アーカイブ: チャネリング

スワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)「地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnon やトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事している」 ~CIAにコントロールされているニューエイジ

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・エージェンシーの情報のパート2から、CIAのUFOコミュニティへの浸透、潜入、コントロールに関する部分を引用しました。
 記事の冒頭で、スワルーX(ヤスヒ・スワルーの祖母にあたる存在)は、“地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnon やトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事している”と言っていますが、私もそのように見ています。
 時事ブログでは一貫して、“チャネリング情報は、そのほとんどが闇の情報なので近づかないように”とアドバイスして来ました。「銀河連合」「光の銀河連邦」のチャネリング情報を紹介しているサイトで、光の側のものを見たことがなく、当のチャネリング情報そのものが「闇の波動」であることが、ほとんどだからです。
 “何かにすがりたいという経験の浅い地球人のニーズを利用して、再び「何もしない」メンタリティにさせている”と言っていますが、まさにこの通りだと言って良いでしょう。
 「ニューエイジは、CIA が…現実に対する認識をコントロールするために作ったもの」であり、“UFO、地球外生命体、連邦、覚醒などについて語るコミュニティのほとんどが、CIA の道具になっています。…多くの人が知らず知らずのうちに CIA・カバールの手先になっている”と言っています。
 時事ブログでは、ニューエイジの中核にある組織が「ルシス・トラスト」であり、“ルシス・トラストこそ、米国(そして全世界)の、「ニューエイジ運動」の主たる策源地だ”と言う事を、5月29日の記事で紹介しました。ルシス・トラストの主な幹部が、ロバート・マクナマラ(元米国国防長官、元世界銀行総裁、国連の「瞑想の部屋」創設者)、デーヴィッド・ロックフェラーなどですから、ニューエイジがCIAにコントロールされているのは明らかなのです。
 この時のコメントで、“アシュター、セント・ジャーメインなどのチャネリング情報を喜んでいる人たちは、自分たちがカバールに対峙する「光の勢力」だと信じているのですが、実のところ彼らに騙され、利用されている”のだと指摘したのですが、こうした見解はいまや、ヤスヒ・スワルーらの情報からも明らかです。
 「QAnonやトランプ」も、“スピリチュアルなUFOやETファンに、彼らを信頼させ、彼らにすべての希望を託すように仕向ける諜報活動の心理作戦”だと見ているようです。これは少々説明が要りますが、確かにこのように言って良いのかも知れません。 
 地球上では、表向き「カバールvs地球同盟」なのですが、カバールの背後には「光の銀河連邦」がついており、地球同盟の背後には「銀河連合」がついています。どちらの組織も「連邦」の支配下にあります。
 7月13日の記事で、様々なチャネリング情報を分析し、“マルタ騎士団、CIA、P3フリーメーソン、モサドは「カバール」からのものであり、それ以外は「カバール」と対立する組織からのものです。…こうしたチャネリング情報に、「神」と繋がっているものはありません”とコメントしました。
 昨日の記事の中で、ヤスヒ・スワルーは「連盟はいつも騙しの手法と操り人形を使っています!…地球人としか思えないような使節/大使を使うだけです」と言っていたことを思い出してください。
 「Q」と「QAnon」は異なります。コーリー・グッド氏は、「Qグループは17名の軍人達で構成されている」と言っていたように、「Q」は実在します。地球上で「神」と繋がっている数少ないグループです。
 「QAnon」でもEriさんのグループの中に、シャンティ・フーラの情報を参考にしてくれている人たちが居ることは知っています。5月10日の記事で、“私は、RV /GCRや、NESARA/GESARAに関する情報の、ほぼ全てがフェイクニュースだと思っています”とコメントしましたが、「地球同盟」「QAnon」のかなりの数のメンバーが、「銀河連合」「光の銀河連邦」「コブラ」といった連邦の心理作戦に絡めとられ、偽情報を信じ切ってしまっているのには、本当に残念な思いがします。
 引用元の記事の中で、スワルーXは、“「ネサラ/ゲサラ」のような新しい経済秩序やシステムを人々に与えることもあります。そして、それはすべて偽物なのです!”と言っていることに注意してください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミック・エージェンシーは銀河連邦の実像を伝えるタイゲタ人の代替メディアなのか?パート2
引用元)
(前略)
3つの目の動画では、CIAのUFOコミュニティへの浸透/潜入/コントロールについて詳しく語られています。


