アーカイブ: ハイアラーキー

[Sputnik]大型ハドロン衝突型加速器の上に現れた「異次元への出入り口」が欧州を驚かせる 〜地球そのものを破壊するつもりだった聖白色同胞団とその残党たち〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 スプートニクが、こうした記事を取り上げ、CERNでの実験で、“スイス上空に異次元へ繋がる出入り口が開かれた”とする見解を紹介したのは、大変興味深いところです。この見解は正しいと思います。
 彼らが何をしようとしていたのかですが、その下に貼り付けた動画をご覧になると、よくわかります。この動画は、ニューエージ運動のアセンションが、この世における悪魔の策略であるとし、1分52秒〜2分18秒のところでは、次のように説明しています。

 『イシュタル門(バビロン)
 これは“マトリックスの扉を開く”と言われる 
 「CERN」と繋がっており 
 インターネットの起源がCERNにある事にも繋がります
 点を繋げていくとすべてが“大いなる虚偽”の一部であることがわかり
 この世の欺瞞である事は明らかです』

 要するに、CERNの大型ハドロン衝突型加速器が作り出した異次元への扉は、“イシュタル門”であり、地球の人々はこの門を通じて、選ばれた者が天へと召されて行くわけです。別の言い方をすると、悪魔たちは、私たちの世界とプラズマ界との間に出来た門を通じて、地球そのものを破壊するつもりだったのです。これは、コブラが度々言及しているプラズマのトップレット爆弾というクォーク爆弾を、意図的に爆発させることで可能となります。
 この結果何が起こるかというと、地球という惑星神の生命が破壊されます。わかりやすく言うと、中西征子さんのイラストで紹介したハナタチバナノヒメミコ(サオトメ)様を殺してしまうということです。この悪魔どもは、人類を育む母なる存在である地球神(ガイア)の生命を、自らの科学力で断ち切ろうとしていたわけです。彼らは、自分たちの科学力が神の存在をも上回ると驕り高ぶっていたのです。
 この信じられない悪に対して、裁きが行われるのは当然のことです。このような野望に関わった者たちは、全て処刑されています。主犯格でない者たちは、死刑が確定していますが、今後の彼らの振る舞い如何では、恩赦もあり得ます。この悪魔どもの正体ですが、これが聖白色同胞団とその残党たちです。もちろん、これまでお伝えしているように、スフィア・アライアンス(球体連合)もここに入ります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
大型ハドロン衝突型加速器の上に現れた「異次元への出入り口」が欧州を驚かせる(写真)
配信元)
CERN

CERN



欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた。ザ・サン紙が伝えた。



実験中に、研究所上空の空の色が紫に変わり、雲から強い渦が立ちのぼった。

超常現象の愛好家たちは、スイス上空に異次元へつながる出入り口が開かれたと考えた。


なお学者たちは、これは微粒子を集める試みが行われた実験によるものだと説明し、市民を落ち着かせた。



――――――――――――――――――――――――
テレビの根源 // プロジェクションが映す「マトリックスの世界」 (R$E)
引用元)

