アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

20/05/18 フルフォード情報英語版: 秘密の戦争が激化する中、破壊されたエリア51

 西洋だろうが東洋だろうが、カバールだろうがカバールでなかろうが、結局は「世界政府」樹立に行きついてしまうんかーい、とツッコミつつ毎週のレポートを訳していたのですが、今回フルフォード氏が「コロナウイルスを利用している三大派閥」をまとめてくださいました。
 ――程度の差こそあれ、やっぱしどいつもこいつもNWO、世界統一政府やーん。「ゆるやかな世界支配」、「マイクロチップによる強制的世界支配」、「人類9割削減による世界支配」の三択て。第四番目のトランプQチームにも、この三大勢力から要人が入り込んでいるようですし、結局はグローバリストの作った枠組みから抜け切れていない気がしてしまいます。
 ハザールマフィアの悪魔崇拝の実態に目覚めた人々が、グローバリズムの先にある新たな枠組みの構築へ歩みを進めてくださればと願っています。例えば映像配信「家族の絆 〜夫婦」で詳細に紹介しているサーカーの思想、プラウト理論などいかがでしょう。
 新時代の到来です。資本主義や共産主義(および共産主義への移行形態である社会主義)の枠外に、飛び出していきませんか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密の戦争が激化する中、破壊されたエリア51
投稿者:フルフォード

コロナウイルス戦の裏で地球戦争激化


地球を巡る戦いは、少なくとも3つの派閥が支配を求めて必死に戦っており、危険な段階に突入しつつある。今やこの猛攻撃は、聖書的であるだけでなく、異世界的な様相すら呈するようになってきた。聖書的な側面には、未知の勢力によるイスラム教の【幾つかの】主要な聖地の占領が含まれている。異世界的な側面には、エリア51への攻撃や、ブラジルでのUFO墜落が含まれている。

以上の一切合切は、人類を【殺す気まではないが単に】支配したいだけの諸派閥と、我々の大部分を殺してしまいたい諸派閥がCovid-19のいんちきパンデミックで争っている傍らで、起こっているのだ。


地球外(宇宙)の動向


この戦いの異世界的な部分から【見て】いこう。米国政府は、地球外での仕事をこなす職員を公然と募集し始めた。広告はこちらで見ることが可能だ:

動画はシャンティ・フーラが挿入

【※アメリカ宇宙軍の募集コマーシャルです。アメリカ空軍および宇宙軍によって2020年5月6日に公開。】

この募集広告が公開された後に、第21宇宙航空団を指揮していた空軍のトーマス・ファルザラーノ大佐が殺害された。

更にその直後、悪名高いエリア51つまりあの“UFO基地”に対する大規模攻撃が起こったのだ。基地を襲ったマグニチュード6.5の地震計は、自然【発生の】地震ではなく、突然の大爆発だったことを示している。

AccuWeather [Public Domain]


ペンタゴン筋曰く、「ネバダ州とクロアチア【共和国】が地震に見舞われたため、海軍の病院船マーシーは5月15日にロサンゼルスを出発した」。船は逮捕された悪魔崇拝者で一杯だったと彼らは言う。しかも地下のアドレノクロム製造施設から子ども達が救出された後、両方の場所にあった地下基地を彼らが破壊したのだと、ほのめかしていた。

この地震の後、ブラジルで大変珍しいUFO【の編隊飛行】が目撃された。続いて、大勢の人が撮影したUFOの墜落事故が発生した。UFO【の一大編隊】と墜落現場を映した2分間の動画は、こちらで見ることが可能である:

動画はシャンティ・フーラが挿入

米海軍の諜報部と繋がっている「ソルカ・ファール」というサイトは、アメリカがファルザ【ラー】ノ大佐殺害の報復として、中国の駐イスラエル杜偉大使を殺害したと主張している。であれば何故に海軍は、中国側が宇宙軍司令官の殺害を画策したなどと思ったのだろうか。