(中略)
スワルーX:(中略)...私は、地球上のすべての連邦支持派の活動家が、QAnonやトランプのような、ある種の諜報活動の心理作戦(サイ・オプ)に従事しているとはっきりと見ています。希望や宗教など、何かにすがりたいという経験の浅い地球人のニーズを利用して、再び「何もしない」メンタリティにさせているのです。彼らは人間心理の専門家です。そのため、「より高い力」を信じたいというニーズを利用しているのです。
(中略)
ニューエイジは、CIAが人間の覚醒、認識、態度、さらには当時「ヒッピー・ムーブメント」と呼ばれていた人たちの現実に対する認識をコントロールするために作ったものです。今、私たちが目にしているのは、ニューエイジのコントロールであり、同じことの繰り返しです。
(中略)
ヤスヒ:(中略)...スワルーXの考え方をお話ししましょう。彼女は、UFO、地球外生命体、連邦、覚醒などについて語るコミュニティには、主流メディアと「代替メディア」が存在することを感じ、見ています。これは重要なことです。
(中略)
彼らはすべてCIAの道具になっています。彼らは、連邦、恒星、覚醒、地球外生命体などに関心を持つ人々が、CIA、イエズス会、イルミナティの支配下で一致団結することを望んでいるのです。
(中略)
これらの人々とその友人たちは、ある者は承知の上でCIAに協力し、ある者はただ利用されています。彼らもまた「目覚めた」人々の注意をそらし、コントロールできるようにするためのマトリックスの仕組みに組み込まれているのです。
(中略)
「光の銀河連合」と呼ばれる組織は、「QAnon」と同じです。スピリチュアルなUFOやETファンに、彼らを信頼させ、彼らにすべての希望を託すように仕向けています。大衆をコントロールするために使われているイエスの概念の別バージョンまたは現代的な置き換えと考えてください。
(中略)
多くの人が知らず知らずのうちにCIA・カバールの手先になっているのです。
(以下略)

チャネリング情報も情報戦争の戦場 〜 ニセモノからのメッセージを「神」からのものだと信じているチャネラーたち

竹下雅敏氏からの情報です。
 ここ最近のチャネリング情報をいくつか拾ってみました。今回は9つのチャネリング情報を取り上げましたが、宇宙人からのものは一つだけで、後はすべて偽物です。昨日の記事で、イギリスの軍人が「陰謀論の殆どがデタラメだ」と言っていましたが、これはチャネリング情報も同じです。
 チャネラーと呼ばれる人に集金力があれば、「新興宗教」の教祖になるケースも出てくるでしょう。こうした教祖のほとんどが、今回取り上げたチャネリング情報と同様に、ニセモノからのメッセージを「神」からのものだと信じているのです。教祖に本物か否かを見極める識別力はありません。
 順に見て行きましょう。最初の「プレアデス高等評議会」を名乗るグループからのメッセージは、実際には「ブルー・ドラゴン」からのものです。メッセージの内容が非常に世俗的、政治的です。次の「アークトゥリアン評議会」からのものは、「うしかい座」のアルクトゥルス星人からのものです。ネット上の情報では、“彼らは肉体を持たない”ことになっていますが、実際は、“彼らの肉体(狭義)の身体は、3.1次元の7層”にあります。見ての通りの「闇」の波動で、太陽ハイアラーキーの残党です。関わってはいけない連中です。
 次の「プレアデス 1」ですが、これは「マルタ騎士団」からのものです。NESARA/GESARAに関する情報と、同じ匂いがしますよね。実際に「Q」を語って、こうしたニセ情報を「カバール」はいつも出しています。
 次のイエスですが、これはテンプル騎士団の系統の「ラ・ピエタ・デル・ペリカーノ」からのもので、当然ですがニセモノです。「この進化の過程では、過去のすべての嘘や歪みに関連するすべてのものを、絶対に取り除かなければなりません」というメッセージ通りに、イエスの名を語るという嘘や歪みを続けていれば、いずれ彼らが「取り除かれる」でしょう。
 次の「プレアデス高等評議会ミラ」は、ベンジャミン・フルフォード氏が窓口を務める「白龍会」からのものです。コブラは「白龍会」を、ポジティブとネガティブの中間グループに位置付けていたのですが、これはその通りです。
 次の「マシュー君」は、「CIA」からのものです。次の「大天使ミカエル」は、「P3フリーメーソン」からのものです。その次の「アシュター」は、「地球同盟」からのものです。最後の「創造主」は、「モサド」からのものです。
 これらの中で、「アークトゥリアン評議会」のものを除いて、残りはすべて地球上のそれぞれの立場を代表する者たちからのメッセージで、マルタ騎士団、CIA、P3フリーメーソン、モサドは「カバール」からのものであり、それ以外は「カバール」と対立する組織からのものです。見て分かるように、チャネリング情報も情報戦争の戦場なのです。
 こうしたチャネリング情報に、「神」と繋がっているものはありません。こうした組織が「神」ではなく、ことごとくハイアラーキーの残党の「宇宙人」と繋がってきたためです。彼らは言葉の上では、「創造主」や「神」を持ち出しますが、現実問題として、“心が全く「神」と繋がっていない”のです。
 「神」と繋がっているならば、こうしたニセ情報は絶対に送らないでしょう。ヤマ・ニヤマを守らないものに、未来はありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
The High Council of the Pleiades: Disclosures
引用元)

