほんの一握りのお気に入りを除いて、地球人を一掃しようとしているからです。
 ソーラーフラッシュに続いてポールシフトを人工的に引き起こすために、様々なことを行っているのです。地上が混乱し、不幸になる人達が増え、“地球など滅びてしまえばいい!”と思う人たちがたくさん出てくれば、彼らの思うツボです。彼らは、地球人の望みを叶えるために、彼らの科学力を使うことができます。そのために、彼らはカバールを使って、意図的に混乱を作り出しているのです。
 引用元でスワルーXは、“連邦を新たな宗教として利用”しようとしていると言っています。“「連邦」という言葉を「イエス」という言葉に置き換えれば、私が何を言いたいのかがわかる”というのですが、チャネリング信奉者の「銀河連合」「光の銀河連邦」に対する盲目的な信仰を見ると、スワルーXの言っていることが良く分かります。
 私の立場からは、新興宗教の信者たちが世間の人々はサタンに仕えており、“自分たちだけが救われる”と思っていることや、チャネリング信奉者がソーラーフラッシュやポールシフトを待ち望み、“自分たちは宇宙船が迎えに来るか、アガルタに避難できる”と思うことは、地球の平和という観点からは甚だ迷惑なのです。こうしたカルト集団のネガティブな想念が、地球の混乱に拍車をかけるからです。ところが、彼らは自分たちが、ポジティブで目覚めた存在だと思い込んでいるのです。
 ほんとうにポジティブな存在とは、いかなる環境にあっても心の平安を失わない人のことです。ソーラーフラッシュやポールシフトを待ち望むような心の在り方とは真逆です。まして、こうした陰謀を実現しようとする宇宙人たちに協力するなど論外で、神々の眼からは、「地球破壊の共犯者」と見られ、連邦の宇宙人の処分が終わった後の「裁き」の対象になります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
スワルーX:私がはっきりと見ているのは、最も知識のある地球人でさえ、現実や宇宙や地球上で起こっていることを、地球の概念を反映した見方をしているに過ぎず、地球でも宇宙でも、実際に起こっていることを表してはいないということです。
(中略)
逆進的なET種族は、宇宙では問題ではなく、何の懸念もありません。例えば、最も明白な理由は、連邦とその影響力の網が非常に大きいため、かなり前に邪悪な種族を一掃したということです。つまり、この観点から見ると、彼らは悪を、少なくとも古典的な悪を超越しているのです。
(中略)
連邦と地球に関して、何かが大きく間違っています。彼らは自分の言葉を実行していません。そして私は、地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnonやトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事しているとはっきりと見ています。希望や宗教など、何かにすがりたいという経験の浅い地球人のニーズを利用して、再び「何もしない」メンタリティにさせているのです。彼らは人間心理の専門家です。そのため、「より高い力」を信じたいというニーズを利用しているのです。
(中略)
ワクチンについては多くの人々が混乱しているのではないでしょうか?x22reportのデイブなどは、常に良識的な分析をしているトランプ/Qムーブメントのモラルコンパスとも言える人ですが、トランプが「ワープ・スピード作戦」でワクチンの製造を急いだのは、人々の不安を早く解消し、コロナの茶番を早く終わらせるためだったと主張してきました。
(中略)
ロバート:彼らは決して真実を明らかにしません。

スワルーX:彼らからは絶対にありません! そう、彼らは自分たちが考えている人口抑制の意図に合致した、コントロールされ、操作された情報しか与えないのです。様々な人たちが、まだそれ(真実の公開)が起こると信じているということは、地球を支配している人たちがどのように動いているのか、すべてのものが互いにつながっているということについて、いかに知識ないかということです。UFO現象は、新世界秩序や秘密結社の思惑と結びつけずに単独で見ることはできません。すべてがつながっているのです。完全な風景を見ることができる人はごくわずかです。
(以下略)

