かんなままの「ぴ・よ・こ・とライフ」(50)偉業

かんなままさんの執筆記事第50弾です。 

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
かんなままの「ぴ・よ・こ・とライフ」(50)偉業

偉業だといえることがあるとすれば、恐らく、夫婦の仲が良好であること、そしてちゃんと子どもを育てることだと思います。多分、一番地球の平和に貢献しているだろうと思います。

目に見える形で何か大きなことをするのが偉大なことだと信じている人が多いのですが、違うのです。

本当に大切なことは、もっとも偉大なことというのは、見えないもの、触れられないものなのです。

評価されないもの、目に見えないものは、もっとも価値が高いのです。夫婦や親子の愛は、他人が評価できるものではないからです。

出典:「ぴ・よ・こ・と3」竹下雅敏(著)


日々平和を保ち続けること


全く別の性、体癖、体質の夫婦や親子が同じ家に住み、お互い自分勝手な甘えと期待のスープの中で溺れつつも愛を見つけ、日々平和を保ち続けることほど大変なことはありません。

結婚して3年くらいはお互いに恋の魔法にかかっているので幻想とも知らず、相手の期待に応えようと頑張ります。でも、生活しているうちに「何か変だ」と思いはじめます。「自分ばかりが我慢している」「優しくない」「わかってくれない」と・・。

あい∞ん


子どもが生まれたら「私の子ども」という大きな勘違いのもと「理想の子ども像」に近づけようと管理して、子どもはその期待に応えようと頑張りますが「何か変だ」と思いはじめます。「叱られてばかり」「私はダメ人間?」「わかってくれない」と・・。

どうしてこうなってしまうのでしょうか?お互い大切な存在のはずなのに。
そもそも愛情が満たされないまま自立もしていない者同士が恋をして家庭を持ったのです。まずは自分を癒すところから始めなければ始まらないのです。(映像配信:自分を癒す

でも、夫婦は特別な関係です。肌を触れ合った仲同士で、体から先に融合が生まれます。正しく交われば喜びが生まれ調和が始まります。その性エネルギーの力を借りてお互いを信頼し、尊重しあっていければ問題がおきるたびに愛への道が開かれていきます。

あい∞ん


子育ても肌身離さず育てることが肝心です。ゴリラのお母さんは3年間片時も子どもを離さないそうです。母親が食べ物を調達しに行くときだけ父親に預け、父親は他の子どもと一緒に自分の大きな背中の上で遊ばせて見守り、仲裁して社会を教えるのだそうです。人間はこの原点を忘れてしまったのでしょうか?

子どもと肌で愛着関係を築き、心地よい体験を潜在意識に刻み「私は生まれてきてよかった」と思えるように育てれば、おのずと自立したくなり、社会貢献したくなるのです。これも肌から始まります。肌は第2の臓器だと言われています。臓器は感情を記憶しているとも。

あい∞ん



試練は幸せの種である


でも、現実は・・・大人も子ども忙しすぎ!!家族のために働いていると言いながら、余裕がなくて我を忘れています。これが諸悪の根源かと思うほどです。

この環境の中で、多くの人が疲れ、人のことはどうでもよくなり、自然とのつながりも失くし、水や空気、食べ物を汚染して、放射線や電磁波の海の中で体から蝕まれていきます。不安で自信がなくなり、情報に振り回されます。波動が落ち、相手の波動も落としたくなります。そこに忍び寄るのが魔。病気、破産、浮気、試練、逆境・・・。他にも天災、事故。

あい∞ん


でも、これらは神様がプレゼントしてくださった愛を見つける近道なのかもしれません。人は失くして初めて気づくのです。

そう!ここからが本番です。相手を変えようとしても、過去に執着しても辛くなるばかりです。このアリ地獄から解放されるには「私に変えられないものを受け入れ、自分の欲望を投げ捨て、私にできることを実行する」しかないのです。