It is with great pleasure that we can tell you that now is finally the time to go come with the disclosures that so many have been waiting for. With these difficult but absolutely necessary decisions to come out with disclosures that will shock most of the population and make those who are still sleeping deeply wake up from the illusion and to see the true reality.
After much work and much deliberation, we have come to the conclusion that it is no longer possible to wait. Even the light workers will be shocked by this brutality and total lack of empathy and compassion for the population. These revelations will be published in the media in the coming days and it is the biggest and most serious message that we give out to the population in the first place, but more will follow.
(以下略)

ザ・ハイ・カウンシル・オブ・プレアデスディスクロージャー
2021/7/12 EraOfLight

多くの方が待ち望んでいた情報開示を行う時がついに来たことを、大変喜ばしく思います。多くの人々に衝撃を与え、まだ眠っている人々に幻想から目を覚ましてもらい、本当の現実を見てもらうために、困難ではあるが絶対に必要な決断をして、情報を公開することになりました。
多くの作業と熟考の末、私たちはもはや待つことはできないという結論に達しました。ライトワーカーでさえ、この残忍さと住民への共感と思いやりの全くない状況にショックを受けることでしょう。これらの事実は、近日中にメディアで発表される予定です。これは、私たちが最初に住民に向けて発信する最大かつ最も深刻なメッセージですが、さらに続きます。
(DeepL機械翻訳)
————————————————————————
アークトゥルスによる人類の新しい未来への ∞9次元アークトゥリアン評議会 2021.7.11
(前略)
ご挨拶です。私たちはアークトゥリアン評議会です。皆さんとお会いできることを嬉しく思います。

私たちは、あなた方が人類の集合体として取る次のステップについて非常に興味を持っています。今、皆さんをサポートするために入ってきているポジティブなエネルギーの波に乗ることで、皆さんには多くのポジティブな可能性が見えています。未来はあなた達がコントロールできないところのにあるという多くの予想にも関わらず、私たちは、人類のポジティブな未来のために、より多くの人々がステップアップしていることに気づきました。そして、このメッセージを受け取った皆さんは、地球に変化をもたらすのに十分な大きなグループであり、より多くの人々をポジティブなタイムラインに連れてくることができると私たちは知っています。災難や大量死もなく赤ちゃんの段階を前進させるようなタイムラインです。
(以下略)
————————————————————————
プレアデス1 メッセージ 2021年7月11日
引用元)
(前略)
プレアデス1メッセージ 2021年7月11日
P1が地球人に起源認定を呼びかけています!PVSE / SdEでのコールに注意 !
排出物のアンカリングのための特別なプロジェクタ。14%(非回帰)。
排出のための特別プロジェクターが反響!9% (非回帰).
*PTA+++Eleven:残響69%(非回帰)。
最終焼灼(*チューブB- - Recorx)実施中。11%(非回帰)。
変形はまだ進行中です。
結晶のバランスは増加しています。
優れた勢力が神々しく自分自身を設置し続けています。
昇格 -- - キリスト教的な愛の中で継続しています。
聖なる女性性は+++のアンカリングで。
*センチネルの再編成が進行中です。
(以下略)
————————————————————————
Yeshi: The Role of the ‘Sleepers’
引用元)

