アーカイブ: ベンジャミン・フルフォード

20/04/13 フルフォード情報英語版:グローバリズム奴隷からの叛乱に対して、死に物狂いで戦うエリート連中

 フルフォード氏はコロナウイルスのパンデミック自体は情報操作に過ぎないけれど、5Gの危険やカバールとの戦争は本物だという立場です。
 ただ今回のMI6情報が示唆するように、ボリス・ジョンソンのコロナウイルス罹患もフェイクかもしれないと至っては……もう何が本当で何が嘘だかワケワカメ。
 今回の末尾に登場するブルー・ビーム計画も、フルフォード氏の週刊リポートで以前から言及されていますが、何故に世界の終末を待望する人々の願いをフェイクなホログラムで叶えてやらにゃーいかんのだか。傍迷惑な黙示録の世界観なぞ、バチカンを徹底的にガサ入れして、あそこの図書館の秘蔵品を暴くなりして打ち砕けばいいものを……。あるいはホログラムでない本物のUFOを登場させて、「宇宙人に教えてもらって作りましたぁー」と発表すれば、済みません?
 来たる新時代を統治する人々が一般人に堂々と真実を開示できない限り、カバールと五十歩百歩ではないでしょうか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
グローバリズム奴隷からの叛乱に対して、死に物狂いで戦うエリート連中
投稿者:フルフォード

歴史的な転換点を迎えて


100%間違いない、地球という惑星は奴隷たちによる叛乱の真っ只中なのだ!

我々はこれから何千年もの先まで書き記されるであろう時代に生きている。殺人、嘘、賄賂を伴う古代の支配体制が転覆されるのを目の当たりにしているのだ。バビロニア式借金奴隷というこの制度を支配し、近親婚を繰り返してきた家系集団を、「ハザールマフィア」と呼ぶ……あるいは、もっと単純に「カバール」とも言う。

【奴らに対する】この叛乱の震源地はアメリカ合衆国だ。

【現在、敵・見方を問わず】あらゆる側から、虚偽情報が大量に吐き出されているが、【実際に】何が起こっているのかまとめてみよう。

引き金となった出来事は、カバールが所有する「UNITED STATES OF AMERICA CORPORATION 【大文字の「アメリカ合衆国株式会社」】」の2020年2月16日の破産。歴史に残る日だ。

端的に言えば、中国側がカバールに対して、もうこれ以上カバールからの借用書を受け付けない、と通達した。そうではなく、これからは金(きん)など現実に存在する物で支払うよう求めたという次第である。

こうなることを予期していたカバールは、【実際には】失敗に終わったものの生物兵器攻撃【を実行し、同生物兵器に比べれば】より成功を収めた5Gと衛星による電磁波攻撃をも【実行し】、中国側を屈服させようとした。同攻撃の後、密かに中国の武漢市を訪れていたCIA筋によると、おそらくこの攻撃で武漢市では何百万人という被害が出ている。


アメリカでのカバール粛清


一方で米国株式会社の破産は、米国内部で開戦宣言なしの内戦を引き起こし、それが現在も猛威を振るっている。イギリスMI6がこの状況をどう見ているか、がこちら:

「どうやら第二【期の】密かに【制定された】違法な(メイソン的)憲法が【廃棄され】、第一【期、すなわち建国時のアメリカ】連邦共和国が復興されたようです。付随【する諸般の状況】を鑑みるに、ワシントン特別区植民地株式会社のCEO【すなわちトランプ】は正しい方の憲法へ忠誠を誓っているのでしょう。あの地に、内戦が迫っています。」

だからこそ、ドナルド・トランプ米大統領は大統領の紋章を最早使っていないのだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
右:演台から大統領紋章が消えている
» 続きはこちらから