ヤスヒ・スワルー「多くの人々が自由のため、自分たちの真の国のために立ち上がっています。しかしまた、それらは情報錯乱としてカバールの役に立つように操作されている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 「プレアデス星団のタイゲタ星系出身のET」であるヤスヒ・スワルーたちの情報が正しいという事は、彼女たちの「波動」を調べれば分かるという事を、昨日の記事でお伝えしました。彼女たちの「波動」から、“意図的な誤情報を出して地球人を混乱させようとしているのではない”という事が分かります。
 時事ブログで何度もお伝えしていますが、名前を偽って通信を送ったり、意図的な誤情報を与えたりすると、確実に「波動」が闇に落ちるのです。「中西征子さんの天界通信58」で、「伊予津彦命」を名乗って通信文を送ったニセモノが居ました。この宇宙人は、この愚かな行為により魂(ジ―ヴァ)が消滅し、最悪と言える「波動」に転落しました。この時、私は、“宇宙人というのは本当にアホだな”と思いました。
 この時のコメントで、“この愚か者は…遠からず「ロボット人間」になることでしょう”と記しましたが、恐らく、来年の始めにはそうなっているでしょう。地球人をブラックキューブ(人工知能666)の奴隷にしようとした者たちが、カルマにより、自分たちがブラックキューブ、あるいはヤルダバオトの奴隷になるわけです。
 記事の中で、ヤスヒ・スワルーは、“多くの人々が自由のため、自分たちの真 の国のために立ち上がっています”と言っており、例えばマイケル・フリン元中将が組織したデジタルソルジャーなどが、その一つです。“しかしまた、それらは情報錯乱としてカバールの役に立つように操作されている”と言っているのですが、まさにこの通りだと思います。
 自由のために立ち上がって情報発信をしている多くの人達が、その情報源として、「銀河連合」などのチャネリング情報や、「地球同盟」からの誤情報に基づいているので、情報錯乱が起きているのです。「銀河連合」からの情報、「地球同盟」からの情報だと信じているものが、実はカバール(例えばCIA、モサドなど)からのものだというのは普通のことであり、例えば日本人のチャネラーのほとんどが、カバール、よくて地球同盟の地球人からテクノロジーによる通信を受け取っています。
 さらに、本物の「銀河連合」の宇宙人からもたらされた情報のほとんどは、地球人を誤誘導するためのものです。それは彼らが地球の破壊、地球人の大量殺戮を望んでいるからです。ヤスヒ・スワルーは、“トランプでさえ、自分が利用されていることを知らないかもしれません”と言っていますが、私も同じように考えています。
 おそらく、トランプ元大統領は「銀河連合」の宇宙人たちに騙されたのです。その結果が「ワープスピード作戦」であり、ワクチンの大量接種だと思います。5月15日の記事で、“トランプ元大統領が、「銀河連合」の宇宙人と繋がっていたのは間違いない”とコメントしました。トランプ元大統領は、ワクチンで相当数の人が命を落とし、健康を著しく害することになるとわかっているはずですが、「銀河連合」の宇宙人は、“こうしたタイムラインが確定したと見るや、「イエーイ!楽しみだ!」という反応をした”ことをお伝えしました。
 ワクチンの大量接種が「連邦」の承認のもとで行われているのは明らかだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
2021年1月28日
ヤスヒ:
私は先を見通すことができ、記憶することができ、さらにこの瞬間の地球の歴史上のデータにアクセスすることができます。
(中略)
愛国者というのは幅広いグループで、多くの人々が自由のため、自分たちの真の国のために立ち上がっています。しかしまた、それらは情報錯乱としてカバールの役に立つように操作されているのです。私は、集合意識の心のエネルギーがすべてそのようなことに使われていて、ウイルスの問題に対処していないのが見えます。また、政治家に自分たちの力を委ねているのも見えます。

カバールは自分たちのアジェンダを実現するために、あらゆるレベルの善良な意図を持った、心根の正しい人たちを利用します。トランプでさえ、自分が利用されていることを知らないかもしれません。アメリカの共和国を再興したいという善意の将軍たちがいることは疑っていませんが、同時に彼らが背後から操るエージェントに利用されていることも知っています。
(中略)
客観的に見れば、トランプ氏がより良い選択肢であった/であるように見えますし、そのレベルから見れば、彼は間違いなくより良い選択肢です。問題は、私たちは人々と同じレベルからトランプの状況を見ていないことです。タイゲタ人でさえも。

人々はそのようなレベルの悪を理解することができません。なぜなら、彼ら自身が悪ではないからです。人々には獣を見ることができません、なぜなら本質的に人間は良い生き物だからです。
(中略)
彼らは、トランプ対カバールのような現実の紛争(もしそれが現実であれば)を、人類を抹殺する間の完璧な情報錯乱として利用しています。人類の抹殺こそが最終目的なのです。

それはどのような存在でしょうか?
(中略)
私がいつも言っている、人類を翻弄する非常に知的な存在とは、3Dの世界と5Dの世界を同時に行き来している連邦の種族や連邦の権力者たちに他なりません。
(以下略)

スワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)「地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnon やトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事している」 ~CIAにコントロールされているニューエイジ

