アーカイブ: 池袋暴走事故

[池袋暴走事故]運転していた飯塚幸三を過失運転致死傷の疑いで書類送検

竹下雅敏氏からの情報です。
 池袋暴走事故で、運転していた飯塚幸三が、過失運転致死傷の疑いで書類送検されるとのことです。書類送検は、身体拘束されていない被疑者の事件処理を警察から検察に移す手続きですが、今後、検察は起訴するかどうかを判断することになります。
 安倍政権下では、常識では考えられないレベルで不起訴となる事件が連発しているので、この件もどうなるかわかりません。ただ、本人は“車の性能の改善が必要だと主張”しているように、車の不具合によって事故が起きたと思っているようです。
 私は、自衛隊によって車の制御を外部から乗っ取られたために起きた事故だと思っているので、彼は被害者と言えるかも知れません。しかし、“救護もせずに現場からスマホで家族に連絡し自身のFBなどの情報を一切消去する”という行為は、一般人には理解しがたく、責められても仕方ないところです。
 ひょっとしたら本人は、外部から車を乗っ取られたことを理解しているかも知れません。しかし、それを言うと、危なくてこの手の車は乗れないということになるので、発表できないのではないかという気がします。
 いずれにしても、この事件の真相が表に出てくることはなさそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
池袋暴走事故、運転の飯塚元院長「おごりあった」
引用元)

動画は引用元でご覧ください(画像をクリックすると引用元へ飛びます)


 東京・池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で(中略)… 運転していた飯塚幸三元院長(88)は事故前から足を悪くして通院していましたが、先月、JNNの取材に対し「自分の体力を過信していた」と話しました。

 「おごりがあったのかなと思い、反省しております。自分の体力にその当時は自信があったんですけど。おわびの気持ちをずっと持ち続けていることをお伝えいただきたいと思います」(飯塚幸三元院長)

 また、警視庁はアクセルとブレーキの踏み間違いが事故の原因だったとしていますが、飯塚元院長は車の性能の改善が必要だと主張しました。
(中略)
警視庁は、来週にも飯塚元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検する方針です。(09日11:50)
————————————————————————
池袋暴走「39万筆」署名も元院長は沈黙 代理人に改めて取材申し込むが...
引用元)
(前略)
2019年4月に発生した池袋暴走事故で、松永真菜さん(当時31)と娘の莉子ちゃん(3)を失った遺族が9月20日、東京都千代田区の東京地検を訪れ、乗用車を運転していた飯塚幸三・元旧通産省工業技術院院長への厳罰を求める署名39万1136筆と、速やかな送検や起訴を求める要望書を東京地検に提出した。
(中略)
20日は、真菜さんの父・上原義教(よしのり)さん(62)も沖縄から駆け付けた。上原さんは、「普通の罰を受けていただきたいと心から願います」と訴え、「私たち遺族もこれから前を向いていかなければいけない。私にとっては最愛の娘でした。最愛の孫でした。本当に悔しい気持ちでいっぱいです。全国の皆さまの励ましに支えられ、今日まで生きてくることができました」と声を震わせた。
 
飯塚元院長の代理人「マスコミなどの取材は一切応じない」
 
J-CASTニュースでは署名提出を前にした2019年9月13日、飯塚元院長の代理人に電話で取材を申し込んだ。
 
——厳罰を求める署名活動について、ご見解など伺えないか。
 
申し述べることは何も。取材に対して内心の考えていることを伝えるなどの意向は全くない。もちろん考えていることはあるとは思いますけれども。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