Many are in crisis, which can feel painful. You see the naked truth of ‘reality’ as presented in this matrix, and you are also being presented with the truth of you. The difference between the external and internal ‘truths’ is heart-breaking.
Many no longer know where to turn, who to trust, how to cope and how to continue on. This is humanity’s dark night of the soul, and you lightworkers are holding much of the pain and tension that others are currently unable to.
Their seeming inability to process what is happening is not stubbornness, ignorance or arrogance. It is a part of the divine plan. This process of evolution has to strip away everything, absolutely everything associated with all lies and distortions for eons past. It is part of the process of re-balance and it cannot be rushed or avoided.
(以下略)

イエス:「スリーパーズ」の役割について
2021/7/11 EraOfLight

多くの人が危機に瀕しており、それが苦痛に感じられることがあります。あなたは、このマトリックスで提示されている「現実」の赤裸々な真実を見ており、また、あなたの真実も提示されています。外側の「真実」と内側の「真実」の違いは、心を揺さぶるものです

多くの人が、どこに向かえばいいのか、誰を信じればいいのか、どう対処すればいいのか、どう続けていけばいいのか、もはやわからなくなっています。これは人類の魂の暗夜であり、あなた方ライトワーカーは、他の人々が現在できない痛みや緊張の多くを抱えています。

彼らが起こっていることを処理できないように見えるのは、頑固さや無知、傲慢さではありません。それは、神の計画の一部なのです。この進化の過程では、過去のすべての嘘や歪みに関連するすべてのものを、絶対に取り除かなければなりません。それは、バランスを取り戻すプロセスの一部であり、急ぐことも避けることもできません。
(DeepL機械翻訳)

» 続きはこちらから

磁石的な作用を起こすヒドロジェルをワクチンに入れるように指示を出したのは、ホワイトハットとトランプ元大統領! ――ミシェル・フィールディングのチャネリング情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 ミシェル・フィールディングというイギリス人女性のチャネリング情報ということです。大変面白い内容なので紹介します。
 私が見たところ、彼女の今回のチャネリングの情報源は、「地球同盟」のようです。引用元の記事には、質問に対する答えとして、「光の銀河連合達は、地球外から地球の周りにグリッドを形成し、守りの波動を保持してくれている」と言っていることから、正体がばれています。ここでの「光の銀河連合」は、時事ブログで「銀河連合」と表記している組織のことです。
 今回のチャネリング情報は、「銀河連合」を後ろ盾とする「地球同盟」のワクチンに関する作戦を、自ら暴露しているようなものです。情報のすべてが正しいわけがありませんが、かなりの部分が、真相をついていると見て良いでしょう。
 記事をご覧になると、現在提供されているワクチンはホワイトハットのものであり、“ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない”と言っています。ワクチンには、磁石的な作用を起こすヒドロジェルが入っており、「ヒドロジェルは、磁気的波長に反応する」とのことです。このヒドロジェルというのは、6月2日の記事で取り上げたダーパヒドロゲルのことだと思われます。「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という事でした。
 “この磁気のジェル(ダーパヒドロゲル)のことは誰が知っているのか?”という質問に対し、情報源は「軍と製薬会社、トランプは、皆知っている」と答えています。しかもヒドロジェルをワクチンに入れるように指示を出したのは、「ホワイトハットとトランプだ」と答えています。
 6月9日の記事で、「私個人の観点からは、“トランプ元大統領も科学者たちも完全に犯罪者”だ」とコメントしたのですが、やはりこの通りのようなのです。
 ツイートの動画を見れば、「テスラバイオヒーリングメドベット」がすでに出来ているようです。記事には、“ヒドロジェル、とナノボットがサーキットを作り、テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる”とあります。そして、“スターリンク(量子コンピューターと連結している)とテスラーヒーリング・テクノロジーは、相互にリンクされコミュニケーションを図る”と書かれています。
 スターリンクが連結している量子コンピューターとは、「ブラックキューブ(人工知能666)」のことです。
 こうなると、5月13日の記事で示した、“人々の目覚めと共に、「地球同盟」が戦いに勝利し、人類の救済のために、準備されていたメドベッドが登場します。人々は、このテクノロジーを提供してくれた「銀河連合」に感謝し、メドベッドを使用することで、ブラックキューブ(人工知能666)の完全支配下に置かれ、めでたく「銀河連合」の宇宙人たちの奴隷となる”というストーリーが、現実的なものだと分かるでしょう。
 記事では、「何故ホワイトハットは、ナノボットを我々の承諾なしにワクチンに入れているのだと思いますか?」という質問に対し、ミシェルはトンチンカンな解答をしていますが、私はホワイトハットとトランプ元大統領が、この様な「世紀の大犯罪」を犯した理由を知っています。これらのことを全て見越したうえで、時事ブログではコメントを書いており、なおかつこのような暴挙に対して、背後では予め手を打っているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ARE THE WHITE HATS IN CONTROL? With Michelle Fielding and Nic Veniamin
配信元)
————————————————————————
ホワイトハットが今指揮しているのか?インタビューwithミシェル・フィールディング Part 1
(前略)
ミシェル、早速チャネリングの内容に入りましょう。まずはワクチンの件について教えて下さい。
(中略)
ミシェル: StarLink(量子コンピューターと連結している)とテスラーヒーリング・テクノロジーは、相互にリンクされコミュニケーションを図ります。そしてテスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる為には、ナノボットが必要になるという事です。