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・エージェンシーの情報のパート2から、CIAのUFOコミュニティへの浸透、潜入、コントロールに関する部分を引用しました。
 記事の冒頭で、スワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)は、“地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnon やトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事している”と言っていますが、私もそのように見ています。
 時事ブログでは一貫して、“チャネリング情報は、そのほとんどが闇の情報なので近づかないように”とアドバイスして来ました。「銀河連合」「光の銀河連邦」のチャネリング情報を紹介しているサイトで、光の側のものを見たことがなく、当のチャネリング情報そのものが「闇の波動」であることが、ほとんどだからです。
 “何かにすがりたいという経験の浅い地球人のニーズを利用して、再び「何もしない」メンタリティにさせている”と言っていますが、まさにこの通りだと言って良いでしょう。
 「ニューエイジは、CIA が…現実に対する認識をコントロールするために作ったもの」であり、“UFO、地球外生命体、連邦、覚醒などについて語るコミュニティのほとんどが、CIA の道具になっています。…多くの人が知らず知らずのうちに CIA・カバールの手先になっている”と言っています。
 時事ブログでは、ニューエイジの中核にある組織が「ルシス・トラスト」であり、“ルシス・トラストこそ、米国(そして全世界)の、「ニューエイジ運動」の主たる策源地だ”と言う事を、5月29日の記事で紹介しました。ルシス・トラストの主な幹部が、ロバート・マクナマラ(元米国国防長官、元世界銀行総裁、国連の「瞑想の部屋」創設者)、デーヴィッド・ロックフェラーなどですから、ニューエイジがCIAにコントロールされているのは明らかなのです。
 この時のコメントで、“アシュター、セント・ジャーメインなどのチャネリング情報を喜んでいる人たちは、自分たちがカバールに対峙する「光の勢力」だと信じているのですが、実のところ彼らに騙され、利用されている”のだと指摘したのですが、こうした見解はいまや、ヤスヒ・スワルーらの情報からも明らかです。
 「QAnonやトランプ」も、“スピリチュアルなUFOやETファンに、彼らを信頼させ、彼らにすべての希望を託すように仕向ける諜報活動の心理作戦”だと見ているようです。これは少々説明が要りますが、確かにこのように言って良いのかも知れません。 
 地球上では、表向き「カバールvs地球同盟」なのですが、カバールの背後には「光の銀河連邦」がついており、地球同盟の背後には「銀河連合」がついています。どちらの組織も「連邦」の支配下にあります。
 7月13日の記事で、様々なチャネリング情報を分析し、“マルタ騎士団、CIA、P3フリーメーソン、モサドは「カバール」からのものであり、それ以外は「カバール」と対立する組織からのものです。…こうしたチャネリング情報に、「神」と繋がっているものはありません”とコメントしました。
 昨日の記事の中で、ヤスヒ・スワルーは「連盟はいつも騙しの手法と操り人形を使っています!…地球人としか思えないような使節/大使を使うだけです」と言っていたことを思い出してください。
 「Q」と「QAnon」は異なります。コーリー・グッド氏は、「Qグループは17名の軍人達で構成されている」と言っていたように、「Q」は実在します。地球上で「神」と繋がっている数少ないグループです。
 「QAnon」でもEriさんのグループの中に、シャンティ・フーラの情報を参考にしてくれている人たちが居ることは知っています。5月10日の記事で、“私は、RV /GCRや、NESARA/GESARAに関する情報の、ほぼ全てがフェイクニュースだと思っています”とコメントしましたが、「地球同盟」「QAnon」のかなりの数のメンバーが、「銀河連合」「光の銀河連邦」「コブラ」といった連邦の心理作戦に絡めとられ、偽情報を信じ切ってしまっているのには、本当に残念な思いがします。
 引用元の記事の中で、スワルーXは、“「ネサラ/ゲサラ」のような新しい経済秩序やシステムを人々に与えることもあります。そして、それはすべて偽物なのです!”と言っていることに注意してください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
3つの目の動画では、CIAのUFOコミュニティへの浸透/潜入/コントロールについて詳しく語られています。