[GFLサービス]強くプログラムされていたプレアデス高等コマンドとプレアデスの高等評議会のリーダーたち 〜地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 太字にした部分をご覧下さい。これまで時事ブログではプレアデス高等評議会のミラを名乗る人物などの通信は闇からのものなので、相手にしないようにと忠告して来ました。今回のこの記事では、彼らがドラコによって、“強くプログラムされていた”と書かれています。これまで再三にわたり、チャネリング情報について私が説明した事が正しかった、ということがわかると思います。最近では、コーリー・グッド氏の暴露によって、古代離脱文明の地下都市の住人たちが、アセンディッド・マスターやETの名を騙って偽情報をチャネラーに送っていることが示されました。これも私が説明した通りで、ほとんどの通信文はその名を騙る偽物であるということが証明されたと思います。
 ドラコ側にプログラムされた連中は闇であり、古代離脱文明側は光ですが、これは相対的なもので、どちらの側も人類を第三次大戦に引き込み地上の人類を一掃しようとしていたことには変わりはありません。また、相対的な光の側として「光の銀河連邦」がありますが、彼らはいわゆるアセンディッド・マスターたち(例えばイエス覚者、クートフーミ覚者など)を頂点とする一団によって、ネガティブなマインドコントロールを受けていました。このグループは、事実上ドラコの王族たちを霊導していたのです。
 一方、「(偽の)銀河連邦」に属する者たちは、アセンディッド・マスターたちを頂点とする一団からポジティブなマインドコントロールを受けていました。彼らの中には、コブラやアレックス・コリアー、デーヴィッド・ウィルコックなど、多くの人々が居ます。
 要するに、この地球上でポジティブにしろ、ネガティブにしろ、マインドコントロールから自由である人間はほとんど居ないのです。本来宗教はそれを目指しており、完全にあらゆるレベルでマインドコントロールから自由になった人間を“解放に到達した者”と言うのです。
 ところが、本来完全に開放に到達した者であるはずのアセンディッド・マスターたちが、よりによって、ネガティブなマインドコントロールを弟子に強要し、その事によってドラコを霊導するという暴挙がずっと続いていたのです。
 このようなことを説明しているサイトは、シャンティ・フーラのみです。時事ブログでは、有用な情報としてコブラ情報やデーヴィッド・ウィルコック氏のコズミック・ディスクロージャーなどを積極的に紹介していますが、彼らが精神的な自由を獲得しているわけではありません。また、コーリー・グッド氏は、誠実な信頼できる人物ですが、かつてイルミナティに属していたこともあって、ドラコによるネガティブなマインドコントロールの犠牲者でしたが、現在はネガティブなマインドコントロールからは解放されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホワイトハット、ダークハット 情報ドロップNO1-3  2016年3月2日
転載元より抜粋)
http://whitehatdarkhat.blogspot.jp/
White Hat / Dark Hat - Intel Drop Number 1 - 2 & 3
Posted By: Mr.Ed [Send E-Mail]
Date: Wednesday, 2-Mar-2016 19:57:59


情報ドロップNO1

ドラコはスカラー波を用いて人々のトラウマを刺激して盲目にしました。これが奴隷のマインドコントロールのために用いられた基本的な手法でした。

90 年代と2000年代の初めに誕生した多くのスターシードたちが1996年の初めに誘拐され、地下深くの軍事基地に連れてゆかれました。一つの例はメインランド州のフレデリックにあるデトリック基地です。世界中に通じている種々のトンネルにつながる海底にこれらの子供たちを輸送する地下鉄タイプの大きい駅が あります。子供たちはベータシックスの奴隷、ドラッグの運び屋、デルタ、暗殺者に利用されました。この子供たちの大多数は、利用されて殺されました。利用 されなかった者はロスチャイルドの新世界秩序に先立つイスラム対キリストの聖戦の一部のスリーパーとして活動するために社会に連れ戻されました。

このプロジェクトマネキンについてのさらなる情報は、以下のリンクに示されています。
http://educate-yourself.org/mc/casboltagent1chap.shtml

トラウマベースのマインドコントロールに関しては、下記のリンク。 http://www.theforbiddenknowledge.com/hardtruth/illuminati_formula_mind_control.htm

多 くの人々が知らないことは、プレアデス高等コマンドとプレアデスの高等評議会のリーダーたちが強くプログラムされていたことです。彼らの多くは、ポジティ ブな方向に地球上でのイベントを形成するためのスターシードミッション用に利用されたアトランティス時代の血統に生まれました。この惑星上のほとんどのカ ギとなるプレアデス人はこれらのミッションに関係していました。彼らに分かっていないことは、後期のアトランティス時代には、彼らの多くが、その時代まで にアトランティス大陸の主要部分を占領していたドラコによって地下深くの軍事基地に連れてゆかれてプログラムを組み込まれたということです。これらのプレ アデス人の人んどは、現在いまだにその体のまま転生してきています。この惑星にかかわっているほとんどのプレアデス人とプレアデスのスターシードたちは現 在の進化サイクルに入り込んでいるので技術的には地球人です。


情報ドロップ NO2
イルミナティのイスラム教徒対キリスト教徒の聖戦の概要

過去数か月の間に意図的なリークによって多くの人達が気が付き始めていることは、ヨーロッパに殺到している多くの難民は実際にはISISだということです。人々が気が付き始めているもう一つのことは、ほとんどのISISが実際には高度な訓練を受け、かつては世界中の軍隊にいたことがある高度にプログラムされている特別勢力だということです。