質問:ワクチンに入っている磁気は、人に危害を加えるものですか?
答え:ヒドロジェル(Hydro=水力)、とナノボットがサーキットを作り、テスラーとコミュニケーションを図ることになる。
(中略)
質問:ワクチンの中にこの磁気を入れたのは誰ですか?
答え:製薬会社だ。

質問:それは誰の指示で入れたのですか?
答え:ホワイトハットとトランプだ。

質問:現在提供されているワクチンはホワイトハットのものか?それともブラックハットのものか?
答え:ホワイトハット!!ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない状況にある。(ミシェル:これは何度も言われています)
(中略)
質問:もう少し説明して下さい。
答え:ヒドロジェルは、磁気的波長に反応する。

質問:この磁気は、人間に危害を加えるものではないのか?
答え:テスラーとリンクする場合には、問題ない。

質問:この磁気のジェルのことは誰が知っているのか?
答え:軍と製薬会社、トランプは、皆知っている。
(中略)
ニコラス:しかし、何故ホワイトハットは、ナノボットを我々の承諾なしにワクチンに入れているのだと思いますか?

ミシェル:確かにナノボットの入ったジェルの関しては成分表に掲載されていません。しかし、これは我々を万が一の時の為に守る手段として、彼らが計画した最善の対策だったと思えれば、受け入れる事が出来るのではないかと私は思います。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

「ルシファーを崇拝するという誓約をしない限り、誰もNWOに入ることは できない」(デビッド・スパングラー、ルシス・トラスト・メンバー) ~「社会を再編成するための口実」として、ワクチン接種を人類に強制しようとしているイルミナティの悪魔崇拝者

