アーカイブ: 政治

[朝日新聞デジタル]【集団的自衛権】法案の国会審議、2015年春以降に先送り

竹下雅敏氏からの情報です。
 ずいぶん前に、統一教会や創価学会は、神々の指示に従って動いていると説明したのですが、少しずつそうした事がわかる出来事が起こるようになって来ました。先の都知事選においても、創価学会は細川元首相を支持しました。今回のこの記事もそうした観点から見ると、わかりやすいものだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
【集団的自衛権】法案の国会審議、2015年春以降に先送り 政府・自民
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
創価学会広報室の見解全文
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――
創価学会「改憲経るべきだ」 行使めぐり見解
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]首相に盾突いた過去も…新法制局長官は国民の敵か味方か

竹下雅敏氏からの情報です。
 小松一郎前長官は、一か月の長期入院によって、明らかに変化しアンドリュー陣営に入ったと見ています。横畠新長官は今のところ、どの陣営にも属していないように思います。ただ記事を見ると、何か弱みを握られて脅されているのでない限り、まともな人物のように思えます。文末の面従腹背というのが一番納得出来る線だと思います。小松長官はとても上手く立ち回ってくれたように思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
首相に盾突いた過去も…新法制局長官は国民の敵か味方か
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[小池清彦氏]集団的自衛権:憲法改正したと同じ効果、最高法規が空文化する

竹下雅敏氏からの情報です。
 あべぴょんが“日本が再び戦争をする国になる、といった誤解があります。しかし、そんなことは断じてあり得ない”と言っても、とても信じられるものではありません。これまでこの男が国民に約束したことは、すべて嘘だったからです。“消費税の増税分は全て社会保障費に回す”という約束であったはずだし、“ウソつかない。TPP断固反対。ブレない”だったはずだし、極めつけは“アンダーコントロール”です。こんな男の何をどう信じろと言うのか。国民は一体何度騙されれば気が済むのかという気がします。国民が一斉に“ウソつき”と叫べば、政権はすぐに倒れるのです。息子か孫が戦地に行く、その時にまたこれまでと同じように仕方がないと思って諦めるのでしょうか。後悔するのは身内が死んだ後になりそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日刊ゲンダイ]小林節氏(慶大名誉教授)「解釈改憲という行為自体が憲法違反」

竹下雅敏氏からの情報です。
 法律の専門家が、解釈改憲という“この行為自体が憲法違反”だということです。私は特定秘密保護法も憲法違反だと思っているので、あべぴょんは十分犯罪者として逮捕出来るレベルではないかと思います。オバマにしても、何故犯罪者がいつまでも捕まらないで国のトップに居られるのか、とても不思議です。人々が事実を知れば、直ちに逮捕出来ると思うのです。知らないで権力者に騙されている人が、ほとんどだと言うことでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
慶大名誉教授・小林節氏(上)「安保法制懇は学識なし」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[日刊ゲンダイ]細川・小泉コンビが欲しがる小沢一郎の地方選「必勝データ」

竹下雅敏氏からの情報です。
 自民党解党の動きが目に見える形で動き始めました。日刊ゲンダイの記事は、政界再編に向けての大きな流れです。
 下の意見広告は、これまでの常識なら考えられない類のものです。以前から、メディアはすでに解放されており、電通などもナサニエル陣営に寝返っていると言って来たのですが、ここに来て、ようやくそれが実感出来る形として現れて来ました。私は、そのような変換のその時を捉えているので、こうして形となって現れるのに3か月から半年の時間のずれが出て来ます。読売新聞がTPP情報をすっぱ抜いて政権を慌てさせ、出入り禁止となっていることなども、その兆候として捉えることが出来るかと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
細川・小泉コンビが欲しがる小沢一郎の地方選「必勝データ」
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 40