(中略)
スワルーX:(中略)...私は、地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnonやトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事しているとはっきりと見ています。希望や宗教など、何かにすがりたいという経験の浅い地球人のニーズを利用して、再び「何もしない」メンタリティにさせているのです。彼らは人間心理の専門家です。そのため、「より高い力」を信じたいというニーズを利用しているのです。
(中略)
ニューエイジは、CIAが人間の覚醒、認識、態度、さらには当時「ヒッピー・ムーブメント」と呼ばれていた人たちの現実に対する認識をコントロールするために作ったものです。今、私たちが目にしているのは、ニューエイジのコントロールであり、同じことの繰り返しです。
(中略)
ヤスヒ:(中略)...スワルーXの考え方をお話ししましょう。彼女は、UFO、地球外生命体、連邦、覚醒などについて語るコミュニティには、主流メディアと「代替メディア」が存在することを感じ、見ています。これは重要なことです。
(中略)
彼らはすべてCIAの道具になっています。彼らは、連邦、恒星、覚醒、地球外生命体などに関心を持つ人々が、CIA、イエズス会、イルミナティの支配下で一致団結することを望んでいるのです。
(中略)
これらの人々とその友人たちは、ある者は承知の上でCIAに協力し、ある者はただ利用されています。彼らもまた「目覚めた」人々の注意をそらし、コントロールできるようにするためのマトリックスの仕組みに組み込まれているのです。
(中略)
「光の銀河連合」と呼ばれる組織は、「QAnon」と同じです。スピリチュアルなUFOやETファンに、彼らを信頼させ、彼らにすべての希望を託すように仕向けています。大衆をコントロールするために使われているイエスの概念の別バージョンまたは現代的な置き換えと考えてください。
(中略)
多くの人が知らず知らずのうちにCIA・カバールの手先になっているのです。
(以下略)

チャネリング情報も情報戦争の戦場 〜 ニセモノからのメッセージを「神」からのものだと信じているチャネラーたち

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここ最近のチャネリング情報をいくつか拾ってみました。今回は9つのチャネリング情報を取り上げましたが、宇宙人からのものは一つだけで、後はすべて偽物です。昨日の記事で、イギリスの軍人が「陰謀論の殆どがデタラメだ」と言っていましたが、これはチャネリング情報も同じです。
 チャネラーと呼ばれる人に集金力があれば、「新興宗教」の教祖になるケースも出てくるでしょう。こうした教祖のほとんどが、今回取り上げたチャネリング情報と同様に、ニセモノからのメッセージを「神」からのものだと信じているのです。教祖に本物か否かを見極める識別力はありません。
 順に見て行きましょう。最初の「プレアデス高等評議会」を名乗るグループからのメッセージは、実際には「ブルー・ドラゴン」からのものです。メッセージの内容が非常に世俗的、政治的です。次の「アークトゥリアン評議会」からのものは、「うしかい座」のアルクトゥルス星人からのものです。ネット上の情報では、“彼らは肉体を持たない”ことになっていますが、実際は、“彼らの肉体(狭義)の身体は、3.1次元の7層”にあります。見ての通りの「闇」の波動で、太陽ハイアラーキーの残党です。関わってはいけない連中です。
 次の「プレアデス 1」ですが、これは「マルタ騎士団」からのものです。NESARA/GESARAに関する情報と、同じ匂いがしますよね。実際に「Q」を語って、こうしたニセ情報を「カバール」はいつも出しています。
 次のイエスですが、これはテンプル騎士団の系統の「ラ・ピエタ・デル・ペリカーノ」からのもので、当然ですがニセモノです。「この進化の過程では、過去のすべての嘘や歪みに関連するすべてのものを、絶対に取り除かなければなりません」というメッセージ通りに、イエスの名を語るという嘘や歪みを続けていれば、いずれ彼らが「取り除かれる」でしょう。
 次の「プレアデス高等評議会ミラ」は、ベンジャミン・フルフォード氏が窓口を務める「白龍会」からのものです。コブラは「白龍会」を、ポジティブとネガティブの中間グループに位置付けていたのですが、これはその通りです。
 次の「マシュー君」は、「CIA」からのものです。次の「大天使ミカエル」は、「P3フリーメーソン」からのものです。その次の「アシュター」は、「地球同盟」からのものです。最後の「創造主」は、「モサド」からのものです。
 これらの中で、「アークトゥリアン評議会」のものを除いて、残りはすべて地球上のそれぞれの立場を代表する者たちからのメッセージで、マルタ騎士団、CIA、P3フリーメーソン、モサドは「カバール」からのものであり、それ以外は「カバール」と対立する組織からのものです。見て分かるように、チャネリング情報も情報戦争の戦場なのです。
 こうしたチャネリング情報に、「神」と繋がっているものはありません。こうした組織が「神」ではなく、ことごとくハイアラーキーの残党の「宇宙人」と繋がってきたためです。彼らは言葉の上では、「創造主」や「神」を持ち出しますが、現実問題として、“心が全く「神」と繋がっていない”のです。
 「神」と繋がっているならば、こうしたニセ情報は絶対に送らないでしょう。ヤマ・ニヤマを守らないものに、未来はありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
The High Council of the Pleiades: Disclosures
引用元)