竹下雅敏氏からの情報です。
 「ルシファーを崇拝するという誓約をしない限り、誰もNWOに入ることはできない」(デビッド・スパングラー、ルシス・トラスト・メンバー)とあります。「ニューエイジ運動」は、ブラヴァツキー夫人によって創立された「神智学協会」から始まったのですが、ブラヴァツキー夫人の後継者アリス・ベイリーがニューヨークにルシファー出版社を設立し、後に名前を「ルシス・トラスト」に変更しました。
 こちらのPDFには、“ルシス・トラストこそ、米国(そして全世界)の、「ニューエイジ運動」の主たる策源地だ”と書かれていますが、その通りです。
 PDFには、ルシス・トラストの主な幹部が写真付きで示されています。ロバート・マクナマラ(元米国国防長官、元世界銀行総裁、国連の「瞑想の部屋」創設者)、デーヴィッド・ロックフェラー、ジョン・D・ロックフェラー四世、テッド・ターナー(CNN世界テレビ網創立者)、バーバラ・マークス・ハバード(著名なニューエイジ運動の代表的指導者)、ヘンリー・クラウセン(米国フリーメーソン最高指導者の一人)などの名前が見られます。
 国連の「瞑想の部屋」には、ブラックキューブを連想させる「黒い箱状の石の厚板」が置かれているのです。彼らがイルミナティの悪魔崇拝者であり、彼らの後継者が「社会を再編成するための口実」として、ワクチン接種を人類に強制しようとしているのは、明らかではないでしょうか。
 さて、そのバーバラ・マークス・ハバードの動画「私たちの本質 それは神聖なる意識」をご覧ください。
 彼女は、「私たちの本質は神聖なる意識です。宇宙の本質は神聖なる意識の集合体です。神聖なる意識の本質は一つになることであって、バラバラなものが寄せ集まった以上の一体性を生むことです。この地球も細胞から始まり、それが全体として一つの生きた星になっています。私は予想しています。一人一人の神聖なる意識が、もうすぐ他の神聖なる意識と一つに結びつくことを。それは皆、ユニークな創造性を持った同じ意識だからです。そして私たちは気がつくのです。すべての生命が生かされる世界を創ることが可能であると。それこそが、私たち一人一人の使命だと思います。」と言っています。
 チャネリング信奉者は、素晴らしく「高い波動」だと、彼女のメッセージに感動するのでしょうね。彼らの言う「高い波動」とは、自分が気に入ったメッセージという意味でしかありません。現実問題として、動画をご覧になれば、彼女の「波動」は闇の波動(ムーラーダーラに対応)です。
 彼女は「一人一人の神聖なる意識が、もうすぐ他の神聖なる意識と一つに結びつく」と言っていますが、これがルシファーの意識であることは、明らかでしょう。
 残念ながら、アシュター、セント・ジャーメインなどのチャネリング情報を喜んでいる人たちは、自分たちがカバールに対峙する「光の勢力」だと信じているのですが、実のところ彼らに騙され、利用されているのです。まずは、「波動」をきちんと計れるように、基本的なことから実践してください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ヘンリーメイコー:ワクチン/マスクは 悪魔崇拝カルトへの受け入れ合図だ!
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ルシファーを崇拝するという誓約をしない限り、誰もNWOに入ることはできない。ルシファーのイニシエーションを受けない限り、
誰もニューエイジに入ることはできない。」
David Spangler (デビッド・スパングラー) :
国連・惑星イニシアティブ・ディレクター 、
ルシス・トラスト・メンバー 、フリーメーソン、率直なるルシフェリアン
(中略)
2021年4月9日の更新
by Henry Makow PhD
 
人類は今、悪魔カルト、カバリズム(イルミナイズム、フリーメーソン、共産主義)に引き込まれつつある。(中略)… 明らかに、ワクチン接種は、このカルトに入団するための、そして、悪魔崇拝(ルシフェリアン)社会、すなわち、新世界秩序(NWO)に参加するための判定基準である。
 
最近、クラウス・シュワブは、ワクチンを接種していない人々を「人類への脅威」と呼んだ。(中略)… すべての人にワクチンを接種しなければならないという圧力が、有益かつ健康を目的とするものではないことは明白だ。ワクチンは、悪魔崇拝者である中央銀行家が望む意図に沿って、社会を再編成するための口実に過ぎない。これには間違いなく人口削減が伴う。
(中略)
LAタイムズのコラムニスト、ハリー・リットマン氏はこうツイートした:
「ワクチン・パスポートは良いアイデアだ。とりわけ、ワクチン拒否者の多くは、仲間がやっているようなことが出来なくなる。パスポートで抵抗勢力を打ち破ることができるはずだ」。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
» 続きはこちらから