20/04/06 フルフォード情報英語版: グローバル体制が崩壊し、大量逮捕が進む。リセットは避けられそうにない

 今週のフルフォード氏リポートでも冒頭から、どこぞの国の天ぷらが恥を曝しております。日本の評判を奈落の底に落とす前に、一刻も早くご退場頂きたい。でないと風評どころか、国そのものが地獄に落とされそうです。
 世界各地では、カバールの掃討作戦が展開されています。それでも諦めることをしないのがカバール。どうにも徹底抗戦の構えです。
 フルフォード氏は当初から、コロナウイルスというのは恐怖を煽って服従統治するための情報戦だと見ています。それを悪を迎え撃つ側も利用して、カバール経済を崩壊させようとしている、という立場です。
 キッシンジャーが焦って「世界秩序」を口走り、ベラルーシ大統領のように冷静に物事を俯瞰できる指導者が登場し、情勢は光の側が優勢のようです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
グローバル体制が崩壊し、大量逮捕が進む。リセットは避けられそうにない
投稿者:フルフォード

カバールの傀儡が“コロナウイルス”で次々に雲隠れ


パンデミックないしは“インフォデミック”【=情報操作の大拡散】を用いて現在の世界の権力構造を崩壊させようというプロセスは順調に進んでいる、と幾つもの筋が口を揃えた。

エリート大量逮捕の報告も複数上がっている。その一部は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相やイギリスのボリス・ジョンソン首相といった指導者が【表向き】“コロナウイルス感染のせいで”隔離されている、というニュースで確認を取ることが可能だ。


ℹ2020年4月6日付けスカイ・ニューズ:「コロナウイルス:ボリス・ジョンソン首相がCovid-19で検査入院

アンゲラ・メルケルがアドルフ・ヒトラーの娘だということが、世界に知れ渡るのも時間の問題だ。この度ドイツ(EU)の支配から解き放たれたイタリア勢は、ヒトラーが娘のアンゲラと映っている写真で唯一知られているもののコピーを我々に送ってきた。【その上のイタリア語の】メッセージは、「アンゲラよ、大きくなったらヨーロッパ全てを破壊するんだよ……」と書かれている。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
幼少期のアンゲラ・メルケルとヒトラー

またホワイト・ドラゴン・ソサエティは傀儡の安倍晋三首相が福島大量殺人を始めとする諸々の犯罪で果たした役割について戦争犯罪で起訴するため、日本の横須賀にある米海軍基地にも接触した。信頼の置ける多数の証人――元首相2人を含む――が、有罪評決を確実なものとしてくれるだろう。

リチャード・アーミテージやマイケル・グリーンバーグなど、日本におけるトップのカバール工作員が排除された(※ついにやっとこさ)ので、これが可能となったのだ、とペンタゴン筋やCIA筋は言う。安倍は、戦争犯罪人である祖父の岸信介とは異なり、正義を免れたりはしない。日本人が言うところの「ざまぁみろ」だ。

アジアのCIA筋もこれを裏付けて、こう指摘する:

「日本を任されている男【※安倍のこと】は、この段階で連行されるべきリストに載っている。公的な見解としては、CV【※コロナウイルス】の検査で陽性となり、自ら隔離するということになるだろう。【この言い訣は】、こういった悪魔主義のオカルトの一員が逮捕されたときに使われる暗号なのだ。」

» 続きはこちらから

20/03/30 フルフォード情報英語版: 地球を巡る戦いが激化する中、安倍もマクロンもメルケルもチャールズ皇太子も“コロナウイルス感染”させられることに

 フルフォード氏は当時事ブログと異なり、コロナウイルス自体はカバール配下の大手メディアによる茶番劇と見ていますが、世界の善と悪が両者入り乱れて便乗作戦を展開しているので、事態を読み解くのはなかなか大変そうです。
 もしコロナウイルスが不発だったら、今度は隕石衝突の恐怖だそうな。ヘイトもカバールは大好物なので、世界的には中国バッシングを更に煽ってくるかもしれません。中国国内では米国バッシングでしょうか。

