3次元にとどまる選択をした人達が移住する惑星 〜人間になるまでの進化の過程 と 魂を滅ぼされた地球人の今後〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 8月9日の記事の中で、“3次元にとどまる選択をされた人達は、いずれ遠くない将来に、地球以外の3次元の惑星に移住することになります”とありました。ふと、以前見たこのスプートニクの記事が頭に浮かびました。おそらく3次元にとどまる選択をした人達が移住することになるという“地球以外の3次元の惑星”の1つは、記事にある星系TRAPPIST-1の第三惑星ではないかと思います。すでに、移住のための準備が整えられているのではないでしょうか。ひょっとするとコーリー・グッド氏の言うSSP同盟の人たちは、すでに宇宙船でこの星に行って下調べをしているのではないかと想像します。
 ところで、地球上で現在も魂(ジーヴァ:個我)が残っている人の割合は、1000人に1人です。残りの999人は、すでに魂(ジーヴァ:個我)は滅ぼされ、良くて広義の肉体が残っているだけです。悪人の場合は、エーテルダブル(ライトボディ)、プラズマ体も滅ぼされ、狭義の肉体のみになっている者もたくさん居ます。
 このように、魂が今でも残っている人は極めて少数なのですが、その中でさらに、地球の5次元の波動に同調している人々の割合は45%です。残りの55%の人たちが、魂は残っていても3次元の振動を未だに続けている人たちです。このタイプの人は、大変善良ですが、日常の自分の興味のある範囲のみに意識が限定されていて、特に肉体の意識に強く同調している人たちです。テレビを点けると、オリンピック選手の中に多く見られます。
 彼らは、地球の進化に同調することなく、言わば落第した人たちで、続きを以前の地球の波動に近い惑星でもう一度やり直すことになります。彼らには、死後の転生があります。しかし、魂を滅ぼされた人たちは、落第ではなく強制退学と言うべきか、もう一度ゼロからやり直すことになります。
 現在の地球人の8割方は、神智学で言うところの第5根幹人類(アーリア人種)です。彼らは約10万年前に初めて人間として転生に入りました。彼らが生命体として高次元の私たちの太陽系に入って来たのは、約122.9億年前です。膨大な時間をかけて、約39.6億年前に鉱物として初めて物質次元の太陽系に転生に入りました。おそらく、魂を滅ぼされた地球人の大半は、約5.2億年後に天の川銀河とは別の銀河の恒星系で、もう一度、約122.9億年かけて人間へと進化することになると思います。
 これまでこうした細かいことを調べていなかったので、この際、少し詳しく調べてみることにしました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「双子の地球」の大気、生命に好適か?
転載元)
ネイチャー誌によると、科学者たちは初めて最も近い地球型惑星の大気を研究・解析することに成功し、それが岩石惑星であり、生命に好適な大気を持っていることが分かった。

今年5月、地球から僅か40光年の距離に非常に珍しい星系TRAPPIST-1が発見された。3つの惑星すべてが、水が液体の形で存在できる、いわゆる「ライフゾーン」内にある。地球と同等の質量のものと見られる。

「ハッブル」研究チームは、主星の光線が公転中の第2および第3惑星の大気をどのように通過するかを調べた。

それにより、両惑星とも大気が薄く、ガス惑星ではないことが確認された。その空気は、水、二酸化炭素、酸素及び窒素を大量に含有しているかもしれない。

また、各惑星の空気の平均温度を測定することができた。第2惑星は摂氏92度で、生命には住みにくそうだが、他方は41度と、より快適。今後も「ハッブル」その他の望遠鏡でTRAPPIST-1を研究し、生命誕生に適した環境であるかどうかを突き止めていく。

先に伝えられたところによると、学者グループは火星で発見された「メッセージ」を解読している。