[池袋暴走事故]帽子とサングラス、マスクの任意聴取に訪れた人物は、替え玉である可能性が極めて高い ~警察組織の上層部=悪を証明か

竹下雅敏氏からの情報です。
 “そうか~、飯塚幸三の2本の杖は、地下に埋設されている水道管の位置を調べるためのものなんだな~”と思えるほど、杖を使わずにしっかりと歩いています。警視庁が任意聴取をした時のニュースでは、わずかなスロープも自力では上がれない状態でした。えらく元気になったものです。
 2つ目と3つ目のツイートには、飯塚幸三の右に同じ人物が写っています。2枚の写真からは、飯塚幸三の身長が明らかに違うようです。この辺を、別班マンさんが見事な動画を作って検証しています。
 どうやら、帽子とサングラス、マスクの任意聴取に訪れた人物は、替え玉である可能性が極めて高くなったと思います。ぱっと見た印象にも、「ガタイ」が全く違います。
 この2人が別人ということになると、警察組織の上層部=悪が証明されたことになります。
 “続きはこちらから”は、この事件に対する国民の怒りのツイートを、復習を兼ねていくつか拾ってみました。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)





» 続きはこちらから

[池袋暴走事故]事故現場には、全く報道されることのない自衛隊車両があり、自衛隊員が居たことがはっきりとわかる

竹下雅敏氏からの情報です。
 プリウスのようなコンピューター制御の車は、外部から簡単にハッキングされ、“運転中にハンドルやブレーキが効かなくなる”ことが、冒頭の記事と記事の中に添付されている動画を見るとわかります。
 昨日の記事で、池袋暴走事故の事故現場に、全く報道されることのない自衛隊車両があったということ、飯塚幸三が運転していたプリウスはハッキングされたのではないかということをお伝えしました。現場に自衛隊員が居たことは、以下のツイートとツイートにある動画をご覧になると、はっきりとわかります。
 自衛隊員が事故を起こしたプリウスの横に立っており、おそらく、飯塚幸三は生存しており軽傷であることを誰かに報告しているのか、携帯電話を使っているように見えます。
 自衛隊員が事故現場に居ること自体が極めて不自然。しかも、昨日の記事でお伝えしたように、プリウスの3台後ろを走っていたという未確認情報まであります。
 プリウスが制御システムを外部からハッキングされていたために、“運転手の意思に反して急加速”したのだとすれば、どう考えても、飯塚幸三を暗殺しようとして失敗したとしか思えません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プリウスもハッキングされる危険性、専門家が運転中の車へのハック例を発表し注意を呼びかける【動画】
引用元)
車載システムがハッキングされ、運転中にハンドルやブレーキが利かなくなる――。ハッカーの祭典「デフコン」で、トヨタ自動車のプリウスなどを例に専門家が手法を披露。IT化が進む車のセキュリティー強化に向け、注意を呼びかけた…
藤えりか 朝日新聞デジタル
 

 
運転中、ハッキングされ急加速! 米ハッカー祭典で発表
(中略)
 米国防高等研究計画局(DARPA)の助成を受けた米ツイッター社の研究者チャーリー・ミラー氏らが、プリウスと米フォードのエスケープを例に発表した。

 ミラー氏らは車載ソフトの解析で接続に成功。運転手の意思に反して急加速やブレーキを利かせたり、ハンドルを動かしたりしたほか、エンジンを切り、残り少なかった燃料計を満タンとして表示させる様子などを映像とともに披露した。
【ラスベガス=藤えりか】
————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

