ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第6話 ― ユダヤ革命、ロマノフ王朝廃絶

 革命とは普通私たちは下から起こされると思っています。「暴君の圧政に苦しむ民衆たちが自由と解放を求めて結束し、力を合わせ遂に圧制者を打ち倒して新たな政権を打ち立てる。」これが革命だと思っています。そのように思い込まされてきたのです。歴史教科書によって、マスコミによってです。
 実際シリアの戦乱は日本のテレビではずっと必ず「内戦の続くシリアでは・・・」の枕詞のもと報道されてきました。「シリアの圧制者アサド政権に対し民衆が立ち上がった。」と、NHKを始めとした日本のマスコミ全てがこう報道してきたのです。
 もしもアサド政権が転覆していたならば、マスコミは蒙昧にも「解放を求めるシリア民衆の民主化運動による革命が成功した。」このように報じたことでしょう。
 事実は米国の支配者つまり「偽ユダヤ」のある一統の計画と指示による侵略戦争です。当初は反乱軍と名付けたISISなど侵略軍に莫大な資金や兵器そして軍事訓練がつぎ込まれています。一国の政権を侵略で転覆させるのです。その国の政権以上の力なくしては転覆させられるはずがないのです。革命は下から起きるのではなく、上から落とされるのです。その指示と誘導で起こされるのです。
 このことはもし私たちが日本で革命を起こそうとしたならばそれは可能か?想定してみればいいのです。革命を起こすには莫大な時間をかけ日本政府以上の資金力、情報力、人間の動員統率力等を有する必要があるでしょう。できますか?一般大衆が結束して革命を起こすなどとは到底無理なのです。
 ロシアにおける革命も同じ事です。ロシア革命は一般ロシア人民による革命などではありません。「偽ユダヤ」の計画と指示によってハザールマフィアというべきかハザールユダヤ人たちの実行による革命です。これによって遂にロシア国家は転覆しロマノフ王朝は廃絶されることになっていきます。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 第6話 ― ユダヤ革命、ロマノフ王朝廃絶

ロシア10月(ユダヤ)革命へ


アレクサンドル2世 [Public Domain]


19世紀の終わりからロシアは「内憂外患」にさらされ続けます。国家内部では革命運動という名の内乱、外的には日本とドイツとの戦争です。この絶え間ない波状攻撃その疲弊によってロシア国家は転覆させられていきます。

1881年のアレクサンドル二世暗殺以降ポグロムが続出する中、ロシア国家内ではハザールユダヤ人たちの大量海外移民、シオニスト運動が開始、それと共にハザールユダヤ青年層を中心とした革命運動が活発となり革命を喧伝する政党が次々に誕生します。1903年それらの多数派(ボリシェヴィキ)の指導者となったのがレーニンです。

一方1904年には日露戦争が勃発します。風刺画に描かれていますが日本にとっては、国力がまるで違うロシアが相手で、尻込みするのを英国と米国にけしかけられた戦争といえるでしょう。日本は開戦近くまで戦費の調達すらままならなかったのです。ところが予想外にも開戦から日本は連勝を続けます。しかし翌年には日本の体力は尽きてきていました。

そのような1905年、ロシア国内では1月のガポン神父率いるデモ隊への軍の発砲にて多数の死傷者がでた「血の日曜日事件」をきっかけとして第一次ロシア革命が起こります。「日露戦争当時、ユダヤ人たちは「ロシア政府の敗北」というスローガンを掲げて革命運動を展開」「第一次ロシア革命の嵐がロシア全土を襲った」(イワノフ氏)のです。国内が荒れ不安定化したロシアは、既に体力の尽きた日本と不本意ながらも米国の仲介で9月に講和条約を結びます。


1906年疲弊し不安定化したロシアが巻き返しを図ります。「5月、ロシア政府はストルイピンを首相とする・・・強固な反ユダヤ的な政策をとって革命運動を鎮圧していった(そのためレーニンもジュネーブに亡命している)。ストルイピンは「強いロシアをつくろう」というスローガンを掲げて、今日のロシアの「改革」とはまったく異なる、ロシア人によるロシア人のための政治・経済改革を進めていった。」(イワノフ氏)。

ところがやはり、「しかし残念なことに、1911年9月、ストルイピン首相は暗殺されてしまった。・・・ボグロフというユダヤ人がいた。彼は反体制派、社会革命党の党員で政府の警察のエージェントでもあった。彼は・・・ピストルを2発、ストルイピンめがけて撃ったのである。ストルイピンが亡くなったことによって、ロシア人によるロシア人のための改革も終わってしまった。」(イワノフ氏)。

この後ロシアは第1次世界大戦でドイツとの戦争で苦戦。1917年、戦争による経済疲弊などで国民の不満は高まり2月革命が起こり、3月に皇帝ニコライ2世は退位し、11月にボリシェヴィキが政権を掌握するのでした。


壮大なロシア転覆の絵を描いた「偽ユダヤ」


ジェイコブ・シフ [Public Domain]