It is with great pleasure that we can tell you that now is finally the time to go come with the disclosures that so many have been waiting for. With these difficult but absolutely necessary decisions to come out with disclosures that will shock most of the population and make those who are still sleeping deeply wake up from the illusion and to see the true reality.
After much work and much deliberation, we have come to the conclusion that it is no longer possible to wait. Even the light workers will be shocked by this brutality and total lack of empathy and compassion for the population. These revelations will be published in the media in the coming days and it is the biggest and most serious message that we give out to the population in the first place, but more will follow.
(以下略)

ザ・ハイ・カウンシル・オブ・プレアデスディスクロージャー
2021/7/12 EraOfLight

多くの方が待ち望んでいた情報開示を行う時がついに来たことを、大変喜ばしく思います。多くの人々に衝撃を与え、まだ眠っている人々に幻想から目を覚ましてもらい、本当の現実を見てもらうために、困難ではあるが絶対に必要な決断をして、情報を公開することになりました。
多くの作業と熟考の末、私たちはもはや待つことはできないという結論に達しました。ライトワーカーでさえ、この残忍さと住民への共感と思いやりの全くない状況にショックを受けることでしょう。これらの事実は、近日中にメディアで発表される予定です。これは、私たちが最初に住民に向けて発信する最大かつ最も深刻なメッセージですが、さらに続きます。
(DeepL機械翻訳)
————————————————————————
アークトゥルスによる人類の新しい未来への ∞9次元アークトゥリアン評議会 2021.7.11
(前略)
ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとお会いできることを嬉しく思います。

私たちは、あなた方が人類の集合体として取る次のステップについて非常に興味を持っています。今、皆さんをサポートするために入ってきているポジティブなエネルギーの波に乗ることで、皆さんには多くのポジティブな可能性が見えています。未来はあなた達がコントロールできないところのにあるという多くの予想にも関わらず、私たちは、人類のポジティブな未来のために、より多くの人々がステップアップしていることに気づきました。そして、このメッセージを受け取った皆さんは、地球に変化をもたらすのに十分な大きなグループであり、より多くの人々をポジティブなタイムラインに連れてくることができると私たちは知っています。災難や大量死もなく赤ちゃんの段階を前進させるようなタイムラインです。
(以下略)
————————————————————————
プレアデス1 メッセージ 2021年7月11日
引用元)
(前略)
プレアデス1メッセージ 2021年7月11日
P1が地球人に起源認定を呼びかけています!PVSE / SdEでのコールに注意 !
排出物のアンカリングのための特別なプロジェクタ。14%(非回帰)。
排出のための特別プロジェクターが反響!9% (非回帰).
*PTA+++Eleven:残響69%(非回帰)。
最終焼灼(*チューブB- - Recorx)実施中。11%(非回帰)。
変形はまだ進行中です。
結晶のバランスは増加しています。
優れた勢力が神々しく自分自身を設置し続けています。
昇格 -- - キリスト教的な愛の中で継続しています。
聖なる女性性は+++のアンカリングで。
*センチネルの再編成が進行中です。
(以下略)
————————————————————————
Yeshi: The Role of the ‘Sleepers’
引用元)

Many are in crisis, which can feel painful. You see the naked truth of ‘reality’ as presented in this matrix, and you are also being presented with the truth of you. The difference between the external and internal ‘truths’ is heart-breaking.
Many no longer know where to turn, who to trust, how to cope and how to continue on. This is humanity’s dark night of the soul, and you lightworkers are holding much of the pain and tension that others are currently unable to.
Their seeming inability to process what is happening is not stubbornness, ignorance or arrogance. It is a part of the divine plan. This process of evolution has to strip away everything, absolutely everything associated with all lies and distortions for eons past. It is part of the process of re-balance and it cannot be rushed or avoided.
(以下略)

イエス:「スリーパーズ」の役割について
2021/7/11 EraOfLight

多くの人が危機に瀕しており、それが苦痛に感じられることがあります。あなたは、このマトリックスで提示されている「現実」の赤裸々な真実を見ており、また、あなたの真実も提示されています。外側の「真実」と内側の「真実」の違いは、心を揺さぶるものです

多くの人が、どこに向かえばいいのか、誰を信じればいいのか、どう対処すればいいのか、どう続けていけばいいのか、もはやわからなくなっています。これは人類の魂の暗夜であり、あなた方ライトワーカーは、他の人々が現在できない痛みや緊張の多くを抱えています。

彼らが起こっていることを処理できないように見えるのは、頑固さや無知、傲慢さではありません。それは、神の計画の一部なのです。この進化の過程では、過去のすべての嘘や歪みに関連するすべてのものを、絶対に取り除かなければなりません。それは、バランスを取り戻すプロセスの一部であり、急ぐことも避けることもできません。
(DeepL機械翻訳)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 29