[池袋暴走事故]飯塚幸三が乗ったプリウスがハッキングされて、電子的に制御システムが外部に乗っ取られた! ~このプリウスの3台後を走っていた自衛隊車両

竹下雅敏氏からの情報です。
 池袋暴走事故ですが、ようやく真相がつかめました。冒頭の動画の初めの部分をご覧ください。男性が仁王立ちしており、足元には膝を立てて横たわっている男性がいます。頭元には鞄があるようです。下のツイートをご覧になると、動画には写っていない車があります。車のナンバープレートから、自衛隊車両だということがわかります。3つ目のツイートの図の「5 歩行者4人をはねる」と書かれた場所の少し右寄りの横断歩道上をこの自衛隊車両は通過しています(動画の17秒辺り)。
 この自衛隊車両は、プリウスの3台後を走っていたという情報もあります。私は飯塚幸三が乗ったプリウスがハッキングされて、電子的に制御システムが外部に乗っ取られたのではないかと考えています。
 ネット上では、自転車に乗った男性をはねた後、逃げようとしてアクセルを踏んだのではないかとする説もありますが、100キロ近くのスピードを出して逃げようとするというのも考えにくいです。飯塚幸三を殺害する目的で、外から制御システムが乗っ取られたと考える方が飯塚幸三の証言とも合致し、車に不具合はなかったという報道とも合致します。
 “続きはこちらから”をご覧ください。秋篠宮悠仁様の机の上に刃物が置かれた事件が、4月26日にありました。5月1日の即位後に「天皇陛下のお言葉」がありましたが、ベンジャミン・フルフォード氏によれば、そのお言葉には「助けてくれ」という暗号が組み込まれていたと言っています。
 安倍政権を支えているのは、統一教会、創価学会、日本会議を中心とするグループで、その構成員には、皇室関係者が随所に見られることがわかります。元JOC会長の竹田恒和氏と、子の竹田恒泰氏が安倍政権側の人間であることは、その言動から明らかです。
 時事ブログでは、“皇室関係者の中に、天皇陛下の平和を願うお心に背く行為をしている者が数多く居るのではないか”と指摘しました。要するに、安倍政権側に代表される売国集団と、属国支配からの日本の開放を願う革命集団との間に、激しい緊張があるのです。
 先の机に刃物を置いた中学校侵入事件は、どう考えても、天皇陛下、上皇陛下側に対する脅しだとしか思えません。朝見の儀のお言葉に「助けてくれ」という暗号が組み込まれていたというのも頷けます。
 さて、飯塚幸三は皇室関係者だと思いますが、安倍政権下で叙勲。職歴からも、安倍政権側の人間だと考えられます。彼は、特殊なグループから命を狙われたと考えるのが自然かも知れません。
 最後のベンジャミン・フルフォード氏のもう一つの動画をご覧ください。この動画は、2017年9月14日のもののようですが、今年の5月20日にもう一度取り上げたようです。その内容は闇の者たちへの警告で、70名のリストがあり、その中に逮捕もしくは暗殺を要請されている人物が居ると言っています。
 2017年9月14日の時点では警告だったものが、今では実行に移されたものがあるということではないでしょうか。それで、この動画をもう一度取り上げたのだと思います。
 ひょっとしたら、このリストの中に飯塚幸三の名前が載っていたのかも知れません。もし、池袋暴走事故が運転ミスではなく、外部からの制御システムの乗っ取りだったとしたら、明らかに犯罪です。このようなことをすれば一般人が巻き込まれるのは明らかです。しかし、一般人が巻き込まれるというような少々の犠牲はやむを得ないと考える乱暴なグループは確かにあります。ベンジャミン・フルフォード氏が接触し、そうしたリストを受け取ることができ、このような犯罪をも厭わないグループは1つしかありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
池袋高齢ドライバー事故 87歳運転手に何が!!
配信元)
————————————————————————
配信元)
 
 
————————————————————————
トヨタ車の暴走
引用元)
(前略)
プリウスの暴走事故が、あまりにも多すぎる(中略)… 池袋における飯塚幸三氏の事故は4月19日に起きたが、ほぼ同様と考えられる事故が、5月15日、市原市で起きている。
https://breaking-news.jp/2019/05/15/048680

このときも、加害者の泉水卓氏は、「アクセルを踏んでいない。勝手に暴走した」と証言している。
(中略)
実は、トヨタ車は、1990年代から、北米で、アクセル・ブレーキトラブルによる事故を繰り返し、数百万台のリコールと、1200億円の罰金を科せられている。
https://www.newsweekjapan.jp/reizei/2014/03/1200.php
(中略)
そして、2009北米でトヨタ車の暴走事故が続き、豊田章雄社長が、米国公聴会に出廷するという騒ぎにまで発展した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%A6%8F%E6%A8%A1%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB_(2009%E5%B9%B4-2010%E5%B9%B4)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/277