 個人的には、太陽周辺にうじゃうじゃいる謎の物体映像が一番気になりました。

 あと今回はトランプさんの影が薄いです。ブラックロック社という怪しげな存在も本文で指摘されていますし、まだまだディープ・ステート健在なのでしょうか。
 反対に、我が国の恥さらしはトップを飾っています。頼むからどこへなりと消えて欲しい、コロナより隕石よりも真っ先に。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球を巡る戦いが激化する中、安倍もマクロンもメルケルもチャールズ皇太子も“コロナウイルス感染”させられることに
投稿者:フルフォード

善悪両方が便乗しているコロナウイルス


地球を巡る戦いがクライマックスに達している。相対するどちらの側も“コロナウイルスによるパンデミック”とやらで、自分たちのアジェンダを達成しようとしているからだ。

解放【を目指す】諸勢力は上級ハザールマフィア連中を逮捕する機会としてロックダウン【=封鎖】を利用しているし、悪魔主義者らは一般大衆にワクチンとマイクロチップを施して服従状態に戻そうと目論んでいる、と複数筋が口を揃えた。

まるで現実が二つに分岐してしまったかのように、【現実の】一方は恐怖と死で埋め尽くされ、もう一方は固唾をのんで惑星規模の解放を待ち望んでいるのだ。


正義の側:大量逮捕にコロナウイルスを利用


まず最初に良識派が何と言っているかを見ていこう。日本の安倍晋三首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、英国のチャールズ皇太子、其の他大勢がこれから、あるいは既に“コロナウイルス感染”させられる(つまり逮捕される)、というのがCIAやペンタゴンの良識派からの情報だ。CIA筋の一人はこう言っていた:

「奴らは偽情報を発信しては、【逮捕を】可能な限り極秘扱いのままにしておこうとしているのです。」(“」”は原文ママ)メルケルは3度目の検査を受けることになっていますし、マクロンも検査で陽性となります。それが、奴らが排除されたことを意味する暗号です。」

彼はこうも付け加えた:

安倍はカバールに直接仕えているので、国の経済を崩壊させる気です。それ故に奴は排除されねばなりません。(【昨今は】著しくフェイクなコンピューターグラフィックス【が出回る】時代なため、私はここ日本で、本物の安倍が消えてしまうかどうか、記者証を持っている同僚たちとの連絡を取り続けるつもりです)。」

ペンタゴン筋も同意しており、「日本では政権交代も起こるかもしれません。晋三は東京オリンピックの1年延期に追い込まれましたしね」、と言っている。

日本がアメリカ人全員の入国禁止を検討するに至ったのは、アメリカ人の暗殺者どもが安倍の元にやってくるのでは、と恐れたからかもしれない。

いずれにせよ、米国内部では粛清が明らかに加速している。ペンタゴン筋が言うには:

海軍の病院船マーシーは3月27日にロサンゼルスに到着し、その姉妹艦であるコンフォートは3月30日にニューヨーク市に到着しましたが、逮捕されたシオニストや小児性愛連中に対して提供するのは、マーシー【=慈悲】でもコンフォート【=慰め】でもないのかもしれません。

しかも[米大統領ドナルド・]トランプがバージニア州ノーフォークに自ら出向いて、ニューヨーク市に向かう海軍艦船コンフォートを見送る中、トラック運転手たちはニューヨークには配達しないよう命じられています。」


悪の側:ワクチン接種でシープル支配にコロナウイルスを利用


ここからは、闇側が何を企んでいるのか見ていこう。以下のリンク先の映像では15分20秒辺りから、ビル・ゲイツがワクチン【接種済み】証明書を持っている人間だけが旅行することを許されるべきだと訴えている。

動画はシャンティ・フーラが挿入

NSA筋もこの点を認めており、カバールが望んでいるのはシープルに地元の【大型スーパーの】ウォールマートへ行かせて、“電子ウォレット【=財布】”を受け取るのと引き換えにワクチン接種とマイクロチップ挿入をさせることなのだ、と言っている。