その点は定かではないが、何年も前にロスチャイルド家の一員が「中国と話をしたいならば、こちらが最も高位となる」と言って、ドラゴン・ファミリーの代表を私に紹介してくれたことがある。そのドラゴン・ファミリーの代表は、中国には地球外のスポンサーがいると言っていた。もし彼ら【ドラゴン・ファミリー】が「ちゃんとやらなければ」、人類は「大変厳格な管理下に置く」と脅迫しているのだそうだ。

こういった出来事には多くの疑問符が付きまとっている。しかし何か物凄く異常なことが起こっているのは明白だ。

» 続きはこちらから

20/05/11 フルフォード情報英語版:コロナウイルス詐欺が瓦解し、首なし鶏のように走り回るエリート支配層

 フルフォード氏は、現在のコロナウイルスによるパンデミックはフェイク(偽情報)という立場です。カバールはパンデミックの恐怖を煽って人々の支配を強化しようと目論みましたが大失敗し、今ではカバールを粛清する側に状況を利用されている、とみています。
 また、先週に続いて今回もヒトラーの系譜が明らかにされています。前回はヒトラーの娘たちについてでしたが、今回は母親クララについて。
 実は父アロイスも私生児なので出生がはっきりせず、おそらく父親はユダヤ人、ひいては「ヒトラーの祖父がネイサン・マイヤー・ロスチャイルドである」可能性まで囁かれています。いずれにせよ「母クララは……1885年、アロイスの三番目の妻となった。夫より24歳も若く……」とあるので、本文に登場するチェンバレンの結婚斡旋には何か含むところでもあったのかな、とは思います。あるいはそのように指示を受けていたのでしょうか。

 最後にタイトルに因んで豆情報。首なし鶏マイクは「首をはねられた後も18か月間生存していた」そうな。頭を失ってパニック状態のカバールも同じだったら、やだなー。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナウイルス詐欺が瓦解し、首なし鶏のように走り回るエリート支配層
投稿者:フルフォード

パンデミックで支配権を取り戻すのに大失敗したカバール


今では最も洗脳されたシープルたちですら、自分たちのgovernment【政府】は何かが物凄くおかしい、と気付くようになった(※govern=支配、ment=心)。戒厳令を敷くためにフェイク・パンデミックを使おうとする試みが裏目に出たのは明白で、軍や【諜報】機関の良識派が欧米の諸政府を乗っ取った悪魔崇拝者を追い詰めるための格好の隠れ蓑を提供している。

コロナウイルスに感染したアメリカ・イギリス・フランス・其の他の政治家や有名人のリストを見てくださいな! 彼らの70%以上がユダヤ人なのです!!」と、FSB筋の一人は指摘していた。

彼【が言っているの】はほぼ正しいのだが、奴らはユダヤ人ではなく、悪魔崇拝者である。しかも、フェイクと思しきウイルスに感染してもいない。そうではなく、逮捕されたり、処刑されたりしているのだ。

もしこのパンデミックが本物だと思う読者が未だにいるのなら、どこか病院に行って、そうではないことを自分の目で確かめてみた方がよいだろう。あるいは、タンザニアの大統領が果物・ヤギ・其の他思いついた物から採ったサンプルを送ったところ、どれも揃ってこのコロナウイルスとやらの陽性反応を示した、という事実に注目して欲しい。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入


悪魔主義が横行する欧米


西洋は悪魔崇拝者によって支配されているという事実を未だに理解できない人々は、それが真実だと証明してくれる最近のニュースを幾つか見ておくべきだろう。

例えばイスラエルの人々は、何故だか知る由もないが、またしても悪魔崇拝者のベニヤミン・ネタニヤフを自分たちの首相に担ぎ上げた。ネタニヤフがまず最初に行ったことの一つは、「獣のしるし」で識別するべく子どもたちにマイクロチップを入れようと呼び掛けること。先週、ネタニヤフはこう言ったのだ:

「センサーなど、イスラエルが得意とする【分野での】対策を見つけるため、【我が国の】テクノロジーのトップの方々と話をしました。例えば、全ての人、全ての子ども――私としては子どもを優先したいのですが――近づきすぎるとアラームが鳴るセンサーを持ってもらうのです。車に設置しているのと似たようなものをね。」

