アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

21/06/28 フルフォード情報英語版:勝利を間近に控えたホワイトハットがヤルタ型会談を計画

 6月28日(月)のフルフォード・レポート(英語版)です。ホワイトハットの勝利が間近で、新時代への移行をどのように管理するかを決めるヤルタ会談のようなものが、秋に計画されているとのこと。また夏にジュビリー【借金帳消し】のシミュレーションが行われることが政府機関に奨励されていると。ワクチン接種キャンペーンを中止せよという警告が、WHO、ロックフェラー家、ロスチャイルド家に最後通告されたとのこと。マーク・ザッカバーグにも死刑執行令状が出ていると! 英・元厚生大臣マット・ハンコックの解雇された真の理由は、ロックダウンを恒久的に計画していた文書がリークされたからとのこと。ロシアは静かに医療システム再生に。ハザール・マフィアは、インドネシアの支配権を喪失。

マカフィー創業者のジョン・マカフィーは生きていてホワイトハットの保護下。生きているというのは竹下先生の見解と同じですが、竹下先生は背後にQの動きがあるという見解です。フロリダのビル崩壊事件は、ハザール・マフィアの仕業だったらしく、マカフィーはその分譲マンションの1つを所有していたよう。また、あのビルにはビットコインを公式国家通貨にする予定のパラグアイの大統領夫人と家族がいたらしく未だ行方不明。また、偽バイデン大統領は国家非常事態を宣言し、崩壊関連のすべてを彼の管理下に。
以前、ともパパ編集者が指摘してくださったのですが、フルフォード・レポートには全くQの存在が出てこないとのこと。確かに! 竹下先生によるとQは神々に忠誠で信頼できるグループで、その中心人物がマーク・ミリー総合参謀本部議長。しかし、4月19日のフルフォード・レポートでは、「マーク・ミリーが打倒され、海兵隊のデビッド・バーガー大将が統合参謀本部の指揮を執っている」。今回のレポートでも、マーク・ミリー総合参謀本部議長は、ロックフェラーの資金でドイツ銀行とスイスのユニオン銀行に贈収賄の秘密口座を持っていたことが発覚し、裏切り者と認定されたとなっています。が、竹下先生は、「相変わらず、高い波動を維持している人物が逮捕され、その後、“グアンタナモ湾に送られ、最終的には軍事法廷で答弁することになっている”とは考えられません。」とマーク・ミリー総合参謀本部議長のことを語っています。もう一点、フルフォード・レポートではホワイトハットは善人になっていますが、竹下先生の見解は“現在進行中である不妊症による「人口削減計画」は、ホワイトハットとトランプ元大統領によって推進されていると言うことになるわけです。” “ホワイトハットの中に善良な人がいるのは分かりますが、ほとんどの者は「銀河連合」の宇宙人のコントロール下で、これまで動いてきたのです。トランプ元大統領も同じだと思います。” おっと、あともう一点、今回のレポートでも相変わらずCovid-19は存在しないという情報も挙げられていますが、竹下先生は最初からCovid-19は存在し生物兵器という見解です。これらのことをご留意した上でフルフォード・レポートをお読みになってくださいませ。🍀
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:勝利を間近に控えたホワイトハットがヤルタ型会談を計画
投稿者:フルフォード

ヤルタ型会談の参加者


Victory in the battle for Planet Earth is now within the grasp of the White Hats. For that reason, a Yalta-type conference is being planned for this autumn to determine exactly how to manage the transition to a new age, according to multiple sources involved. Participants in the conference will include representatives from the Dragon Family, from the Hongmen, from the British Commonwealth, from Russia, and from the P3 Freemasons who control the Vatican. Mossad and the Pentagon are also welcome to send representatives if they wish, according to the sources. 地球をめぐる戦いの勝利は、いまやホワイトハットの手中にある。そのために、新時代への移行をどのように管理するかを決めるヤルタ会談のようなものが、この秋に計画されていると複数の関係者が語っている。この会談には、ドラゴンファミリー、洪門**、英連邦、ロシア、そしてバチカンを支配するP3フリーメーソンの代表者が参加する予定である。モサド【イスラエル政府の情報機関】やペンタゴンも希望すれば代表者を送ることができるとのことである。