「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違い ~「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回も「コズミック・シークレット JAPAN」さんの記事から、重要な部分を引用しています。
 ETコンタクティーのエレナ・ダナーンの情報が興味深いものでなければ、マイケル・サラ博士がインタビューを行うわけがないので、彼女の情報はコーリー・グッド氏らの情報と比べても、ある程度整合するものと考えられます。
 記事では、エレナ・ダナーンの著作の中から、「アシュター」に関する記述が抜粋されており、この部分は十分に納得できるものです。まず、「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違いを説明しています。
 アシュター集合体とは、“(ドラコ・レプティリアン帝国がオリオン星系を占領し、オリオン・レプティリアンに支配された)様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族”のことで、アシュケラ星系(シリウスB)を中心としているとのことです。
 一方、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、アシュター分離独立派は「アシュター銀河司令部」を名乗り、「世界の銀河連邦(銀河連合)」と提携し、木星にアシュター銀河司令部の前哨基地を有しているという事です。
 これらの説明は、コブラ情報を理解する上でも重要です。アシュター集合体とは、「光の銀河連邦」のことです。トレック氏は、“「光の銀河連邦」(シリウスB) は「銀河連邦」とは全く別組織”と言っています。ややこしいですが、トレック氏の「銀河連邦」を、時事ブログでは「銀河連合」と言っています。「銀河連邦と光の銀河連邦の違いについて」の記事も参照してください。
 要するに、「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージなのです。ですが、真の支配者は「地球ハイアラーキー」でした。ややこしいですが、例えば、イスラエルとパレスチナの争いで、パレスチナのハマスを真に支配しているのはイスラエルの「モサド」だというのに似ています。
 “続きはこちらから”の最初の記事では、本人が「私はアシュター集合体…をチャネリングしたセッションをしました」と言っているので、わかりやすいですね。ドラコ・レプティリアン側の闇の組織のチャネリング情報を、本人は「光の勢力」からの情報だと信じ切っているのです。
 最後の記事では、情報源が「私は光の銀河連合の司令官アシュターです」と名乗っていますが、「地球同盟」からのものです。これらの情報が、内容的に似通っていることから、「地球同盟」は「アシュター集合体」からの情報と「銀河連合」からの情報の区別がついていないようです。
 時事ブログでは、「光の銀河連邦」は(裏の)イルミナティを支配してきた邪悪な組織で、「銀河連合」は相対的な光の組織であり、神の敵であると指摘して来ました。
 最後に、エレナ・ダナーンが接触したプレアデス人のソー・ハンは、「木星にはある司令官(アシュター)がいて…彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています」と言っています。時事ブログでは、本物のアシュター司令官はすでに死んでいて、アシュターの名で情報を送って来るのはニセモノだと指摘して来ましたが、ソー・ハンは、木星の前哨基地のアシュターであるヴリロン司令官が、すでに死亡していることを知らないのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
4/8追記 マイケル・サラ&エレナ・ダナーン「ETコンタクトと銀河連邦」
引用元)
(前略)
アシュター集合体とアシュター銀河司令部
別名「シリウス集合体」とも呼ばれ、アシュター集合体の本部はシリウスBの惑星系トゥーラ(Thula)の惑星モルガにある。
(中略)
ドラコ・レプティリアン(Ciakahrr)帝国がオリオン星系を占領し、レプティリアン・オリオン帝国(6の同盟)が誕生した頃、シリウスのアシュケル人たちは21の星系の所有権を巡って対立していた。オリオン座の近くにある他の星の多くは運命に翻弄されたが、シリウス星系は侵略者に立ち向かい、アシュケラ(シリウスB)の勢力を包囲するこの集団を作り上げた。それがアシュ・ターである。
(中略)
近年、ドラコ・レプティリアン帝国のエージェントによる著しい侵入と組織の腐敗により、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、「世界の銀河連邦」に加勢している。アシュター分離独立派は、軍事的手続きに長けており、銀河連邦から地球での作戦に協力することを提案され、木星に前哨基地を設置した。レプティリアンに感染したアシュター集合体と区別するため、アシュター分離独立派はアシュター銀河司令部と名乗った。彼らは特定の惑星系ではなく、移動可能な大型の母船を拠点としている。(中略)… 1977年、アシュター銀河司令部の木星前哨基地にいたヴリロン司令官は、あなた方の無線周波数を使って通信を行うことを許可された。
(中略)
ソー・ハン:もちろんアシュターは実在しますが、それは人物の名前ではなく、称号であり、上位部門の名前です。(中略)… 木星にはある司令官(アシュター)がいて、あなた方の星系に割り当てられています。彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています。だから、この男と交際していると言っている地球人女性は全員、夢を見ているのです。それに、この星系に配属されたアシュター(司令官)には、ドーラという配偶者がいます。
(中略)
そしてあなた方は、アシュター集合体とは何かを知る必要もあります。彼らは様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族であり、アシュケラ星系(シリウスB)で形成されています。
(中略)
チャネリングを始めるときは注意してください。あなた方が思っている以上に多くの捕食者がいて、あなたが光のために働くのを妨害するために混乱を広めようとしています。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 28