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

そしてアメリカの国会では、悪魔の数字6666番の法案を通過させようとしている。政府【お抱え】のチンピラ集団【※例えばCDCとか、警察とかが人々の家に押し入り、フェイク・コロナウイルス【に感染しているか、無理矢理】検査をして、もし“陽性”とやらになろうものなら、その子どもたちを連れ去ろうという内容だ。ここまでくると、誰かが空想で出っち上げられるレベルではない。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

20/05/04 フルフォード情報英語版:いんちきパンデミックは果たして秘密の宇宙軍を表に押し出すのか

 人類の大半を奴隷にしてきたカバールとの攻防は現在も継続中。それでもシープルはゆっくりと目覚め始めており、奴隷解放と情報開示が近づいています。
 フルフォード氏の情報だと、最悪の事態は今年の夏には越えているそうです。秋・冬にはカバールの秘密宇宙計画や秘密軍事技術が公開されて、地球環境が飛躍的に改善するのでしょうか。それとも、だらだらと混乱の余波が続くのでしょうか。
 ビル・ゲイツの超傍迷惑なワクチン強制接種が実現してしまう前に、決着がついて欲しいものです。現在、コロナウイルスで洗脳・煽動されたシープルが感染者をバッシングする様子からして、ワクチンを拒否した人々がどう扱われているかは目に見えていますから。
 コロナウイルスのパンデミックで掻き消されていますが、イナゴ被害による世界的な食糧危機も控えています。米軍によるカバール粛清という人的な大掃除はさっさと終わらせて、夏以降は新時代の驚異的なテクノロジーを活用し、人類がとっ散らかした地球の物理的な大掃除に皆で取り組みたいです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
いんちきパンデミックは果たして秘密の宇宙軍を表に押し出すのか
投稿者:フルフォード

もうすぐ何かが起こる?


惑星地球を巡る戦いが激化する中、表面上では膠着状態にあるように見えるかもしれないが、巨大な何かが迫りつつある、と米国政府に繋がる複数の情報源は口を揃えた。

秘密宇宙計画が公開間近なのだ、とNSA筋は言う。NASA筋としては、ある種の異常が「現実の構造に影響を与えている」と言う。米軍も現在、100万人以上の予備役が召集され、戦時下の態勢に完全に突入した。

その結果、行方不明となった有名人・億万長者・政治家のリストは、悪魔崇拝者の大規模な粛清が続く中で増える一方だ。


現代の奴隷労働は刑務所で


真の犯罪者が一網打尽にされていっているため、今や事態はアメリカ株式会社の破産から、大半は非暴力犯である犯罪者の大量解放へと発展した。大勢の法と秩序を擁護する人々が警鐘を鳴らしてきたものの、米国【という国】はこれまで大規模な刑務所奴隷によるグラグ【=強制労働収容所】を運営してきたというのが実情だ。

中国人と比較すると、アメリカ人が刑務所に入れられる可能性は20倍も高い。

グラフはシャンティ・フーラが挿入
Wikimedia Commons [Public Domain]

【※2008年時点で、人口10万人当たりの収容率はアメリカが世界最大。その多くが黒人男性で、残された母子家庭問題も深刻化しています。】

例えばアフリカ系アメリカ人の友人曰く、彼女の兄弟が投獄されたが、その理由は髪の毛がマリファナに陽性反応を示したというものだった。これは、支配階級のカバールがあらゆる口実を用いて刑務所奴隷の労働力を集めているという数多の例の一つにすぎない。

シンガポールの同僚は、刑務所奴隷の労働力によって裏付けされた米国債が極東の投資家たちに売られているのを目にしたことがある。この点をしっかりと理解頂きたい:米国政府は、奴隷労働で裏付けされた米国債を中国人に売りつけているのだ。

【アメリカ】株式会社が破産したことで、この強制労働収容所も閉じられようとしている。現在の状況では、牢屋に入れておくべきは本当に危険な犯罪者だけだ。今後さらにこれ【※強制収容】を推し進めて、暴力団が管理する刑務所保留地という体制を【逮捕したカバール向けに】設けるのも一案かもしれないが。