ヤルタ会談:第二次世界大戦末期の1945年2月4~11日、アメリカの大統領F・D・ルーズベルト、イギリスの首相チャーチル、ソ連の首相スターリンの3首脳がソ連、ウクライナ共和国(現ウクライナ)のクリミア半島の保養地ヤルタYaltaで、戦後処理の基本方針について協議した会談。コトバンクより)
**洪門:中国明朝末期清朝初期に興った秘密結社。Wikipediaより)
会員は5,500万人。洪門は中国共産党に強固な繋がりを有しているが、イコールではない。階層秩序は能力主義で、血統によるものではない。(2018年8月13日フルフォード・レポートでの「洪門」の説明より



夏にジュビリーのシミュレーション?!


During the summer, government agencies will be encouraged to run simulations of a jubilee-type event that would be used to start the new age. The goal would be to make sure that as a result of the jubilee, humans would have ownership rights to their current residence. Landlords would also be given compensation equivalent to their current rental income. There would also be a redistribution of assets stolen from the people via central bank fiat fraud, especially since the gold standard was dropped in the early 1970s. This is intended as a one-off reboot and not some new form of socialism. 夏の間、政府機関は新時代の始まりに使われるジュビリー型イベントのシミュレーションを行うことが奨励される。その目的は、ジュビリー【借金帳消し】の結果、人々が現在の住居の所有権を持つようにすることだ。家主には、現在の家賃収入に相当する補償金が支払われる。また、特に1970年代初頭に金本位制が廃止されて以来、中央銀行の不換紙幣詐欺によって人々から盗まれた資産の再分配も行われる。これは一回限りの再起動であり、社会主義の新しい形ではない。


国際機関の全面的改革


Also to be discussed will be a complete reform of existing institutions including the IMF, the World Bank, the BIS, the UN, the International Criminal Court, etc. An agreement has also been reached to finance the creation of a world future planning organization with an annual budget ranging in trillions of dollars. また、IMF【国際通貨基金】、世界銀行、BIS【国際決済銀行】、国連、国際刑事裁判所など、既存の機関の全面的な改革についても議論される。また、数兆ドル規模の年間予算を持つ、世界の未来を計画する組織の創設に資金を提供することでも合意している。

» 続きはこちらから

21/06/21 フルフォード情報英語版:夏至のターニングポイント、軍産複合体と医産複合体の対決

 6月21日フルフォード・レポート(英語版)です。6月21日夏至の前後あたりに、世界の軍隊と諜報機関は、偽パンデミックを戦争行為として扱い、それに応じて対応することを決定。デイヴィッド・ロックフェラー・ジュニアは「パンデミック」とそれに伴う全人類へのワクチン接種に最終的な責任を負っているので、人類史上最悪の大量殺人者の一人とされ、彼には死刑執行令状が出ているらしい。イスラエルの元首相ベンヤミン・ネタニヤフから、ロックフェラーは大量虐殺を行うオクタゴン・グループの最上級メンバーであると指摘されたそう。

米露首脳会談では、いろいろと裏で取引があったようで、その一つは、アメリカはロシアのノルドストリーム2パイプラインの妨害をやめ、アメリカの主要メディアが展開しているヒステリックな反ロシア・プロパガンダキャンペーンの終了を約束。NBCテレビ局で1時間半ほどのノーカット版プーチン大統領独占インタビューを許可。ロシアは、G7の対中冷戦に参加することに興味がない、中国がロシアにとって脅威であるとは考えていないとの見解。

ジュネーブのFSB関係者によると、オクタゴン・グループの次の計画は、2〜5年で現金を無くすこと。そして、中小企業は半官半民の大企業に買収され、大企業と政府が合併。しかし実際には、政府は存在せず国民は奴隷となるという計画らしい。オクタゴンのフロントグループである世界経済フォーラムは、今年の残りの期間に大規模なサイバー攻撃を行うことを約束。