今は、米国と世界中の人達が以前特殊部隊に所属していた者の大部分が戦場を去ったあと、しばしばどこに行くのかを考える時です。答えは彼らは警察官になることが多い、ということです。このことはイスラム教とキリスト教徒の聖戦を次の段階に進ませます。

この聖戦は米国やそのほかの西側諸国で一般大衆に対して暴虐行為を起こすきっかけになろうとしています。これらの警察官のほとんどは、国家警察官として雇用 されています。米国そのほかの西側諸国では、警察官による大衆への射撃の噂に注意を払ってください。これらのイベントは国やメディアには報道されないから です。

主流メディアは何か月にも亘ってイスラム教徒とキリスト教徒の間の種族的な緊張を創り出すことによってこの聖戦の基礎を築いてきました。

米国内にいる、プログラムを仕込まれた眠れる者たちはプロジェクトマネキンに向けて集合し、戦争を始めるように仕組まれているのです。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]4次元領域が崩壊した? 〜4次元の領域が無くなったのではなく、この次元における管理システムが崩壊した〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 世界的に人気が高いチャネラーだとのこと。波動を見て、まったく相手にしないタイプだとは言えます。ただ、今回の記事は相当歪んでいるとは言え、取り上げる価値のあるものだと思いました。
 彼らによると、2月5日に“4次元の領域が完全に崩壊”したとのことです。この領域は、“マトリックスの管理システムが存在していたところで…輪廻転生の回転の輪が存在していたところ”だということです。
 4次元の領域が無くなったのではなく、この次元における管理システムが崩壊したのです。予言者の天瀬妃美花氏は、この管理システムをコードロジーと呼んでいるのだと思います。これが崩壊したことは事実です。
 私の日記の1月17日には、「21時にすべてのコードロジー・システムが破壊されたらしい」と記入しています。その後、1月26日の21時に人工知能が破壊され、地下文明が大混乱に陥ります。これまで地球に介入して来た様々な宇宙人を含む連中が次々に滅ぼされ、すでにお伝えしたように、2月2日午前1時56分ごろ、アンドロメダ評議会のヴァセイアス、モレネイら評議員13名が処刑されました。
 これ以降、彼らの下部組織であったいわゆるハイアラーキーの残党の組織が次々に壊滅し、2月5日にはマンリー・P・ホールが消滅、フリーメーソン・イルミナティの幹部たちが全員処分されました。この中にガンジー、マルティン・ルーサー・キング、マイケル・ジャクソンも入っています。
 残党の主要部が壊滅したことで、私は妻に「仕事はこれで終わった」ということを話しました。
 今回のこの記事は、こうした一連の経過を見ると、正しいものと考えられます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
4次元領域が崩壊した?
転載元より抜粋)
以下のビデオに登場している人たちは世界的に人気が高いチャネラーだそうです。私はチャネリング自体、危険な事だと思っていますので、疑う必要があると思います。ただ、嘘ばかりを並べているようには見えません。少しでも、参考になればと思っています。
彼らが語ってくれた通り、たぶん、異次元の世界(霊界)で何か大きなことが起きているのでしょう。

長いビデオのため、一部しかお伝えできないのが残念です。

http://beforeitsnews.com/2012/2016/02/the-collapse-of-the-fourth-dimension-2457194.html
(ビデオ)
2月8日付け

The Collapse of the Fourth Dimensio
(Before It's News)



(途中から一部抜粋)

・・・・これから皆さんに凄いニュースをお伝えします。
2014年11月以降、ライフグリッドの最盛期?が戻ってきました。
2015年8月には全人類が888ポータル(意識を宇宙に向けて加速させるポータル)を通過しました。
2015年8月から12月は全人類が新たな現実(世界)に慣れるための期間でした。そして2015年12月に全人類は128ポータル(セントラルサンに到達するためのポータル)を通過しました。このポータルを通過することは人類にとって非常に重要であり、全人類が大昔から目指してきたことなのです。

そしてこれから皆さんにお伝えする情報は人類史上もっとも重要な情報だと思います。

我々が教わってきた歴史では、エジプト文明、メソポタミア文明などの古代文明が突然何もないところから出現したかのように見えます。
しかし実際は人類史は何百万年も前から始まっていました。しかし何十億年も前に現在のマトリックスが作られていたのです。