シープルの目覚め


その傍ら、自宅にこもったシープルたちは現行の政府が犯罪者と嘘つきで構成されていることに、非常にゆっくりとだが気づき始めてきた。

多くの伝統的な報道機関も、今やこの現実に目覚めつつある。例えばニューヨーク・ポスト紙は、ビル・ゲイツが人々にマイクロチップを埋め込むためにコロナウイルスを作り出したのではないか、と報道しているのだ。信じられないかもしれないが、NSAも同じことを言っている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

現在ワクチン業界に対しては、一大逮捕が進められている。信頼を寄せていた医療関連の役人が何をしてきたかを知った暁には、人々はぞっとすることだろう。

» 続きはこちらから

20/04/27 フルフォード情報英語版:家賃と借金の返済は停止され、その一方で借金奴隷は解放されるとあって、バビロンが陥落

 カバール戦争が最終段階に入った模様です。とはいえ、文中にリンクのあったセントラルパークの救出リポートなどを視ますと、地下基地から救出される子どもや赤ん坊は衰弱しており、地上の光にも慣れておらず、亡くなってしまうことも多々あるようです。
 しかもカバールは、あと何回か電磁波攻撃を起こすと脅しています。ということで、5月も偽旗にはお気をつけください。
 マーク・ザッカーバーグのフェイスブック投稿が本物かとか、金正恩の生死はどーでもいいのですが、パンダ目の赤ん坊は心が痛みます。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:家賃と借金の返済は停止され、その一方で借金奴隷は解放されるとあって、バビロンが陥落
投稿者:フルフォード

奴隷制度の終焉


アメリカにおけるバビロン借金奴隷制度の崩壊が全面的に進行中だ。クリティカル・マスとなる約30%のアメリカ人は、自動車ローン・学生ローン・家賃・住宅ローン・企業ローンなどを払っていない。このことから、バビロニア式借金奴隷制度が債務超過に陥り、崩壊していることは、どう見積もっても確実である。


米財務省が債務証書ではなく、お金を直接国民に配り始めたという事実も、借金奴隷体制が終わりつつあることを示す、もう一つのしるしだ。


小児性愛者の処刑


小児性愛者の大規模逮捕も行われている。ペンタゴン筋によると:

「どうやらアドレノクロムの最後のバッチには、血に飢えているカバールでこれを飲んだ者は殺してしまうようにと、強力なコロナウイルスが混入された可能性があります。

その一方で、【アドレノクロムの】供給源つまりは人身売買され、拷問され、あるいはこの邪悪な目的のために生み出された子どもたちのことですが、【地下】トンネルの中から解放されていっています。」

このことをまだ理解できない方もいるかもしれないが、アメリカ合衆国は悪魔崇拝者の集団に乗っ取られていたのだ。奴らは色々と【手を染めており】、とりわけアドレノクロムとして知られる高濃度に誘導【生成】されるアドレナリンの一種を抽出するために、子どもたちを拷問していた。

マーク・ザッカーバーグ(・ロックフェラー)がこの件について述べたのがこちら

「多くの人間は性行為に参加したり、それを観察すると、楽しく、充実したものだと感じます。ですが私は時として、下の写真にあるように、より小さな参加者からアドレノクロムがその結果取り除かれていく様子を観察するのを、困難に感じることがあるのです。

とはいえ、アドレノクロムを【自分の体内に】摂取すること【自体】は、私が今までに参加した中で何よりも楽しい人間活動です。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【※マーク・ザッカーバーグのフェイスブックから。発信場所は、性犯罪者ジェフリー・エプスティーンが所有していた「リトル・セント・ジェームズ島」です。何年かは不明ですが、投稿日は6月16日。】

まるで自分自身が人間ではないかのように、「多くの人間は~と感じる」だの、「人間活動」だのといった言い回しを使っている点にご注目あれ。

こういった化け物どもは皆、追い詰められ、殺されていっている。注意すれば、有名人・億万長者・政治家などといった広範囲におよぶ連中が、世間の前から消えてしまった【ことに気が付く筈だ】奴らは二度と姿を見せることはないだろう。ザッカーバーグやその同類に現在まだ命があったとしても、そう長くは生きながらえまい。