ワクチン接種に関しての日本情報は、医師や自衛隊が人々へのワクチン接種を拒否しているため、歯科医師や救急隊員、獣医師などを起用してワクチンを接種していることが確認されているらしい。ワクチンを打つ側には、1人接種するごとに40万円(3,640米ドル)の報酬が支払われ、奴隷首相である菅義偉をはじめとする内閣は、これらの罪で処刑されることは間違いないだろうというフルフォード氏。

MI6は、事実に基づいた情報を一般の人々に提供するためにGB Newsを設立。それに反撃するロックフェラー家とオクタゴン・グループは、英国に対抗しダイアナ妃の死の真相を暴露する方向に動いているようで、MI6によると、ダイアナ妃の死の真相ニュースはコロナより大きくなるとのこと。 最後のMI6の生情報として、世界の政府は、この医療の暴虐行為に目を向け始めたそう。

まだまだ悪との戦い続きそう。。。😑
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:夏至のターニングポイント、軍産複合体と医産複合体の対決
投稿者:フルフォード

Summer Solstice Turning Point as Military-Industrial Complex Takes on Medical Industrial Complex

夏至の前後、偽のパンデミック医療緊急事態を戦争行為と決定


A fundamental sea change has taken place at the highest levels of world power on or around June 21st, 2021. The world’s military and intelligence agencies have decided to treat the ongoing fake pandemic medical emergency as an act of war and react accordingly. To quote from MI6: 2021年6月21日前後に、世界の最高レベルの権力者に根本的な変化が起った。世界の軍隊と諜報機関は、現在進行中の偽のパンデミック医療緊急事態を戦争行為として扱い、それに応じて対応することを決定した。【以下は】MI6【《英》軍事情報活動第6部】からの引用である。

“We know the whole Covid thing is a scam, a lie, a money-making con. Civilians who conducted an undeclared act of war have been now been well and truly found out. That allows us with military legal to actually deal with these people.” 「Covidは詐欺であり、嘘であり、金儲けのための詐欺であることが分かっている。宣戦布告なき戦争行為を行った民間人は【だれか】、今でははっきり正確にわかっている。そのおかげで、軍事的合法性を持つ我々は、実際にこれらの人々に対処することができる。」


モサドのトップが退任したため、オクタゴンの保護はなくなった


Mossad sources for their part report: モサド【イスラエル政府の情報機関】の情報源のレポートの一部を紹介:

“There is a clean-up operation taking place of the Octagon group in Switzerland. Since Yossi Cohen the Head of the Mossad stepped down as of June 1, Octagon has no more protection from the Mossad. David Barnea the new Mossad Chief, has been ordered to stand down.” 「スイスにあるオクタゴン・グループの一掃作戦が行われている。モサドのトップであるヨシ・コーへンが6月1日付で退任したため、オクタゴンはモサドからの保護を受けられなくなった。新モサド長官デビッド・バルネアは身を引くように命じられている。

» 続きはこちらから

21/06/14 フルフォード情報英語版:ベンヤミン・ネタニヤフの権力からの退陣は流れを変える

 6月14日フルフォード・レポート(英語版)です。今回もいろいろな話題が盛りだくさん。大まかな流れは、ネタニヤフの退陣、イランとサウジの動きに始まり、G7の共同声明、偽バイデンはロックフェラーの代理人、米露大統領会談前のロシアの意向とロックフェラー(アメリカ)の狙い、アメリカの経済・治安悪化継続中、コロナ・パンデミック後は、サイバー攻撃(サイバーポリゴン)で世界の商業停止、中国の派閥に要注意、米露(トランプさんとプーチンさん)はグリーンランドで地下基地を開発中、本レポートの音声版のお知らせという流れです。