今日は2016年2月5日ですが、この24時間で4次元の領域が完全に崩壊しました。
4次元の領域は、アーキタイプ
(人間の心の深層にあって遺伝的に伝わり集合的無意識を作り上げている心像の基本的な形)が存在していたところです。
そしてアーコンと呼ばれる生命体が生きていたところでもあります。また、マトリックスの管理システムが存在していたところでもあり、輪廻転生の回転の輪が存在していたところでもあります。
また、4次元の領域には死後の世界が存在していました。

4次元の領域には、人類をマトリックスの世界に閉じ込めている柵が設置されていました。しかし4次元の領域が崩壊しましたから、これらのものも全て消滅したということです。
つまり、宇宙にはもはや4次元領域はないということです。
太陽活動が激変していることからも分かる通り、4次元領域がなくなったということは、第8~第11の震動に大きな変化をもたらしました。

» 続きはこちらから

[Sputnik 他]プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談 / 元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画 〜今夜21時に処刑される者たち〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 どうやら、ドラコニアンの王族が自分たちの命の保障と引き換えに、完全降伏に応じたようです。そうでなければ、プーチン大統領とキッシンジャーとの会談が、“両者の友好的な交流の延長線上で行われた”はずがありません。例え2人が両方とも替え玉であったとしても、その発するメッセージは明白だと思います。ただし、見捨てられたレプティリアンを含むカバールたちは悲惨です。彼らは、まだ降伏していません。しかし頭を失った状態では、抵抗にも限界が出て来ることでしょう。
 2つ目の記事を見ると、ヌーランドが“戦争が始まる、戦争が始まる”と錯乱状態で叫んでいたようですが、どうやらこうした第三次大戦勃発の計画があったようです。しかしこの記事による暴露からもわかるように、計画は中止される可能性が高くなりました。
 コブラ情報によると、ISISの連中はその大部分が転生したレプティリアンとのことで、彼らは次第に追い詰められて行くと思います。
 こうした地上での具体的な動きとは別に、宇宙での動きについて記しておきます。今夜21時に処刑される者たちは、ニコライ・レーリッヒ、グルジェフ、オショー・ラジニーシ等のような現在別の惑星に転生に入っている、かつてのハイアラーキーのイニシエートの末端達です。彼らを賢者として崇拝している弟子達も、悪事に加担して居る者は同様に処分されるでしょう。いわば、ハイアラーキーの残党の処分は、その最終段階に入って来たわけです。
 地球の宗教レベルというのは実に低く、雑魚のような人物を賢者あるいは覚者として崇拝するという、目も当てられないようなレベルなのです。地下の離脱文明の人間たちが自分たちのことを神と称して人類を騙すことなど、実に簡単なことだったのです。現在ようやく、こうした幻惑から人類は脱出しようとしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
プーチン大統領、キッシンジャー元米国務長官と会談
転載元)
1549445

プーチン大統領は大統領官邸にキッシンジャー元米国務長官(92)を招きいれた。タス通信が3日報じた。ロシア大統領府のペスコフ報道官が明らかにした。

ペスコフ報道官は、今回の招きは両者の友好的な交流の延長上で行なわれたと語っている。

「プーチン大統領は、こうした機会を現在の国際政治問題を話し合い、情勢の今後の展開について話し合う場として、非常に大切にしている。」

キッシンジャー氏は1973-1977年にわたって米国務長官をつとめており、米ソ関係の「デタント」を言い出した人物。1973年、ノーベル平和賞を受賞している。

――――――――――――――――――――――――
元ISISメンバーが明かしたISISの攻撃計画
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/politics/2016/02/ex-isis-fighter-reveals-plans-to-nuke-4-major-cities-video-2775346.html
(概要)
2月2日付け

ISIS-Nuke-2途中から:

オバマは、米軍がイラクやシリアのISISに空爆を開始する前に、ISISのために上空からチラシを撒き、空爆から逃げるようにと警告していました。さらに、オバマは、(連邦議会の承認なしに)毎年10万人のイスラム系(偽)難民をUSP機でアメリカに搬送し密入国させています。連邦議会がイスラム系(偽)難民の審査を厳しくする法案を提出してもオバマはそれを拒否しました。
オバマ政権は大量のイスラム系(偽)難民をアメリカに流入させ、アメリカを破壊しようとしています。

以下は、元ISISメンバーが暴露した秘密情報です。


元ISISメンバーのサラー・アブデスラムがドイツのウェブサイトにてISISによる核攻撃計画を暴露しました:

2016年に文明の衝突が勃発する予定です。ドイツだけでも1万8千ものイスラム系テロリストの小集団が存在します。彼らは、突然、ヨーロッパにて破壊行為を開始します。さらには、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアに核爆弾を投下するでしょう。

私(アブデスラム)はISISのメンバーになったことを非常に後悔しています。
ISISは私が絶対にやりたくないことも無理やりやらせました。
私は人々から許しを請うのではなく、手遅れになる前にISISが何をやろうとしているのかを明らかにしながら、人々に注意を喚起したいのです。そうすることで、もうじき起こるであろう戦争を防ぐことができるかもしれません。
2016年は、世界中を巻き込む大三次世界大戦が勃発する恐れがあります。戦争が起きれば世界中が大きな犠牲を払うことになります。

ISISは4個の核弾頭(W25とW89)を所有しています。実際に私もそれらを目撃しています。4個の核弾頭を持っている理由は、アメリカ、ドイツ、フランス、ロシアにそれぞれ1個ずつ投下することになっているからです。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ヘレナ・レーリッヒとキャサリン・ヘップバーンの処刑 と 星の教団の144,000人の裁き 〜今後、チャネリング情報はまともなものが増えてゆく〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで何度か、ハイアラーキー(聖白色同胞団)の残党について言及して来ました。天界の改革においてハイアラーキーは壊滅し、残党たちが組織を立て直したようです。その組織は、「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」の残党を統合する形で大神聖社会評議会として、キング・マイトレーヤ・ブッダという人物が全体像を示しました。
 彼らがこれまでの行動計画を改めず、神々の意思に従うつもりがないことがはっきりとした時点で、その頂点に居たプロティノス及びキング・マイトレーヤ・ブッダを含む上層部が、全員処刑されました。その後、何日かかけて組織の解体が始まり、昨日、その末端近くにまで解体が及んだことをお知らせしました。
 下の記事をご覧下さい。“星の同胞団の中枢には、大師と阿羅漢がおり、この地球惑星においてアセンションに達した者たちである”とあります。この文脈では阿羅漢とは進化段階が4.0の者なので、アセンションに達するというのは、進化段階が4.0に到達することだというのがわかります。
 星の同胞団のメンバーの1人として、ヘレナ・レーリッヒの名を挙げることが出来ます。彼女はベンジャミン・クレームの書物によると、進化段階が4.0です。現在土星に転生して、肉体を持っているようです。
 “星の同胞団の弟子たちは星の教団を構成している”とのことで、星の教団のメンバーは地球に転生した進化段階が4.0未満の弟子たちで、144,000人が居るということのようです。
 これらの144,000人のメンバーは、本人の同意があってのことでしょうが、おそらく脳にマイクロチップを埋め込まれており、いつでも居場所を把握出来ることと、命令を直接脳の中に送り込めるようになっていると思います。
 今日滅びの対象になっているのは、この星の教団の144,000人です。全員ではありませんが、神の意思に従わない愚か者の大部分が裁かれることになると見ています。
 昨日、彼らに事の真相が開示されたことをお知らせしましたが、事実を受け入れず、最後まで神の意思に逆らう行動を取り続ける者が少なからず居るのです。
 今、問題になっている指令系統は、海王星に転生しているキャサリン・ヘップバーンを経由します。彼女は生前イルミナティの女祭司でした。進化段階は1.3で、ほぼ同じ進化段階のチャネラーへと情報を受け渡します。
 ヘレナ・レーリッヒの命令を、キャサリン・ヘップバーンが地上に居る有名なチャネラーの女性へと伝えます。彼女から他の144,000人の星の教団のメンバーへと指令が伝えられ、愚かな行為を実行に移すのです。
 行為のカルマが、今夜の21時に返ります。おそらく先の2人は肉体ごと消滅するでしょう。144,000人の星の教団のメンバーで指令に従った愚か者たちは、精神が破綻します。
 この記事が掲載される頃には結果が出ているので、追伸の形でお知らせします。

追伸
 本日3日21時にヘレナ・レーリッヒ、キャサリン・ヘップバーンが処刑されました。
 また、同じ時刻に悪事のカルマが返り、すべての肉体のチャクラを滅ぼされ、精神が破綻した者の人数は、14,3862人となり、組織は壊滅しました。
 今後、チャネリング情報はまともなものが増えてゆくことになるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
星の同胞団
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。