この時、わかっているけどできないという現実に向き合わされます。あらゆる感情が噴出します。この世はこの感情を味わうために生まれて来たのかと思うほどです。

頭で考えても無理です。落ち込んでいる時や怒っている時ほどネガティブ思考に取り込まれて思い直すエネルギーが湧いてきません。鉄則です!まずは鼻洗い、体を清め、除霊、浄化してガヤトリーマントラ3マラと愛のマントラを唱えて波動を上げたところで、混乱している自分の気持ちを正直に書いて整理します。その感情を理解して、私を抱きしめます。苦しいからこの作業をするのですが、この作業をすることで自分が楽になっていくのが救いにもなります。

あい∞ん

何かある度にこの作業を繰り返していくと自分の感情に敏感になっていきます。客観的に観察できるようになります。自分の思いが変わった瞬間、周りが違って見えることも体験します。この世は自分の思いで作られている!だからすべてが自分の問題だったと気づくのです!

そして、何があっても良心に従い、夫や子どもを大切だと想うなら大切にするだけだというシンプルな原点に至ります。その時点で自分が苦しいなら本当に愛していないのです。なぜ苦しいのか?相手に期待している?執着、嫉妬、野心?欲がボロボロ出てきます。笑い話の様だけど「私は現実を生きている!」と実感できます!

又、結婚すれば親や親戚の関係も絡んできます。無視することはできませんが夫婦の関係が上手く行っていれば乗り越えられます。それがバロメーターです。

まず親は育ててくれたありがたい存在ですが、これからの自分を生きるという意味では夫婦、子どもより優先順位が下がります。もちろん良心に従いつつ、嫌な事は聖音虫君に助けを借りながら上手に離れます。恨みません。怒りません。気に留めないようにします。同時に子どもが家庭を持ったら幸せを願って離れていきます。友人もしかり。

このように日常生活の中で様々な人と平和のために調整し続けていると、いつの間にか逆境と共に夫婦仲が良くなり、その姿を見せてきた子ども達がそれぞれの個性を発揮しながら成長し、親や親戚、友人ともいい関係を築く事が出来るようになっていくから不思議です。流した涙を考えたら奇跡のようですが、気が付けば誰ともケンカしないで仲が良く、嫌いな人がいなくなるのです。みんな個性豊かな愛しい人たちだと思えます。その時「許す」という事がどんなに自分を解放してくれることかという事にも気づかされます。

あい∞ん


ただ、これを成し得ても目に見えないものなので資格も評価も与えられません。全く目立たないし、社会的には弱い存在のままです。でも、確実に幸せと平和が広がります。これこそが求めてやまない境地なのかもしれません。


多分、幸せのレベルも何層もあると思います。我が人生、これからも試練は幸せの種であると信じて「幸せ感知器」をフルに作動させて乗り切り、体が尽きた時は神様に感謝してこの世を去りたいと思っています。ああ・・愛しくて、味わい深い人生だったとしみじみ思いながら。

あい∞ん


かんなままの「ぴよことライフ」はこれで終わります。
長い間、私の拙い文章にお付き合いいただいてありがとうございました。

2ヶ月ほど娘のいるオーストラリアに滞在して帰ってきたら又、違う形で記事を書きたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

Writer

かんなまま様プロフィール

かんなまま

男女女男の4人の子育てを終わり、そのうち3人が海外で暮らしている。孫は8人。
今は夫と愛犬とで静かに暮らしているが週末に孫が遊びに来る+義理母の介護の日々。
仕事は目の前の暮らし全て。でも、いつの間にか専業主婦のキャリアを活かしてベビーマッサージを教えたり、子育て支援をしたり、学校や行政の子育てや教育施策に参画するようになった。

趣味は夫曰く「備蓄とマントラ」(笑)
体癖 2-5
月のヴァータ
年を重ねて人生一巡りを過ぎてしまった。
かんなままの子育て万華鏡はこちら


Comments are closed.