ネタニヤフの退陣は、人口の90%を殺し残りを大イスラエルから支配したかったメシア的シオニストの敗北を意味すると。ネタニヤフに隠れた支配者を白状させるために保護拘置。サウジはイラン、シリアと平和を築きたい。

ロシアのFSB(ロシア連邦保安庁)によると、ハザール・マフィアの最高幹部は2,500人、頂点は200人でこれらの人々は追われているとのこと。ロスチャイルド家は訴訟で負けて破産し、現在、ロックフェラー家を使い権力にしがみついているとのこと。

ワクチンが猛毒であるという科学的証拠を得て、軍や機関のトップレベルの人々が行動を起こしているが、G7では、2022年にパンデミックを終息させるためには、世界の60%にワクチン接種をが必要だと共同声明。未だ大量虐殺実行中。「脱炭素化」を強調していたG7は、不正な人工知能のために働いているのではないかというフルフォード氏。

米露大統領会談前の双方の意向は、ロシアは冷戦時代に戻ることは望まない、戦略的安定性に関する重要な新しい対話を始める機会とし、アメリカ(ロックフェラー)は対中国の冷戦で、ロシアにアメリカのジュニア(従属的)パートナーになってもらいたい。

アメリカ経済・治安は依然悪化し続けてて、購買力が1982年以来、最速のペースで急落。またバイデンがアメリカ国民に配ったお金の半分以上は詐欺師に盗まれ、外国に流れてしまったと。治安悪化の例として、ジョージア州アトランタを挙げています。オレゴン州ではホームレスが合法的に公共の敷地にキャンプすることを許可する法案を可決。

パンデミックの後、今度はハザール・マフィアはサイバーポリゴンで世界の商業を停止したいらしく、遠回しの脅迫をWEF(世界経済フォーラム)でほのめかしたよう。

ロックフェラーが、バイデン・アバター政権への支持を得るために、中国のある派閥との取引の一環として、日本のデジタル検閲の鍵を中国に渡したらしい。😱

ロシアは米軍と密接に協力して(トランプとプーチン、中国は入っていない)、地球外ファミリーと直接つながっているユニークな地下基地をグリーンランドで開発中。😱

今週も依然、頑固に降参したくない、でも弱っているハザール・マフィアの様子が垣間見れました。そして何よりも「ネタニヤフの退陣は、メシア的シオニストの敗北を意味する」に万歳!🙌
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ベンヤミン・ネタニヤフの権力からの退陣は流れを変える
投稿者:フルフォード

The Removal From Power of Benjamin Netanyahu is a Game Changer

ネタニヤフは、隠れた支配者について白状するために保護拘置


The formal removal from power of Israeli Crime Minister Benjamin Netanyahu is a geopolitical game-changer. Netanyahu’s departure means the messianic Zionist fanatics who want to kill 90% of humanity and rule the survivors from a greater Israel have lost. イスラエルの犯罪大臣であるベンヤミン・ネタニヤフの権力からの正式な退陣は、地政学的に大きな変化をもたらす。ネタニヤフの離脱は、人類の90%を殺し、生き残った者を大イスラエルから支配しようとするメシア的シオニストの狂信者が敗北したことを意味する。

“This is momentous to counter KM (Khazarian Mafia) geopolitics,” MI6 sources say. Netanyahu is being taken into protective custody so that he can sing about his hidden controllers before he is killed and silenced, they add. Mossad sources insist the real Netanyahu is long gone and what we are seeing is a clone. However, the MI6 version of events is more in line with what most of us understand as reality. MI6【《英》軍事情報活動第6部】の情報筋によれば、「これはKM(【以下】ハザール・マフィア)の地政学に対抗するために重要なことである」という。ネタニヤフは、殺されて口封じされる前に、隠れた支配者について白状することができるように、保護拘置されていると彼らは付け加えている。モサド【イスラエル政府の情報機関】の情報源は、本物のネタニヤフはとっくに死んでいて、我々が見ているのはクローンだと主張している。しかし、MI6の見解は、私たちの多くが現実として理解していることと一致している。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