ウィキには、かなり正鵠を得た本質が書かれている。(以下引用)

米運輸省の声明
2010年2月2日、アメリカ合衆国運輸省は、リコール対象車の不具合について、「エンジンの電子スロットル制御システムが原因の可能性がある」と声明を発表し、「電波の干渉が、意図しない加速を引き起こす可能性がある」とも指摘した。
(以下略)

» 続きはこちらから

事情聴取に現れた飯塚幸三は、耳の形の違いにより、まず間違いなく、替え玉 ~池袋暴走事故は、安倍案件ではなく皇室案件か?!

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、事情聴取に現れた飯塚幸三は替え玉ではないのかという説があることを紹介しました。冒頭のツイートは、耳の形の違いがよくわかります。まず間違いなく、替え玉だと言って良いと思います。
 さすがに、事情聴取にあたって、帽子とサングラス、マスクのままということはないでしょうから、これが替え玉だとすると、警察はそのことを知っているはずです。そうであれば、事情聴取自体が茶番だということになります。
 これは、飯塚幸三が替え玉を使ってまで守られるべき特別な人物であることを示します。何が特別なのかですが、次のツイートは、その核心に迫るものだと思います。池袋暴走事故が、安倍案件ではなく皇室案件だとしたら、これまでのすべての疑問が氷解します。
 なんとなく、久邇宮邦彦王の第3王子、東伏見慈洽(旧名・邦英王)氏の写真を貼ってみました。別に深い意味はないんですけどね。
 “続きはこちらから”では、なんとなく系図を作ってみました。みなさんが系図を見ながら、あれやこれやと想像してみてください。
 “東伏見慈洽氏の子供は、常陸宮正仁親王と従弟で、似ててもおかしくないよな~”とか、“お父さんの東伏見慈洽氏は、耳に特徴があるな~”とか、“東伏見慈洽氏の子供は、上皇陛下とも従弟の関係なんだ~”とかですね。
 私は、何にも言ってません(言ってるだろっ)。なんでか、ここだけIn Deepさんになってしまいました。
 なお、系図の写真の出典は、全てウィキペディアからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
————————————————————————
東伏見慈洽

Wikimedia_Commons[Public Domain]

身位  王 → 臣籍降下
配偶者 東伏見保子(旧姓名:亀井保子)
子女  東伏見韶淑
    東伏見慈晃
    東伏見睿淑
父親  久邇宮邦彦王
母親  邦彦王妃俔子

東伏見 慈洽(ひがしふしみ じごう、1910年5月16日 - 2014年1月1日)は、日本の僧侶。旧皇族。旧華族上皇明仁の皇叔父。
久邇宮邦彦王の第3王子、旧名邦英王(くにひでおう)。夫人は伯爵亀井茲常の次女・東伏見保子(亀井次女)。前衆議院議員・亀井久興は妻の甥。
————————————————————————
東伏見慈洽(ひがしふしみ・じごう)さん
引用元)

[古都税を廃止に追い込んだ京都仏教会会長]
■ぶれない宮家の誇り
皇族に生まれ、学者として教壇に立ち、京都の名…
...(以下有料部分)
————————————————————————
天皇陛下の叔父、東伏見慈洽氏が死去 103歳
引用元)
天皇陛下の叔父に当たる天台宗青蓮院前門主、東伏見慈洽(ひがしふしみ・じごう)氏が1日、慢性心不全のため死去した。103歳だった。自坊は京都市東山区粟田口三条坊町69の1の青蓮院。密葬は6日正午から同院。喪主は次男で同院門主の慈晃氏。

久邇宮邦彦王の三男に生まれ、香淳皇后は実姉。1931年に皇籍を離脱し、京都帝国大学(現京都大)を卒業後、45年に得度。53年~2004年、青蓮院門主を務めた。1985年、京都仏教会会長に就任。京都市と仏教界が対立したいわゆる「古都税問題」では反対運動の先頭に立った。

» 続きはこちらから
1 2