まじめな話、恐怖心を煽られて、ワクチン接種に追い込まれたりしないように。奴らが出してくるワクチンはどれもこれも、それで皆さんを守ってくれるとか称する対象よりもロクでもないのは確実だからだ。

アメリカ大統領候補のジョー・バイデンが、「私たちは治療方法に対処せねばなりません。それが何であれ、問題を悪化させるでしょう」と口走った際、本当のことを語っていたのかもしれない。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
» 続きはこちらから

20/03/23 フルフォード情報英語版:ブルー・ビーム計画が全速力で邁進中。ご着席の上、フェイクなハルマゲドンのショーをお楽しみあれ

 フルフォード氏は、パンデミック自体はフェイクだとの立場です。ただし、5Gによる複合効果には警鐘を鳴らしており、この記事の後に「東京で3月末に5Gが開始されることになった」と短い投稿をされています。
 そして少し後に再度確かめようとすると、5G情報がどこにも見当たりません。今回の週刊リポートも月曜日に予定通りアップされず、サイト自体がダウンしていましたし、東京5Gがフルフォード氏側の判断による取り下げなのか、カバールによる攻撃なのかは不明なものの、不気味です。
 とはいえ、全体としてはカバールが劣勢みたいなのでひと安心。その中で世界的な電磁波攻撃と経済崩壊は要警戒です。
 今回の締めくくりはニューエイジの5次元上昇っぽいですが、その前の野生動物が街を闊歩している話題は面白いです。地球が人間だけでなく、生き物の楽園となる日は間近だということでしょうか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ブルー・ビーム計画が全速力で邁進中。ご着席の上、フェイクなハルマゲドンのショーをお楽しみあれ
投稿者:フルフォード

パンデミックの恐怖劇場が上映中


欧米で展開中のフェイクな終末シナリオは、間もなく更に幻想的なものとなるだろうから、腰を下ろしてショーを楽しんで頂きたい。時折、怖く見えるところも出てくるかもしれないが、その真の目的はより良い世界を作ること。「我々は上映時間が20箇月だと考えています」、とヨーロッパ王族筋の一人は言う。これまでのところ、30箇国以上、10億人がショーの一環として封鎖状態に置かれた。

しかしながら、それと同時に複数の秘境的な情報源からは、何千年と猛威を振るってきた極めてリアルな戦いが終わりを迎えようとしている、とも我々は聞かされている。もし人類が勝利すれば、惑星地球に対する隔離状態は解かれ、人類が宇宙へと出ていくことが許されるようになる、というのが一神教を支配している複数の家系内からの情報だ。

ただしこれが可能となる前に、旧い金融支配網は崩壊せねばならない。ということは、【まずは】混乱と困難が待ち受けているということだ。これは特に欧米に関して当てはまることで、何故なら世界の残りの国々はハザールマフィアに貢ぎ物を捧げるのを止めているから、とアジアの秘密結社筋は言う。

金融システムに何が起こるのかを見る前に、ブルー・ビーム計画による現在宣伝中のフェイクな終末ショーの一部を覗いてみよう。P3フリーメイソンが以下の画像と動画を先週私に送ってきた。

1つめは、オーストリアの教会の上空に現れた悪魔の角


この悪魔は、その次にペルシャ湾にも表れた。


動画は、スペインの教会の屋根に現れた悪魔だ。短縮版は、こちらで視聴可能である:

動画はシャンティ・フーラが挿入

クリック数回【の検索】で、我々にはP3が送ってきたものをチェック出来た。そして判明したのは:

NASAによると、最初の写真は2003年に起こった部分日食だった。ニュース報道によると、2つめは2020年1月7日の部分日食らしい。

【この検索結果の方が正しい】かもしれないが、だとしてもP3が上空にこういったホログラムを投影するテクノロジーを有していることも確かだ。2009年、彼らの元を私が訪れた際に実演してみせた【のだから】。