21/06/07 フルフォード情報英語版:トランプ復帰を狙う陰謀で戦争激化

 6月7日フルフォード・レポート(英語版)です。長いです。トランプさんが6月5日のノースカロライナ州の共和党スピーチに登場し(このトランプさんは本物だったらしい)2024年の出馬をほのめかしたと。また、トランプさんは、インタビューで2022年の中間選挙でカムバックし、バイデン偽大統領を弾劾するかもというアイデアを語ったらしい。

ワクチンの話題では、ファイザーの内部告発者が、ファイザーのワクチンは人を殺すように設計されていると詳細説明を書いた論文をファイブ・アイズに提供。法医学的証拠は、これらの大虐殺の執行機関はマルタ騎士団を示すらしい。CIA、MI6、モサドによると、ファウチ、ゲイツ、シュワブは処刑済み。さらにフルフォード氏は、死刑執行令状に署名されている人物の名前を列挙。イスラエル、モサドのトップが去ったため、これらの人物の保護が終了したらしい。

オクタゴン・グループは、オスマン帝国とロシアを中国と聖戦させたいらしいが、ロシアにその気なし。中国は、アメリカを批判。アメリカだけが国連の児童権利を拒否し、労働条約も190のうち14だけ批准と指摘。また、中国は武漢研究所の『3人の病人』とCovid-19の発生との間に、突飛な関係があることをほのめかしたアメリカのウォール・ストリート・ジャーナルのジャーナリスト、マイケル・R・ゴードンを攻撃。「19年前、まさにこの記者が、イラクが『核兵器を取得しようとしている』という根拠のない情報を引用して、虚偽の情報を作り上げイラク戦争に直結させた」という中国。

オランダでは、政治家がロックフェラーが2010年にこのパンデミックを計画したと証拠を手にしながら訴えたよう(動画あり英語字幕)。ハザール・マフィアの今後の邪悪な計画は、サイバー攻撃で世界のサプライチェーン停止を目論んでいるよう。

最後に、白龍会が地球をパラダイスにするための声明。「宇宙を植民地化して新たなカンブリア爆発を起こし、地球の生命の量と種類を4兆倍に増やすことができる。たとえ地球外に出られなくても、ドングリを樫の木にするように、地球を有機的に成長させることで同等のことを成し遂げようとする。」

う〜ん、なんじゃこれ?popoちゃん理解不能😑。平和とは植民地支配自体を無くすことでは?つまり支配欲を無くすことでは?平和は、私たち一人一人の心から始まる。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:トランプ復帰を狙う陰謀で戦争激化
投稿者:フルフォード

War Intensifies as Cabal Takes Aim at Returning Trump

トランプさんの最近の動き


The Khazarian Mafia tried on the Satanic day of June 6th (66) to overturn a grassroots movement to remove the fraudulently installed Joe Biden presidency. Following Donald Trump’s live GOP speech in North Carolina the day before where he claimed the fraudulent election was “the crime of the century,” the MSM tried to portray him as broken and incapacitated. By infuriating Trump supporters, it has had the opposite effect. This means the war to hunt down and kill all members of this cabal has intensified, MI6, CIA, and Pentagon sources agree. 6月6日という悪魔の日に、ハザール・マフィアは、不正に設置されたジョー・バイデン大統領を排除しようとする草の根運動を覆そうとした。前日にドナルド・トランプがノースカロライナ州で行った共和党のライブ演説で、この不正選挙は「世紀の犯罪」だと主張したことに対して、MSM【主要メディア】はトランプは壊れていて無能であるかのように描こうとした。トランプ支持者を激怒させることで、逆効果になってしまったのだ。これは、このカバール・メンバー全員を追い詰めて殺すための戦争が激化していることを意味すると、MI6【《英》軍事情報活動第6部】、CIA、ペンタゴンの情報筋は認めている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
ノースカロライナ州での共和党のライブ演説