日露戦争をけしかけたのが英国と米国と記しましたが、ご注意下さい。この時既に英国ではイングランド銀行、そして米国ではFRBと中央銀行が設立されています。両国とも既に「偽ユダヤ」に乗っ取られていたとみて良いでしょう。つまり陰で日本をけしかけさせたのは「偽ユダヤ」なのです。ロシア転覆計画の一環です。

ちなみに日本では日露戦争でジェイコブ・シフを恩人のように扱っていますが、利用されたのです。日本にとっては賠償金無しでの講和条約でした。戦争債務は高利付でそのまま残ります。この債務は日本を太平洋戦争に駆り立てた要因ともなり、その後も昭和61年まで債務支払をしています。無論日本国民の税金によって。

ロシア転覆計画、ウィキペディアのジェイコブ・シフを検索してみて下さい。次のように出ています。

「(日露戦争で)シフは2億ドルの融資を通じて日本を強力に資金援助したことで、日本勝利と帝政ロシア崩壊のきっかけを作った。以後日本は3回にわたって7,200万ポンドの公債を募集、シフはドイツのユダヤ系銀行やリーマン・ブラザーズなどに呼びかけ、これも実現する。」

「シフの帝政ロシア打倒工作は徹底しており、第一次世界大戦の前後を通じて世界のほとんどの国々に融資を拡大したにも拘らず、帝政ロシアへの資金提供は妨害した。1917年にレーニン、トロツキーに対してそれぞれ2,000万ドルの資金を提供してロシア革命を支援した。」

あまりに壮大ですが日露戦争、第1次世界大戦そしてロシア国内の革命運動、全てが「世界統一政府」樹立に向けたロシア転覆計画の一環でもあるのです。

ロシア転覆の仕上げが「10月革命」です。実行者はロシアに積年の怨念を抱くハザール王国末裔たちです。イワノフ氏は「10月革命はユダヤ人による革命であった。これは疑いの余地がない。いうまでもなく、革命を指導した者のほとんどがユダヤ人だからである。10月革命の前に、トロツキーをリーダーとする70人のユダヤ人グループが、ニューヨークからやって来ていた。・・・ドイツの方面からも、レーニンのグループがロシアに入った。このグループもまた、ほとんどがユダヤ人だった。10月革命は、アメリカとドイツの金によってユダヤ人が実行した革命であった。」と指摘します。

そして政権を握ったレーニン率いるボリシェヴィキはロシア民衆の信任を得たのでは全くありません。暴力にて政権奪取した暴力クーデターだったのです。レーニンらはその後ただちに金等のロシアの財を収奪し支援を受けた「偽ユダヤ」たちに献上するのです。「乗っ取り」の成功です。


ロマノフ王朝廃絶計画の発動


ロシア乗っ取りを果たした「偽ユダヤ」はハザールマフィアに命じます。ツアー(皇帝)、ニコライ2世は1917年3月既に退位しているに関わらず「1918年7月、ユダヤ人はウラル山脈のエカテリンブルグ(現在のスベルドロフスク)のある家の地下室で、ツアーとその家族をすべて銃殺に処した。」(イワノフ氏)。これにて彼らはロマノフ王朝のとどめを刺したのです。

異様なことにある時期からロシア皇帝のほとんどが暗殺、もしくは未遂となった暗殺が企てられているのです。ロマノフ王朝を根絶やしにする恐怖のロシア転覆計画、一体これは誰によっていつから発動していたのか?

これは1815年のウイーン会議にさかのぼります。「会議は踊る。されど会議は進まず。」のフレーズで有名な会議です。この頃それまでヨーロッパ全土を席巻してきたナポレオン戦争が終結します。その戦後処理、ヨーロッパ新秩序を取り決める国際会議がウイーン会議でした。各国の代表が集まりますが、戦費にて全ての各国は疲弊しています。会議をリードしたのは戦費を融資した銀行家たちです。有り体に言えば2代目当主ネイサン・ロスチャイルドが頭目です。融資を受けた各国は頭が上がらない状態だったのです。

この会議でネイサン・ロスチャイルドは各国に通貨発行する民間中央銀行設立を提案したようです。世界の通貨発行権を掌握した世界支配に他なりません。しかし、これに異を唱えた莫大な資産を有す強大な権力者がいました。ナポレオンを敗退させたロシア皇帝アレクサンドル一世です。

ネイサン・ロスチャイルドもアレクサンドル一世を制することはできませんでした。ネイサン・ロスチャイルドはロスチャイルド家の悲願「世界統一政府樹立」の最大の敵、障壁がロマノフ王朝帝政ロシアであると見定め、「自分か、自分の子孫が必ずロマノフ王朝を廃絶させる」との誓いを建てたとされています。

この誓いの真偽の確認はできませんが、事実、ロシア皇帝アレクサンドル一世はやがて不審死を遂げることになります。(1825年旅行中に急死。)そしてその後歴代ロシア皇帝は次々と暗殺の対象とされていったのです。



Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.