【3つめの動画の】教会屋根にいたガーゴイルだか悪魔だかは、どうやらスペインの十代の若者が自宅のコンピューターで作成したものだと分かった。以下の6分間の動画で、どのようにパラレルワールドがネット上で作り出せるかを正確に説明してくれている。
https://www.qhubocali.com/virales/video-demonio-en-la-azotea-el-video-viral-que-aterroriza-a-internet/

動画はシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから

20/03/16 フルフォード情報英語版:英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[後半]

 勝者が書き換えた表の歴史ではなく、裏の実態が知りたいという皆さまにお送りする第二次世界大戦の暴露話、後半です。前半では、死を前にチャーチル一味の罪を告白したスパイの告白を取り上げました。
 ロシア革命では、ロシア中で富を強奪し、キリスト教を弾圧。自国通貨発行を望んだドイツに対しては第二次世界大戦で国土を徹底的に破壊し、自国通貨の賛同者はリンドバーグで徹底的に見せしめにし、ドイツとの戦争を望まなかったジョージ5世国王やチェンバレン首相はさくっと暗殺。
 前回戦争特需で荒稼ぎしたユダヤ勢の例として登場した有名デパート、マークス&スペンサーですが、ポーランド系ユダヤ人露天商マイケル・マークスが共同創始者。マークスの息子は男爵になっています(※ちなみにイギリス人のスペンサー氏は平民のまま)。服飾チェーン店のバートンを立ち上げたのは、リトアニアのユダヤ人。身一つで渡英して、「モンテギュー・バートン卿」になりました。
 なので富に加え、栄誉までまんまと手に入れたのは總元締め、ロスチャイルド男爵だけではありません。

 今日の後半は、Leland Roth氏が投稿したアメリカ人プラウティ空軍大佐による寄稿文と、ウィキペディアの抜粋です。前半とは異なり既出の情報とはいえ、やはり指摘されないと気が付けない貴重なものだと思いました。
 第二次世界大戦終結が目前だった1945年に、ルーズベルト大統領が死んでくれたことで、副大統領だったトルーマンは数箇月足らずで大統領職に繰り上げとなっています。
 その裏にも前半のチャーチル暗殺団がいた可能性が。なにせイギリスが反対し、アメリカが賛成していたBIS(国際決済銀行)の解散案が、トルーマン政権誕生のお蔭で御破算になったのです。

 それにしてもBISがここまで大事だったとは。今回広瀬隆氏の著書『億万長者はハリウッドを殺す』を紹介していたサイトを読んで、BISつまり“バーゼル・クラブ”の胡散臭さをようやく理解できました。
 ニール・キーナン氏の「金塊の歴史年表」翻訳版3の末尾で、自国通貨発行とCIA破壊を目指したケネディ大統領が1963年に暗殺されて、ディープ・ステートの命令に従うリンドン・ジョンソン副大統領が大統領に繰り上げになったと説明してあったのも思い出しました。
 アメリカ大統領ですら、用済みとなったら力技で挿げ替えればいいと思っている連中なのです、全く。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英国の第二次世界大戦史を塗り替える、いまわの際の告白[後半]
投稿者:フルフォード

Leland Roth氏の投稿① 〜 別の軍人の告白


スターリン曰く、チャーチルの一味がFDR【※以下登場するアメリカ大統領】も殺したのだとか!?

「誰がフランクリン・D・ルーズベルトを殺したのか?」
全国紙の日曜別冊『パレード』誌、1986年2月9日号【から】。
【※ここからは上記の雑誌に掲載されたアメリカ人、レロイ・フレッチャー・プラウティ空軍大佐(1917‐2001)による寄稿文です。CIAとペンタゴンの連絡将校を務めた人物です。】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※椅子に座っている右側の初老の男性がルーズベルト大統領(写真撮影時はニューヨーク州知事)。大統領の母親を挟んで、左側に座っている若者が大統領の息子の一人、エリオット。】

» 続きはこちらから
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 111