The Trump on display was the real one, and not his loose jowled body double, NSA sources confirm. The democratically elected president of the United States may be considering military action against the illegal Biden regime as the only option left. NSA【アメリカ国家安全保障局】の情報筋によると、演説したトランプは本物であり、顎の【下の皮膚がビラビラに】弛んだ影武者ではないとのことだ。民主的に選出された米国大統領は、違法なバイデン政権に対する軍事行動を、残された唯一の選択肢として考えているのかもしれない。

Trump tried to assuage supporters by hinting at running in 2024. He had also raised attention with comments about returning to the White House sooner than people expect and responded to interview questions about the “interesting” idea of joining the 2022 house race to become the speaker and impeach Biden. The cabal seems to be hoping any delay will give them time to permanently cement their satanic grip on the U.S. A growing body of evidence shows they intend to accomplish this by murdering most Americans with toxic vaccines. トランプ氏は、2024年の出馬をほのめかして支持者を安心させようとした。また、人々の予想よりも早くホワイトハウスに戻るというコメントで注目を集め、2022年の中間選挙に参加して議長になり、バイデンを弾劾するという「興味深い」アイデアについてインタビューに答えていた。カバールは少しでも先延ばしになれば、米国に対する悪魔の支配力を永久に強化するための時間が得られると期待しているようである。


ファイザー社の内部告発者、ワクチンは人々を殺すように設計されている


This has been confirmed by a whistleblower from Pfizer who contacted 5 eyes intelligence last week and described the detailed manner in which their vaccine is designed to kill people. これは、ファイザー社の内部告発者が先週、ファイブ・アイズ情報機関に連絡し、彼らのワクチンが人々を殺すように設計されている詳細な方法を説明したことによって確認された。
諜報活動について機密情報共有協定を締結している米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド5か国の通称。デジタル大辞泉より)

According to MI6: MI6によると

“A peer reviewed clinical study from inside Pfizer raises serious concerns about the distribution throughout the body and the accumulation in multiple organs and the brain of the spike proteins created by the mRNA inoculations. The inoculation goes to the deltoid [arm] muscle to then be expelled by the local lymphatic system.
「ファイザー社内で行われた査読付きの臨床研究では、mRNAを接種して作られたスパイクタンパク質が全身に行き渡り、複数の臓器や脳に蓄積されることについて深刻な懸念が示されている。接種されたものは三角筋(腕)に行き、局所的なリンパ系によって放出される。

The lymphatic system then spreads the residual (the so-called spike protein) to the lungs, liver, heart and brain. It is very highly toxic and is expected to cause widespread causality and death. The paper is expansive and highly detailed and technical. It would require an expert eye, which may well challenge everything we know to date.” その後、リンパ系によって残留物(いわゆるスパイクタンパク)が肺、肝臓、心臓、脳などに拡散する。非常に強い毒性があり、広範囲に因果関係が生じて死亡することが予想される。この論文は広範囲であり、非常に詳細で専門的である。専門家の目が必要であり、これまでの知見がすべて覆される可能性もある。

» 続きはこちらから

21/06/07 フルフォード情報英語版:世界の軍事・諜報機関が欧米の文民政権を排除

 5月31日(月)フルフォード・レポート(英語版)です。ちょっと長めです。かなりの粛清が進んでいる模様。今回はイギリス情報が多いです。世界の軍事と諜報機関は、夏までに悪魔崇拝に乗っ取られた民間政府を大両虐殺に関与している疑いで排除する予定。まずはネタニヤフ首相だとか。
カバール上級メンバーの粛清がすでにスタートしているようで、アメリカ大陸にいるMI6によるとビル・ゲイツは消え、すでにカバールメンバーから外れているとのこと。(前回のレポートでは処刑が確認できたとフルフォード氏は言っていましたが。。。真相はいかに?!)今度はファウチの番、その次は英保健相マット・ハンコック、その次は英首相ボリス・ジョンソンらしい。またMI6はダイアナ妃の殺害を命じた者を公表することにしたらしい。その名はロビン・バトラー男爵。イギリス内閣官房長官は第二次世界大戦以降、ドイツ国防局の二重スパイだと。ドイツ国防局は第二次世界大戦以来、大規模な殺戮を繰り返しており、9.11に続くクーデターでアメリカの権力を掌握したことで頂点に達し、ジョージ・ブッシュ・シニア.の処刑によりそれに終止符が打たれたが、戦いはまだ終わっていないとのこと。