ペンタゴン筋曰く、悪魔崇拝者の逮捕が終わりかけているため、米海軍の病院船コンフォートはニューヨーク市を出港した。しかし「ハリウッドには“ペドヴォア”が大量にいることから、ロスにいる姉妹船USNSマーシー【の滞在期間】はもっと長くなるだろう」とのこと。

【※「ペドヴォア」:「ペドフィリア(小児性愛)」者な「カーニヴォア(肉食動物)」、という造語。】
» 続きはこちらから

20/04/20 フルフォード情報英語版:中国と欧米の諜報機関が5G通信の重役らを追い詰め中

 やはり欧米と中国の双方にカバールが蔓延っており、世界大戦でハルマゲドンを人工的に起こそうとしています。その阻止に向け、欧米と中国双方の良識派が頑張ってくれています。この記事の末尾にあるように、5月中には決着がつくといいのですが……。
 時事ブログとは異なり、フルフォード氏はコロナウイルス自体の脅威は誇張されていると見ています。ただ5Gとの合わせ技で重症化する点は意見が同じなので、5Gの導入は何としても回避したいもの。

 イルミナティ・カードで予言されていたと話題の今回のパンデミック、ダメ押しとしてアメリカの記念硬貨やイギリスの新札でも予告していたようです。ただこれまでとは勝手が違い、カバール側の狙った効果は見込めない、とのことです。
 本文に登場するアドナン・サクリ氏は、両親をカバールに殺されたと貼付動画のインタビューで語っていました。コロナウイルスも含めて、犠牲者の皆さんが少しでも報われる展開を期待したいと思います。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国と欧米の諜報機関が5G通信の重役らを追い詰め中
投稿者:フルフォード

5G攻撃の犯人


巷で言うところのコロナウイルス・パンデミックなるものは5Gの電磁波攻撃に端を発していたことが今や確実となった、と複数の情報源が口を揃える。強硬派を阻止し、全面戦争【となるのを】防ぐため、5Gの展開に関与した全ての企業重役や支配【家系】に対する積極的な捜索が開始された、と西洋と東洋の秘密【結社筋および】諜報筋が口を揃えた。今では絶滅したブッシュ家や中国の宋家が標的に含まれていた、と彼らは言う。

この捜索は、熱核【兵器による】全面戦争を阻止するために必要なのだ。なぜなら、「鑑識【結果】を私たちが分析したところ、戦争の挑発をしているのは確実だからです……つまりですね、全面戦争の可能性は非常に高いと我々は見ています」と、MI6筋は言う。

一方で中国の強硬派は、武漢に対する攻撃への報復としてニューヨークを壊せと【声高に】唱えている。こちらもまた世界を破壊させる戦争を引き起こしかねない、とアジア秘密結社筋は言う。


随分と前から計画して告知


人類に対して現在行われている、パンデミック攻撃がずっと前から準備されていたことを示す証拠も新たに見つかっている。米ドル札が9.11を【事件の起こる5年前から】記念していたことを覚えておいでだろうか?
ℹ2019年2月13日付けアルマゲドン・オンライン:「紙幣【を巡る】9.11の陰謀

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

さて、お次は米国と英国で今回のパンデミック攻撃を記念して発行された通貨を見てみよう。最初のは2020年にアメリカ合衆国造幣局が発行した、オオコウモリ(※コロナウイルスの発生源だと疑われている)25セント硬貨だ。



二つ目は英国の20ポンド新紙幣で、5Gの基地局が描かれ、その上にコロナウイルス。


ℹ2020年4月9日最終更新、イングランド銀行:「【2020年2月20日流通開始のポリマー製】新20ポンド札

これは連中がどれほど傲岸不遜なのか、しかもどれほど長期的に計画を超える事例で【この点を証明する】統計証拠を有しているのです!」を立てているかを示している。我々残りの人間は、目の前で【実際に】起こっていることへの対応を迫られているのにだ。

» 続きはこちらから
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 111