ギトモ【グアンタナモ基地】では、24時間体制で抑留者の手続き処理が実行中。またチューレ(グリーンランドの米空軍基地)近くにある多層式地下刑務所では、ギトモからの囚人数万人を受け入れたらしい。

1,000人以上の弁護士と10,000人以上の医療専門家からなるチームが、CDC、WHO、ダボスグループに対して訴訟を開始。彼らは、軍や政府機関の全面的な支援を受けているとのこと。

トランプチームが、コロラド州にあるシャイアン・マウンテン・コンプレックスで活動しているらしい。シャイアン・マウンテン・コンプレックスとチューレ空軍基地は米国宇宙軍が運営。アメリカの治安は悪化しているようで、その背景には経済破綻、米国の物価は過去30年以上で最も速いペースで上昇している一方、所得は過去最高の急減を記録。

最後に、世界のグッド・ニュースにも注目しようとのことで、世界中で野生動物や自然の生態系が復活してるニュースで締めています。

裏舞台での粛清がわかる事柄が、近々表のニュースに出てくるのかどうか、ちょっと楽しみ♪😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:世界の軍事・諜報機関が欧米の文民政権を排除
投稿者:フルフォード

World Military and Intelligence Agencies to Remove Western Civilian Governments

西洋の民間政府は悪魔崇拝のカルトに乗っ取られており排除する必要あり


“A decision has been made at the highest echelons of power that the world is just not working,” and a wholesale revamp is needed, according to a senior European royal. In particular, the ongoing “pandemic is entirely a drug-pushing effort” and means “all of the world’s civilian governments are suspected of engaging in genocide,” according to MI6, CIA, and other intelligence agencies. 欧州王室の幹部によると、「世界はうまくいっていない」という判決が権力の最高レベルで下されており、全面的な改革が必要だという。特に、現在進行中のパンデミックは完全に医薬品推進のためのもの」であり、MI6【《英》軍事情報活動第6部】やCIAなどの情報機関によれば、「世界のすべての民間政府が大量虐殺に関与している疑いがある」ということだ。

To summarize, the world’s military and intelligence agencies have come to the conclusion that Western civilian governments have been hijacked by a satanic cult and need to be removed. 要約すると、世界の軍事・諜報機関は、西洋の民間政府は悪魔崇拝のカルトに乗っ取られており、排除する必要があるという結論に達したのである。


まずはネタニヤフ首相から排除!


The process is being started off with the removal of Israeli Prime Minister Benyamin Netanyahu, Mossad sources say. “This particular character is a very difficult one and the only way to remove someone like him is to manage them out,” the Royal Family source said. The implication is Netanyahu possesses plenty of blackmail insurance and needs to be given certain guarantees in exchange for relinquishing power. In any case, even Rothschild family-owned propaganda outlets like AP are now reporting his removal. https://apnews.com/article/middle-east-israel-338004eee311023736078cec262713be このプロセスは、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相を排除することから始められている、とモサド【イスラエル政府の情報機関】関係者は言う。「ネタニヤフ首相は非常に気難しい人物であり、彼のような人物を排除する唯一の方法は、彼らを徐々に解雇することである」と王室関係者は語っている。その意味するところは、ネタニヤフ首相は多量の脅迫保険を持っており、権力を放棄する代わりに一定の保証を与える必要があるということだ。いずれにしても、AP【通信】のようなロスチャイルド家所有のプロパガンダ媒体でさえ、今では彼の解任を報じている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
ネタニヤフ首相

» 続きはこちらから
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 123